TECH::CAMPがおすすめなのはプログラミング未経験の初心者で、一から基礎を学びたい人!

はてブ

これからプログラミングを学んでエンジニアを目指していく上で、プログラミングスクールでの学習は必須となってきます。そんなプログラミングスクールも数多くありすぎどこで受講するのがいいのか判断に迷ってしまいます。

そこでこの記事では、プログラミングスクールの一つであるTECH::CAMPについて、どのようなスクールなのか、どんな特徴があるのか、費用はどれぐらい必要なのかなど、これからプログラミングスクールを選択する上で、誰もが知りたいことを徹底的に解説していきたいと思います。

プログラミングスクールによっての相性や向き不向きなどもありますので、必ずしもTECH::CAMPを選択するべきだとは思いませんが、今後のプログラミングスクール選びの参考にしていただければと思います。

TECH::CAMPの総評


エンジニアやプログラマーを目指している人にとって、プログラミングを勉強していくことは必須になってきますが、参考書などを使っての独学ではどうしても知識が偏ってしまったり、途中でわからなくなって諦めてしまう人が多くなってしまいます。

そうならないためにも、プログラミングを学ぶのであればプログラミングスクールで勉強するのが一番の近道で、確実性が格段に高くなってきます。

ですが、プログラミングスクールは都内だけでも500以上あるなど非常に多くのスクールがあります。多くのスクールがあることは受講生にとって選択の幅が広がりますが、あまりにも多すぎるとどこで受講するのが良いのか迷ってしまいます。

自分に合っていないスクールで勉強すると、高額な受講料を支払ったのにスキルが上がらなかったり、理解できないなどにもなりかねません。

そこでおすすめしたいプログラミングスクールがTECH::CAMPというスクールです。

TECH::CAMPの総合評価としては、5点満点で5点を付けれるおすすめのスクールになっていますが、人それぞれスキルや得意分野が違っていますので満点を付けれない人もいるかもしれません。

そこでここからは、TECH::CAMPのスクール内容や料金など、受講を考えている人が知りたい情報を詳細に紹介していきますので、これからプログラミングスクールでの受講を考えている人は、一度参考にしてみてください。

TECH::CAMPの向き・不向き


TECH::CAMPは確かにおすすめのスクールではありますが、誰もが確実に向いているわけではありません。

そこでここからは、TECH::CAMPに向いている人と向いていない人の特徴を紹介していきます。

TECH::CAMPに向いている人

通学での受講希望

TECH::CAMPで受講に向いている人ですが、プログラミングスクールには通学で受講するタイプと、オンラインで受講するタイプがあります。

オンラインでの受講は、自宅にいながら勉強することができ、オンラインチャットなどで質問をすることができます。確かに自宅で好きな時間に勉強できるので、仕事の都合などで通学ができない人には嬉しいサービスですが、実際に講師と直接質問をしてわからない部分を解決したい人もいます。

このように通学をして勉強したい人であれば、TECH::CAMPは向いているスクールとなります。

学びたい分野が決まっていない

プログラミングを勉強してエンジニアになりたいと大雑把に考えている人はいても、明確にどのようなエンジニアになって、どのような結果を残したいと考えている人は多くありません。

そんな人は、ある程度広い分野を勉強しながら自分の方向性を見つけていくのが、将来に活躍していくことができます。

そこでTECH::CAMPでは、様々な分野のコースを選択することができるので、費用はかかってしまいますが方向性が決まっていない人で、自分のできることを広げたい人向けになっています。

一人では挫折してしまう人

プログラミングを独学で勉強すること自体は問題ではありませんが、特に初心者であれば途中で挫折してしまう人がほとんどです。

これは、今までの人生で聞いたことがない言葉などがたくさん出でくることで、プログラミングについての理解を深めることができず諦めてしまいます。

独学ではどうしても限界がありそれを苦にしない人もいますので、そういう人であれば独学でも大丈夫ですが、どうしても一人では挫折してしまうのであれば、講師に直接質問することができわからない部分を解決することができるTECH::CAMPで勉強する方がいいでしょう。

