【実態調査!】今の時代どんなシステムエンジニアが求められているのか?

はてブ

これをお読みになっている方の中には、現在就活をしている学生や、システムエンジニアに転職を検討している人もいるかもしれませんが、どのような人材が採用されているのかは非常に気になるところだと思います。

企業側がどのような人材を求めているのかを知ることができれば、これから先どのようなことに取り組んでいけばいいのかなど、目標をしっかりと立てて計画していくことができます。

逆に企業側が求めている人材でなければ、どれほど努力しても採用される可能性は低くなってしまいます。

そこでこの記事では、現在企業側としてはどのようなシステムエンジニアを求めているのかを解説していきますので、今後システムエンジニアを目指していくのであればぜひ参考にしてみてください。

今はシステムエンジニアが求められる時代?

今はシステムエンジニアが求められる時代になってきている?

今や世界のほとんどで使われているのが、「パソコン」や「スマートフォン」などですが、これらインターネットを介したサービスが、企業だけに留まらず一般家庭でも普及して行っています。

これらは全てIT業界の発展に伴って普及していったサービスとなっており、IT業界が発展していけばいくほどにシステムエンジニアという職種の需要は広がっていきます。

そして、システムエンジニアの需要が高まり続けることによって、今後新たなソフトウェアの開発やシステムの開発などもどんどん進歩していくと言われています。これらのことからもわかるように、システムエンジニアは今現在の世界情勢からも非常に求められている人材となっています。

だからこそシステムエンジニアは、今後も知識やスキルを高めていって実践経験をより積んでいく必要があります。また、これから先の時代ではAIを駆使した技術がどんどん進歩していきますので、システムエンジニアの中でも特に、AIを利用できるシステムエンジニアは重宝されていくことになるでしょう。

ただし、システムエンジニアであれば誰でも活躍できる時代になるのかと聞かれると疑問が残ってしまいます。確かにシステムエンジニア自体は求められる時代になっていますが、それはスキルや経験が豊富なシステムエンジニアのことであって、誰でもいいのかというとそういうわけではありません。

ですので、「システムエンジニアが求められている時代だから」と胡座をかいているのではなく、より自分のスキルや経験を高度なものへと高めていくことができる人材が求められています。

独学でSE(システムエンジニア)になれる?必要なスキルと勉強方法

「システムエンジニア募集」は求人サイトに溢れてる?

システムエンジニアの求人は巷に溢れかえっている?

システムエンジニアという職種は、他の職種と違って非常に特殊な職種となっていて、プログラミング言語を一つ覚えたからといって簡単に活躍できる職種ではありません。

より実践で活躍できるスキルを身につけることができなければ淘汰されてしまいます。また、システムエンジニアの多くが企業に勤めることになりますが、企業側の理解が少ないこともあり、過剰な残業などを強要するような、いわゆる「ブラック企業」も多くなってしまっているので、システムエンジニアを求める時代でありながらも、人材自体は少なく、人手不足になっているのが現状となっています。

そして、システムエンジニアとして実践で活躍できるまでに要する時間が長いこともあり、せっかくシステムエンジニアになったとしても、離職してしまうシステムエンジニアも多くいるのが現状です。

ですので、システムエンジニアとして転職を検討している人や、新卒でシステムエンジニアになりたいと考える人が閲覧する求人サイトでも、好条件の求人が非常に多く掲載されています。

また、勤務地によってもシステムエンジニアの求人の多さは違っていて、基本的には関東圏に集中しています。これは、関東の中でも主に東京に企業やオフィスが多くなっているので、企業を相手にしているIT企業も当然東京に集中することになります。

特に東京に進出するIT企業は業種も豊富で、アプリケーション開発やインフラの構築やWEBアプリなど様々な業種があることも特徴になっています。

関東以外では東海や関西地方にもIT企業は多く、愛知や大阪など東海と関西を代表する地域に集中しています。

多くの企業が集まる都市にIT企業も集中する傾向がありますので、システムエンジニアとして活躍したいのであれば、求人も多く業種も豊富な都市部で探してみるといいでしょう。

【システムエンジニア必見】おすすめのキャリアパスをご紹介

システムエンジニアの種類をご紹介

システムエンジニアの種類のご紹介

システムエンジニアと一括りにされていますが、システムエンジニアの中でも幾つかの種類があります。大きく分けると開発エンジニアとインフラエンジニアに分けられます。

その中で開発エンジニアに分類されるのが

webエンジニア
ゲームエンジニア
制御エンジニア
ブリッジシステムエンジニア

以上となっており、インフラエンジニアでは

サーバーエンジニア
ネットワークエンジニア
データベースエンジニア
ヘルプエンジニア

となっています。

開発エンジニアでは、システムやアプリの開発をしていくシステムエンジニアで、アプリといってもゲームだけでなく、一般には公開されていないアプリでも、企業や公務に利用されるアプリの開発もおこなっていきます。

一方のインフラエンジニアでは、システムの開発ではなくシステムを動かすために必要な環境を構築していくシステムエンジニアになっています。

こちらはサーバーやネットワークなどそれぞれに特化したシステムエンジニアになっていきます。

また、企業によっては社内システムエンジニアを採用している企業もあり、社内システムエンジニアはIT企業に限らず、自社の情報システムの構築や運用を任せられる仕事になっています。

システムエンジニアのデスク周りはどうなってるのが理想?

