【2019年決定版!】IT業界の平均年収は?エンジニアは年収1000万も夢じゃない!?

はてブ

今の世の中になくてはならない業界の一つに、IT業界があります。

IT業界の発展によって私たちの生活は飛躍的に向上していくことに成功し、今後もIT業界が発展していくことは私たちの生活を、今までよりも便利で暮らしやすい生活にしていってくれます。

そんなIT業界ですから、やはり年収も相当高いのではと考えて、実際にIT業界で働いていきたいと考える人も少なくありません。

そこでこの記事では、IT業界の年収の相場や年齢別の平均年収だけでなく、IT業界で働いていく中で平均年収よりも多く稼ぐためにはどうしたら良いのかなど、果たして年収1000万円は夢じゃないのかということを解説していきたいと思います。

ITの年収相場とは?

IT業界で働いた時の年収の相場はどのくらい?

まずIT企業の年収相場についてですが、年収相場が461万円で生涯賃金は2億6287万円と非常に高い年収になっています。

1、ITコンサルティング
2、システムインテグレータ
3、ハードウェア/ソフトウェア/パッケージベンダ
4、通信/ISP/データセンター

上記の順に平均年収が高くなっており、平均年収が高いのがITコンサルティングで473万円となっています。

次に平均年収が高いのがシステムインテグレーターで470万円と、ITコンサルティングとほとんど変わらない平均年収になっています。

3番目の平均年収はハードウェア/ソフトウェア/パッケージベンダで468万円と、ITコンサルティングやシステムインテグレータと変わらない平均年収になっています。

最後に通信/ISP/データセンターの平均年収は415万円と、他のIT企業と比較すると大きく平均年収は少なくなっています。

次に業種別に平均年収を見てみると、IT業界はトップになっており、2位のインターネット/広告/メディアの平均年収412万円よりも50万円ほど高くなっています。

このことからも、IT業界全体の平均年収が他の業種よりも頭一つ抜けて高くなっていることがわかります。

ただし、IT業界は他の業種と比較してみても、成果主義となっているために、年収に大きな開きができてしまっています。

ですので、平均年収を押し上げる高年収の人がいる一方で、平均年収以下の少ない年収になっている人も少なくありません。

IT業界の年収はぶっちゃけ高い?

IT業界の年収って高いって聞くけど本当はどうなの?

先ほどIT業界の年収相場について解説してきましたが、各業界と見比べたときに、IT業界の年収は他と比べて高い水準になっているのでしょうか。

それは、間違いなく高い水準となっています。

実際にIT業界の中でも、システムエンジニアであれば平均年収は600万円前後になっており、非常に高い年収になっていることがわかるかと思います。

システムエンジニアは、人材不足も後押ししていることもあって年収は比較的高く設定されています。ただし、扱えるプログラミング言語や、働く企業によって大きく年収も変動してきますので、働く企業の選択や学んでおくべきプログラミング言語はしっかりと吟味しておかなければいけません。

また、同じIT業界でもプログラマーや営業職などであれば、比較的就職しやすい点などから年収は少なくなってしまっています。

IT業界で働いていくときに経験も非常に大きな査定の要素になってきますので、新卒で入社したばかりの頃などでは、一般的なサラリーマンと比較してみても、年収は少なくなってしまいます。ですから、最初のうちは我慢も必要になってきます。

そして、IT業界では残業や休日出勤も多くなってしまう傾向になっており、その残業代も大きく年収の差に影響を及ぼしていることもあります。ただ単に年収が高いからという理由でIT業界を目指してしまうと、途中で断念してしまう人も少なくありませんので、注意や覚悟をしておかなければいけません。

また、企業に勤めることに対してイメージが悪く、フリーランスで活躍している人は特に年収が高いと感じている人もいるかと思いますが、いきなりフリーランスで活動したからといって高年収を期待することはできません。

フリーランスで活躍するためには、スキルは当然のことながら仕事を受注するための人脈や、一人でクライアントと取引していきますので、コミュニケーション能力など様々なスキルが必要になってきます。

IT系企業の年収ランキングを一挙公開!

IT業界の年収ランキングを発表します!

