最近よく聞くsesとは?「sesはやめとけ」と言われるホントの理由

はてブ

IT業界で現在働いている人や、これからIT業界を目指そうと考えている人でも、一度はsesという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ですが、言葉は知っていても意味をしっかりと把握している人は少ないかもしれません。

また、sesを耳にしたときに上司や先輩に聞いてみても、sesはやめとけと言われたころがある人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、sesとは一体どんなものなのか、何故やめとけと言われてしまうのか、メリット・デメリットと合わせて解説していきたいと思います。

sesとは?

SESって一体どういう仕事なの?

まずsesとは、システムエンジニアリングサービスの頭文字を並べた略称で、クライアントにエンジニアを派遣するサービスを行う雇用契約の一種となっています。

クライアントは、派遣されたエンジニアに対する作業時間に対しての報酬を支払うシステムになっており、成果物に対しての責任は一切エンジニアは負わない契約になっています。

ですので、クライアント側からすれば、契約したのだからシステムを完成させるまでは作業をお願いしたいところですが、契約期間内で完成させることができなかったとしても、契約した報酬を支払う義務があります。

ses契約ではなくエンジニアの一般的な契約としては請負契約を結んでおり、完成した成果物に対して報酬を支払いますが、sesでは成果物に対しての報酬ではなく、作業時間に対する報酬になっているのが大きな違いとなっています。

そして、委任契約でクライアント先に常駐する場合がありますが、この場合はエンジニアに対して指揮・命令ができるのは、クライアントではなくses契約を受注した会社となっています。

ここまでの解説を見ていると、派遣社員と同じように思われるかもしれませんが、派遣社員はシステムを完成させるなどプロジェクトが終了するまでの契約になりますが、ses契約では先ほど説明したように作業時間の契約ですので、プロジェクトを終了させる義務は生じません。

また、先ほど説明した中にもあった指揮・命令系統も、派遣社員の場合はクライアント側が行うことになっています。

ここまで聞くとses契約についてあまりいい印象を持てないかもしれませんが、クライアント側からすれば、必要な部署に必要なスキルを持ったエンジニアを配属させることができ、わざわざエンジニアを育成する必要がないなどのメリットもあることから、今後も安定的にses企業は需要を伸ばしていく分野となっています。

ただし、これらは費用をできるだけ抑えるために考えられた事業ですので、需要が増えたからと言ってエンジニアの給与が増えていくようなことはなく、むしろ働くエンジニアにとっては過酷な環境の中働き続けることとなってしまいます。

先輩に「sesはやめとけ」と言われたその理由とは?

SESはやめておけと言われる理由は何?

先輩や上司に、sesはやめた方が良いとアドバイスを受けたことがある人もは少なくありませんが、

常駐先の企業がコロコロ変わる
給料が安い
エンジニアとしてのスキルを伸ばし辛い
常駐企業に当たり外れがある

以上の事が理由として挙げられます。

Ses契約は、ses企業に属しているのでクライアント先で正社員として働くわけではなく、契約が終了することで新しい企業に移ることになります。

このように、コロコロと職場が変わることで、職場に慣れることが難しくなったり、人間関係を毎回一から築くことに抵抗を感じている人が多いのも事実です。

クライアント側からしても、ses契約でくるエンジニアは契約が終了することでいなくなり、成果物に対しての責任を追及することができないので、システム開発の中でも重要な部分を任せることができません。

ですので、プログラミングやテストといった比較的簡単な工程のみを任せることになり、受注としては孫請けのような形になってしまいますので、どうしても得られる給料は安くなってしまいます。

そして、プログラミングを学びたいと考えているのであればいいかもしれませんが、契約できるエンジニアの多くは既にプログラミングをマスターしていますので、エンジニアとしてのスキルを伸ばすことが難しく、自身のキャリアアップにつながる環境にはなっていません。

また、職場がコロコロ変わることで、当然企業の当り外れも出てきます。

次の現場に行ってみなければどのような企業かわからないため、きっちりしたスケジュール管理で関係も良好な当りの企業もあれば、設計書が難しくプログラムを組むことが困難で、関係性もよくない外れの企業もあるなど、働く企業を自分では選べない点などが、周囲からやめとくようアドバイスされる理由となっています。

このことからも、どうしても働き口がないエンジニアや、色々な企業を経験することでエンジニアとしてステップアップしたいと考えている人向けの契約とも言われています。

sesの契約はどうなってるの?

SESの契約は一体どう言う風になっているの?

次にsesの契約についてですが、ses企業とエンジニアとの間では、ses企業に正社員として契約することがほとんどで、クライアント企業には、ses企業が受注し適切なエンジニアを常駐として派遣する形になっています。

ですので、エンジニアはクライアントの指揮命令を聞く必要はなく、ses企業の指揮命令を聞く系統となっています。

また、報酬については、成果報酬ではなく働いた時間に対する報酬をses企業に対して支払う形となります。

そして、ses契約は法律上準委任契約となっていますので、先ほど説明したようにクライアントから指揮命令を受けることは、派遣契約扱いとなってしまうため、そもそもの契約内容が異なってしまうことから法律違反となってしまいます。

また、他の企業に常駐しているエンジニアとses契約して、別のクライアントに派遣した場合には多重派遣となってしまうため、こちらも違法になってしまいます。

そして、ses契約は派遣されたエンジニアの作業時間についてのみ報酬が発生し、成果物に対しての責任は一切発生しないので、プロジェクトが完成していなかったとしても企業はエンジニアに報酬は支払わなければいけません。

常駐するエンジニアの報酬は基本的に1ヶ月あたりで計算されることが一般的で、エンジニアの経験や能力によってその報酬は変動していきます。

50万円で済むエンジニアもいれば、100万円を超える報酬が必要なエンジニアがいるなど、エンジニアの能力によって大きく変動していきます。

sesのメリット

SESのメリットとは何?

