SES契約とは?派遣・請負・委任との違いからメリット・デメリットまで

はてブ

SESには、良い面と悪い面の両方があるので注意が必要です。これからSESで働くことを考えている方は、この良い面と悪い面について理解してください。それによって、ご自分の待遇が大きく変わってしまいます。しっかりと確認していきましょう!

SES契約とは?

SESとは、System Engineering Service(システムエンジニアリングサービス)の略で、「システム開発・保守・運用などの一連の業務」の委託形態の一つです。 エンジニアは、通常発注元に出向いて作業します。

SES契約とその他の契約、その違いは?

委託の種類には、「SES」の他に、「派遣」と「請負」があります。

    • 派遣契約

派遣業の登録をしている会社が、雇用関係のある人を発注元に派遣します。派遣された人は、通常発注元に出向いて作業します。

    • 請負契約

発注元より依頼された成果(システム等)の完成を約束する方法です。

SES契約と派遣契約の違い

SES契約と派遣契約の大きな違いは「作業の指示を行うのは誰か」ということです。 SESでは、SESベンダーの責任者が「作業の指示」を行います。発注元の担当者が行うことは禁じられています。一方、派遣は、発注元の担当者が「作業の指示」を行うことは問題ありません。

SES契約と請負契約の違い

設計書やプログラム等の「成果物を納品する責任が有るか、無いか」によります。請負の場合、「成果物に対する責任」がありますが、SESにはありません。

また対価の支払い方法は、請負の場合、成果物に応じて支払われますが、SESは依頼された作業時間に対して支払いが発生します。

SES契約と委任契約の違い

SESのように成果物に対する責任が無い契約のことを「委任契約」あるいは「準委任契約」と言います。その違いは「法律行為」の有無です。
「委任契約」は、法律行為を委託します。例えば、弁護士に弁護を依頼する場合は法律行為にあたりますので「委任契約」となります。

これに対して、「準委任契約」は法律行為を行わない業務を委託する契約のことです。SEが行う「システム開発・保守・運用などの一連の業務」は法律行為に該当しませんので、準委任契約となります。

エンジニアがSESで働くメリット・デメリット

エンジニアがSESで働くメリットは、大きく次の二つがあります。

    1. スキルアップ出来る

SESは、発注元に出向いて作業を行います。システム開発・保守・運用の考え方や文化は、発注元によって違いがあります。この違いは、新しい経験をするきっかけになるでしょう。また、案件によっては、今まで知らなかった知識やノウハウ等を学ぶことができるので、エンジニアとしてのスキルアップが可能です。

    1. 安定的に報酬を得ることが出来る

作業時間数に対応した報酬を得ることが出来るのがSESです。毎月定められた時間数を働くことで、安定した報酬を得ることができます。ただし、いい加減な働き方をすることは言うまでもなく許されません。

発注元のメリットも見ていきましょう。

      • 即戦力が確保できる

SESを活用すれば、業務を推進するうえで、不足しているスキルを持つ人材を確保することができます。研修や教育等を行わずに人材の確保出来るのはかなりメリットです。

対してデメリットも次の二つあります。

      • 帰属意識が薄れる

ほとんどの時間を発注元で過ごすことになるSES。発注元の担当者や自分と同じように他社から出向いている人たちと一緒に働くことで、仲良くなるので自分の会社に愛着がわきにくくなります。

      • 報酬が安いことがある

SESは相対的に他の契約よりも安くなってしまうことが多いと言えます。これは、受注形態が、元受け、二次請け、三次請け・・・と多重構造になっていることが多く、中抜きが発生してしまうからです。ただし、高い報酬を得ているSESがあることも忘れてはいけません。

私が発注者の立場で契約業務に携わっていたときのことです。高い支払金額のSESと、そうでもないSESの両方の手続きをしていました。高い支払金額かどうかの違いは、作業の難易度やスキルレベルの違いです。

スキルレベルが高く、その人にしかできない仕事であれば支払い金額は高くなります。反対に、スキルレベルがそれほどでもなく、誰でもできる仕事の場合は低くなります。高い報酬のSESとなるためにも、スキルレベルを向上させる、あるいは自分にしかできない仕事が出来るようになって欲しいと思います。

SESの年収はどれくらい?

前の説明で、SESの報酬は安いと書きましたが、果たして年収はどのくらいでしょう。一般的な年収を時系列でみいくと、1年目が300万円、3年目が350万円、5年目が400万円、7年目が450万円といった具合です。大体、500万円〜600万円が限界と言われています。

じゃあ、大手のIT企業のSEの年収が気になりますね。大手企業のSEの年収は、800~1000万円程度、会社によっては1000万円を超えている場合もあります。これは、「IT企業のピラミッド構造」が絡んできます。「IT企業のピラミッド構造」とは、仕事の受注が「元請け」「二次請け」「三次請け」・・・・と階層構造になっている構造のことです。

大手IT企業は発注元から請負で案件を受注します。これを元請け(あるいは一次請け)と言います。元請けは、自身が受注案件の一部を、SESとして外注します。元請けから受注したSES企業は、その一部を別のSES企業に外注します。このように、二次請け、三次請けと下請けになるにつれて、中抜きが発生して対価が低くなってしまうといった構造です。

SESはどんな人におすすめ?

