副業はネットでする時代!安全に賢く稼ぐためのコツをご紹介

はてブ

一昔前までは、本業とは別に副業をする人はあまり多くありませんでした。その理由として、ほとんどの企業が副業を禁止していたことが挙げられます。
副業をしたくても、会社にばれてしまうのが面倒だからという理由で副業を敬遠していた方が多かったことでしょう。

しかし、最近では副業を認める企業が増えており、まだまだ多いとは言えませんが少しずつ副業をすることが当たり前になる時代へと変貌してきています。
こういった社会の風潮から、副業をしたいと考える人が増加してきており、副業に対する考え方が社会とともに変わってきているのです。
そんな中、実際に副業をしてみたいけど何から始めていいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

副業といえばWワークのように、本業の後にスーパーやコンビニや工場などでアルバイトをするというイメージをされる方も多いと思います。

しかし、最近の副業といえばネットで完結するものが主流です。もっと言えば、ネットを使い、場所や時間に縛られることなく稼ぐことができます。

ただ、こういったネットで時間や場所を問わずに稼ぐことができる、と聞くと本当に稼げるのか、安全性には問題がないのかと心配に思われる方も少なくないでしょう。
今回はそのような方に向けて、ネットで安全に賢く稼ぐための方法をご紹介いたします。

副業はネットでする時代!安全に賢く稼ぐためには?

ネットには日々、大量の情報が溢れており、様々な情報を取得できるというメリットがあります。
しかし、そういった大量の情報があるために、正しい情報と間違った情報の取捨選択が難しいというデメリットも存在しているのです。
ユーザー自身が取捨選択をしなければならないため、ITリテラシーを高く保っておく必要があります。
こういった情報の取捨選択は、副業に関しても当てはまってきます。なぜならば、正しい副業に関する情報がある反面、人をだまそうとする偽りの情報も多く出回っているからです。
次からは、どういった情報に気を付けるべきなのかを詳しく解説していきます。

詐欺や悪徳商法にご注意を!

先ほど、情報の取捨選択の難しさについて解説しましたが、副業について調査をするときに注意すべき情報とはどのようなものなのでしょうか。
副業の調査を進める中で、最も気を付けなければならない情報というのは、多額の金額を請求される詐欺や、人をだまして稼ぐような悪徳商法に注意するということです。
人間というのは甘い言葉に弱い生き物です。例えば、「これを飲むだけで1か月で10kg痩せる」や「一度お金を払えば自動的にお金が入ってきます」といった誘い文句に心を動かされてしまいます。
しかし、実際のところはこのような夢のような話は絶対にありえません。
痩せるためには、食事制限をして一日のカロリーを管理し、運動によって消費する必要があります。また、お金を稼ぐためにもそれ相応の知識が必要で、全く知識がない状態で稼ぐことは非常に難しいです。

これらの考え方は、副業をしていくうえでも同じことが言えます。
副業をしていく中で、初めて1ヶ月で簡単に5万円を稼ぐことができる、なんてことはありません。
仮に稼ぐことができる人がいるとすれば、稼ぐためにしっかりと勉強をし、そのための努力をしっかりとおこなっている方です。
お金を稼ぐということは、稼ぐための手段を身につけなければなりません。また、最近では高額の商品を売りつけて儲けている団体なども存在しています。
しかし、そういった実情を知らないために団体へ加入し、知らず知らずのうちに犯罪へと手を染めている方も少なくありません。
こういったことにならないためにも、楽をしてお金を稼ぐことはできない、ということを常に念頭に置いて副業について考えていきましょう。

堅実にネットで稼ぐ方法はあります

最近の副業は、ネット上で場所や時間を問わずに稼ぐことができる、とお伝えしました。
しかし、そのような方法で安全に稼ぐことはできるのでしょうか。結論から申し上げると、ネット上で時間や場所を問わず堅実に稼ぐことは可能です。むしろ、今の時代はネットで稼ぐことをおすすめします。
ネット上で副業をする、といってもなかなかイメージできないという方も多いのではないでしょうか。
実際にネット上で稼ぐための仕組みとしては、仕事を求める人と仕事を依頼したい人をマッチングさせてくれる、クラウドソーシングサービスというサービスがあります。
そのサービスに登録し、自分の条件に合った仕事を受注していき、納品が完了すると自分の口座にお金が振り込まれるという流れになります。
安全性という面では、オークションのように直接個人間の取引をするわけではなく、クラウドソーシングサイトが間に入ってくれます。
そのおかげで、振り込まれたのに何もしてくれない、作成物を渡したのに金額が支払われない、ということが発生しません。
また、サイト上でセキュリティ対策も万全にしているため、安全性という面で問題がないといえるでしょう。
こういったクラウドソーシングサイトでは、自分のスキルに合った仕事を受注することができます。そのため自分の得意なスキルを扱う副業を選択することで、安全に賢く稼いでいくことができるというわけです。

