【無料あり!】エンジニア直伝!プログラミングを独学で学べるおすすめサイト5選

はてブ

プログラミングは無料/独学で学習できるってほんと?

プログラミングは近年日本の教育にも取り入れられるということで、とても話題になっています。プログラミングと聞くと、SEやプログラマーとして独り立ちできるというイメージがあるかもしれません。確かに、プログラミングを学ぶことで、これらの仕事を目指すことはできるでしょう。
しかし、全くの未経験者だった場合は、独学で知識を得ることは可能なのでしょうか?仕事をするというレベルではないとしても、趣味程度の知識であれば独学でもOKなのか?など、気になることも多いですよね。
結論からいうと、プログラミングを独学で学ぶことは不可能ではないですが、かなり厳しいでしょう。理由はとても単純で、わからない箇所が出てきた時に教えてくれる人がいないとそのままになってしまうからです。
プログラミングは、より実践を積んでいる方の方がアドバイスをしやすいのは当然であり、エラーなどの予想外のバグに出会った時の、処理能力なども求められるのが現実です。
しかし、それらの経験談や実際にどうしたかなどの話を聞けない独学体制だと、やはり挫折もしやすく、成長しにくいともいえるのです。
実際にプログラミングを独学で勉強していた方の8割以上は、挫折を経験しているというデータ結果も出ているほどです。もちろん、稀に独学だけの学習で、エンジニアとして立派に仕事をしているという方もいるので、学ぶ言語やクライアントにより変わるでしょう。

プログラミングを無料/独学で勉強するためにはコツがある

プログラミングを独学で勉強するには、コツがあります。そのコツを習得できるかどうかで、プログラミングを挫折せずに学びきれるかどうかも決まるといっても良いでしょう。そこでこちらでは、初心者がプログラミング学習中にしっかり習得できるコツをご紹介していきましょう。

期間を決める

まずは学習期間を決めることが重要です。プログラミングを初心者が学ぶ場合、大体の大枠を把握するまでには2~6ヵ月かかるといわれています。もちろん個人差がありますので、必ずこの期間だとは言い切れないのですが、平均的には3ヵ月くらいを目安にすると良いでしょう。
しかし、平日は仕事をしているなどの理由で、あまり勉強する時間がとれない場合は、さらにもっと時間がかかってしまいます。勉強時間を確保することはとても難しく、大人がそのためだけに時間調整をするのは意外にも厳しいことなのです。
ただ、だからといって「明日やろう」と先伸ばしにしていると、どんどん時間は過ぎてあっというまに1年過ぎてしまったというケースもあります。最初にどのくらいの期間でプログラミングスキルを習得するかを、明確に決めておくのがおすすめです。
例えば絶対に半年で身に付けるという目標をもち、逆算して勉強をするペースを決めていくのが良いかもしれません。こまかく分けてしまうとわからないので、まずはざっくり1ヵ月でこのくらい、3ヵ月でこのくらいといった風に、習得したいスキルや言語を項目別に分けて学んでいきましょう。

1日あたりのノルマを決める

次に1日にどのくらいの勉強をするかを決めるのも大事。これはテキストや内容を吟味し、1日にどれくらいの勉強ができるかを把握してからとりかかるのがおすすめです。ただ、忙しい社会人にとって、その日に突然予定が変わって勉強ができないということもありますよね。
そんな時に無理に勉強をしても、精神的にも肉体的にも疲れるだけ。そこでおすすめなのが、勉強をする最初にどれだけやるかの量を決めることです。また1週間や1ヵ月ごとに目標を決め、最終的に終われば良い、という考え方でも良いでしょう。
1日ごとの目標はその日に確保できる時間や疲れに応じて幅を持たせ、もし今日はそこまでできなかったという日には、翌日できなかった分を勉強して帳尻をあわせるというやり方だと無理がないはずです。「勉強しなくてはいけない」という気持ちが先行し、ストレスがかかってしまうことは避けましょう

