【システムエンジニア必見】おすすめのキャリアパスをご紹介

はてブ

まだ20代のシステムエンジニアになりたててであれば、そこまで深く考えたことはないかもしれません。

ですが、30代になってきてシステムエンジニアとしてのキャリアパスを考え出す人もどんどん増えてきて、仕事を教えてもらう立場から、人に教える立場になったときに自分に向いている他のキャリアパスがないのかと考える時期になってきます。

人によっては様々な考え方があり、どれが正しいゴールなのか迷ってしまい、どこを最終目標に設定すればいいのか選択肢は多ければ多いほど可能性を広げることができます。

そこでこの記事では、システムエンジニアのキャリアパスや、そのキャリアパスに向いている適性や特徴などを紹介しますので、自分の将来を見つめ直す参考にしてみてください。

システムエンジニアのキャリアパスとは

エンジニアのキャリアパス

20代ではがむしゃらに働いているので、そこまで深く考えている人は多くありませんが、30代になり少し仕事に余裕もできてくると考え出すのが、システムエンジニアのキャリアパスです。

これから先どのようにして働いていくのか、システムエンジニアのキャリアの最終地点としてどのような目標があるのか、それは人それぞれだとは思います。

そんなシステムエンジニアのキャリアパスとして、どのようなことを目指していくのか、一般的なシステムエンジニアであればプロジェクトマネージャーが、最もオーソドックスなキャリアパスではあります。

しかし、現代では様々なキャリアパスがあります。
ここからはシステムエンジニアのキャリアパスのおすすめを紹介していきたいと思います。

新卒システムエンジニア(SE)がお手本にすべきキャリアパス

おすすめキャリアパス

キャリアが多様化している現代において、このキャリアプランが絶対にオススメと言われても、その人によって実現したいことは異なります。そのため、かならずしもみなさんに当てはまるキャリアではありません。
この章でも、コードラン編集部オススメのキャリアプランをご紹介しますが、あくまでも参考程度にチェックしていただければと思います。

1. SEをステップにフリーランスへ

20代前半は、Slerで経験を積み、様々な機能を実装する経験を積む。できる限り、一つの機能実装を何回もこなすのではなく、ローテーションで様々な機能実装を任してくれる会社だとなおよし。

その後、自社でサービス開発を行なっている会社、もしくはWeb開発会社に転職し、全ての工程の工数見積もりから実装までを担当する。

ある程度、案件を完了し、自分一人でも工数見積もり、開発を行うことができるようになったタイミングでフリーランスとして独立。

2. SEでPMを経験し、スタートアップへ

20代前半は、Slerで経験を積み、一通り開発経験ができたタイミングで、20代後半でPM側に転向する。PMに転向してからは、複数のプロジェクトを2-3年ほど経験し、幅広いジャンルの開発リード経験をしてからスタートアップにPMとして転職。

システムエンジニアにおすすめのキャリアパス

システムエンジニアキャリア

上記では、SEでの経験を元に、転職、もしくは独立する前提でのキャリアパスを紹介しました。
もちろんそういったキャリアパスもおすすめなのですが、最初に入社した会社でキャリアアップを目指していくパスもあります。

システムエンジニアとして入社して、もっとも一般的なキャリアパスは以下のように言われています。

システムエンジニア→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャー
しかし、現代では、必ずしも上記のキャリアパスがいいとも言い切れません。実際にシステムエンジニアとして働く中で、自分の強みや弱みが明らかになってきてから、自己分析を行い、どのようなキャリアを目指すのか決めるのでも遅くはないでしょう。

以下にいくつかキャリアパスを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

コンサルト

近年増えてきたシステムエンジニアのキャリアパスは、ITコンサルトです。
具体的にITコンサルトとは、IT技術を活かして企業の経営の課題ついて、解決方法を提案したり実際に解決したりする仕事です。

ITの知識は当然必要ではありますが、その持っている知識をITに詳しくないクライアントに対して、わかりやすく説明や解説していくコミュニケーション能力も必要になってきます。

