pythonの副業って実際稼げるの?必要な技術から稼ぎやすい案件まで

はてブ

  pythonというプログラミング言語が注目されています。なぜpythonが人気なのか?それは、「コードが短い」「書きやすくて読みやすい」といった理由です。pythonは人工知能の分野で使われているので、現在でもかなり人気がありますし、将来性があるので、既にpythonの経験がある人はもちろん、未経験の方が挑戦する価値もあります。副業の案件としても、pythonの言語を使ったものがかなり増えているので、やり始めるなら今しかありません!
 
そこで今回は「pythonの副業って実際稼げるの?必要な技術から稼ぎやすい案件まで」を紹介します。どうしたらpythonで副業が可能となるのか、どのような案件があるのかなどを細かく紹介するのでぜひ一読ください!

python未経験者・初心者でも副業って可能なの?

 始めにpythonとはどういったものなのかを説明します。ぜひここでpythonのイメージを掴んでください!pythonは「少ないコードで簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といった特徴のあるプログラミング言語で、「人工知能(AI)」、「Webアプリケーション」や「プログラミング教育」など広い分野で使われています。特に現在はAIの分野でも使用されているので注目されていますし、需要もかなりあります。
 
 一般的なプログラムは、その規模が大きく複雑になってくるとコードが読みにくくなります。読みにくくなるということは、「読み間違い」や「書き間違い」などのミスが起こりやすくなります。pythonではそんな「読み間違い」や「書き間違い」を減すことを考慮している言語で、「覚えやすい」「扱いやすい」というイメージに繋がっていますし。実際に使いやすい言語です。

 python未経験者・初心者なので、pythonで副業することは不可能と思っていませんか?実は、そんなことはなくて副業することは可能です。経験者に比べて、ハードルは高いですし、案件数自体が少なめではありますが「未経験者・初心者OK」の案件も存在します。そのような案件からスタートして、徐々に経験と実績を積むことで、継続的に仕事を受注することができるでしょう。また、受注できる案件も増えてくるので、単価も上げやすくなります。

 次に、pythonを学習することを考えてみましょう。初心者の方でも学びやすい言語といえます。それは、前述の通りpythonはシンプルなコードを扱っています。プログラミング経験の無い人でも、pythonでしたら基本を理解しやすいでしょう。

 私の知人は、中学生向けのプログラミングスクールの講師をしていますが、そのスクールで教えているのがpythonです。学びやすい言語であることが理解いただけると思います。蛇足ですが、プログラミングスクールの講師としてpythonを教えることを副業とするのも可能ですね。

 pythonは「専門知識要らずのプログラミング言語」と言われるぐらいシンプルです。これが、python未経験者・初心者であっても、副業することは可能である所以です。プログラミングを勉強しながら副業として稼ぎたいという方にはとっておきです!
 

pythonで副業するために必要な技術って?

 pythonで副業するために必要な基礎的な技術は、「pythonの基礎」「Web系の基礎技術」「スクレイピング、Web APIなど」の3つです。

 

pythonの基礎

 pythonで副業しようとしているのですから、知ってて当たり前。とはいえ、最初はどうすればいいか分からないと思いますので、pythonの初心者向けサイトと初心者向け書籍を紹介します。

 pythonの初心者向けサイトを3つ紹介します。

 python公式ドキュメント(日本語訳) 
有志の皆様によるpython公式ドキュメントの日本語訳を公開しているサイトです。各OS毎の環境のセットアップ方法やチュートリアルなどがあり、学習に必要な情報が一通りそろっています。

 pythonWeb 
インストールや環境設定方法やpythonの入門部分の学習ができます。実際の画面を見ながら学習できるので理解しやすいサイトです。

 ドットインストール  
このサイトでは、様々なプログラミング言語について動画で学ぶことができます。また、無料で始めることができます。

 次に、初心者向け書籍を3冊紹介します。

 確かな力が身につくpython「超」入門(出版社: SBクリエイティブ)
 いちばんやさしい python入門教室(出版社: ソーテック社)
 初めてのpython(出版社: オライリージャパン)

 

Web系の基礎技術(HTML/CSS)

 pythonで副業をするのだから、pythonのみ知っていれば充分かと言えば、それは違います。pythonで作成したプログラムをWeb上で稼働させるのであればWeb系の技術が必要となってきます。

 そもそも、副業を依頼するクライアントの目的は、「pythonを使うこと」ではなく「サービスを提供する」ことだからです。Web系の開発で稼ぎたい場合は、HTML・CSSも勉強しておきましょう。HTML・CSSは習得するのに時間がそんなにかからないのでぜひ学習することをオススメします!

 

スクレイピング、Web APIなど

 スクレイピングとは、ウェブサイトから情報を取得、加工して新たな情報を生成する技術のことです。スクレイピングの例としては、様々なニュースサイトを巡回して見出しを抜き出して一覧にする等があります。

 APIとは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略で、「プログラムで共有可能な機能の塊」のことです。APIで準備されている機能はプログラミングする必要がないので、効率的に開発を進められます。Web APは、Web上に公開されていますので、外部から呼び出して利用することができます。さまざまなWeb APIが公開されていますが、その多くは無料で利用が可能です。

pythonの副業で獲得できる案件

pythonの副業で獲得できる案件として、3つを紹介します。いずれも、最先端の仕事です。

 