TECH::CAMPに向いていない人

現役エンジニアから学びたい人

TECH::CAMPの講師は、基本的に大学で勉強している学生のエンジニアや、TECH::CAMPを卒業した受講生が勤めています。

ですので、講師によっての当たり外れが激しく、現役エンジニアのように実際に実務で活躍する内容よりも、教材を中心とした講義になってしまいます。

プログラミングスクールで学ぶ目的として、現役エンジニアの実務経験を基に就職に役立てたいと考えている人には、残念ながらTECH::CAMPは少し向いていません。

卒業後も教材を見たい

TECH::CAMPでは、専用の教材を使っての講義になるのですが、この教材がわかりやすいと非常に評判が良い教材となっています。

ですが、残念ながらこの教材は卒業してしまうとアクセスすることができないので、卒業後に復習として閲覧することができません。

特に実務を始めた当初などは、忘れてしまったときに復習をしたいと思いますが、TECH::CAMPの教材では、教材での復習をすることができません。ですので、教材を使った復習を考えている人には、少し向いていないかもしれません。

TECH::CAMPの概要


ここからは、TECH::CAMPの概要について紹介していきます。

TECH::CAMPは、株式会社divが経営するプログラミングスクールで、渋谷校・新宿校・池袋校・東京駅前校・名古屋校・梅田校の6箇所でスクールを開講しています。

また、2019年7月には難波スカイオ校が開講しました。

スクール

渋谷校所在地

渋谷校は、東京都渋谷区道玄坂2丁目10番12号 新大宗ビル3号館8階に位置しするスクールで、最寄駅は渋谷駅となっており、徒歩5分程度にあります。

新宿校所在地

新宿校は、東京都新宿区新宿2-19-12 静銀ビル5Fに位置するスクールで、最寄駅は新宿駅となっており、徒歩10分程度にあります。

池袋校所在地

池袋校は、東京都豊島区南池袋3-13-8ホウエイビル9Fに位置するスクールで、最寄駅は池袋駅となっており、徒歩5分程度にあります。
東京駅前校所在地
東京駅前校は、東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル7Fに位置するスクールで、最寄駅は東京駅となっており、東京駅八重洲中央出口より徒歩5分程度にあります。

名古屋校所在地

名古屋校は、愛知県名古屋市中村区則武1-9-19 協和名駅ビル6Fに位置するスクールで、最寄駅は名古屋駅となっており、徒歩10分程度にあります。

梅田校所在地

梅田校は、大阪府大阪市北区中崎西2-4-43 山本ビル梅田5階に位置するスクールで、最寄駅は梅田駅となっており、徒歩10分程度にあります。

難波スカイオ校所在地

難波スカイオ校は、大阪府大阪市中央区難波5丁目1-60難波スカイオ15階に位置するスクールで、南海難波駅直結となっています。となっており、徒歩5分程度にあります。

授業形態


TECH::CAMPの授業形態ですが、TECH::CAMPでは通学してメンターと呼ばれる講師による講義が最もオーソドックスな授業ではありますが、どうしても通学する時間がない受講者もいます。そんな受講者向けにオンラインでの通信講座も実施しています。

多くのプログラミングスクールは、オンラインに特化したスクールが多く、その理由としてはオンラインであれば、教室を用意する必要がなく経費を削減することができます。

ですのでTECH::CAMPのように教室を構えて授業をするスクールは少なくなってしまっています。
ですが、基本的にはオフラインで通学して講師と面と向かって授業をする方が、飲み込みも早くなり何よりも同じスクールに通う仲間ができ、仲間がいることで切磋琢磨して成長していくことができます。

TECH::CAMPの授業では、基本的にカリキュラムをベースに授業をしていきます。
これは、オフラインであってもオンラインであっても同じことで、オンラインの場合はSkypeを使ってメンターに質問をしていく形態となっています。

特徴


TECH::CAMPの特徴ですが、一番の特徴は先ほどの授業形態でも解説した通り、オンライン・オフラインの両方で受講をすることができる点です。

TECH::CAMPは、全国6箇所でスクールを開講していますが、地方在住の方などどうしてもスクールに通う事ができない人はオンライン講座で、スクールが近く通える人はメンターに直接質問ができるオフラインでの受講など、環境によって授業形態を変えられるのが最大の特徴となっています。

次に挙げられる特徴がTECH::CAMPの料金体系にあります。この料金体系については後で細かく解説しますが、基本的に月額制となっており、この月額料金を支払うことで自分が勉強したいコースを選択することができます。

