東京のプログラミングスクール

LITALICO(りたりこ)ワンダー秋葉原校の評判/口コミ

LITALICO(りたりこ)ワンダー秋葉原校の特徴

自分たちで考えるという教育方針

LITALICO(りたりこ)ワンダー秋葉原校では子どもたちの創造力やテクノロジーを活用する力、自分で考えてものを作る力を育てることを目的としてカリキュラムを構成しています。このスクールでは、子どもたちが納得するまで悩み、いつでも誰かに相談できる環境を整えています。LITALICOワンダーでは、子どもたちが試行錯誤を繰り返しながらゲーム・アプリ・ロボット、デジタル工作など自分の好きなことにとことん向き合い、成長することができる機会を提供しています。

また、JR「秋葉原駅」より徒歩5分、東京メトロ「秋葉原駅」より徒歩7分、都営新宿線「岩本町駅」より徒歩3分と駅から近く、駅チカなので安心して子どもを通学させることができます。

秋葉原という、ものづくりの最高の立地で学ぶ

LITALICO(りたりこ)ワンダー秋葉原校では、秋葉原という街に位置しているということもあり、多くのロボットやゲーム好きな子どもたちが通っています。秋葉原校では子どもとスタッフが一緒に、夢中になってもプログラミングやロボット製作に取り組むことができる教室です。

また、秋葉原駅周辺ではテクノロジーやものづくりに関するお店が多く、プログラミングに関する最新の情報や、ツール、ガジェットなど様々なものが集まっています。その他、秋葉原は、東京都内からもアクセスがよく、台東区や足立区といった様々なエリアから子どもたちが集まっており、違う地域に住む子どもたちと友達になり、一緒に学習することもできるでしょう。

質の高いスタッフと環境

スタッフほとんどは学生時代や前職からものづくりやプログラミングをやってきた人で構成されており、子どもたちがものづくりやプログラミングをやっていく中で、様々な角度からアドバイスをしてくれるので、子どもたちの視野も広がります。子どもたちの要望に幅広く答えることができるのがこのスクールの特徴です。また、教室にはスタッフが厳選したデジタル機器やガジェットが置かれており、常に子どもたちの興味をわかす工夫がされています。

教室は子どもたちが集中しやすいように机や壁の位置を自由に移動させることができ、他の人たちとコミュニケーションが取りやすい仕組みになっており、他の子からアイデアやアドバイスをもらいながらものづくりに励むことができます。定期的に教室でイベントが開催されており、机や壁を取りはらい広いスペースでワークショップや発表会を開催しています。

また、無料で授業が受けることができる無料授業体験もあるので、まずは無料で授業を受けてみてもよいでしょう。

LITALICO(りたりこ)ワンダー秋葉原校のコース・費用

授業料

・ゲーム&アプリプログラミングコース
月2回:10,000円
月4回:16,000円

・ロボットクリエイトコース・ロボットテクニカルコース・デジタルファブリケーションコース
月2回:11,000円
月4回:18,000円

・入塾金
15,000円

・教室運営費(月額)
1,500円

コース一覧

・ゲーム&アプリプログラミングコース 対象:小学1年生~高校生
・ロボットクリエイトコース 対象:年長~小学3年生
・ロボットテクニカルコース 対象:小学3年生~高校生
・デジタルファブリケーションコース 対象:小学1年生~高校生

営業日

水木金12:00~19:00/土日9:00~19:00

※詳しくは下のLITALICO(りたりこ)ワンダー公式HPから。

LITALICO(りたりこ)ワンダー公式HP

LITALICO(りたりこ)ワンダー秋葉原校の概要

スクール形態 リアルスクール
授業形態 クラス
対象 小学生・中学生・高校生
運営企業 株式会社 LITALICO(LITALICO lnc.)
設立日 2005年12月26日
住所 東京都千代田区神田須田町2-3-16 ユニゾ神田須田町二丁目ビル6F

LITALICO(りたりこ)ワンダー秋葉原校の評判

口コミを投稿する。
1
2
3
4
5
投稿する
     
削除する

評判・口コミを投稿する