システムエンジニアの将来性は?今システムエンジニア(SE)が学ぶべきはAI?

はてブ

システムエンジニアの将来性は?

システムエンジニアを目指す方、現在システムエンジニアとして活動されている方に共通して気になるポイントとしては、「システムエンジニアの将来性は?」という部分かと思います。

せっかく専門的な知識を得て、システムエンジニアになっても、将来性が期待出来ないのでは不安になってしまいます。

結論として、システムエンジニアの将来性は期待出来ると考えて問題ありません。
IT業界全般の需要の増加と人手不足により、これまで以上にシステムエンジニアの需要は高まることが期待されています。

一方で、システムエンジニアと一言で表しても、会社員やフリーランス、分野毎の違いなどで、様々なシステムエンジニアが存在します。

それぞれのシステムエンジニアが置かれている現状や将来性について詳しくご紹介していきたいと思います。

システムエンジニアの現状

まず、システムエンジニアの現状ですが、分野を問わず各業界で需要が高まっています。

まだまだ経験者を重要視する傾向は高いですが、業務未経験の方でも中小企業を中心に採用活動を行なっているなど、広い間口が提供されています。

一方で、労働環境に関しては、まだまだ改善の必要があると考えられており、長時間労働や低賃金労働も業界全体を通して浸透してしまっているのが現状です。

昨今は働き方改革を各企業が推進しており、以前よりは少しずつマシになってきているようですが、「IT業界=激務」のイメージは払拭しきれていないようです。

企業での需要はある?

システムエンジニアは、IT関連企業はもちろん、IT関連以外の一般企業にも近年ますます需要が高くなってきております。

これまでは、一般企業は外注という形でIT専門の企業にシステム構築を依頼するスタイルが主流でした。

しかし様々な分野でのIT技術の需要増加により、社内でシステムエンジニアを確保した上で、企業の業務内容に精通したスペシャリストとしてのシステムエンジニアを確保する動きが強くなってきています。

もちろんこれまで通り、IT関連企業でのシステムエンジニアの需要も増加傾向を維持しています。
近年ではフリーランスとして働く方も多くなっており、企業としても社員の確保に一層力を注いでいることから需要が高くなっているようです。

どの分野で求められている?

分野別では特に、業務系のシステムエンジニア、ネットワーク系のシステムエンジニア、Web系のシステムエンジニア、スマホ・タブレット開発のシステムエンジニアに関しては需要が著しく伸びている傾向にあります。

業務系のシステムエンジニア

まず各企業で独自のシステムやアプリケーションを開発することが多くなり、業務系のシステムエンジニアの需要は高まるばかりです。

企業のシステムを構築するということで、規模が大きく必要となるエンジニアの数が多いことや、構築が終わった後の保守・運用なども必要なため、必然的に多くのシステムエンジニアが関わることになります。

ネットワーク系のシステムエンジニア

ネットワーク系のシステムエンジニアでは、近年仮想化技術やクラウド関連技術をはじめ、AWS関連技術などネットワーク周りの技術が必要になることも多く、需要が伸びてきている傾向にあります。

未経験者が参入しにくい分野であることも相まって、経験者の方は特に企業から高待遇を提示されるケースも多くなります。

Web系のシステムエンジニア

Web系のシステムエンジニアに関しても同様に各企業から需要が高まっている分野の1つです。
Webシステムは小さいプロジェクトから大きなプロジェクトまで無数に存在し、案件の数だけでいうと最も多いのがWeb系システムエンジニアの担当範囲となります。

Web系のシステムエンジニアは比較的簡単に作成出来るシステムも多くあり、未経験者でも参入しやすいことや、リモートワークなどの働き方も多様化しており人気の分野となっています。

スマホ・タブレット開発のシステムエンジニア

最後にスマホ・タブレット開発のシステムエンジニアですが、こちらもネットワーク系のシステムエンジニアと同じく、近年需要が著しく伸びてきている分野です。

iPhoneやiPadなどのアップル製品をはじめ、Android端末に関してもハードウェアが高性能になってきたことにより、ソフトウェアで実現できる内容がパソコンで提供されているソフトウェアと比較してもそこまで差異がなくなってきています。

例としては、居酒屋などで利用されているレジシステムが挙げられます。
従来通りに高額なレジシステムを導入しなくても、似た機能をタブレット用のシステムとして開発することで、安価で便利な専用ソフトウェアの入手が可能になってきています。

システムエンジニアはAIを学ぶべき?