コースによって料金が変動することなく、どのコースであっても同額で受講することができ、複数のコースを受講することもでき、一昔前まではすべてのコースを受講しようと思うと、すべてのコースの料金が必要でしたが、現在では月額料金を支払うことですべてのコースを同時に受講することができます。

提供コース


TECH::CAMPでは5つのコースがあり、Webサービスコース・VR/3Dゲーム開発コース・オリジナルアプリ開発コース・デザインコース・AI(人工知能)コースの5つのコースがあります。

Web開発などの多く活用されるコースだけでなく、VRや3DやAIなどのこれから先に活躍することができるコースも用意されていて、幅広い分野を学んでいくことができるスクールとなっています。


TECH::CAMPの料金ですが、受講料が月額で1万4800円となっています。

他に入会金も必要になってきますが、入会金はクレジットカードを使った分割払いにも対応していて、入会金は14万8000円となっています。

月額料金も入会金がるので初月無料になっており、友人と同時に入会することで10%の割引や、紹介してもらって入会すれば5%の割引などもあります。

一点注意をしておかなければいけない点が退会についてです。基本的に受講を始めて2ヶ月目からは、自動更新になってしまいますので、退会を希望するのであれば受講終了日の10日前までに事務所に申請をしなければいけません。

無料体験


次にTECH::CAMPの無料体験ですが、スクールへの受講を決定する前に無料体験をすることができます。

この無料体験では、初心者でもわかりやすいTECH::CAMPオリジナルのカリキュラムを使って、プログラミングの基礎を体験することができます。当然この無料体験にもメンターがいますので、わからない点などは質問すれば的確に回答してくれます。

無料体験をすることによって、テクノロジースキルの必要性を学ぶことができ、効率の良い学習方法を知ることもでき、TECH::CAMPでの受講風景を見ることができるので、実際にTECH::CAMPでの受講をするとどういう風になれるのかを知ることができます。

また、友人と無料体験に参加することでAmazonギフト券500円分をもらえる特典もあります。

受講までの流れ


TECH::CAMPでの受講までの流れですが、まずは無料カウンセリングを受けます。この無料カウンセリングでは、エンジニアになることでどのような仕事をすることができるのか、受講者が将来どのような目標を持っているのかなどを、メンターに伝えていきます。

TECH::CAMPに通うことを決めたら本契約を交わして受講が開始されます。この受講開始までは少し時間が空いてしまいますが、この受講が始まるまでの間も最大14日間は、カリキュラムの閲覧や教室利用やメンターへの質疑など、本来の受講と同じ内容をしていくことができます。

就職サポート


TECH::CAMPでは、残念ながら卒業後の就職サポートはなく、卒業後に即戦力でエンジニアで活躍するのは難しくなっています。これは、TECH::CAMPで教える内容が基本的なプログラミングスキルとなっているため、エンジニアとしての実務経験も少なくなってしまているからです。

ですが、TECH::CAMPを受講しても意味がないわけではなく、プログラミングの基本を理解することができ、グループ校であるTECH::EXPERTで受講すればさらに上のレベルのプログラミングスキルを身につけることができます。

このTECH::EXPERTでは、上場企業や急成長をしているベンチャー企業など、中々就職できないような企業への就職をすることができ、TECH::EXPERT卒業生の就職率は98.5%とほとんどの卒業生が、TECH::EXPERT卒業後に就職・再就職に成功しています。

TECH::CAMPの特徴

特徴1.すべてのコースを受講可能

TECH::CAMPでは、様々なコースを受講することができますが、受講料さえ支払えばすべてのコースを受講することができます。

これは、他のプログラミングスクールでは考えられないことで、幅広い分野を受講すやすくすることで、受講生の将来性を高めることができます。

基本的なプログラミングスキルから、将来性のあるプログラミングスキルまで身につけることができます。

特徴2.長く受講する方が得

TECH::CAMPは、入会金こそ14万8000円と高額ではありますが、月額料金は1万4800円と通いやすい金額になっています。

そして、TECH::CAMPのカリキュラムは確かに非常に評判は良いのですが、卒業してしまうと閲覧できなくなってしまうという点もあり、早々に卒業してしまうのではなく、受講期間を長くしてカリキュラムを長く閲覧できるようにしている方がお得になります。

また、先ほども紹介したようにすべてのコースを受講することができるので、長い時間をかけてじっくりとすべてのコースを受講する方が、TECH::CAMPを利用するときにはお得になります。