ここまでの解説では、sesに対してあまりいいイメージが持てないかもしれませんが、当然sesにもメリットはあります。

sesのメリットとしては、

正社員として働くことができる
様々な案件に携わることができる
様々な企業で働くことができる
人材育成に係る手間や費用を省くことができる

などが考えられます。

エンジニアの中でも派遣として契約をしている人も少なくありませんが、ses企業と契約することができれば、ses企業に正社員として勤めることができるようになりますので、安心感を持って働くことができるようになります。

また、様々な案件に携わることができることで、たくさんの人との出会いを経験していくことになります。

企業によって方針も違えば、働いている人たちも違いますので、派遣されるたびに新しく人間関係を構築していかなければいけません。

当然派遣先で仕事をするためには、コミュニケーション能力が必要となってきますので、次々に新しい派遣先に行くことでコミュニケーション能力や精神的に鍛えていくことができます。

将来的に独立してフリーランスで働きたいと考えているのであれば、ここで鍛えることができるだけでなく、人脈を広げていくことにもつながりますので、考えようによっては将来の為につながる働き方でもあります。

また、常に新しいプロジェクトに携わっていくことになりますので、クライアント側のプロジェクトによってはエンジニアとしてのスキルを磨くことができ、スキルアップに繋がります。

そして、ses契約はエンジニアにだけメリットがあるのではなく、クライアント側にも大きなメリットがあります。エンジニアを一から育て上げていくためには、それ相応の時間や費用が必要になってきますが、ses契約で派遣されるエンジニアは、エンジニアとしてのスキルを既に持っていますので、育成にかかる時間や費用を抑えていくことが可能となっています。

そして、派遣されるエンジニアは面談によって必要なスキルを持ったエンジニアに来てもらうことができるので、大規模なシステム開発など人手が必要な場合に非常に便利な契約となっています。

sesのデメリット

SESのデメリットは何?

最後にses契約のデメリットについてですが、

給料の安さ
精神的負荷
エンジニアの流出
企業情報の流出

などが考えられます。

まず給与の安さですが、ses契約では時間単価で計算されますので、どれほど完璧な成果物を仕上げたとしても給与が変わることはありません。

また、契約期間が満期を迎えれば、どのような状態であったとしてもプロジェクトから抜けることになり、中途半端にしか請け負うことができません。

ですので、万が一途中で契約が満期になると、プロジェクトを仕上げた達成感を得ることもできずに、新しい企業に派遣されていくことになります。

実際の給与も派遣社員よりも低く設定されているだけでなく、成果物など実績で給与が上がることはありませんので、ses企業で勤めたからと言って大きな年収を期待することはできません。

そして、メリットでも挙げたように契約期間が終了することで新しい企業に常駐することになり、コロコロと職場が変わるのもses契約の特徴ですが、確かに色々な企業で働くことでコミュニケーション能力や精神的に鍛えることはできるかもしれません。

ですが、そもそもコミュニケーションが苦手である人や、新しく人付き合いを始めることが苦手な人にとっては、コロコロと環境が変化することに耐えることができない人もいます。

そういった人であれば、このses契約自体が精神的ストレスになってしまう可能性もあります。また、常駐する企業にいる人全てが良い人ばかりではありませんので、派遣されるまでどのような人が働いているのかもわからないことも精神的負荷の大きな要因になっています。

そして、クライアント側にとっては、必要なエンジニアを必要な部署に配属させることができるので、確かに新たにエンジニアを育成する時間と費用をかける必要はありませんが、契約が終了することでエンジニアはいなくなってしまうため、どうしても常にエンジニア不足になってしまいます。

そして、企業で働くことで少なからずエンジニアのスキルも伸びていきますが、クライアント側はこのエンジニアを引きとめることができませんので、実質エンジニアを鍛えて流出させている形となってしまいます。また、エンジニアを常駐させることで企業の情報が流れてしまうリスクも考えなくてはいけません。

エンジニアも全てが良い人ではありませんし、悪意はなかったとしても勤めている企業の情報を流出させてしまうリスクも考えなくてはいけません。

いろんな人の意見を聞いて自分に合った働き方をみつけよう

色々な人に会って意見を聞くことが大事。

いかがでしたでしょうか。この記事では、エンジニアであれば一度は耳にしたことがあるsesについて解説してきました。

ses企業で働くことは、エンジニアにとって正社員で勤めることができるだけでなく、様々な企業で働くことができるので新しい発見を出来るなどメリットもありますが、給与が安く成果物に対しての報酬でもないなど、仕事に対して達成感を感じることなく契約が終了することも多くあります。

一方のクライアント側から見ても、必要な人材を一から育てる必要もなく、適切なエンジニアが派遣されるため使い勝手はいい働き方ですが、せっかく育てたエンジニアをつなぎとめることができないなど、短期的な解決にしかならず長期的な解決には至らない契約となっています。

ses契約自体にはメリットだけでなくデメリットもありますが、その人に合った働き口は必ずあります。もちろんses企業の中にも優良な企業はたくさんあります。
エンジニアであればses契約だけでなく、請負契約や派遣契約など様々な働き方があり、ひとそれぞれ捉え方も違ってきますので、いろいろな人の意見を聞き、自分に合った働き方を見つけることが一番よいでしょう。

関連記事