システムエンジニアの仕事がAIによってなくなるのでは?との疑問が近年AI分野の発達により頻繁に見かけるようになっています。

正確な答えは遠い未来になるまでわかりませんが、数年や十数年といった単位でシステムエンジニアの仕事がAIによって奪われることは無いと言えます。

理由としては、実際にAI自体を作成しているのがシステムエンジニアである点やAIテクノロジーが進歩してきているとは言ってもまだまだ完成には程遠いのが実情だからです。

では逆にシステムエンジニアはAI技術を学ぶべきなのか?といった疑問の答えに関しては、どちらとも言えないのが実際のところです。
もちろん学べるのであれば、間違いなく将来的に仕事を確保する上でもAI技術を扱えるスキルは有利となります。

しかし、AIの分野は数学や物理といった専門的な分野の知識が他のプログラミング領域と比べても非常に重要になってきます。

大学などで専門的にAIに関連する知識を学んできた方であればお勧めできますが、これからAIに必要な知識を1から学ぶよりは現在活躍されているプログラミング領域の技術をより深く身につけた方が確実に良いと言える方も多くいらっしゃいます。

システムエンジニアとしてAIを学ぶべきかは、ご自身のバックグラウンドやこれから目指したい領域を十分に考慮した上で決めるべきと言えます。

プログラマーとして今後学ぶべきことは?

プログラマーとして今後学ぶべきことはたくさんありますが、まずご自身の将来なりたいプログラマー像・システムエンジニア像をしっかりと描くことが大事になります。

目標を決める

ご自身の目標によって習得すべきスキルは異なるため、遠回りしないためにも現時点でどういったシステムエンジニアを目指すのかを大まかにでも決めておくべきです。

Web系システムエンジニア・ネットワークエンジニアなど同じエンジニアでも学ぶべきスキルが全く異なることも少なく無いため、ご自身の中でなりたいエンジニア像に対して必要なスキルを調査しておくことは必須となります。

自分のスキルを認識しておく

また同時に、現在の自分のスキルをしっかりと把握しておくことも大事なポイントになります。

目標とするシステムエンジニア像と現時点のご自身のスキルをしっかりと意識することで、おのずと自分が身につけるべきスキル目標を達成するためにしなければいけないことが見えてきます。

学び方を確認しておく

ご自身のなりたいエンジニア像と現時点のスキルを確認出来たら次はどうやって必要なスキルを学んでいくかについてもしっかりと認識しておきましょう。

Web系エンジニアや業務系エンジニアで使用するプログラミング言語を学ぶ方法はいくつもあり、例としてオンラインのプログラミングスクールなども選択肢の一つとしてあげられます。

逆にネットワークエンジニアとして利用するスキルとしては、専用の機器が必要であったり資格が必要になるケースも考えられるため、それぞれの分野の学習を始める前に学び方をしっかりと把握しておくことが最短でのスキル取得をするための必須条件となっています。

SEとして生き残るためにはネットワークエンジニアを目指そう

ここまでシステムエンジニアとしての将来性についてご紹介してきましたが、システムエンジニアをこれから目指そうという方は特に、どの分野の勉強をするべきか悩んでしまうかと思います。

そこで本記事では、最もお勧めの分野として、「ネットワークエンジニアへの道」をご紹介します。

上記でも少しご紹介しましたが、ネットワークエンジニアは現在、仮想環境やクラウドサービスなどの発展、AWSサービスが大きく広まっていることなどから需要が一段と拡大している分野です。

また、通常のWeb系システムエンジニアや業務系システムエンジニアに比べて絶対数が少ない状態ですので、しっかりとスキルを身につけることで様々な企業から求められる人材となることも可能です。

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとはコンピューターネットワークの要件定義・設計・構築・保守を行うエンジニアを指します。

広義の意味では、コンピューター間のデータ通信などを含めた基盤構築を行うインフラエンジニアと呼ばれることもあります。

ここでは広義のインフラエンジニアよりもネットワークのみに特化した「ネットワークエンジニア」をご紹介していきたいと思います。

主な仕事内容は?