特徴3.TECH::CAMPを知り尽くしたメンター

TECH::CAMPのメンターは、基本的にTECH::CAMPを卒業した受講者が多く、メンターになるための研修や選考があるため、ある程度の知識を必要としています。

確かに現役エンジニアが講師を務めるスクールなどもあり、現役エンジニアの方が能力的に長けている部分は多くあります。

ですが、TECH::CAMPのように卒業生だからこそ教えることができることもあり、一概に現役エンジニアだから良いというものでもありません。

また、現役エンジニアだからと言って他人に教えることが得意かと言うとそうでもありません。TECH::CAMPでは、卒業生だからこそきちんと講師と質を高めるための指導もしており、TECH::CAMPを知り尽くしたメンターが、細部にまで渡り教えてくれます。

特徴4.オンライン受講

プログラミングスクールの中には、オンライン受講に特化したスクールもありますが、TECH::CAMPではオフラインスクールとオンラインスクールどちらでも受講可能となっています。

オフラインスクールでは、直接メンターに質問ができるなどプログラミングを学びやすい環境にはなっていますが、すべての受講者がオフラインでのスクールが可能というわけでもありません。

全国6箇所にスクールがあるとはいえ、基本的には主要都市だけになっていますので、地方在住の方などはスクールに通うことがむずかしくなってしまいます。

そんな受講者向けの講義がオンラインスクールで行われています。

オンラインスクールでもオフラインスクールでも、基本的に学習するカリキュラムは同じで、直接メンターに質問できるかオンラインでSkypeを使って質問するかの違いになってきます。

ですので、オンラインスクールに受講する場合には、パソコンとインターネット環境は必要になりますが、オフラインスクールと同等の講義を受講することができます。

特徴5.教材の質の高さ

プログラミングをスクールで学んでいく中で重要なのは、講師のスキルの高さと教材の質になってきます。

TECH::CAMPの教材は特に質が高いと評判で、プログラミング初心者が最もつまづきやすい教材の難しさを改善したオリジナルの教材になっています。

ですので、TECH::CAMPを受講することで他のスクールにはない、初心者でもわかりやすいTECH::CAMP独自の教材でプログラミングを学ぶことができます。

ただしこの教材に関しては、TECH::CAMPを卒業してしまうと閲覧することができないので注意が必要です。

TECH::CAMPのコース


ここからは、実際にTECH::CAMPで受講することができるコースの説明をしていきたいと思います。

1.Webサービス開発コース

TECH::CAMPのコースの中でも最もポピュラーなコースがこのWebサービス開発コースになっています。

このWebサービス開発コースでは、Webデザインコースをしていく中でも基本的な知識を学んでいくことができ、プログラミング言語Rubyの基礎やHTMLを用いたWebサイト開発やCSSを用いたWebデザインやRuby on Railsを使ったWebアプリ開発を学ぶことができます。

基本的な教材を使った講義などでは、ただひたすらに文法を覚えていく作業になりますが、この方法ではどうしても途中で断念してしまう人が多くなってしまいます。

ですがTECH::CAMPでは、実際に簡単なアプリケーションを開発しながら学んでいくことができ、この方法であれば初心者でも、比較的簡単にわかりやすく理解することができると評判のコースになっています。

2.VR・3Dゲーム開発コース

近年VRや3Dは市場でも非常に需要が高くなっている分野で、TECH::CAMPで学んでおくことで将来に非常に役立つコースとなっています。

VR・3Dゲーム開発コースでは、ゲーム開発には欠かすことができないunityの基本的な使い方を学んでいきます。

そこからゲーム開発に関わるツールなどを学んでいくことができ、コースを終了する頃には、RPGゲームやシューティングゲームなど様々なゲームを制作できるようになっています。

またTECH::CAMPでは、高額なVR機器を無料で使うことができ、今までに体験をしたことがない人でも手軽に触れることができるようになっています。

プログラミングスクールは多くありますが、VRや3Dに特化したスクールはほとんどなく学ぶ機会が少なくなってしまっています。そのような環境からも、VRや3Dに興味のある人から人気のコースとなっています。

3.オリジナルサービス開発コース

TECH::CAMPには、オリジナルサービス開発コースというコースもあり、この言葉だけではよくわかりませんが、自分だけのオリジナルサービスを開発することができます。