女性も活躍!主婦やフリーランスも産休中に副業で稼いでいます

副業をしようと思ったきっかけの中には、出産を機に産休に入るからという方も多いと思います。
産休の期間は、収入が減ってしまうため家庭が苦しいという現状がありますよね。そんな時に、自宅で空いている時間を使って効率的に稼ぎたいと思っている方もいらっしゃることでしょう。
実際に、主婦やフリーランスの方で産休中でも、空いている時間を使って自宅で副業をしながら稼いでいる方は数多くいらっしゃいます。
自宅であれば、子供が寝ている時間をなど使ったりし、空いている時間を有効活用して進めることができるのです。
また、スキルを身につけてしまえば、短い時間でも高収入を得ることもできます。実際に、主婦の方で副業の収入が1ヶ月で10万円を超えている人も少なくありません。
産休に入っていて外出はできないけど、自宅で副業をして稼ぎたいという人はぜひネットでの副業を考えてみましょう。

副業としてネットで稼ぐ方法や種類をご紹介

では、実際にネットの副業で稼ぐための方法には、どのような方法があるのでしょうか。
ネットの副業で稼ぐための方法は、大きく以下の通りです。
①アフィリエイターになる
②デザインを学んでデザイナーになる
③プログラミングを学んでプログラマーになる
それぞれについて解説していきます。

アフィリエイターになる

1つ目は、アフィリエイターになることです。アフィリエイターとは、簡単に言うとネットを通じて、商品を紹介する人 を指します。
では商品を紹介をするためには、どういった方法で紹介するのでしょうか。実は、商品の紹介をする場所は様々存在しています。
最もイメージしやすいものとしては、その人が運営しているブログ上で宣伝をすることです。
例えば、芸能人のブログを見ていると、その芸能人が使っている化粧品関係の商品を紹介している記事を見かけることがあると思います。
その時に、この人が使っているから私も使ってみよう、と思う方も多くいらっしゃることでしょう。こういった商品の紹介をすることをアフィリエイトと呼んでいます。
こういったブログのほかにも、TwitterをはじめとするSNS上で発信したり、最近ではyoutube上で商品の紹介をすることも増えています。
なぜ紹介するだけでお金を稼げるのか、と疑問に持たれる方もいらっしゃると思います。実は、一部を除いて商品を紹介するだけでお金が入ってくるわけではありません。
お金を稼ぐための仕組みとしては、まず何らかの方法で商品を紹介します。その後、その人の紹介を見た人が紹介されている商品を購入したときに紹介者のもとへ報酬が入ってきます。
その時に得られる金額は、様々なケースがあるため確定的な情報は言えませんが、購入した金額の何パーセントかが報酬として得られるようなイメージでいいと思います。
芸能人のように、社会的に大きな影響を与える人物の場合は、商品を紹介することで得られる金額も多く、商品の紹介をするだけで多額の広告費をもらっているパターンも存在しています。
しかし、一般的にはアフィリエイターと聞くと怪しい商売なのではないか、というイメージを持っている方が多いです。しかし、アフィリエイターは全く怪しいものではなく、コツコツと努力しないと稼ぐことができません。
アフィリエイターで最も重要なのは、その人が紹介することでどのくらいの人が購入してくれるのかということです。
購入してくれるために必要になるのが、紹介者した人自身のブランド力となってきます。
例えば、その商品にひかれて買うのではなく、あの人が使っているから自分も使ってみよう、といって買う人がいますが、これこそまさに紹介した人自身のブランド力になります。
ブランド力を得るためには、毎日コツコツとブログを書いて発信したり、TwitterやインスタグラムなどのSNSを使って発信したり、youtube上で発信をしたりと、小さな積み重ねをしなければなりません。
アフィリエイトをはじめてから1年間ほどは、期待している収益を得る可能性は低いです。しかし、アフィリエイトというのは長く続けていくうちに徐々に稼いでいけるものです。
しかも、基本的には紹介をして一定の購入を得られる見込みさえ立ててしまえば、その後はそのまま放置していても収入が入ってくる不労所得の状態になります。
正直なところ、不労所得で数万円稼げるレベルになるためには、かなりの努力が必要になりますが、将来的に稼いでいきたい人はぜひアフィリエイターを目指してみてはいかがでしょうか。

デザインを学んでデザイナーになる

2つ目は、デザインを学んでデザイナーになることです。デザイナーとは、何かデザインを必要としている個人や企業に対し、条件に合ったデザインを提供することで報酬を得る人をさします。