ネットワークエンジニアの主な仕事は、上記でも記述しましたが要件定義・設計・構築・保守と多岐に渡ります。

それぞれの仕事内容について詳しくご紹介していきます。

要件定義

顧客の要件(要望や問題点)などをヒアリングし、システムとしてどのように解決するかを設計するフェーズです。
コンピューターネットワーク全体のイメージを構成する段階です。

要件定義フェーズで、OSやサーバーなどとの関係性やセキュリティ問題なども全て考慮に入れておく必要があるため、高い知識を要する人材が必要なフェーズとなります。

また要件定義フェーズでは今後のスケジュールについても決定することが多くなるため、マネジメント能力も必要となります。
最終成果物としては「要件定義書」が挙げられます。

設計

設計フェーズでは、要件定義書に基づいてより具体的に設計を進めていく段階に当たります。

プロジェクト毎に異なりますが設計フェーズはさらに「基本設計」「詳細設計」「運用設計」の3つに分けられることが多くなります。

基本設計

基本設計のフェーズでは、要件定義で決定した内容を実現させるために、ネットワーク機器の選定やコンピューターネットワーク構成の具体的な内容などを決定していく段階です。

最終成果物として「基本設計書」が挙げられます。

詳細設計

詳細設計のフェーズでは、基本設計で決定した内容を実現させるために、ルーターやスイッチなどといった様々なネットワーク機器の具体的な設定値を決定していきます。

詳細設計フェーズで決定した値を基に構築の段階では値を入力していくことになりますので、詳細設計の内容が最終的にネットワークの完成系ということになります。

運用設計

運用設計はネットワーク構築後の本番稼働した後にどうやって運用・保守していくかを定義する設計書のことになります。

運用設計書に関しては、設計フェーズで作り上げてしまう場合と構築フェーズで作成するパターンに分かれます。

内容としては、運用方法の記載や各種機器の設定変更・構成変更のスケジュールなどをあらかじめ決めておきます。

構築

構築フェーズでは、各設計書を基に実際に機器の設置を行なっていきます。

設計までの段階では、デスク上で仕様書作成などの業務がメインとなりますが、構築の段階では実際にネットワークを構築する現場に出向いて、配線などを含めた手作業を行うことになります。

機器の設置を行った後、実際に設計書通りにネットワークが動作するかを確認し、適宜修正を行う必要があります。

運用・保守

運用・保守フェーズでは、運用設計書を基本としてコンピューターの増減や機器のアップデートなど、現在の機材構成に合わせて適宜ネットワークを最適な状態に調整します。

また、日々のネットワークの状況を管理する役目も果たし、トラブルを未然に防ぐことはもちろん、トラブルが起きた際の早急な対応に当たる役目を担うこともあります。

ネットワークエンジニアとして有用な資格とは?

ネットワークエンジニアを目指す際、未経験の方が仕事を獲得するのは、Web系システムエンジニアやアプリケーションエンジニアと比べて難しくなります。

理由としては、ポートフォリオの提出が難しく、実戦経験が無い場合、スキルを評価しづらい点にあります。
そこで、未経験の方でもネットワークエンジニアとして仕事を獲得する際ために、有効なネットワーク関連資格をご紹介していきたいと思います。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ネットワークエンジニアと直接関係した資格試験ではありませんが、情報技術の分野全般に渡る基礎的な知識を問われる試験です。

ネットワークエンジニアといっても、ネットワーク以外にサーバーの知識やOSの知識・各種ソフトウェアに関連する知識など幅広い分野の知識が必要となりますので、基本情報技術者試験に合格しておくことで情報処理分野全般に精通した知識を身につけている証明となります。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、その名の通りネットワーク関連の分野における高度な知識を身につけている証明となる試験です。

基本情報や応用情報技術者試験の更に上位となる試験で、難易度はかなり難しく設定されています。
しかし、ネットワークエンジニアとして仕事を獲得する上では最も有効となる資格の1つと言えますのでぜひ挑戦していただきたい資格となります。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定はベンダー試験となり、上記でご紹介した2つの国家試験とは異なります。

しかし、上記2つの国家試験は日本国内でのみ有効に対し、シスコ技術者認定は世界中で評価される試験内容となっています。

シスコ技術者認定は5つのグレードに分けられており、国内でも多くのエンジニアが挑戦している有名な試験として「CCNA」と「CCNP」が存在します。
本記事では「CCNA」と「CCNP」の2つに絞り、それぞれの特徴についてご紹介していきたいと思います。

