【在宅可能!】プログラミングができるなら副業をした方が絶対にいい理由

はてブ

最近、副業を認める企業が増えてきており、企業をはじめとして世間での副業に対する考え方が変わってきています。そんな中、副業にも様々な種類がありますが、可能であるなら自宅ですきま時間を使って副業をしたいと思う方が多いと思います。

しかし、副業を自宅でできる人なんてほんの一握りの人間なのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、「プログラミングを副業にする」ことです。プログラミングができる人であれば、自宅での副業が可能です。また、スキルに見合って収入が向上していくので、副業をこなしていくうちに仕事をこなすスピードが上がり、結果的に自分自身のスキルも単価も上がっていきます。
今回は、プログラミングで副業をする方法についてのご紹介です。

プログラミングができるのに副業してないなんて損してます

プログラミングができるなら副業をしないのは勿体無い!

まず初めに、現在プログラミングができるのに副業をしていない人はもったいないということについてお話します。
なぜなら、プログラミングを使ってできる副業は、レジ打ちやサービス業といったアルバイトと比べて時給が圧倒的に高いからです。
また、通常のアルバイトの場合は、時給が上がっても年に10円や20円だと思います。しかし、プログラミングの副業の場合はやればやるほどスキルがつき、案件をこなすスピードが向上します。
その結果、最終的にはアルバイトとは比べられないほどの時給を得ることができるのです。
ログラミングをできる人は、今すぐにでもプログラミングを使った副業を考えてみましょう。

まずはエージェントサイトに登録しよう

まずはエージェントサイトに登録をしよう。

先ほど、プログラミングでの副業をおすすめしましたが、実際に副業を始める時どのように仕事を獲得していけばいいのか、はじめ方がわからない方も多いのではないかと思います。
アルバイトの場合は、求人が出ているためその求人先に電話をし、実際に店長と面接をして条件が合致すれば働くことができます。ではプログラミングの場合はどうなるのでしょうか。
基本的には、案件単位で仕事をすることになり、この案件を完了させることで報酬を得ることができます。しかし、案件を受注するにしても初めの頃は実績がないため非常に苦労する点です。
そこでおすすめしたいのが、エージェントサイトに登録することです。
エージェントサイトとは、自分の経歴やスキルなどを登録し、希望している条件を登録することで、自分の条件に合った案件を紹介してくれるサイトになります。
転職のご経験がある方は、転職エージェントというサービス耳にしたこと、もしくは利用したことがある方もいらっしゃると思います。
ここで紹介しているエージェントサイトも、転職エージェントサイトと同じく、自分の希望条件に合ったものを紹介してくれるサービスとなります。
今までのスキルを活かすことができ、なおかつ希望の条件で働くことができるため、プログラミングを使った副業を少しでも考えている方は、まずはエージェントサイトに登録だけでもしてみましょう。

在宅でお小遣い稼ぎをして年収をあげられるならやるしかない

在宅でお小遣い稼ぎができるならやろう!

ここまで、プログラミングを使った副業の魅力についてお伝えしましたが、自宅にいながら仕事ができる上にアルバイトよりも高い収入を獲得できるとなると、今すぐにでもやるしかないですよね。
そこで、これからプログラミングでの副業を始めるために必要となるポイントを解説していきます。

家にもスペックの高いパソコンを用意しよう

まずは何といってもパソコンを用意することです。プログラミングをするためには、パソコンがなくてはなりません。もし余裕のある方は、できるだけスペックの高いパソコンを用意しましょう。
具体的に言うと、メモリを最低でも4GB以上、できれば8~16GBのパソコンが理想です。メモリの容量に余裕があると、パソコンも快適に動作することができ、結果的に早く仕事を終えることができます。
プログラミングを始めるうえで必須となるパソコンですが、資金に余裕がある人はできるだけスペックの高いパソコンを用意することで今後の作業の効率化が期待できます。

作業スペースを用意しよう

次に用意しておくべきポイントは、実際にプログラミングでの副業をする作業スペースの確保です。プログラミングの副業の場合は、基本的には自宅で作業することが多くなるため、できるだけ快適に作業ができるスペースを確保したいものです。
どんなスペースが作業しやすいのかは、その人によって異なってくるため、自分自身最も作業がはかどるスペースを用意してみましょう。

