システムエンジニアの仕事を具体的に解説

はてブ

これからエンジニアを目指す人の中で、システムエンジニアって実際どういった仕事をしているのか気になっている方も多いと思います。

 

実はシステムエンジニアと一言で言っても、様々な業務があります。その分様々なキャリアが用意されており、自分のスキルによって選んでいくことができるのです。

 

今回の記事を読めば以下のことが分かります。

 

・システムエンジニアの概要
・システムエンジニアの仕事内容
・システムエンジニアのキャリアパス
・システムエンジニアに向いている人

 

システムエンジニアって何?

まず初めに、システムエンジニアとは何者なのかを解説していきたいと思います。

 

システムエンジニアと一言に言っても、仕事内容は多岐にわたります。

 

一般的には、ソフトウェアの開発を行っている現場で、すべての工程のマネジメントに関わる職種と言われています。

 

皆さんがイメージするコードを書いていくというのはシステムエンジニアというよりもプログラマーといわれています。

 

ただ、人によってはシステムエンジニアだけど、プログラマーのようなことをする人もいますし、現場によって異なってきます。

 

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアの仕事内容は、一般的にはシステムの仕様をお客様と一緒に決めていったり、プログラムを作成する際に必要となる設計書の作成をしたり、開発チームの進捗を管理したりと、仕事内容は多岐にわたります。

 

システム開発は、基本お客様とシステムの仕様を決めていく上流工程と、実際にシステムを開発してテストを行っていく下流工程に分かれますが、システムエンジニアは主に上流工程を担当することが多いです。

 

ただ、現場によって上流工程と下流工程どちらも担当することがあるため一概には言えません。

 

次からはそれぞれの工程ごとでシステムエンジニアはどういったことをやっていくのか解説していきたいと思います。

 

要件定義

まず初めに、お客様から今回実現したいシステムについてヒアリングを行います。

 

業務改善の要件だったり、新規機能追加の要件だったりと要件は様々あります。

 

このヒアリングの結果、システム開発に係る工数と費用を算出し、どこまでを実現するのかを詰めていきます。

 

ここでしっかりと線引きをしておかないと、後々になってここもやってくれるって言ってなかった?とお客様に言われることがあるので注意しましょう。

 

基本設計

次に行われるのが、基本設計です。

 

基本設計では、要件定義で決定したことを元に、システムにどのような機能を持たせるのか、UIにかかわる操作部分や表示方法はどうするのか、などの仕様を決定していきます。

 

詳細設計

詳細設計では、基本設計で作成された設計書を元に、プログラマーがプログラミングをする際に必要となる情報を細かく設計していきます。

 

例えば、分岐の処理の条件をどうするのか、どういう関数を持たせるのか、データの型はどうするのかといった具体的な内容になっています。

 

製造

製造は、皆さんもイメージしやすい実際にコードを書く作業になります。

 

ここはプログラマーが担当することが多いです。

 

この時、詳細設計で作った設計書を元にコードを書いていきます。

 

設計がしっかりしていないと、基本設計まで逆戻りということもあり得るのでしっかりと設計した上で製造を進めていく必要があります。

 

テスト

テストでは、実際にシステムが実現されているかどうかを確認します。

 

ここで、設計通りの動きが出来なければ、修正して再度テストという作業を繰り返していきます。

 

保守・運用フェイズ

最後は保守・運用フェイズです。

 

システムというのはずっと何も問題が起きずに動くものではありません。

 

例えば、入っているソフトウェアのバージョンが変わったり、思わぬ障害が発生したりと、システムがリリースされてからも修正する必要が出てきます。

 

システムエンジニアのキャリアパスってどんなのがあるの?