CCNA

CCNAはシスコ認定技術者試験の「アソシエイト」レベルと呼ばれる下から2つ目のグレードに位置する初級者向けの試験となっています。

シスコはネットワーク関連の製品を提供するメーカーであり、シスコ製品の取り扱いを専門に行うエンジニアはもちろん、ネットワーク関連の基礎的な知識を身につけている証明としても活用できる資格となります。

CCNAの中でも8つの分野の試験が存在し、受験者がそれぞれエキスパートを目指したい分野の内容に特化した形で資格取得出来る仕組みとなっています。

CCNP

CCNPはシスコ認定技術者試験の「プロフェッショナル」レベルと呼ばれる5段階で3番目のグレードに位置する中級者向けの試験となっています。

CCNP試験もCCNA同様、8つの分野の試験が存在します。
またCCNP試験を受験するためには、「受験したい分野のCCNAを既に合格していること」または「エキスパートレベルであるCCIEを既に合格していること」のどちらかを満たしている必要があります。

企業によっては求人への応募条件としてシスコ認定技術者試験の合格を提示していることもありますが、多くの企業がCCNAもしくはCCNPを指定していることから、CCNP試験に合格しておけばほとんどの企業の応募条件はクリア出来ることに繋がります。

今システムエンジニアとして就職すべき企業は?

システムエンジニアとして企業に就職する場合、「一般企業」「ベンチャー企業」「スタートアップ企業」の3つに大きく分類することが出来ます。

それぞれの企業で求められる需要や特徴についてご紹介していきたいと思います。

一般企業での需要

まず一般企業での需要ですが、IT技術があらゆる企業にとって必要不可欠となってきたこともあり、これまで外注に頼っていたIT戦略を内製化するために社内SEを雇う企業が多くなっています。

社内SEは、IT事業部などの部署をもつ大きな企業は別ですが、少人数のチームとして働くことも多く要件定義〜運用・保守まで全ての工程を担当することも多くなるため、1人でも業務を進めていける総合的なスキルが必要とされています。

一般企業で働くシステムエンジニアは、どちらかと言うとサポート的な役割が大きく、給料はそこまで高くありませんが労働環境などを含め、将来的にも安定していることが多い点が特徴です。

ベンチャー企業での需要

ベンチャー企業でのシステムエンジニアの需要は、中長期的な視点で戦力となるシステムエンジニアが求められています。

IT業界未経験のシステムエンジニアでも比較的入社しやすいのがベンチャー企業となります。
IT関連企業の成長が著しい今だからこそ未経験でも入社しやすい環境が整っているとも言えるため、現場でスキルを身につけるつもりで飛び込んでみるのも選択肢の1つです。

ベンチャー企業では得意とする分野が各企業により異なるため、今後成長が期待される分野のスキルを身につけることで長期的にエンジニアとして活躍することが可能となり、また給与面などでも好待遇のポジションを獲得出来る可能性が高まります。

スタートアップ企業での需要

スタートアップ企業はその名の通り、企業として立ち上がったばかりで少人数でスピード感を持って仕事を進めていく企業がほとんどです。

そのため、経験者や1人で設計から開発までを行えるシステムエンジニアが求められています。

最初の頃は資金力などの問題もあり、待遇面があまり良いとは言えないことも多いですが企業として成功した暁には見返りも大きいのがスタートアップ企業の特権です。

近年ではフリーランスとしての働き方も一般的となってきていますが、企業に所属した上でスピード感のある開発を行いたい方には最もオススメできる働き方と言えます。

断言しますが、システムエンジニアの将来性はあります

本記事では、システムエンジニアの将来性というテーマで各分野の需要や現状をご紹介してきました。

結論として、システムエンジニアの将来性は、需要の高まりから今後ますます期待が持てます。
また数あるエンジニアの分野の中でも、本記事ではネットワークエンジニアでの活躍をオススメしています。

本文中でも記載した通り、ネットワークエンジニアの仕事は仮想化技術やクラウド関連技術の発展により今後ますます需要が伸びることが予想されます。

特にAWS関連の仕事は軒並み増えている一方で、日本国内ではまだまだAWS技術者の数は足りていません。

AWSは技術として登場したばかりのため、新しく参入するエンジニアの方にもチャンスの大きい分野であると言えます。

ぜひシステムエンジニアになることを検討している方には、本記事でご紹介した内容を参考として、ご自身が最も興味を持った分野のエンジニアとして活躍できるよう挑戦してみてください。

関連記事