デザイナーで稼いでいくのを特におすすめしたい方は、とにかく絵を描くのが得意または好きで、こういった自分のスキルを人のために使ってみたいという思いがある方です。

しかし、デザインを描くことでお金を稼げるようなレベルになるまでには、相当な努力が必要になることでしょう。

ここでやはり必要になってくるのが、「絵を描くのが好きだ」という気持ちです。どんなにつらいことでも、自分の好きなことであれば努力も惜しまずにできると思います。

そのため、まずは独学でもよいので絵の基本について学ぶことが必要です。基本をしっかりと学ぶことにより、趣味で書いていた作品が徐々にお金を稼ぐことのできる作品へと変わっていくことでしょう。

そして、デザインを志していくうえで自分の得意なジャンルを持つことも非常に重要です。
デザインといっても様々な種類のデザインが存在し、デッサンのような本格的な絵画をはじめとして、かわいらしいイラストのようなデザインなど幅広いジャンルのデザインがあります。

その中で自分の得意な領域で勝負していく必要があります。また、その領域で自分にしかない持ち味を身につけていくことが重要です。
たとえ他と比べてデザインが優れていないとしても、その人にしかない味があるデザインを書ける場合には、依頼しようという方も増えていきます。
器用貧乏という言葉がありますが、この言葉はデザイナーのようなクリエイティブな業界では、非常に不利となる言葉です。
そのため、自分の魅力や得意分野は何なのか、というのを常に意識してデザインに取り組んでみましょう。
自分のスキルやセンスを活かしてみたい、という方はデザイナーを目指すのもおすすめです。

プログラミングを学んでプログラマーになる

最後におすすめするのは、プログラミングを学んでプログラマーになることです。今回ご紹介した方法の中では、未経験から始めた場合に最も短い期間で稼ぐことのできる方法になります。

プログラミングと聞くと、難しそうなイメージを持ってなかなかとっつきづらいと思う方が多いのが現状です。しかし、しっかりと手順に従って学習を進めることで稼げるスキルを身につけることが可能になります。

また、プログラミングを学習する場合はネット上の学習サイトを参考にすることで、無料で学習することができるのです。最近では、ゲーム感覚でプログラミングを学習できるサービスも多く登場してきており、気軽にプログラミングを経験できる環境が整っております。
プログラミングを学んでいく第一歩として、まずはそういったゲーム感覚で学ぶことのできるプログラミング学習サービスを利用するのがよいでしょう。
その中で、自分がプログラミングに向いているのかどうかを判断してみるのが重要です。
そこでプログラミングが少しでも苦痛だと感じなければ、より深いところを書籍やWEB上で学習していくのがおすすめです。

収入面においても、プログラミングを使った副業が最も短い時間で確実に稼ぐことができます。仮に、全くの未経験からプログラミングを始めた場合の解説をしていきます。

まずはプログラミングの基礎を身につけるために3ヶ月間ほどかかります。
その後、実践を通しながら経験を積んでいき、半年後には1ヶ月5万円を達成することも可能でしょう。
副業を志す人が目指す一つのラインとして、1ヶ月で5万円稼げるようになることを掲げる人も多いと思います。
プログラミングを使った副業の場合、やる気さえあれば最も短い期間で達成することが可能でしょう。
できるだけ短い期間でより多くの金額を稼ぎたい、という方にはプログラミングを使った副業が非常におすすめです。

副業に使える3つのおすすめネットサービス

ここまで副業で稼ぐための方法をご紹介してきました。しかし、ここで一つ大きな疑問が浮かんでいると思います。
それは、どうやって仕事を受けることができるのだろうということです。アフィリエイトの場合は、自分でブログを作成し、発信をし続ければ稼げるようになります。
しかし、ほかに紹介したデザイナーとプログラマーの場合、お客様がいないと成立しないものになります。
今の時代は、そういった仕事を求める人と依頼する人をつなぐ素晴らしいサービスが運営されています。
そういったサービスを、クラウドソーシングサービスといいます。今回は、クラウドソーシングサービスの中でも有名な以下の3つのサービスについてのご紹介です。
①クラウドワークス
②ランサーズ
③ココナラ
それぞれについて解説していきます。

クラウドワークス

1つ目はクラウドワークスです。クラウドワークスは、ユーザー数、仕事依頼数、ともに日本最大級のクラウドソーシングサービスです。
仕事を依頼したい「クライアント」と、多様なスキルと実績を持った働き手「クラウドワーカー」が、オンライン上でマッチングすることで案件が開始となります。
案件が開始されてからは、案件の開始から終了までの全てのやり取りがインターネット上で完結するため、時間にとらわれることなく、スピーディに、必要なだけ仕事を頼んだり、働くことができます。
また、クラウドワークスには様々な種類の案件が存在しているのです。日本でも最大級のクラウドソーシングサービスとなっているため、案件の数も非常に多いです。
自分のスキルに合わせて、案件を選ぶことができるため、初心者でも安心して案件を受注することができます。
どのクラウドソーシングサービスから利用してみようかな、と悩んでいる方はとりあえずクラウドワークスに登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

