プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

未経験からシステムエンジニアになるためのステップ

現在、IT業界では新しいテクノロジーやサービスが次々と生まれ、システムエンジニアの需要が爆発的に増えています。

 

そんな中「未経験だけどそれらのモノづくりに携わりたい」と考える人もいるのではないでしょうか?

 

でも未経験からシステムエンジニアになるのは、ハードルが高そうですよね。それにどうやったらシステムエンジニアになれるのかもわからないというのが事実だと思います。

 

この記事では未経験の人でもシステムエンジニアを目指すことができる方法について、解説していきます。

 

システムエンジニアを目指すにあたって未経験がネックになっている人は、ぜひキャリアパスの参考にしてみてください。

システムエンジニアの仕事とは?

まず、簡単にシステムエンジニアの仕事についてご紹介しておきます。

 

一言で言うと、システムエンジニアはお客様の要望を実現するシステムについて、検討から提供までを行う仕事です。

 

検討から提供までと簡単に言ってしまいますが、その中には一例として以下のような仕事があります。

 

・お客様の要望をヒアリングし、具体的なシステムの要件(何ができるか、何を守らなければいけないか)に落とし込む
・要件を元に、システム構成や実装する機能の提案を行う。(技術的な部分の費用見積もりも行う)
・具体的な設計を行い、お客様と意識違いがないかを確認しながら進める
・内部設計/コーディング/試験を実施し、機能とシステム品質を担保する
・運用操作マニュアルを作成し、お客様に説明する

 

おそらく未経験の方が想像しているよりも、お客様とのコミュニケーションが多い仕事なのではないでしょうか。

システムエンジニアとして身に付けたい能力

システムエンジニアの仕事についてご説明しましたが、具体的にはどのような能力が必要なのでしょうか?

 

ここではシステムエンジニアとして特に身に付けたい3つの能力についてお話しします。

論理的思考力

まずは論理的思考力です。といってもそれほど難しく考える必要はありません。

身につけたい考え方について2点、例をまじえてお話ししておきます。

抜け漏れを防止する

一般的にシステム開発はどのような納期であれ、どのような大規模な案件であれ、ほぼ完璧なアウトプットが求められます。

 

部分的な品質の悪さや、少しの要望の漏れだけでも、お客様の満足度は大幅に下がってしまいます。

 

そのような事態を避けるためにも、システム要件定義/設計/コーディング/試験など全てのフェーズにおいて、抜け漏れがないかチェックする思考習慣が必要となります。

なぜ、なぜと繰り返す

お客様にヒアリングしている際に、無理(コストや実現可能性等)な要望をされることもよくあります。

 

そのような要望については単純に断るとお客様満足度を下げることになります。

 

そんな時に、その要望がある背景は何なのか(なぜこの人はこの要望をしているのか)を掘り下げていくのが効果的なことがあります。

 

要望の真の目的を知ることによって、違う方法で解決できることも多いです。

 

要望のヒアリング以外においても、win-winの状況を作り出すために有効なスキルです。

コミュニケーション能力、交渉力

お客様とコミュニケーションすることが多い仕事ですので、コミュニケーション能力も必要となります。

 

コミュニケーション能力といっても、結局は先にお話しした論理的思考に基づいて話したり聞いたりができるか、ということが一番重要です。

 

また、基本的にはwin-winを目指していくのですが、時にはお客様にとって都合の悪いことを聞いてもらわなければならないこともあります。

 

そういう局面で不利な立場にならないために、交渉力も磨いていくことが必要です。

技術スキル

システムエンジニアとしてはベースとなる能力です。

 

いくらコミュニケーション能力や論理的思考力が優れていても、システムで何が実現できるのか、どうすれば効果的なのかを検討できなければ意味がありません。

 

全ての分野について詳しくなくても、軸となる技術スキル(プログラム言語、ネットワーク、データベース等々)を持っていることが必要です。

未経験で一番ネックになるのは技術スキル

ここまででシステムエンジニアが身に付けたい能力についてお話ししてきました。

 