目標を決める

もう1つのコツは目標を定めること。目標とはプログラミングを学んで何がしたいのか、どうなりたいのかということです。プログラミングを勉強している方でありがちなのが、プログラミングの習得が目的になってしまうことです。これはおすすめできません。
例え趣味であったとしても、プログラミングを学んだことでゲームを開発したい、アプリを開発したい、ホームページを作成したいなど、具体的な目標を定めることが一番なのです。
もちろん仕事にしたい方は、エンジニアになりたい、プログラマーになりたいというものから、具体的にこの会社に入りたい、フリーランスになって自宅で仕事がしたいなど、いろいろな目標を立てられますよね。
最初に何になりたいかを決め、その後は勉強をしていくという目標を持つようにしましょう。
次に「これを作りたい」という漠然としたアイデアを持つことも大事です。自分がプログラミングを学びどんなものを作れたら便利なのか、ということを常に考えたいところですね。

プログラミングの学習方法でおすすめなのはオンライン学習サイト

プログラミングを学ぶ際におすすめなのが、動画学習サイトです。最近話題の勉強法で、実際にスクールに通わなくて良いと人気があるのです。しかし、動画学習サイトにはメリットもデメリットもあるため、自分でしっかり検討してから申し込むのが良いでしょう。
そこで、動画学習サイトの、メリットやデメリットをまとめていきます。

メリット

動画学習サイトのメリットを知り、自分に向いているかどうかを確認してきます。

メリット①場所を問わず勉強できる

まず動画学習サイトの最大のメリットは、場所関係なく勉強できることにあります。通常では自宅のパソコン環境がある中などで行いますが、ノートパソコンの場合はどこでもできるのが魅力。

最近は関東を中心とした都心の真ん中に、「モノづくりカフェ」なるものができ、プログラミングの勉強をするためにパソコンを持ち込んでいる方も増えています。
本格的なコーヒーなどを飲みながら、気分を変えて勉強することでストレスにもならず、
楽しんで勉強ができるのも嬉しいところ。
プログラミングの学習は、時にとても孤独を感じるものですし、難しい言語の習得が中心です。できるだけ楽しい気分を取り入れながら、学習サイトを利用するのもおすすめです。

メリット②時間帯を問わず勉強できる

動画学習サイトでの勉強はオンラインなので、自分の空いた時間で勉強できるのが魅力。サイトによっては3分しかない動画なので、通勤途中や休憩の合間に見ながら学ぶのも可能です。
勉強する時間帯に自由さが欲しいという希望を持っている方には最適で、自分のペースで勉強できると社会人にも大変人気があります。

メリット③金額が安い

プログラミングの動画学習サイトは、料金設定が安いのがポイントです。スクールだと何十万とかかってしまい経済的負担で通えない……という方もいることでしょう。そんな方にもおすすめの動画学習サイトは、もちろん無料のものがあるのも魅力的。

また、無料サイトで物足りなくなってしまったら、そのタイミングで有料サイトに移行できる融通のきき具合も嬉しいところなのです。

最近ではYouTubeでもプログラミング講座の動画が増えており、無料なので見やすいと人気があります。
YouTubeなどで動画学習サイトを開催している方は、プロのエンジニア、またはプロ級の
プログラミングスキルがある方ばかり。そんな人たちのリアルな勉強法を教えてもらうことは勉強にもなりますね。

メリット④とにかく学べる言語の種類が多い

プログラミングが学べる動画サイトでは、オンライン上のレッスンの種類は豊富なのがメリットです。自分が学びたい言語が何か決まったら、すぐに勉強を始められるのも良いですね。

また、何をしたいかがわからないという方でも、どんな言語が何に向いているか、という説明書きもしっかり入っているケースはほとんどです。知識もなく勉強する言語も決まらないという様でしたら、ぜひ動画学習サイトを調べてから決めても遅くないかもしれません。