ランサーズ

2つ目はランサーズです。ランサーズは、クラウドワークスと同じように、仕事を依頼したい人と、その仕事を受けたい人をマッチングさせるクラウドソーシングサービスになります。
ランサーズでは、ホームページ制作、アプリケーション開発やシステム開発・運用、ロゴ作成やイラスト作成、ライティング、タスク・作業など、141カテゴリの仕事があります。
ランサーズもクラウドワークスと同様に、多くの案件が存在しています。正直どちらも変わらない案件数のため、両方登録して使いやすいほうを使うのがおすすめです。

ココナラ

最後に紹介するのが、ココナラです。ココナラは、一人ひとりの「得意(経験・知識・スキル)」を気軽に売り買いできるオンラインのスキルマーケットです。
恋愛相談や本格占い、キャッチコピー·ロゴ·イラスト作成、語学レッスンなど幅広いジャンルのスキルを売買できます。今回ご紹介した副業の中だと、デザイナーとして副業をしていきたい人にはうってつけのクラウドソーシングサービスです。

また、先ほど紹介したクラウドワークスとランサーズと大きく違うのは、自分のスキルを売ることができるという点です。
言い換えれば、自分のスキルをオークションのように売りにかけられるということになります。
例えば、絵が得意であれば何か絵を描いた実績を見せつつ金額を提示することで、このデザイナーに依頼したいという方が金額を支払います。
お金を稼ぐといった面以外でも、自分の市場価値がどのくらいあるのかを図ることもできるため、自分を分析する方法としても非常に有効な手段です。
自分のスキルを使ってお金を稼いでいきたいという方は、ぜひココナラを利用してみてはいかがでしょうか。

現実問題ネットで稼いだら税金はどうやって払うの?

ここまで副業としてネットで稼ぐ手段を解説してきましたが、お金を稼いだらそのままにするわけにはいけません。

当然個人で稼いだ所得としてカウントされるため、稼いだ金額に応じて税金がかかってきます。企業に勤めている方であれば、毎年年末になると年末調整というイベントがやってくると思います。

年末調整とは、自分の1年間の収入や、控除できるものを提出することで調整額として還付金をもらうことができるものです。
正直、こういった税金関係の処理は会社が手続きしてくれるので、あまり意識していないという方がほとんどだと思います。

しかし、こういった税金関係の処理は、副業で稼いだ場合でも必要になってくるのです。
特に重要になるのが、副業による収入が一年間を通じてどれくらいあったのかということを把握することです。そうすることで、所得税や住民税などの税金の金額が決定します。
副業をしていきたいと考えている人は、確定申告についてもしっかりと学んだうえで副業をしていくのがおすすめです。

手に職をつけて副業で堅実に稼ぎましょう

今回は、ネット上で副業をするときにどのようにして稼ぐのかについて解説しました。最近は、副業を認める企業が増えている背景があることから、今後は副業をする人も増加していくでしょう。

そんな中で、副業をするならなるべく自宅で安全に賢く稼ぎたい、と思う方も多くいらっしゃると思います。
そこでおすすめしたいのが、ネット上で手に職をつけて堅実に稼ぐことです。手に職をつけるにも、様々な手段がありますが、自分の得意なことや好きなことで稼ぐのがよいでしょう。

ネット上では主に、アフィリエイトによる広告収入、デザイナーとして条件に合ったデザインを提供することで収入を得る方法、プログラミングを使って稼ぐ方法があります。
これらのように、スキルを使って稼ぐ方法はコツコツと続けていくうちに安定した収益を得ることができます。

しかし、手に職をつけて稼ぐ方法に共通していることは、決して楽をしてすぐに稼げる手段ではないということです。
コツコツと長い期間続けていくことによって、1ヶ月で10万円以上を稼ぐことも可能となります。
もし本業がダメになってしまった時でも、副業を通して手に職をつけておくことで、今まで培ってきたスキルを使うことができるため、これから先も生きていくことができるのです。
収入源を一つではなく、複数に分散させることで将来的なリスク分散にもつながっていきます。
今後は副業で今以上に稼いでいきたい、という方は今回ご紹介したようにまずは手に職をつけていくことをおすすめします。
今回の記事がこれから副業を始めたい方の参考になれば幸いです。

関連記事