それは、IT業界でキャリアアップを目指している人です。SESとして発注元に出向いて作業すことになれば、そのクライアントの様々な案件に携わることが出来るようになります。例えば、新しいシステム開発の一員となり、新しいプログラミング言語や構築作業に携わることになります。こうなれば、少しずつでもスキルアップすることができるでしょう。

IT業界でキャリアアップを目指している人は、クライアント先で行われているシステム開発手法や仕事の進め方を学んでいくことができるので有意義だと思います。

SESで働くには転職エージェントがおすすめ

転職エージェントを利用することが、最も確実に案件に辿り着けるのでオススメです。個人で求人情報を取得して、SESを募集しているのかを確認することは、不可能ではありませんが、現実的には難しいと言えます。

現在、仕事をしている人が、働きながら募集を探すのは時間もかかりますし、手間もかかります。たとえ、見つけたとしても、その募集が自分に最適な条件・職場であるとは限りません。

そこでオススメなのが、転職エージェントを利用することです。転職エージェントでは、常に数千件といった案件を管理していますので、その中から自分に最適な求人を見つけることができます。転職エージェントの担当者は、転職をしたい人の「給与」「勤務場所」等の条件や過去の実績を考慮して、自分に最適な条件・職場を探してくれます。

おすすめの転職エージェント

「どの転職エージェントを利用したらよいか分からない…」という方に、オススメの転職エージェントを紹介します。ご自身に合いそうなエージェントを選んでいくと良いでしょう。

WORKPORT

「総合型転職支援サービス」です。扱っている職種は、ITエンジニア、クリエイター、ディレクターと言ったクリエーティブな職種に見ならず、営業、販売、プランナー等、幅広い分野の求人を扱っています。

また、「転職コンシェルジュ」と呼ばれるキャリアコンサルタントがいます。WORKPORTは「未経験な分野への転職に強い」言われています。IT経験の無い方の転職の方にオススメです。転職先は、北は北海道から南は九州・沖縄と幅広く対象としています積極的に活用されると良いと思います。

type転職エージェント

type転職エージェントは、東京近郊のエンジニア向けに特化したエージェントです。東京近郊でエンジニアの仕事を探している方に特におすすめ。

type転職エージェントは、中規模の業者であることから、大手転職エージェントと比べて求人情報は少なめでが、地域を限定していることから、エリア内の求人数や質が優れています。また、コンサルタントは、企業のつながりも強いのことや、転職者一人一人へのサポートが手厚いことなど、転職成功に向けて的確なサポートが期待できるでしょう

おすすめの転職エージェントとして、「WORKPORT」と「 type転職エージェント」紹介しました。どちらも、転職希望者一人一人へのサポートが手厚く、転職成功に向けて丁寧なサポートが期待できます。
半面、コンサルタントとの相性の問題があります。人と人の関係ですので、合う/合わないがあります。そんな時は、コンサルタントの交代を申し出てみましょう。大切な将来を決める転職活動です。自分のことを最も大切にした転職活動をしてください。

フリーランスエンジニアはSES型案件の場合も

「SES契約」のデメリットとして、「報酬が安い」というお話をしました。さすがに、これは避けたいですよね。このSESをフリーランスエンジニアとして働いた場合はどうかを見ていきます。

結論としては、SES型のフリーランスエンジニアはオススメです。その理由は、次の通りです。

      • 多くの報酬を得られる

現在、IT業界の慢性的な人手不足を背景に、人材の争奪戦が始まっています。それに伴い、必然的に報酬が高くなってきます。

また、企業の「中抜き」が無くなりますので、その分報酬が高くなります。「IT企業のピラミッド構造」による、「一次請け」「二次請け」「三次請け」・・・・と多重構造になっていますので、その都度必要経費が抜かれていきます。必然的に、エンジニアへの報酬が低くなってしまいますよね。フリーランスエンジニアであれば、この「中抜き」がなくなるので報酬が高くなるのです。

      • 安定している

働き方の多様化に伴い、SES型フリーランスエンジニアの求人情報が増えてきました。即戦力のエンジニアを確保できることもあり、積極的に採用しているクライアントもあります。

まとめ

「2025年の崖」という言葉をご存知でしょうか。これは、経済産業省がまとの『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』で使われた言葉です。デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みの重要性に言及し、もしDXが進まなければ「2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」と警告しています。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の中核技術は、AI(人工知能)、IOTやビッグデータです。新しい領域が生まれるときは、新しいプログラミング言語が探勝します。ですが、この新しい技術領域や新しいプログラミング言語ができるエンジニアはまだまだ不足しています。

新しい技術やプログラミング言語にチャレンジすると報酬は上がりやすくなります。そうでは無く、自分の強みをより一層強化するのも一つの手です。

どちらにしてもより需要のあるSESになるためには、スキルアップが必要になります。一流のエンジニアを目指すための入り口としてSESになると言う選択肢もあるので、熟考してみてください!

関連記事