メリット⑤プロの技を真似できる

プログラミングで大事なことは、真似をすることにあります。コードを写すこともそうですが、とにかく手を使って動かしてみること。しかし、そうは思っても自分の知識がない時には、その先をどうやって学んで良いかもわかりません。

そんな時に完全に独学で進んでしまうと、パターンも作れずにどこかで行き詰まってしまいますよね。しかし動画サイトではプロや、講師の動きを真似することで、より実践的にプログラミングが学べるのがメリットです。

デメリット

それでは動画学習サイトのデメリットを知り、自分に向いているかどうかを確認していきましょう。

デメリット①動画サイトの中から自分に合ってるサイトを選ぶ必要がある

プログラミングの学習動画サイトといっても、実はいろいろな会社が行っています。
3分だけのものから、無料、有料、生放送と、バラエティーに富んでいるのが特徴。
一見種類が多いのは良いと思いがちですが、どのサイトが良いのか全く選べないということもあります。
もちろん、どのサイトも学習者のことを思って製作されてはいるのですが、見やすさやわかりやすさはそれぞれ。そのため、どの学習サイトが良いのかと見極められず、目移りしてしまうというケースも多々あります

デメリット②自己管理をする力がないと難しい

プログラミングを独学体制で学ぶには、かなりの自己管理能力が問われます。特にスクールに実際に通うわけではなく、オンライン型の学習をとる場合は、自分で時間を作り、さらに復習や実践といったこともこなさないといけませんよね。
予定があったり、体調が悪かったりすることもある中で、いかに自分の勉強を進められ、言語習得ができるかというところがポイントとなるのです。これはプログラミングに限ったことではなくどんな勉強でもそうですが、自分がどこまで自由な中でできるかというところが勝負となるでしょう。

デメリット③誰にも聞けない

やはり独学の難しいところは、壁にぶち当たった時に誰にも聞けないこと。またこれは勉強の内容だけではなく、例えば挫折しかかってしまった時に体験談を聞けないのも難点なのです。
プログラミングの勉強をすると一度はモチベーションが保てないということがある、とされています。そんな中で経験者のアドバイスを聞くのと聞かないのでは、大きく違う結果になっていくのです。

【TOP5】おすすめのプログラミング学習サイトで練習してみよう

ではどんなプログラミング学習サイトがあるのでしょうか。
こちらでは時間や場所を問わない、人気のオンライン学習サイトを5つご紹介していきましょう。

dotinstall

ドットインストールは、プログラミング学習サイトの中でも特に人気があるサイトになります。400以上のレッスンを6,000本近い動画で視聴できるのが魅力で、全部で5回から30回以上ものレッスン回数から選べるのがポイントです
ウェブサイトを作れるようになるコースや、JavaScriptに触れてみるレッスン、Ruby、Pythonとプログラミング言語の中でも必要なものをこれでもかと揃えた、多様性のあるレッスンが魅力。

初心者でも学べるから安心

初心者から学べるものも多く、全くの未経験者でも安心してレッスンを受けられます。
また、アプリ開発などにも力を入れているので、それぞれの端末に相応しいアプリの開発方法や、Googleが提供するツールを使うレッスンまで、現代に必要なスキルを学べるのが特徴。

また、プレミアム会員制度もあり、月額1,080円(税込)で初級者向けのレッスンから中上級者向けの、全ての動画が視聴可能です
無料会員ではできなかった文字起こしの閲覧やソースコードの閲覧など、プログラミング学習に必要なスキルも有料会員になるとできるのが良いですね。
自宅にパソコンさえあればレッスンが受けられと、社会人からも高い評価を受けているサイトになります。

progate

業界的にも初心者から習えるサイトと高評価を受けている動画サイトで、イラスト中心の学習画面でわかりやすく解説をしてくれるのがポイント。
何を勉強しているのかさえわからない、というプログラミング超初心者でもしっかり学べるのが良いですね。