システムエンジニアのデスク周りはどうなっているのが理想的?

システムエンジニアにとって最も必要なのがパソコンになっていますが、システムエンジニアはそれぞれが自分の使いやすい環境を作っています。

デスク周りをいかに使いやすく環境構築していくことが重要になっています。当然個人差があることで、「自分はこの方が使い勝手がいいんだ!」と考える人もいるかもしれませんが、理想的なデスク環境にすることによって作業効率を上げることができるなど、メリットがたくさんあります。

まずパソコンのディスプレイですが、1画面で作業をしているシステムエンジニアはほとんどいません。

システムエンジニアは1度に多大な情報を扱っていますので、最低でも2画面、より理想的なのは3画面で作業をしていくことになります。ただし、同時に複数の画面での作業に慣れるまではひとまず2画面での作業をおすすめします。

また、システムエンジニアはパソコンを使うのがメインになってきますので、当然使い続けることで目が疲れてしまいます。ですので、目が疲れにくい液晶を採用するなど、疲れがたまりにくい環境も重要になってきます。

そして、デスク周りにはゴチャゴチャと物を置くのではなく、シンプルかつコンパクトにすることで効率的な作業をしていくことが可能になります。

システムエンジニアになるためには英語が必要なのか?

システムエンジニアになるためには英語は必要?

システムエンジニアになるのに英語力が必要とよく聞きますが、本当に英語力は必要なのでしょうか。
結論から言うとシステムエンジニアには、英語が使えなくてもなることはできます。

ただし、プログラミングには英語が使われていることもあるので、最低限使えるようになる必要はあります。ですので、システムエンジニアに高度な英語力は必要がありませんが、最低限理解していることで、構築の際には役に立つ要素となっています。

一方で英語力がないとシステムエンジニアとして活躍できない場合もあります。

それは、楽天やファーストリテイリングなどの一部企業でシステムエンジニアとして活動していく場合です。これらの一部企業では、社内の公用語に英語を採用していますので、これらの企業に勤めたいのであれば英語力は必要になってきます。

そして、英語力を身につけることは当然メリットもあり、システムエンジニアの技術行法やドキュメントは英語で書かれている場合がほとんどで、仕事を効率的にこなしていくことができるようになります。

一部は日本語に翻訳されているものもありますが、翻訳自体がわかりづらかったり、情報が古い場合も有りますので、より新しい情報を取り入れていきたいと考えるのであれば英語力があることで非常に有利になります。

また、海外に発注する場合にも当然英語は必要になってきますので、海外と取引を進めていきたいのであれば、英語での会話はもちろんのこと、英語で仕様書をかけるようになれれば非常に便利になります。

特にIT企業では、近年外国人のシステムエンジニアを採用する企業も増えてきていますので、社内ミーティングはもちろんのこと、日常会話もできなければ良い関係性を築くこともできませんので、正確に業務内容を伝えるためにもそういった企業で勤めるのであれば、英語は使えるようになるのがいいでしょう。

英語は世界の共通語になっていますので、話すことや読み書きができて困ることはありません。確かに企業によっては英語を使えなくても何の問題もなく仕事をしていくことはできますが、これから先のことを考えたときには、英語を少しでも身につけておく方が自身のキャリアアップにもつながっていきます。

システムエンジニアになるには英語の学習は必須ではない!

システムエンジニアに会話スキルは必要か?

システムエンジニアに会話の能力は必要なの?