稼働時間を決めよう

次に用意しておくべきポイントは、1日当たりの稼働時間を決めておくことです。副業の場合は本業と違い、やる気を出して作業をすることも、途中で仕事を投げ出すのも自分自身で決めることができます。
だからこそ、1日でも必ずこの時間だけは副業の時間として確保する、と決めることで集中して効率的に作業を進めることができます。
しかし、ここで注意するべきポイントは決めた時間を必ずしも守る必要はないということです。その日はどうしても外せない予定があり、作業できないということもあると思います。
その時は、週末にまとめて時間をとったり、次の日に多くの時間を副業に使うなど、自分のスケジュールに合わせて臨機応変に変えていきましょう。
あまりにキツキツでやってしまうと、時間を守ることに対してストレスがかかってしまい、副業を続けるのが嫌になってしまいます。あくまで副業のため、自分に余力がある程度で進めていくのがおすすめです。

【副業エンジニア向け】受託開発案件の見積り・案件獲得・契約書について解説【雛形付き】

プログラミングで副業をするために学ぶべき言語

WEBエンジニアには必要なのか?

実際にプログラミングで副業をするときに、どのようなプログラミング言語を学ぶべきなのでしょうか。結論から申し上げると、WEB系の言語を学ぶのがおすすめです。
WEB系の言語とは、HTML、CSS、JavaScript、PHP、Rubyなどになります。

なぜWEB系の言語を学ぶべきかというと、初心者でも理解しやすく、在宅での案件数が多いからです。
特に最初のころは、ホームページを作成する案件を受けるのがおすすめです。その際に必要になってくる知識は、HTML、CSS、場合によってはJavaScriptとなりますが、比較的簡単に身に着けることができます。
しっかりとこなせるようになれば、月に10万程度を稼ぐことも可能になるため、できるだけWEB系の言語から学んでみましょう。

プログラミングで副業をするには独学で大丈夫?スクールに通った方がいい?

プログラミングで副業をするには独学で大丈夫?スクールに通った方がいい?

これからプログラミングで副業をしたいけど、独学で学ぶのか、スクールに通うのかどちらがいいのか迷っている方もいらっしゃると思います。
まずは、とにかくプログラミングに触れてみることが重要です。

今の時代は、ネット上で検索すればすぐにでも情報を入手できます。
プログラミング言語を解説しているサイトや、ゲーム感覚でプログラミングを体験できるサービスもあり、自分に合った学習スタイルで進めることができるのです。
まずは、ゲーム感覚でプログラミングを経験し、自分に合うかどうかを決めるのをおすすめします。
そこでプログラミングについてザックリと理解ができれば、そのまま独学で進めることができます。理解が難しいな、と感じた方はスクールでの無料体験などを利用し、入るべきプログラミングスクールを決めると良いでしょう。
次からは、独学とスクールそれぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

独学のメリット/デメリット

独学のメリットは以下の通りです。

①料金が安い

まずは、何と言っても料金が安いことです。スクールの場合は、スクールによって料金は異なってきますが、1ヶ月に万単位の料金がかかってしまいます。
しかし独学の場合は、料金がかかったとしても書籍代やサービス利用料のみになるため、お財布に非常に優しいです。
また、最近では書籍を買わなくてもネット上の学習サイトでプログラミングを学習することができます。
そのため、費用を抑えようと思えば、無料でプログラミング学習を進めることができるのです。
プログラミング学習を始めたいけど、できるだけ料金を低く抑えたいという方は独学が非常におすすめです。

②自分のペースで学習を進められる
次のメリットは、自分のライフスタイルに合わせた学習が可能なことです。副業ということは、基本的に社会人である方が多いと思います。そんな時に、スクールの場合は時間が決まっているため、なかなか平日の業務後に通うのは難しいですよね。
しかし独学の場合は、業務後であろうと空いている時間を使って学習を進めることができるのです。
また、スクールの場合はカリキュラムというのが基本的には決まっているため、一度でも参加ができないと、なかなか遅れを取り戻すのが難しいです。
その反面、独学の場合は自分のペースで進めることができるため、一つ一つ理解しながら進めることができます。
自分のペースで学習を進めていきたい、という方には独学は非常に向いています。

③自分で考える力が身に着く
最後のメリットは、自分自身で考える力が身につくということです。独学の場合は、どのプログラミング言語をどうやって学習を進めるのか、というのは全て自分で決める必要があります。
また、途中で何かつまづいた時でも自分の力で解決しなければなりません。そう言ったときに、自分自身の考えで進めることで、物事を自分の力で解決する力が身に付きます。
プログラミングは、エラーを発生したときにどのように解決するのかが非常に重要になります。
その力を独学で身に着けることも可能なため、そういった面でも独学は非常に効果的です。

次にデメリットをご紹介します。
①何から始めていいのかわからない

デメリットの一つ目は、何から始めていいのかわからないということです。スクールの場合は、カリキュラムが決まっているため、どういった順番で学習を進めていくのかがあらかじめ決まっていることになります。
しかし、独学の場合はどんな方法でどのように学習を進めていくのかはすべて自分で決めなければならないのです。
特に、今までプログラミングに触れてこなかった人にとっては、すべてがわからないことだらけのため、学習を始めるまでに多くの時間を費やす要因となってしまいます。