また、プログラミングを効率的に学ぶために、実際にコードを書いていく勉強法を推進。何も用意せずにコードを書き込める環境を作ってくれているので、学んだ後にコード書きを試せます。
しかも、間違った箇所はわかりやすくチェックしてくれるので、自分がどこらへんが間違いやすいかがしっかり認識できるのも魅力です。

わかりやすいレッスンが魅力

「初心者でも独学できるレッスン」をテーマに、わかりやすいレッスンを作り、全部で15コース、79レッスンの受講ができるようになっています。
HTML & CSS、JavaScript
、jQuery、Ruby、Ruby on Rails5、PHP、Java、Pythonなど、学びたい言語は全て網羅されているのでそこも安心です。

さらにこちらのサイトではアプリの導入もしており、サイトとはまた一味違う方法でアプローチをするのがテーマとなっています
アプリであればスマホなどから通勤途中にできるので、どんな隙間時間も無駄にしなのがポイントです。サイトでは実際にパソコンなどを動かして勉強する時間に、スマホのアプリは復習時やわからない時のサポートとして利用できるのです。

Udemy

独学でプログラミングを勉強したいという方に特におすすめしたいのが、Udemyです。
こちらはアメリカのシリコンバレーで発祥したオンラインスクールで、今話題になっています。2010年にスタートしてから、2015年に日本のベネッセと契約を結んだことでも知られています。
Udemyが良いとされているメリットは2つあります。

メリット①買い切りが魅力

Udemyがおすすめの理由は、レッスンが買い切りであること。
買い切りとは一度買ったら何度でも視聴できるという意味です。
つまり、欲しいレッスンを購入したら、いつでも気軽に見たいところだけを何度も見られるのが特徴の1つなのです。
これだと独学で勉強したい方は、自分のペースで学べるし、わからないところは一時停止をしながら見られるので良いですね。

講師登録できるから幅広いレッスンを提供

Udemyの魅力はコースを受けることができるのと同時に、個人が講師としてサイトに登録できることにあります。これだと実際にエンジニアとして活躍中の実力がある方のいろいろな人のレッスンを受けられるのでとてもおすすめなのです。

他のサイトだと大体講師と呼ばれる人は決められた方であり、メンターが現役プログラマーである、という場合はありますね。
しかし、このように個人が登録をすることはあまりないので、面白いシステムであるといえます。現場に出ている方や、知識が豊富な方もいますので、その人独自の経験談などを聞いたり、より実践的な経験ができる可能性もあるのです。

でも個人のレッスンとなると、やはり講師の素性がわからない場合は悩んでしまいますよね。しかも相手が講師としての経験がない場合は、教えるのが上手いのかどうかも気になるところ。Udemyでは個人に対する評価制度を設けています。そのため、その人のレッスンがどれだけのものなのかを評価として見ることができるので安心です。

オフライン視聴可能&コード書き練習

Udemyはオフラインでも視聴ができるので、wi-fiがなくても安心。しかも、サイトを見ながらコード書きの練習ができるのもポイントで、実際に手を動かすことでプログラミングの知識を得られるのが嬉しいところなのです。

Paiza

ITやwebエンジニアに特化したPaizaは、プログラミングなどが注目されている今話題になっているオンラインスクールを経営しています。実は、大本は転職サイトで、スキルがある方を優先して待遇し転職などを応援していく、というスタイルを徹底している会社であることが特徴。
Paizaラーニングはオンラインスクールであり、プログラミングの言語習得を目指しています。フレームワークを用いたWebアプリケーション開発などを中心として学べ、プログラミング学習の基礎を学ぶことが可能。

誰でもすぐにスタートできる学習環境

こちらのオンラインスクールの特徴は、環境構築が5秒でできることにあります。すぐに学習できる環境を整えてくれるので、あっという間にきっかけが作れるのが嬉しいところ。勉強しようという意欲があったとしても、その準備に時間がかかってしまうとモチベーションが下がってしまいますよね。