また、課題を解決するための柔軟な考え方も必要になってきます。

プロジェクトマネージャー

これまでのシステムエンジニアのキャリアパスとして、最も王道なキャリアパスがプロジェクトマネージャーではないでしょうか。

これまでのシステムエンジニアのように、プログラミングをすることが主な仕事ではなく、クライアントからの要望から導き出される、内容や納期や予算などを調整していくだけでなく、適切なエンジニアを手配するなど、仕事全体の段取りを決める仕事になっています。

様々なジャンルのプロをまとめるだけのコミュニケーション能力だけでなく、計画などの段取りを組みながらクライアントに対してのプレゼンも必要になってきます。

多くのシステムエンジニアが、キャリアパスとして選択するのがこのプロジェクトマネージャーとなっています。

ITアーキテクト

これまで培ってきたプログラミングの技術を最大限に活かしたいのであれば、ITアーキテクトがおすすめです。

ITアーキテクトはシステムの構造や設計から全体の方向性を定める役割があり、これにはシステム構造に対しての幅広い知識を必要とします。

また、システム構造だけでなくビジネスの問題点の解決方法を導き出す必要もあり、ビジネスの仕組みも十分に理解する必要があります。

スペシャリスト

これからもどんどんプログラミングのスキルを上達させていきたいのであれば、ITのスペシャリストになることがおすすめです。

スペシャリストになることでトラブルの対応や、実用性の検証など、より技術力を必要とするキャリアパスです。

効率化したプログラムの作成など、プログラミングに特化した仕事をこなしていきたいのであれば、ITのスペシャリストになるのがいいでしょう。

セールスエンジニア

システムエンジニアとして、営業能力に長けた仕事をしたく、クライアントとの直接のやり取りにやりがいを感じているのであれば、セールスエンジニアがおすすめです。

セールスエンジニアでは、直接クライアントの声を聞きながら提案したり、導入後のサポートをしたりします。

当然IT技術はもちろんのことながらクライアントに対して分かりやすく説明するコミュニケーション能力や、セールスとしての営業力が必要なキャリアパスとなっています。

IoTエンジニア

IoTエンジニアとは、Internet of Thingsの略称で全てのデータ収集をセンサーを通じて行うエンジニアのことで、現在はまだまだ未開発な部分も多い分野ではあります。

今後は自動車や農業や公共設備やエネルギー設備など、様々な分野で取り組みが検討されています。

ハードウェアやネットワークに関する知識だけでなく、情報漏洩に対するセキュリティーの知識も必要となってきます。

また、まだまだ未開発な部分も多い分野ですので、今後広めていくための営業力や提案力などコミュニケーション能力も必要となります。

今後伸びることが多いに予想されている分野ですので、既存の仕事だけでなく未来を見据えた仕事をこなしていきたいのであれば、IoTエンジニアは非常におすすめのキャリアパスです。

AR、VR

最近耳にする機会も増えてきたのがARやVRといった最先端の技術です。

ARとはAugmented Realityの略称で、現在私達が生活する空間に人工のアイテムなどを表示させる技術で、少し前に話題になったポケモンGOがこのAR技術を使ったゲームとなっています。

VRとはVirtual Realityの略称で、専用のゴーグルを付けることで仮想世界を作り出すことができます。

AR・VR共に最新技術を駆使していて、ゲーム業界やエンタメ業界など様々な分野で使われていくと予測されています。

このキャリアパスでは、CG技術の他にもネットワークに対する知識などが必要となり、今後どんどん需要が高まるおすすめのキャリアパスとなっています。

これからの時代システムエンジニアもどんどん新しいことに挑戦を

キャリア最後

ここまでにシステムエンジニアとしての様々なキャリアパスを紹介してきました。

当然今までの経験や実績をそのまま将来に活かすことも重要ですが、今後の未来のために新たな分野に飛び込む勇気も必要なことかと思います。

そのためには、自分の可能性を狭めてしまう選択をするのではなく、様々なキャリアの中から、自分が試してみたいことや自分に最もふさわしいキャリアパスを選択するのがいいでしょう。

そのためには20代など若いうちに様々な経験や実務をこなしていくことで、自信や経験として積み重ねていくことができ、将来目指せるキャリアの幅を広げることができるようになります。

関連記事