システムエンジニアになるには英語の学習は必須ではない!

はてブ

世間では、システムエンジニアになるには英語ができたほうがいい、とよく聞きますが実際のところはどうなのでしょうか?

 

できるなら英語学習はやりたくない、という方も多いですよね。

 

今回の記事を読めば以下のことが分かります。

 

・システムエンジニアと英語の関係性
・システムエンジニアに必須の英語スキル
・システムエンジニアが英語を学習する方法

 

システムエンジニアって英語必要なの?

英語が必要

最近、システムエンジニアでも英語を使える方が良いと言われていますが、実際のところは本当に必要な場面はあるのでしょうか。

 

日本人だし、英語に対して苦手意識を持っている人も、数多くいますよね。

 

これから、システムエンジニアにおいて、英語が必要になる場合と、特に必要にならない場合があるため、これらの場合について解説していきたいと思います。

 

業務上必要になるケースは少ない

まず初めに、実際の業務の中で英語が必要になる場面というのはほとんどのケースでないです。

 

業務の中で英語が必要となるケースとしては、同じプロジェクトメンバーの中に海外の方がいたり、実際に取引をしているお客様が海外の方の場合に該当します。

 

国内業務をしているシステムエンジニアの場合は、日本語でのやり取りがメインとなるため、日本語さえしっかりしていれば問題ありません。

 

英語が必要になるケースはまれでしょう。

 

英語ができると最新テクノロジーのキャッチアップができる

業務上必要になるケースはほとんどないというのは先ほど解説しましたが、もし最新のテクノロジーの知見が欲しければ、英語は出来るようにした方がいいでしょう。

 

実は、最新の技術を知りたいときには、日本の情報から調べるのではなく、海外から発信される情報を調べたほうが良いです。

 

なぜならば、海外から発信される情報は、日本よりも圧倒的に最新の情報だからです。

 

基本的には、海外から情報が発信された後に、その情報が日本に流れてきて、日本でその情報を元にしたテクノロジーが使われるといった流れになります。

 

このように、いち早く最新の技術をキャッチアップしたいと思っている人は、英語を使えるようになった方がより良い情報をキャッチアップすることが出来ます。

 

テクノロジーに関する資料は英語の方が優れている

先ほども申し上げた通り英語の資料のほうが日本の資料と比べると最新の情報が書かれています。

 

資料の質に関しても、英語の資料のほうが上となっています。

 

その理由として、日本で書かれている資料の中には、英語で書かれている資料を日本語訳にしている資料も存在しています。

 

その場合、翻訳の時点で少し解釈が違ってしまうという恐れがあり、しっかりとした情報を得ることが出来ません。

 

その反面、英語の資料の場合は原本となるため、英語を読むことが出来れば正しい情報を取得することが出来ます。

 

確実な情報が欲しいという方は英語の資料からの情報をキャッチアップすることをお勧めします。

 

システムエンジニアが必要な英語スキル

必要な英語スキル

ここまでシステムエンジニアには英語が必要かどうかについて解説してきましたが、もし英語をこれから習得したいと考えているシステムエンジニアは、どの英語スキルを身に付ければいいのでしょうか?

 

英語を読めればとりあえず問題なし

とりあえずは、英語を読めるようになれば問題ありません。

 

業務で英語を使わない場合は、基本英語の資料を読んだりする機会しかないため、資料さえ読めればとりあえずは情報のキャッチアップが出来ます。

 

英語を使えるための目的として、最新の情報をキャッチアップするためという目的があると思うので、その目的を果たすためには英語は読むだけで十分になります。

 

余裕があればリスニングも鍛えよう

次は余裕があるときで結構ですが、リスニングも鍛えておくことにより、より多くの情報をキャッチアップすることが出来ます。

 

目から入る情報もあれば、耳から入る情報もあります。

 

例えば、最近はyoutubeが流行っていますが、こういったyoutubeの動画は質が高いものが多いです。

 

しかも、資料を見るよりもより気軽に情報をキャッチアップすることが出来ます。

 

また、ほとんどの動画が無料で提供されているため、とりあえずは見ようという感覚で見てみることをお勧めします。

 

動画の場合だと、ハンズオンの形式で進められる動画スタイルが多いということもあり、実際に手を動かしながら学習を進めることが出来るのでとても効率よく学習を進めることが出来ます。

 

まとめ

英語まとめ

今回は、システムエンジニアになるためには、英語が必要かどうかについて解説しました。

 

結論として、業務上で使う場面はほとんどないが、最新の技術をキャッチアップしたい場合には、読めるくらいにしておくと良いという結論でした。

 

しかし、実際は翻訳にかけてしまっても十分なところがあるので、英語は余力があって海外で仕事をしたい、と考える人だけ身に付ければ良いと思います。

 

とはいえ、英語を使えるようになると、仕事の幅を広げることが出来るというのは間違いありません。

 

海外には優秀なエンジニアが多いですし、最近は国内でも活躍する海外のエンジニアの方もいらっしゃいます。

 

そういった方とコミュニケーションを図るときでも、英語を使えればより良いコミュニケーションを図れることでしょう。

 

関連記事