このオリジナルサービスを開発することによって、起業したい場合や副業に使えるなどマルチな活躍をしたい人向けのコースとなっています。

4.デザインコース

このデザインコースでは、Webデザインをしていく中でも基本的な知識から、Webデザインに欠かせないツールの使い方などを学ぶことができます。

Illustratorを使った名刺やポスターやバナーの制作や、Photoshopを使った画像加工や写真合成の方法などを学べるだけでなく、sketchを使ったパソコンサイトやスマホサイトの制作についても学ぶことができるので、このデザインコースを学ぶことによってデザイナーなどの就職に強くなります。

デザインのスキルを身につけることができれば、エンジニアとしてだけでなく様々な企業に優位になるということで人気の高いコースとなっています。

5.AI(人口知能入門)コース

最後にAI(人口知能入門)コースです。AIに関してはこれから遠くない未来に必ずと言っていいほど活躍する部門で、実際に需要が急激に高まっている部門ではありますが、実際にプログラミングスクールで学べるスクールはほとんどありません。

TECH::CAMPでは、そんなAIについてPythonというプログラミング言語を使ってAIの基本的な知識を身につけていくことができます。

TECH::CAMPのAIコースでは、多くのデータを分析して判断を行ってくれるプログラムを作成することが最終ゴールとなっていて、TECH::CAMPで学んだからといって即実務に役立つかと言われるとそういうものではありません。

あくまでも初心者でもAIの基本的な部分について学ぶことができる程度にはなってしまいますが、AIについては一朝一夕で学べるものではないので、TECH::CAMPで基礎知識を学ぶだけでも大きな差をつけることができます。

TECH::CAMPの評判

ここからは、実際にTECH::CAMPを受講した経験がある人の評判を紹介していきたいと思います。

TECH::CAMPの良い評判

まずTECH::CAMPの良い評判ですが、最も評価を高めているのがTECH::CAMPオリジナルの教材で、初心者でもわかりやすくメンターの親切丁寧な対応を評価されています。

また、月額料金を支払うことですべてのコースを受講できる点も評価が高く、他のスクールにはないサービスとなっています。

そして、講義内容もカリキュラムを詰め込むような講義ではなく、実戦形式の講義になっているので、知識として覚えやすくプログラミングスキルの上達などが評価されています。

TECH::CAMPの悪い評判

一方のTECH::CAMPの悪い評価ですが、先ほど高評価であったオリジナル教材が卒業後は閲覧できない点が、卒業生の間で最も残念がられている点で、卒業後に復習ができないということで不満はあるようです。

また、メンターが現役のエンジニアではなく卒業生という点でも少し評価を下げていて、実務経験が少ない卒業生もいるので、指導能力に差がある点などに悪い評価をされていました。

TECH::CAMPの就職・転職支援


次にTECH::CAMPの就職や転職支援について解説します。

TECH::CAMPを卒業することで、すぐに就職や転職につながるケースはあまり多くありません。これは、TECH::CAMPの指導が基本的な知識の内容が多く、実務としての経験が足りないからで、卒業後即就職や転職を希望しているのであれば、TECH::CAMPのグループであるTECH::EXPERTでより高い次元のプログラミングスキルを身につける必要があります。

ただし、企業によっては実務経験を求めていない企業もありますので、そういった企業であればTECH::CAMPで覚えたことは十分に役立ちます。

また、TECH::CAMPでは特に就職支援をしているわけでもありませんので、どうしてもエンジニアとして就職・転職を希望しているのであれば、就職できない場合の返金保障があるTECH::EXPERTをおすすめします。

TECH::CAMPの総合評価


ここまでプログラミングスクールの一つであるTECH::CAMPについて紹介してきました。

TECH::CAMPは、どちらかといえばプロのエンジニアを育てるというよりもプログラミング未経験の初心者に、一から基本を学んでもらうスクールだということがわかってもらえたかと思います。

当然スクールに通うのであれば最終目標として、エンジニアへの就職を考えるかと思いますが、いきなりハードルを上げても挫折してしまう人がほとんどです。

ですので、TECH::CAMPでしっかりと基礎を固めてから、グループであるTECH::EXPERTでより高度なプログラミングスキルを身につけて、希望の就職先を見つけてもらえればと思います。

これからプログラミングを始める方は、是非TECH::CAMPに参加されてみてはいかがでしょうか。

関連記事