ディープラーニング

 ディープラーニング(深層学習)とは、人間がタスクをコンピュータに学習させる機械学習の手法のひとつです。人工知能(AI)の急速な発展を支える技術であり、その進歩により様々な分野への実用化が進んでいます。例えば、話題の自動運転においてキーとなっている技術もディープラーニングです。

 ディープラーニングの仕事は、pythonを使って行われます。報酬が高い案件が多いのも魅力的。また、今後も高い需要があると思われますので、将来を見据えて実績を積んでおくことも良いでしょう。

 

Webアプリケーション開発

 Webアプリケーション開発も、pythonのスキルを持つ人が行える副業です。「YouTube」など世界的に有名アプリありますので、案件によっては大きなプロジェクトに関われる可能性があります。pythonは「シンプルなコードで読みやすい」特徴があるので、プログラム修正の簡易性があるため、Webアプリへの採用度は高くなっています。pythonによるWebアプリケーション開発も、注目の案件です。

 

ゲーム開発

 pythonのスキルがあれば、ゲーム開発に携わることができます。特にゲーム好きの人にオススメできる案件です。それは、ゲームの根底から作ることが可能だからです。また、pythonだけでなく、他ゲーム開発に使用するプログラミング言語も学んでおくと、より多くの案件に巡り合えます。本格的にゲーム開発を副業で行いたいのでしたら、pythonと合わせて様々な言語をチェックしてみましょう。

 

データ収集・解析ツール開発

 pythonを使ったデータ収集・解析ツール開発の仕事も、チャレンジしたい副業です。それは、何と言っても稼ぎやすいからです。近年、企業活動はデータ使って市場分析やマーケティングを行います。その企業にとって、データ収集・解析はより良い経営の実現に不可欠であるため、今後も多くの企業がデータ分析の専門家への依頼を行うでしょう。それに伴い案件数も増えてきています。

 また、pythonを使ったデータ収集・解析ツール開発の単価相場は、5000円~5万円と言われていて、作業に慣れてくれば2時間程度の作業で完成させられる案件もあります。pythonによる副業の経験が多ければ、それに合わせて、そういった企業と契約しやすくなるでしょう。案件数が多く、案件毎の単価も高いことから、稼ぎやすい仕事と言えます。

pythonの副業ってどこから獲得するの?

pythonで副業を獲得する方法には、「知り合いから受注する」と「クラウドソーシングサービスを利用して受注する」の2つがあります。

 

知り合いから受注する

 前提条件として、既にpythonによるプログラミングを発注したいと考えている知り合いや企業いることです。pythonを使った実績があり、しっかりした成果が約束出来れば、知り合いからや企業から発注してもらえる可能性があります。

 そのためにも、紹介してもらえるよう、「pythonを使った実績がある」ことと「副業の案件を探していること」を、周囲にアピールしておくことが必要です。

 当然ですが知り合いの顔をつぶすことは言語道断です。そのためにも、しっかりした成果が約束出来れるよう、クオリティの高い誠実な対応が求められます。紹介された仕事ほど最善の努力をすることを心がけましょう。

 

クラウドソーシングサービスを利用して受注する

 クラウドソーシングサービス(以降、クラウドソーシング)とは、仕事をしてほしい人(依頼者・クライアント)と、仕事をしたい人(受注者・ワーカー・メンバー)を繋いでくれます。pythonの案件を受注したい方は、まずはクラウドソーシングへ登録しましょう。

pythonの副業が獲得できるおすすめのクラウドソーシング

 pythonの副業が豊富なクラウドソーシングとして、次の4つをオススメします。

 

ランサーズ

 利用満足度ナンバー1を誇る、日本最大級のクラウドソーシングです。田辺誠一さんの「採用をやめよう」というCMを見たことがあるかもしれません。KDDI、GREE、Yahoo! JAPANといった大企業からベンチャー企業まで、初心者向けから高単価まで、350,000社の案件という高い実績を誇っています。

 

クラウドワークス

 ユーザー数が約308万人、仕事依頼数は約279万件を誇る日本最大級のクラウドソーシングです。仕事のカテゴリーは、システム開発・デザイン制作、ライティング・記事作成、データ入力などのカンタン作業など200種類以上で、あらゆる仕事見つかります。 そのカテゴリーは、プロ向けから経験不問の仕事までと幅広く、多くの仕事が掲載されています。

 

Codeal

 「Codeal」は、デザイナーやエンジニアなどをメインターゲットとしたクラウドソーシングです。週1日稼働の案件から、完全リモートの案件まで、幅広い求人情報が扱われています。スキルが要求されますが、Codealには「時間単価が2,500円以上の案件しか掲載されていない」という特徴があるので、デザイナーやエンジニアにとって魅力的な単価水準になっています。

 

Reworker

 Reworkerは、職種に関わらず全てリモート・在宅OK、時短で週3、副業OKといった今までは実現することが難しかった、新しい働き方ができる求人サイトです。クラウドソーシングの多くが仕事の仲介がメインであるのに対し、Reworkerは企業に在籍するイメージです。

pythonの副業は稼げる

 pythonの副業で稼ぐことは出来ます。そして、将来性のある副業といえます。pythonの経験がある人は、その経験を生かして副業をしてみてはいかがでしょうか。また、pythonの経験がない人は、近い将来のために学習することをオススメします。

pythonはシンプルな言語ですので、未経験の方が初めてプログラミングを学習するのに有効です。真面目に学びを続けていけば、副業で稼ぐことも可能となります。是非、この機会に案件の種類や仕事を発見する方法を確認し、pythonで副業をしましょう!

関連記事