プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

文系でもシステムエンジニアになれる!難易度をご紹介

システムエンジニアときくと理系のイメージが強く、文系を学んできた人からは遠い存在のように感じている人も多くいます。

 

ですが、過去に文系を学んできた人でもシステムエンジニアとして活躍している人も少なくありません。

 

実はこのシステムエンジニアという職業は、プログラマーなどのザ理系ではなく文系の人だからこそできるといったことも多くあります。

 

そこでこの記事では、文系の人がシステムエンジニアに向いている理由や、文系の人がシステムエンジニアになるために必要なことなどを紹介していきたいと思います。

文系の人がシステムのエンジニアに向いている理由

文章力

システムエンジニアはプログラマーとは違い、プログラミングをするのが主な仕事ではありません。

 

クライアントからの依頼を計画書や報告書を作成することも仕事の一つとなっていますので、理系のシステムエンジニアよりもそういった点では文系出身のシステムエンジニアの方が向いているとも言われています。

 

特にマニュアル書を作成する際には、システムエンジニアなどのプロが見て分かるよりも、クライアントなどのシステムエンジニアではない人が読んでも分かりやすい内容を作らなければいけません。

 

ですのでシステムエンジニアになるためのスキルの一つとして、文章力も必要になってくるので文系の人でもシステムエンジニアとして活躍することができます。

何もわからない

今までシステムエンジニアとしての勉強をしてこなかった文系の人だからこそ、固定概念なくシステムエンジニアの仕事を吸収していくことができます。

 

確かにプログラミングなどの最低限の知識がなければ、システムエンジニアとして活躍することはできません。

 

ですが、プログラミングの知識などは社会人になってからでもスクールなどに通うことで学ぶことができます。

 

何もわからないことが不安になってしまうかもしれませんが、何もわからないということはこれからどんどん新しい知識を身につけることができるという強みの一つになります。

コミュニケーション能力

システムエンジニアの仕事の一つとして、クライアントとの営業活動などコミュニケーションを必要とする業務も多くあります。

 

理系出身のシステムエンジニアは、コミュニケーションが苦手な人も多くいますが、文系出身のシステムエンジニアはコミュニケーション能力に長けた人が多くいます。

 

クライアントへの説明でも、文系出身のシステムエンジニアであれば、プログラミングに詳しくない人の視点からの説明をすることもでき、クライアントに分かりやすくプログラミングの説明をできるというメリットがあります。

文系の人のシステムエンジニアとしての不利な点

基礎知識

システムエンジニアとは総じてIT関連の専門家と分類されています。

 

そういったIT関連の知識が文系出身のシステムエンジニアは乏しくなってしまうのは当然ではありますが、理系出身のシステムエンジニアと比較してしまうと不利になってしまいます。

 

ただし、このITの基礎知識に関してはプログラミングの技術同様に、勉強することで改善することができますので、勉強さえすれば理系出身のシステムエンジニアと肩を並べることができます。

プログラミングの知識

システムエンジニアに必要なスキルの一つがプログラミングですが、文系出身のシステムエンジニアは当然のことながら基礎知識が乏しくなってしまいます。

 

プログラミングの知識がなければ、当然ながらプログラムの設計をすることができず、どんなに優れた営業力で話を煮詰めていても、最終的に何もできずに終わってしまうことにもなりまねません。

 

それほどシステムエンジニアにとってプログラミングというものは重要なもので、プログラミングの知識がなければシステムエンジニアとしての仕事は務まりません。

 

後々スクールなどに通ってプログラミングを勉強することはできますが、スタート地点の段階ではこの基礎知識の差は、理系出身のシステムエンジニアと比べると大きく開いてしまいます。

 

また、プログラミングのスキルは専門的な分野になってしまいますので、本当に学びたいと思っていなければ中々理解するのが難しい分野になってしまいます。

文系の人がシステムエンジニアになるのに必要なこと

プログラミングスキル

先ほどから説明しているように、システムエンジニアにとってなくてはならないプログラミングのスキルですが、参考書やスクールに通って身につけることができます。

 

システムエンジニアの仕事は、クライアントの要望を企画書などに起こしてプログラマーに説明をしなければいけません。

 

プログラミングの知識がなければ企画書を書くこともできず、わからないまま要望通りにかいていると実現不可能なプログラムを企画書として作ってしまうことがあります。

 

そうならないためにも文系出身であっても最低限プログラミングのスキルがなければ、システムエンジニアとして活躍することはできません。

 

また、プログラミング言語には複数の言語が存在していますが、クライアントによって様々な言語を覚えておく必要がありますので、プログラミングを勉強するのであれば複数の言語を覚える必要があります。

営業能力

次に必要なスキルとして営業能力です。

この営業能力とは、クライアントの要望を正確に聞き出すことができる能力の他にも、作成した企画書をプログラマーに上手く伝達する能力も含まれています。

 

理系出身のシステムエンジニアが、いかにプログラミング技術が優れていたとしても、この営業能力がなければシステムエンジニアとして活躍することはできません。

コンサルタント能力

システムエンジニアとしてコンサルタント能力も必要になってきます。

 

これは、クライアントの要望をただ聞いてそのまま要望通りのプログラムを作成するのではなく、クライアントの為によりよい提案をするために必要な能力です。

 

このコンサルタント能力を高めるためには、様々な業種の人脈を作ったり過去に提案したプログラムを頭に入れておいて、自分の中の引き出しを増やしておく必要があります。

システムエンジニアは知識の少ない文系でも問題ないことを知ろう

ここまで解説してきた中で、文系出身でもシステムエンジニアとして活躍することができるということがわかってもらえたかと思います。

 

確かにプログラミングに関わってきた理系出身の方が有利な部分もありますが、システムエンジニアという営業能力も必要な職種であれば、文系出身であっても理系に劣らず活躍していくことはできます。

 

ただし、これにはプログラミングの技術やITに関しての知識を覚えようとする努力が必要で、理系のプログラミング技術と文系のコミュニケーション能力などを合わせることができれば、十分理系出身のシステムエンジニア以上の活躍をすることができるでしょう。

公開日:2019.04.20

この記事を書いた人


関連記事