この中で未経験の人がネックになるのは、やはり技術スキルです。

 

というのも論理的思考力やコミュニケーション能力は社会人経験を積んでいれば、気づかないうちに多少は磨くことができるからです。

 

もし磨いていなくても、後々自分でも伸ばすことができるスキルなのであまり問題にはなりません。

 

対して技術スキルについては、方法論が明確でないことが多く、自分で伸ばすのは難しいことが多いです。

 

技術スキルについては自分で伸ばすことが難しいので、誰かの力を借りて伸ばさなければなりません。

 

そのための方法としてはいくつか考えられますが、ここでは方法を3つご紹介します。

プログラミングスクールに通う

こちらの方法が一番安定して技術スキルを身につけられる方法となります。

 

まずはシステムエンジニアの一歩手前、プログラマーとしての能力の基礎を身につけることができます。

 

この場合はプログラマーとして就職して、そこから経験を積んでシステムエンジニアを目指すキャリアプランになります。

 

どんなスキルが身につくかというのも大事ですが、その後の就職実績はどうかなどを考慮してスクールを選ぶと良いでしょう。

未経験OKの会社に就職する

やはり現場で必要になるスキルは、仕事を通して身につけるのが一番早いです。

 

エンジニアの需要不足が深刻なので、未経験OKで募集している会社は一定数あります。

 

ただし、この方法にはリスクがあります。

 

未経験OKを掲げている会社には、教育体制がしっかりしている企業ももちろん多いのですが、いわゆるブラック企業も多数存在します。

 

入社しても何も教育してもらえないなど、スキルアップが叶わない可能性もありますので、企業選びは情報収集した上で慎重に進めましょう。

マシンオペレーターとして就職する

未経験OKの会社を選ぶよりはソフトな方法として、マシンオペレーターになるという手もあります。

 

大きいシステムであれば、毎日のシステム運用や保守を行う専任のオペレーターが働いています。

 

オペレーターが行うマシンの操作はマニュアル化されており、未経験でもやり方に慣れてしまえば十分働いていくことができます。

 

まずはマニュアル通りに働いて、そこから色々な技術を学んでいくことでシステム開発に足を伸ばしていくのがこの方法のプランです。

 

ただしこの方法は、マニュアル通りだけの現場ではスキルアップが望めない、自発的に行動しないと技術スキルが身につけられない、などの欠点があります。

技術スキルが身についてきたら

どの方法を選ぶにしても技術スキルが身についてきたら、システムエンジニアになるためにやっておくといいことがありますのでご紹介しておきます。

上流にスキルを伸ばしていく

最終的な目標としては、お客様の要望を形にしていくシステムエンジニアなので、より上流(システム開発の序盤向け)にスキルを伸ばしていく必要があります。

 

まずは設計書が与えられてプログラムを作るところから始まったとして、コーディング→プログラムの仕様の設計→機能全体の設計という風により広い範囲を担当し、上流のスキルを高めていくことが必要です。

 

それとともに、その機能がお客様の何の要望を満たすために必要なのかということも徐々に理解していく必要があります。

 

上流スキルとお客様の目線がある程度身についてきたら、システムエンジニアとして働くことができるようになります。

自分の得意なフィールドで勝負する

先に話した通り、お客様の目線を身につけることはシステムエンジニアとして必要なことですが、これをショートカットする方法があります。

 

エンジニア以前に別の会社での就職経験があるならば、その分野向けのシステムエンジニアを目指すという方法です。

 

以前にユーザー側として働いていた経験は、ある程度お客様の業務フローを知っているという点で大きなアドバンテージになります。

 

業務経験のないシステムエンジニアならヒアリングに時間がかかってしまう部分でもすぐに理解でき、システム要件に落とし込むことができるので、貴重な人材として活躍できることでしょう。

公開日:2019.04.17

この記事を書いた人


関連記事