実際に手を動かして学べるから実践的

動画を見ているだけでは、なかなか学べないこともあります。プログラミングは実際に手を動かして失敗しながら学ぶべき、という方も多いですね。そんなプログラミングを、こちらのサイトでもコードを実行しながら学んでいくことができます。
また、特に学生へのプログラミング学習の育成を大事にしているので、小学生や大学生まで幅広い世代の生徒がこちらで学んでいるのも信頼できる理由の1つでしょう。

paiza新卒システムを採用

こちらの会社では、スキルチェックによりコードを書いて書類選考なしで面接・カジュアル面談という、簡単な流れを作り出しています。paizaラーニングによる学習とスキルチェックをすることで、現在の自分の実力を知り、就職活動へと無理せず続けていくのがポイントなのです。

Aidemy

こちらは人工知能(AI)特化型プログラミング学習サービスを提供している会社で、代表の石川聡彦氏は2019年のForbes 30under30に選出、しかもその技術は120社以上で採用されるほど。学べる言語は幅広く、Python、HTML、CSS、JavaScript、jQuery、ChartJSなど多数などで、自分が学びたい言語が見つかりやすいのがポイント。

またコースが豊富なのもこちらの会社の魅力で、以下の様なものがあります。
・AIアプリ開発コース
・自然言語処理コース
・データ分析コース
・LINEチャットボット開発コース

最後のチャットボット開発コースが、いわゆるAIの開発といわれているコースで、現在とても需要が高まっているといわれています。これはAI自体を扱えるプログラマーが増えていることも理由の1つです。このスキルがあると、仕事の幅も広がるとされています。

徹底的なサポートが魅力

こちらの会社は徹底的なサポートが魅力で、生徒の成果物を大事にする傾向があります。プログラマーとして独り立ち、またはエンジニアとして仕事に就く際に、ポートフォリオを求められることが多々あります。
ポートフォリオとはどんな開発をしたかなどの成果物のことで、雇用を検討する際にどんな実力がありスキルがあるプログラマーなのか、ということを判断する材料になるわけです。
教材以外のことでも、真剣に相談にのってくれるのも嬉しいところで、徹底的に転職や就職
をする方のサポートをし、生徒たちの味方といっても良いでしょう。

パーソナルメンターがいるから安心

Aidemyではパーソナルメンターがひとりずつにつき、わからないことなどをSlack上で相談できます。相談した内容は24時間以内に返信がくるので、安心して質問できますね。しかもパーソナルメンターなので、いろいろな疑問や不安にもしっかりと対応。
ただでさえ不安が多いプログラミング学習、しかも仕事に就くことを最終的に求めているとすると、やはり誰かに相談できる環境はとても重要だといえるでしょう。

転職できる可能性がある

こちらのスクールでは、学習終了後にエンジニアとして仕事をした、という方も排出しています。趣味ではなく仕事に就きたいという方としては、とても期待できますよね。オンラインメンタリングや転職相談サービスもあり、独学で勉強してはいますが全くの孤独、ということではありません。
24時間チャットサポートやコードレビューをしてもらえるので、スキルアップにつなげられるのも魅力ですね。

まとめ

こちらではプログラミングを独学で勉強したい方向けに、実際には難しいがオンライン動画学習サイトなどを利用すれば、学べる可能性があることなどをまとめてきました。
オンライン学習サイトでおすすめの会社は5つほどあり、特徴やメリットなどもそれぞれ違います。自分が学習したいプログラミング言語やコースなどがあるかを調べ、目標を達成しやすいところを探すのがおすすめ。
また、プログラミングを学んで最終的にどうなりたいか、仕事に就きたいのか、また趣味として楽しみたいのかなどにより、転職サポートがあるスクールなどを選ぶのがベストです。
一見独学で大変そうに見えますが、サポートのあるオンラインスクールを選べば、全面的なバックアップ体制も整っていることを覚えておきましょう。
ぜひご自分にあった学習方法を見つけてみてください。

関連記事