プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

システムエンジニアはきつい?なぜそのような印象があるのか徹底解明

システムエンジニアを目指そうと考えている人の中には、システムエンジニアの仕事はきついと言われたことがある人も少なくないと思います。

 

世間の印象としてシステムエンジニアの仕事はきついという印象があり、どうしても引け目を感じてしまうかもしれません。

 

ではシステムエンジニアの仕事は何故きついという印象があるのでしょうか。

 

今回の記事では、システムエンジニアの仕事がきついと言われている原因や、実際にきついのかなどを徹底的に検証していきますので、これからシステムエンジニアを目指す人は参考にしてみてください。

システムエンジニアがきついと言われる原因

残業時間

システムエンジニアがきついと言われている原因の一つが残業時間の長さにあります。

 

これは全てのシステムエンジニアに当てはまることではなく、働く企業の就業形態などによって変動してきます。

 

就業形態が定時で終了する公務員のような場合であれば、よほどのことがない限り残業時間が増えることはありません。

 

ですが、サービス業などのシステムエンジニアであれば自分に与えられた仕事が終わっていなければいつまでも仕事が終わることもなく、特に年度末や繁盛期などになれば終電で帰ることすらできない日々が続くなんてこともあります。

給料面

システムエンジニアは仕事量の割に給料が少なくてきついという言葉もよく耳にします。

 

これもさきほどの残業時間と同様に働く企業によって変動してきます。

 

残業時間が多くてもきっちりと残業代を支払ってくれている企業であれば、当然残業時間が長くなればなるほどに給料も増えてきます。

 

ですが、残業時間は長くても残業代が出ないいわゆるブラック企業の場合では、当然最初に契約した給料分しか支払われず残業時間は多いけれど給料は安くきついと思われてしまいます。

 

ただし、そういったブラック企業が大半を占めているわけではなく、ほとんどがきちんと残業代を支払ってくれる企業なので、一般的なサラリーマンと比較しても年収で100万円ほどシステムエンジニアのほうが多いのが現実です。

 

人間関係

システムエンジニアをしている人の多くは人付き合いが苦手なことが多く、人付き合いが苦手だからこそ人間関係がきついと感じてしまっているようです。

 

当然この人間関係というものは個人差があるもので、自分ではきついと思っていることでも他人から見たら何てことないということもあります。

 

また、社会に出ていく中で人間関係というものは絶対について回るものですので、システムエンジニアに限らず人間関係は必要となってしまいます。

 

そしてシステムエンジニアとして将来フリーで活躍したいと考えるのであれば、人間関係は非常に重要になってきます。

システムエンジニアの仕事内容

ヒアリング

システムエンジニアの仕事の一つにクライアントの要望を聞くヒアリングがあります。

 

これはクライアントがどのような希望を持っているのかなど、クライアントの要望の全体像をつかむために必要な内容で、簡単に説明すると営業職がお客の要望を聞いてくるのと同じようなことです。

 

ただし、クライアントの中には実現不可能な要望を出してくる人もいますので、慎重にクライアントの要望を聞きつつ、出来うる最大限の内容を提案していく提案力が必要になってきます。

システムの設計

クライアントの要望から全体像を把握することができたら、ここからは細かなシステムの設計をしていきます。
 

まず全体のデザインや項目など、必要最低限の情報を取り込んでいきながら大まかな全体像を設計していきます。

 

そこからシステムの構築や細かい部分の内部処理の方法など、細部にわたって設計していき仕上げていきます。

 

このときもクライアントとは、密に連絡を取り合いながら細部にわたって要望を聞いていく必要があります。

テストチェックをする

システムの設計が完了したらプログラマーにプログラミングをしてもらいますが、最終のチェックはクライアントの要望を聞いたシステムエンジニアが行っていきます。

 

このテストではプログラムごとにテストをしていき、修正点はプログラマーに修正をしてもらいます。

 

すべての修正が完了したら、最後に全体の試験テストを行っていきます。

 

この試験テストをクリアして初めてシステムの開発は完成となります。

システムエンジニアがきついと感じたときの対策

フリーランス

システムエンジニアがきついと感じたときに、一番に思いつく解消方法はフリーランスのシステムエンジニアになることではないでしょうか。

 

確かにフリーランスのシステムエンジニアになってしまえば、今まで企業に属していたときよりも断然自由に仕事をすることができ、給料面でも自分が思った通りの給料を得ることができます。

 

ただし、このフリーランスのシステムエンジニアになるためには、システムエンジニアとしての確かな実績やクライアントとの折衝など人間関係も必要になってきます。

 

当然与えられた仕事をこなすのではなく、自分の能力一つで稼ぐことができるので、企業で働くシステムエンジニアよりもストレスを感じることなく、仕事をこなしていくことができます。

目標を設定する

これはシステムエンジニアに限った話ではありませんが、確かな目標を設定することで仕事がはかどりやる気もでてきます。

 

これは何の目標もなくただ言われたことだけをこなしていくよりも、断然仕事に対する思いが高まり仕事自体が楽しく感じられる人もいます。

 

また、明確に目標設定することで仕事としてのクオリティーも高くなり、結果として給料のアップなど目に見える結果も付いてくるので、どんな仕事でも目標を設定することは重要になってきます。

ストレスの発散

これもシステムエンジニアに限った話ではありませんが、きついと感じたのであればストレスを発散してしまうことです。

 

休日などにできる趣味などを見つけてストレスを発散することができれば、どんなにつらい仕事であったとしても乗り切ることができるようになります。

 

ストレスを発散することで全てが解消するわけではありませんが、特に人間関係でストレスを感じてしまう場合には、ストレスを軽減させることできついと感じていたことが少しでも軽減することができます。

システムエンジニアも働き方次第では決してきつい仕事ではない

確かにシステムエンジニアは、働き方によっては残業時間も長いなどのきつい部分もあります。

 

ですが、これはシステムエンジニアに限ったことではなく、社会に出て働いている人のほとんどが感じていることでもあります。

 

特にシステムエンジニアは、働き方次第では給料もサラリーマンよりも多く裕福な生活ができる可能性が高い職種でもありますので、きついからと諦めるのではなく、きつい中でも継続していける働き方を見つけてみましょう。

公開日:2019.04.14

この記事を書いた人


関連記事