ここではIT企業の中でも特に平均年収の高い企業を、ランキング形式で紹介していきます。

(株)スクウェア・エニックス・ホールディングス1391万円
フューチャー(株)1178万円
(株)野村総合研究所1166万円
ソフトバンクグループ(株)1158万円
(株)シグマクシス1149万円

以上のランキングになっていますが、ここで紹介した企業全てが平均年収を1000万円以上になっており、ここでは5位までしか紹介していませんが、8位以上にもなれば平均年収は1000万円を超えてきます。

TOP10に入ってくるような企業は、軒並み900万円以上の高額な平均年収になっています。

ただし、これらの企業の平均年齢も40歳前後となっていることから、長く続けていくことができれば年収も高くはなります。しかし同じ企業に長く勤めることは、今の時代容易なことではありません。

また、あくまでも平均年収ですので、能力が低い場合などであれば当然この平均年収を大きく下回ることもあります。

そして、ここにランクインしている企業は、そのどれもが大手企業になっていますので、企業に入社すること自体が高いハードルになってしまっています。

そして、システム開発だけでなくITコンサルティングや経営コンサルティングなど、様々な分野で活躍できる必要があり、継続して働き続けることが難しい企業ばかりになっています。

また、IT企業の中でも職種によって大きく年収は変わっていき、ITコンサルティングやマネージャーであれば高収入を見込むことができますが、そこに至るまでにはシステムエンジニアやプログラマーからスタートしていき、キャリアアップをしていかなければいけません。

ですが、キャリアアップすることで年収が増えるという工程自体は、どのような企業であっても同じです。
IT業界は特にその伸び率が高くなっていますので、高い志を持ってIT業界に入社していくのであれば、将来的には高額な年収を得ることができる可能性が高くなっていきます。

年齢別!IT業界の平均年収とは?

年齢によって年収はどのくらい違うの?

ここまでIT業界の年収を解説してきた中で、年齢によって大きく年収が変わってくると解説してきましたが、年代によってどれほど年収に開きがあるのかは知っておきたいことの一つになっているかと思います。

20代~30代 300万円~400万円
30代前半 400万円~700万円
40代 400万円~700万円
50代 400万円~700万円

以上のような年収になっています。

この年齢別の年収から見て取れるのが、20代~30代までの比較的新人に分類される年齢層では、大きな違いはないことがわかります。

これは、IT業界では新人は経験も少なく能力差も大きくないため、年収にも大きな開きはありません。

ですが、30代以降になってくると年収にも300万円以上の開きが見て取ることができます。

これは、IT業界に長く勤めることで経験を積んでいくことができますが、能力に開きも増えてきますので、必然的に年収にも開きが出てくるようになってきます。

また、男女差でも年収に開きが出てきてしまっており、女性は男性に比べて100万円前後年収は少なくなってしまっています。

これは、育休などの制度が世に認知されてきていることで、男女格差は少なくなってきているようにも思われますが、どこかで少なからず男女格差があることを意味しています。

そして、働く地域によっても年収に開きがあり、東京・愛知・大阪・福岡など主要都市部では年収が高くなってきていますが、地方であればあるほど年収は少なくなってしまっています。

これは、IT業界が取引相手としている企業が都市部に集中しているためで、その分都市部に行けば行くほど仕事量や年収も多くなってきています。

ただし、IT業界で働く人にとってこの地域格差は当然知っていることですので、都市部でさらに高年収のIT企業に努めようと思うと、競争率が高いだけでなくスキルなどのレベルも高くなってしまいますので、挫折してしまう人も多く、自分のレベルに見合った企業で働くようにしていかなければいけません。

IT業界の平均年収を上回るためにするべきこととは?

どうやったらIT業界の平均年収を超えることができるの?

では、これからIT業界で働きたいと考えている人や、現在実際にIT業界で働いて入るけれど、年収をもっと多くしたいと考えている人も少なくないはずですので、ここではIT業界の平均年収を上回るためにできることについて紹介していきます。

使えるプログラミング言語を増やす
いろんな現場経験を増やす
自分でオリジナルのシステム開発をしていく

以上のことに注意していくことで、IT業界の平均年収を上回ることができるようになります。

ですが、単純にこれらのことをしていくだけでは、年収を上げるために行動しているのに中々上げることができないなんてこともありますので、幾つかの注意点を解説していきます。

使える言語を増やす

IT業界で働いていく中で必須となるのがプログラミング言語ですが、使えるプログラミング言語を増やすことで平均年収以上の年収を得ることができるようになります。

プログラミング言語は種類が多く、人によって向き不向きがあり、いつまでも一つの言語に頼っているのではプログラマーとして上達することができないだけでなく、企業側の評価を上げていくことは難しくなっています。

使えることで優位に働く言語ですが、

HTML
CSS
JavaScript
PHP
Java
Python
C++
C#
Swift
Ruby
R

これらのプログラミング言語を学ぶことで、年収を上げていくことができます。

ですが、それぞれのプログラミング言語には特徴がありますので、働いている企業が必要としている言語や、これから先キャリアアップを目指していくことができる言語を学ぶことで、平均年収を上回ることができるだけでなく、理想とするキャリアアップにも近づけることができます。

ただし、プログラミング言語は一つ一つの難易度も高くそれぞれに難易度の種類も違うため、誤った選択をしてしまうと、キャリアアップまでの遠回りとなってしまうため、プログラミング言語の選択が重要になってきます。

即戦力になるためにおすすめのプログラミング言語を紹介します!