システムエンジニアにとって必要なスキルの一つであるコミュニケーション能力ですが、何故システムエンジニアにコミュニケーション能力が必要なのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。

システムエンジニアは、プログラマーのようにプログラミングスキルを磨くことで成立する仕事ではなく、顧客や関係者とのコミュニケーションを取る必要があります。

まず、システムエンジニアの最初の仕事として、顧客との打ち合わせをしていきながら、顧客が本当に求めているシステムを正確に読み取る必要があり、ここで得た情報を元にシステム設計書を作成していくことになります。

まずここでコミュニケーション能力がなければ、顧客が要望している内容を読み取ることができませんし、誤った情報でシステム開発しても顧客からは不信感しか得ることができません。

次にシステムエンジニアは、顧客からの要望を元にシステム設計書を作成しますが、その情報を元にチームに対して説明をしていくことになります。

当然システム開発をしていくのは一人では不可能なことで、チームとして行動していかなければいけません。そして、チームといってもそれぞれが勝手に作業を進めていたのでは、顧客の要望に応えたシステム開発をしていくことは不可能となっています。

ですので、ここでもコミュニケーション能力がなければ、チームに正確な情報を伝えることができずに要望とは異なるシステムを開発してしまう可能性があり、チーム全体をまとめていくことができなくなってしまいます。

コミュニケーション能力を鍛えるためには、普段から自分が得た情報などは上司や同僚に教えて行ったり、ネットなどを通じて発信していくことが大切です。

また、コミュニケーションが鍛えられるまでは、安請け合いをするのではなく、上司などに相談をしていきながらリスクは極力回避するようにしていきましょう。

この職場やクライアントとのつながりをいかに円滑に進めていくことができるかは、システムエンジニアのコミュニケーション能力にかかっていると言っても過言ではありません。

これらのことからもわかってもらえるように、システムエンジニアにとって人とのつながりは非常に重要な要素の一つになっています。

システムエンジニアに必要なスキル3つ

システムエンジニアに必要なスキルまとめました

最後にシステムエンジニアにとって、先ほど紹介した英語力やコミュニケーション能力とは別に必要なスキルについて解説していきます。

情報を正確に分析する能力
プログラミングの知識やスキル
マネジメント能力

以上の3つのスキルがシステムエンジニアにとって必要な能力となっています。

まず「情報を正確に分析するスキル」ですが、新聞やニュースや顧客との会話などから情報を得て、それらを分析して結論まで導いていく能力で、このスキルを磨くことによって進捗具合の判断や分析していくことができるようになります。

例えば、何か不具合が生じた時などに何が原因で生じた不具合なのかを正確に判断しなければいけない場面が出てきますが、このスキルがあることによって情報を正確に分析することができるので、不具合の解消だけに留まらず、新たな不具合を未然に防ぐための手段を講じることができるようになります。

このスキルを鍛えていくためには、日頃から話す順番を意識し、相手がどのような意図で話しているのかを考え、常に情報を得るように努力していかなければいけません。

確かに上司や同僚に聞くことで早急に解決することができるかもしれませんが、自分で考えて行動しなければ自分の力には中々なりません。

何事においても調べる癖をつけることによって、このスキルは鍛えていくことができます。

次に「プログラミングの知識やスキル」についてですが、システムエンジニアですので当然プログラミングに関する知識は必要ですが、単純に言われたことをこなしているだけではこのスキルがあるとは言えません。

まずは、プログラムを正確に読み取るスキルを身につけて、自分で作成したプログラムは第三者が見てもわかりやすいプログラムにしておかなければいけません。

プログラミングの基礎を勉強しただけでは、現場で対応できるほどのスキルはありませんので、まずは処理の流れやプログラム構造を理解していくことが重要になってきます。

その勉強には、プログラミングスクールでの学習が最もおすすめで、プログラミングスクールにはオンラインで受講できるものもありますので、仕事をしながらでも学習していくことが可能となっています。

最後にシステムエンジニアにとって必要なスキルの「マネジメント能力」ですが、システムエンジニアはプログラムの設計をするだけが仕事ではなく、受注した仕事を契約止血までしっかりとスケジュール管理をしていき、納期に間に合うようにシステム開発をしていかなければいけません。

そのためにもシステムエンジニアにとってマネジメント能力は必須になっており、納期に間に合う正確な工程や工数を導き出していくスキルを身につけなければいけません。

このスキルを鍛えるためには、過去に開発したプログラムから、工程や工数から受注したシステム開発にかかる工程や工数を導き出していく必要があります。

まとめ

どのようなスキルがシステムエンジニアに求められるかということまとめ

いかがでしたでしょうか。今回はシステムエンジニアの中でも、今の時代どんなシステムエンジニアが求められているのかを紹介してきました。

当然システムエンジニアにも様々な種類のシステムエンジニアがいますが、時代にそぐわないシステムエンジニアであれば、自然と淘汰されてしまいます。

また、今回紹介した求められているシステムエンジニアの要素については、今の時代だけに限らずこれから先の時代にも必ず役立つスキルばかりになっていますので、一度自分自身を見直してみて自分にはどこが足りていないのかを十分に把握し、自分が取り入れるべきものをどんどん吸収していき、時代に選ばれるシステムエンジニアを目指してください。

関連記事