システムエンジニアになるには資格が必要?実際のところを解説

はてブ

これからシステムエンジニアになろうと考える方、もしくは現システムエンジニアの方の中で、資格って必要なの?と思われる方って結構いらっしゃいますよね。

 

IT関連の資格は数多くあります。資格はもちろん形に残る素晴らしいものですが、その反面業務には関係ないと主張される方もいます。

 

実際のところはどうなのでしょうか?

 

この記事を読むと以下のことが分かります。

 

・IT系の資格はどのような資格があるのか
・資格と業務はどのような関係があるのか
・資格を取るならどの資格がおすすめか

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそもIT系の資格ってどんな資格があるの?

まず初めに、どういった資格があるのかを解説していきたいと思います。

 

IT系の資格として、大きく二つに分かれます。

 

国家資格

まず1つ目は、国家資格です。

 

最も多くのエンジニアが取得している資格として、基本情報技術者試験と応用情報技術者試験があります。

 

これらの資格は、入社してすぐの新人にとりあえずとるように指示している企業も多く、システムエンジニアの登竜門とも言われています。

 

ベンダー資格

次に2つ目はベンダー資格になります。

 

ベンダー資格は、ソフトウェアなどの製品を販売しているベンダーが、自社で開発した製品についてそのユーザーが適切な操作技術や管理技術を満たしていることを認証することを目的とした民間資格制度のことをさします。

 

ベンダー資格に関しても、最近受講者が増えており、需要が高まっています。

資格のメリット

資格の種類についてはわかったけど、実際に資格ってどういうメリットがあるの?と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

これから、資格を取得することによるメリットを解説していきたいと思います。

体系的に理解することができる

普段業務だけをしていると、その業務に関する知識は習得されますが、どうしても知識がその業務に偏ってしまうものです。

 

そんな時に、資格取得に向けて勉強を進めることにより、日々の業務では得ることのないような知識を体系的に学ぶことができ、そこで学んだ知識を普段の業務にも活かせる可能性があります。

 

資格取得だけを目的にするのではなく、資格取得に向けた学習を進めてく中で、この知識は業務のここで活かしていけそうだなと考えながら学習を進めていくようにしましょう。

 

転職の時にアピールできる

次に、これから転職をしようと考えている人にもメリットがあります。

 

資格というのは、いわば証明書のようなもので、知識があることの証明になります。

 

転職の時に、この資格を持っていますと伝えると、それだけ知識があるとみられるため、採用される確率も上がります。

 

特に、業務未経験からシステムエンジニアに転職する場合は、実際の業務経験でのアピールは難しいため、資格によるアピールで基礎知識があることを証明することが出来ます。

 

資格手当をもらえる企業がある

最後のメリットとして、資格を取得することにより、奨励金として一時金をもらえたり、毎月の給料に上乗せされたりということがあります。

 

これは企業により異なりますが、自分のために資格勉強をして知識を学んだうえで、お金ももらえるなんてお得ですよね。

 

資格を取るならどの資格がいいの?

先ほど、資格を取得するメリットについて解説しましたが、実際に取得するならどの資格がお勧めでしょうか。

 

これから、国家資格とベンダー資格に分け、取得したほうが良いお勧めの資格を紹介していきます。

 

国家資格編

まずは国家資格です。とりあえず最初は、基本情報技術者試験と応用情報技術者試験の取得をお勧めします。

 

この二つの資格は、ITの基礎知識について体系的に学ぶことができ、初めに取得することによって、技術的な会話にも何とかついていけるようになります。

 

この二つを取得してからは、今後のキャリアによって受講する資格を変えていく必要があります。

 

例えば、これからプロジェクトを管理していきたいと考えている人は、プロジェクトマネージャー試験を受講したり、コンサルとして活躍していきたい人は、ITストラテジスト試験の受講など、システムエンジニアには様々なキャリアパスが用意されているため、自分のやっていきたい領域によって受講する資格を選択していきましょう。

 

ベンダー資格編

次にベンダー資格についてです。ベンダー資格は、ITの基礎を身に付けるというよりは、特定の分野の専門知識を習得したいときにお勧めです。

 

もしJavaをやっているなら、OCJPの取得だったり、AWSを扱う人であれば、AWSソリューションアーキテクトなど、自分の習得したい分野によって受講したい資格を選びましょう。

 

ベンダー資格を極めていくと、その分野に特化する力が身につくため、貴重な人材にもなることが出来ます。

 

もし、この分野のスペシャリストになりたい、という目標がある人は、ベンダー資格の受講も考えてみましょう。

 

結局資格はとったほうが良い?

ここまで、資格について色々と解説してきましたが、結局資格って取ったほうが良いの?という疑問が出てきますよね。

 

結論から申し上げると、特定の場合を除いては、基本的に取得する必要はないです。

 

これから、取ったほうが良いパターンと取らなくても良いパターンについて解説していきます。

 

これから転職を考えてる人はとったほうがいい

もし、これから転職を考えているという人は資格を取得するのをお勧めします。

 

特に、未経験からIT業界に転職する際には持っておくと有利に働いてくれます。

 

ただ、業務経験がある場合には、そこまで資格は重要視されないため、無理に取得する必要はありません。

 

企業によってはとったほうがいいところもあります

次に、企業によっては、取得するのが義務化されている企業もあります。

 

そういった企業の場合には、必ず取得する必要があるため、いくら資格を取得したくないと言っても、決まりには従うしかありません。

 

また、資格を所持していることにより、給料が上がるといった企業の場合には、今後を考えると取得したほうが良いでしょう。

 

資格取得によって、自分のスキルアップにつながりつつ、お金も手に入れることが出来るので、非常にお勧めです。

 

フリーランスでやっていきたい人には必要なし

最後に、これからフリーランスとして独立していきたいという人です。

 

こういった人は、資格を取得する必要はほとんどありません。なぜなら、技術力さえあれば、仕事をやっていくことが出来るからです。

 

資格の勉強よりも、サービスを開発したり、プログラミング言語の勉強をしたり、ポートフォリオを作成したりと、実際の業務につながるような学習を進めていきましょう。

 

まとめ

今回は、システムエンジニアには資格が必要なのかを解説しました。

 

結論として、取得によって給料が増えたり、取得が義務化されている場合を除いては、ほとんど取得する必要はないと思います。

 

ただ、勉強するときに何か目標が欲しい、という方であれば資格取得を一旦の目標として学習を進めるのも良いと思います。

 

ただ、資格を取得したからと言って仕事が出来るようになるかというと、全くそんなことはありません。むしろ、資格だけ持っていて仕事が出来ないということにならないようにしなければならないのです。

 

資格というのはあくまで通過点に過ぎず、資格を取得することによって普段の業務にもプラスに働くように活かしていく必要があります。

 

資格取得だけをゴールにするような勉強方法はしないようにしましょう。

 

そして、資格取得よりも普段の業務につながる学習のほうがはるかに身になります。

 

例えば、プログラミング言語を学習した後に、簡単なサービスを開発してみて公開したり、自分の持っている知識を発信したりと、何よりもアウトプットの回数が重要です。

 

資格取得は、インプットが多い作業になりがちなので、普段からアウトプットを中心とした学習スタイルで進めていきましょう。

関連記事