プログラミング言語を学びたいと考えるのであれば、独学ではなくプログラミングスクールでの学習がおすすめです。現役のプログラマーから学ぶことができるスクールや、わざわざスクールに通わなくてもオンラインで学習ができる方法など、自分にあったスタイルで学習をしていくことができます。

また、今後フリーランスでの活動を視野に入れているのであれば、自分の将来像などを明確にしていき、その将来像に見合ったプログラミング言語を学習していくことが、年収アップへの道筋となっています。

そして、使えるプログラミング言語が同じであっても、就職する企業によって大きく年収が変わってきますので、自分が扱えるプログラミング言語を最大限に評価してくれる企業への転職をすることでも年収アップにつながります。

他にも、自分が得意とするプログラミング言語を使って、得意な案件をメインにこなすことができるフリーランスに転職することでも年収を上げていくことができます。フリーランスで活動していくことで企業に対して、自分のキャリアをアピールしやすくなるので、より多くの年収を望むことができます。

【副業エンジニア向け】受託開発案件の見積り・案件獲得・契約書について解説【雛形付き】

いろんな現場経験を増やす

IT業界で年収を上げていくためには、現場の経験を積んでいくことが重要になってきます。IT業界で現場経験をすることで、

コミュニケーション能力の向上
プレッシャーに強くなる
マネジメント能力の向上

以上の能力を鍛えていくことができます。

まずコミュニケーション能力ですが、IT業界で活躍していくためには欠かすことができない能力で、プログラミングスキルがあれば大丈夫と考えている人もいるようですが、プログラミングスキルだけを向上させても、プログラマーとして活躍することはできますが、多くの年収を稼ぐことができるシステムエンジニアやITコンサルティングなどの業務をこなしていくことはできません。

これらの業務では、クライアントとの打ち合わせなどから、クライアントが望む正確な情報を聞き出すだけでなく、その情報から最も必要なシステム設計をしていかなければいけません。

また、その情報からプログラマーに指示を出すときに正確な情報を共有できなければ、自分が頼みたかったシステムの開発をすることができません。

そのためには、高いコミュニケーション能力を使って、クライアントやメンバーと情報の共有をしていかなければいけません。

次にプレッシャーに強くなる必要性ですが、これはIT業界に限った話ではなく、どんなに仕事ができる人であったとしても、実際に現場に出たときに実力を発揮できなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

そうなってしまうと、スキルはあるけれど現場に弱いと企業に思われてしまい、思っていた年収を稼ぐことはできなくなってしまいます。

最後にマネジメント能力ですが、稼げる人材は基本的にリーダーシップを持っていて、チームをまとめ上げることができる人になってきます。

マネジメント能力がある人であれば、どんどん昇格していき年収を上げることはできますが、マネジメント能力がなければいつまでも同じ年収にとどまってしまうことになります。

この3つの能力は主に精神的な面が大きく左右する能力になっていますので、鍛えるためには実践経験を積んでいくことが、最も確実な方法となっていますので、少しでも多くの現場をこなして経験を積んでいきましょう。

仕事以外に自分でオリジナルの開発をする

IT業界で働いていると、様々なシステムを受注して開発していくことになりますが、基本的にはチームで開発をしていき、クライアントの要望に沿った形で製作していきます。

確かにこれらの経験を積むことで経験値を高めていくことはできますが、あくまでもクライアントの希望通りのシステム開発になってしまいます。

それでは応用力を鍛えることはできませんし、新たな発見をすることも少なくなってしまいます。

応用力や新たな発見の経験を積んでいくためには、自分でオリジナルのシステムを開発していくことが、最も適した方法になっています。そうすることで、自分の中にスキルや経験をインプットしていくことができるようになります。

ただし、これらはあくまでもインプットできるということだけで、本当に必要なことはアウトプットしていき、フィードバックを求めることがスキルアップに最も必要なことになっています。

確かに自分が作ったオリジナル作品を、一般公開することはどのようなフィードバックが返ってくるのかわからないので怖いですが、その一歩を踏み出すことで、自分では思いつかなかったことを指摘してもらえるなど、新たな発見をしていくことができます。