②疑問の解決に時間がかかる
次のデメリットは、何かわからないことがあった時に、その疑問点を解消するまでに大量の時間を使ってしまうことです。
プログラミングを進めていると、必ずエラーによってプログラムが実行されないということが起きます。
そういったときに、スクールであれば講師の方に質問をすることで解消できますが、独学の場合は自分自身の力で調べて解消するしか方法はありません。
最悪の場合、エラーが解消できずにそのままプログラミング学習自体をやめてしまう人も少なくありません。
独学で進める以上、強い気持ちがなければなかなか続かないのが現状なのです。

【プログラミング初心者必読!】言語は何から学ぶ?独学でも絶対に失敗しないコツを3つご紹介!

スクールのメリット/デメリット

プログラミングスクールのメリットは以下の通りです。

①プログラミングを習慣化しやすい
何といっても、プログラミングが習慣化するというのが一番のメリットになります。独学の場合は、いつでもその場でプログラミング学習を投げ捨てることができます。
しかし、プログラミングスクールの場合は、スクールまで行ってしまえばあとはやるしかありません。周りにも同じ境遇の受講生がいることから、モチベーションの維持にもつながるのです。
自分に甘く、なかなか自己管理ができない人にとってプログラミングスクールは非常に向いています。

②疑問点をその場で解消できる
次のメリットは、わからないことがあった時にすぐに解決できることです。プログラミングスクールでは、スクールごとに異なりますが多くの場合メンターと呼ばれる講師陣がついています。
プログラミングでわからないことはもちろん、将来のエンジニアとしてのキャリア等についても相談することができるのです。
しかし、独学の場合は疑問点が発生しても解決できるのは自分自身となるため、わからないことがあるとそのまま投げ出してしまうケースが非常に多い傾向があります。
そういった観点でも、プログラミングスクールに通うことで効率的にプログラミング学習を進めることができるでしょう。

次にデメリットは以下の通りです。
お金がかかる
やはり一番のデメリットは、これに尽きます。
プログラミングスクールに通うためには多くのお金が必要であることでしょう。
近年、様々なスクールが開校されており、安いところでも10万円程度はかかってしまいます。料金が高いところでは、1ヶ月に30万円を超えることがあったりと、簡単に出せる金額ではありません。
しかし、金額を支払うことで強制力が働き、やらなければもったいないという気持ちになるので、デメリットではありますが自己投資という面ではメリットとも言えますね。

現役エンジニアが推薦!おすすめのプログラミングスクールを5つ紹介します。

プログラミングで副業した場合実際どのくらい収入が増えるの?

プログラミングで副業した場合実際どのくらい収入が増えるの?

次に、実際にプログラミングで副業した場合の収入について解説していきます。結論から申し上げると、その人のスキルによって決まるため明確な金額をお伝えすることができません。
しかし、そうはいってもそれではモチベーションも上がらないと思うので、今回はプログラミングの基礎をできている人を対象にした金額をお伝えします。
プログラミングで副業をする際には、通常のシステムエンジニアのようにプロジェクトに配属するわけではなく、一つ一つ仕事を受注し、その仕事が完了したときに報酬が発生するケースが多くなります。
およそ、ホームページの制作で1万~5万円程度の報酬となるため、月に数回受注すれば5万~10万円の収入が増えるわけです。
副業で月に10万円稼げれば、バイトと比べても非常に多くの収入源となるでしょう。しかも、スキルが向上し案件のこなすスピードが早くなったり、案件自体のレベルが上がっていけばより高収入を期待できるでしょう。
ゆくゆくは、本業を超えてしまうということも少なくありません。その時は、フリーランスとして独立するのも一つの手段です。

今すぐプログラミングで賢く副業しよう

今すぐプログラミングで賢く副業しよう

今回は、プログラミングを使った副業について解説してきましたがいかがだったでしょうか。副業には様々な種類がありますが、その中でもプログラミングを使った副業に関しては、スキルさえあれば在宅で稼げてしまうのです。
しかも、すでにプログラミングを身につけている人であれば、休日の空いている時間を使って1ヶ月に5万~10万円程度を稼ぐことは割と簡単に達成できるでしょう。
しかし、それ以上の金額になってくると、平日の業務後や休日も多くの時間を割く必要が出てきます。
あくまで今回は副業として紹介しているので、本業の妨げにならない程度にプログラミングでの副業に取り組んでいただければ幸いです。

関連記事