ここまでシステムエンジニアの仕事内容について解説してきましたが、今後のキャリアパスはどういったキャリアがあるのか気になる人も多いですよね。

 

これから、システムエンジニアの今後のキャリアパスはどういったものがあるのか解説していきます。

 

プロジェクトマネージャー

まず初めは、プロジェクトマネージャーです。

 

プロジェクトマネージャーの最大の使命は、プロジェクトを完了させることです。

 

完了させるまでに、お客様との調整はもちろん、メンバーの管理や、スケジュールの管理など、そのプロジェクトの司令塔となって動くことになります。

 

プロジェクトマネージャーの仕事内容は多岐にわたるため、まずはチームリーダーをやって経験を少しづつ積んでいくことで、プロジェクトマネージャーへの道が開かれます。

 

ITコンサルタント

次に、ITコンサルタントです。

 

ITコンサルタントは、大まかに言うと企業の経営課題に対して、改善策をこちらから提案していく役割になります。

 

システムエンジニアは、ある程度お客様からやりたいことを聞いて実現するというプロセスですが、ITコンサルタントの場合は、こちらからシステムの提案をするため、少々役割が異なってきます。

 

ITアーキテクト

次に、ITアーキテクトです。

 

ITアーキテクトは、システムを作っていく中で最も良いシステムの構成を考えていく役割になります。

 

例えば、今回のシステムを実現するためにどういった製品を導入するのか、またどういった言語を選択していくかなどシステム構成にかかわる部分を選定していきます。

 

ITスペシャリスト

次に、ITスペシャリストです。

 

ITスペシャリストとは、開発プロジェクトの中で一部の工程にのみ、専門性を発揮して携わっていく役割になります。

 

何か特定の分野について突き詰めていきたいという方にお勧めです。

 

フリーランスエンジニア

最後にフリーランスエンジニアです。

 

これは、個人として仕事を受注し、仕事をしていく人を指します。

 

個人で全てやらなければいけないため、仕事の営業ももちろん自分でやらなければいけません。

 

ただ、最近はリモートでの仕事も多くなっているため、自宅に居ながら仕事をすることも可能です。

 

システムエンジニアに向いている人とは?

ここまでシステムエンジニアについて解説してきましたが、実際にどういった人がシステムエンジニアに向いているのでしょうか。

 

これから、システムエンジニアに必要なスキルについて解説していきます。

 

プログラミング・IT全般の知識

まず初めに必要なスキルが、プログラミングとIT全般の知識です。

 

これは、実際にコードを書く作業はプログラマーが担当することが多いですが、その前の設計書を作るのはシステムエンジニアになるからです。

 

プログラミングが出来るシステムエンジニアであれば、設計書を書く段階で、この処理は実現が難しいというのが分かります。

 

そのため、プログラマーの気持ちになって設計書を書くことが出来るため、プログラマーもその設計書を元にサクサクと仕事を進めていくことが出来ます。

 

しかし、プログラミングが分からないシステムエンジニアの場合は、その処理は実現出来るものだと思って設計書を作成するが、プログラマーからすると実現が難しいといったことが頻繁に発生してしまい、作業に遅れが出る危険性が高いです。

 

こういったことが起きないためにも、プログラミングが出来るシステムエンジニアというのは非常に需要がある人材になります。

 

マネジメント能力

次に必要なスキルが、マネジメント能力です。システムエンジニアは、プログラマーへの指示をしたり、スケジュールの管理も行うため、マネジメント能力も必要になります。

 

もし、適切な指示が出来なければ、作業に遅れが発生してしまう可能性もあるため、十分に気を付けて管理していく必要があります。

コミュニケーション能力

最後に必要なスキルが、コミュニケーション能力です。

 

なぜ必要になるのかというとお客様との打ち合わせが頻繁に発生するためです。

 

ここで言っているコミュニケーション能力とは、喋ることが得意、といったものではなく、相手の意見をくみ取り、その意見に対する適切な答えを提案する力を言います。

 

これが出来なければ、システムの仕様も曖昧になってしまい、最終的に仕様を満たしていないといった指摘が来て、もう一度仕様から決めなおすといったことにもなりかねません。

 

しっかりとお客様の意見をくみ取ることが重要です。

まとめ

今回は、システムエンジニアとはどういった仕事内容で、今後はどういったキャリアパスがあるのか、そしてどんな人が向いているのかといったことに関して解説しました。

 

システムエンジニアの仕事は、調整から管理、設計書の作成と多岐にわたります。その分、今後のキャリアパスも多くあり、自分の得意分野を見極めたうえで選択していくことが出来ます。

 

現在、エンジニア人材は不足しており、システムエンジニアの需要が高まっています。

 

また、これからIT業界は伸びていくので、これからはシステムエンジニアを目指すことをお勧めします。

 

関連記事