この新たな発見がIT業界では非常に重要なことで、 IT業界は常に進化し続ける業界ですので、停滞してしまうとすぐに置いていかれてしまいます。

そうならないためにも、年収を多く稼いでいる人はインプットとアウトプットを繰り返していき、スキルの向上や新たな情報を取り入れることに努力を惜しみません。

これからもIT業界で働いていきながら、少しでも多くの年収が欲しいと考えているのであれば、新たな情報の入手やオリジナル作品のアウトプットを欠かさないようにしていきましょう。

アウトプットしていく方法としては、SNSやブログなどを使っていくことが有効的な方法です。自分のスキルアップに繋がるだけでなく、転職やフリーランスになる際にも、実際に個人で開発したシステムですのでアピールするポイントになります。

また、アウトプットしていく中で、企業側からオファーが来るなんてことも可能性としてあります。

プログラミングして作るものがない人へのTIPSを紹介します!

30代で年収1000万になるためには?

30代で年収1000万円を越えられるようになるにはどうしたら良い?

IT業界で働いている人にとって、年収が1000万円を超えることは一つの目標になっています。

そんなIT業界で30代の内に年収1000万円を超えるための方法ですが、以下の5点が考えられます。

ITコンサルティングをする
プロジェクトマネージャーになる
AIや・機械学習などの専門スキルを持つ
外資系IT企業に勤める
フリーランスになる

先ほど平均年収以上に稼ぐためにするべきことでも開設しましたが、IT業界で年収1000万円を超えるのは、ITコンサルティングやプロジェクトマネージャーといった、全体をまとめ上げるリーダー的存在になってきます。

そんなリーダー的存在になるためには、やはりコミュニケーション能力やマネジメント能力が必須になってきて、人の上に立って仕事をすることができれば、必然的に年収は上がっていき30代で年収1000万円も決して見目の金額ではありません。

ただし、マネジメント能力の中にはチームをまとめ上げるだけでなく、予算内・期間内でプロジェクトを成功させる必要があり、それらをこなしていく人が現在のIT業界で本当に求められている人材となっています。

また、コミュニケーション能力が高い人は、プログラミング素人であるクライアントにも、わかりやすく丁寧に伝えることができるので、そういった人であれば企業勤めではなく、フリーランスとしても活躍していくことができるので、より自分の思い描いたように活躍していくことができます。

次にAIや機械学習といった専門分野のスキルを持つことですが、希少性の高いスキルを持つことができれば、他人と比較しやすくなりますし、これから先はAIなどのスキルは需要もどんどん高まっていきますので、先立って身につけておくことができれば、周囲よりも一歩先に進むことができます。

次に外資系の企業で勤める方法ですが、IT業界が年収が高いといっても日本国内での話であって、海外のIT企業と比べると日本のIT企業はかなり年収が少なくなっています。

そのことからも、外資系の企業で勤めることができれば、年収1000万円以上は比較的容易に超えることができます。

ただし、外資系企業ですので、当然エンジニアとしてのスキルだけでなく英語のスキルも必要になってきますので、より学習をしていかなければいけません。

最後にフリーランスになることについてです。単純に企業勤めである場合には給与として、企業全体で分配されてしまいますが、フリーランスになることでクライアントから受注して得た金銭は、すべて自分一人の収入にすることができます。

ですので、企業勤めと同程度の仕事量であったとしても確実に年収を増やしていくことが可能になります。

ただし、クライアントからの受注がなければ給料はありませんので、エンジニアとしてのスキルだけでなく人脈も重要になってきます。まずは企業勤めでスキルや経験や人脈を作ってからフリーランスに転身することをおすすめします。

まとめ

IT業界の平均年収の相場についてのまとめ

今回はIT業界の年収について、年収相場や企業ごとのランキングの紹介の他にも、平均年収以上に稼ぐためにしておくべきことについて紹介してきました。

確かにIT企業は人気もあり、年収も高い職業ではありますが、実力至上主義な面もあるため、実力がなければ中々高額な年収を稼ぐことは難しい職業になっています。

また、新卒であれば年収もサラリーマンよりも少なく、残業も多いなどの理由から断念してしまう人も少なくない職業になっています。

ですが、自分のスキルを高めていき、経験を積んでいくことができれば高額な年収を稼ぐこともできる夢のような職業になっています。

これからIT業界に就職や転職を検討しているのであれば、高額な年収を獲得するために、覚悟や努力を惜しまずに上を目指して行ってみましょう。

関連記事