おすすめプログラミングスクールの口コミ・評判・体験談がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

masataka_shin

時期 2018年1月〜3月
期間 3ヶ月(事前学習期間を含めると5ヶ月)
金額 132万円
イマーシブでは即戦力と応用力を兼ね備えたソフトウェアエンジニアとなることができます。モダンなテクノロジーを活用してアプリケーションを開発できるようになるのはもちろん、どのように自分で新しい技術を習得して実践で扱うか、メタラーニングを学ぶため、卒業時点でどんなアプリケーションでも開発できると自信を持って言えます。実際、卒業プロジェクトでは私はモバイルアプリを開発しましたが、他の卒業生はAR/VR 、IoT、ブロックチェーン、AI、私と同じモバイルアプリ、ゲーム等々、かなりバリエーション豊かなアプリケーションを開発して卒業しています。

卒業生の平均年収が500万円以上で、これはシリコンバレーにあるCIRRというプログラミングスクール連合に第三者として証跡をチェックしてもらい公表しているので、嘘のない数字です。この公表をしているのはアジアで2番目、日本で最初のプログラミングスクールです。

イマーシブは本コースが3ヶ月間、事前学習期間が最長2ヶ月、入学試験があってその学習に約1ヶ月かかるので合計6ヶ月必要です。が、その後得られる年収を考えると、投資対効果はかなり高いです。

私はイマーシブのみの卒業生ですが、ファウンデーションズという完全初心者向けのコースもあります。プログラミング学習を二つに大別するとアルゴリズムを作れるようになること(プログラミング言語の文法を操ること)と、アプリケーションを開発することの二つになるとして、ファウンデーションズは前者、イマーシブは後者のためのコースとなっています。ファウンデーションズを卒業して年収を1.3倍にしたという友人もいます。

この文章を執筆時点では私は卒業生でありながらその後スタッフとしてこのスクールに戻ってきた身ですが、卒業後はNTTデータにて新規事業の開発におけるソフトウェアエンジニア、その後スタートアップでCTOを務めました。

授業内容

・Stackoverflow, GitHub で示されているとおり、現在世界で最も人気のある言語はJavaScriptですが、JavaScriptで、フロントエンド、サーバサイド、モバイルアプリ、AR/VR、IoT、ブロックチェーンを開発できるようになりました。・シリコンバレーで活躍してきたエンジニアやヨーロッパで組み込み系の開発やIoTの開発をしたエンジニアがカリキュラムを組み立て、さらにPivotal Labsで経験のあるスタッフがアジャイルについてのカリキュラムを組み立てているため、技術力のみならず、アジャイル開発についての真髄が学べます。・スタッフ、卒業生の半分が海外出身であり、一方で日本人の卒業生もかなり多くなったため、心理的安全性がある中で、留学が味わえます。・ブートキャンプ方式で、逃げられない状態で学習できるため、短い期間で非常に力強いソフトウェアエンジニアとなることができました。

カリキュラム・コース

・3ヶ月間で、JavaScriptでWebアプリのフロントエンドとサーバサイド、モバイルアプリ、Golangでサーバサイドを開発できるようになりました。・プロジェクト期間や多言語週間は自分の好きな技術や自分が作りたいアプリケーションを開発でき、さらに生徒同士でそれら知識や経験を共有できるため、単一のカリキュラムを終始取り組むコースよりもかなり幅が広がりました。・最近テクノロジーを扱う企業でも行われる入社試験の一つのホワイトボーディングもカリキュラム内でカバーされており、ライフタイムを見据えての人生への投資になると思います。

教材の特色

・はじめの二週間は徹底的にアルゴリズムを組み立て、応用的なプログラミング力を獲得します。これが入社試験で使われ始めているホワイトボーディングに通じていたり、多言語週間で他のプログラミング言語を数日で学んで実践に活かす下地になっています。・その後、フロントエンド(ReactやVue)、サーバサイドやCICDを学習、また構築できるように実践形式で学びます。・テスト駆動開発がカリキュラムに組み込まれていて、テスト駆動開発に親しむことができます。・後半はプロジェクト期間になっており、アジャイル開発の概念や手法を学びながら、自分たちの使いたい技術を使って、自分たちの開発したいアプリケーションを開発します。

講師・教員

・シリコンバレーやヨーロッパで実践経験のあるインストラクターが教えてくれるため、日本のみならず世界でどのようなことが行われているのかの話が聞けた。・インストラクターだけではなく、外部からたまにゲストを読んで話を聞く機会がある。ECMAScript標準を策定している方をアメリカから招いての講義もあった。・コーチング技術を学び、資格を取っているスタッフがいるので、いかに自分を伸ばすかを親身に聞いてくれる。

指導形態

・私のときは受講生が10人未満でしたが、多くとも20人以下程度にキープされており、全員の顔がわかり目の行き届く範囲にとどめています。また、個人との面談もあり、心理的安全性を確保しながら、各人の課題に向き合うようになっています。・いつでも質問できる環境というか、質問しなければならない環境でした。自分も経験があるのですが、「何がわからないかがわからない」方は多いと思います。これを「何がわからないかがわかる」ようにトレーニングします。

就職支援

・就職支援専門のスタッフが個人個人と時間をとって、履歴書やポートフォリオの作成についてのアドバイス、面談の練習をしてくれ、これはライフタイムサポートとなっています。・就職先はもちろんスクールが指定するのではなく、生徒が望むスクールに入るように応援してくれます。・一度就職してからも転職したい場合に同じサポートが得られます。・名だたる企業にスクールが一目を置いてくれているため、有名な会社にも就職している卒業生がおり、相談に乗ってもらえます。・卒業生のコミュニティがあって、いつでも卒業生が相談に乗ってくれます。

オススメの
プログラミングスクール

RUNTEQ

Ruby

ウェブカツ

Webアプリ

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

TechAcademy(テックアカデミー)

AI・人工知能

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

CSS

侍エンジニア塾

HTML/CSS/jQuery

tech boost

HTML/CSS/jQuery

.Pro(ドットプロ)

Python

おすすめの
プログラミングスクール記事一覧

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。

*1 当社調べ