エンジニアになりたい人のためのプログラミングスクール評判口コミサイト

プログラミングの生産性をあげるためのタイピング習得方法

パソコンをあまり使わないという方は、パソコンのキーボードでカチャカチャと文字を入力する人をみて、圧倒されてしまったという経験をお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか?

今や、社会人一年目の必須スキルでもある、「タイピング」ですが、できるようになると何かメリットはあるのでしょうか?
PCアレルギーがある方は、今でも多いと思います。また、PCアレルギーがある方だけでなく、そもそもPCを持たない世代、つまりスマホの広がりと同時に若者のPC離れをあちこちでよく耳にします。しかし、冒頭でも述べたように、「タイピング」は社会人の必須スキルです。
なので今回は、PCを触ったこともない方や、スマホでしかネットをしないという若い方たちが、PCを速く動かせる技術のメリットが少しでも伝わればと思います。
不安を持つ方も、ご安心ください!タイピングは、練習次第でかならずできるようになるものだからです。
そして、習得してしまえば、楽しくて新たに挑戦したいことも出てくるかもしれません。
パソコンで速く作業ができると、楽しくて色々したくなる気持ちを、一人でも多くの方に味わっていただきたいのです!

社会人の必須スキルってほんと?

タイピングが社会人の必須スキルと聞いて、「えっっ?」と驚く方も少なくないと思います。IT化が進んで、業界問わずに業務の管理がPCで行う企業がほとんどで、今後もそれは変わらないでしょう。
スマホで仕事も完結できる日が来るのかわかりませんが、少なくとも数十年はパソコンを速く動かせて、損をすることはないと思っています。個人的には、スマホで色々検索するよりも、パソコンの大きい画面で色々操作できることを好んでいます。
私の好みはさておき、少なくともこちらの記事をみている方は、エンジニアやプログラミングというものに興味がある方が、ほとんどという前提でお話しすると、タイピングは速いに越したことはないんです!たかがタイピング、されどタイピングです。
実は、エンジニアを目指す人だけでなく、どんなビジネスパーソン、またはパソコンで課題を提出する大学生も、タイピングが速いと本当に効率的に作業を完了することができます。
では、その理由をこれから書いていきます。

タイピングって?

そもそもタイピングとは、パソコンのキーボードで文字入力をすることをいいます。ですが、今回の記事では、タイピング = ブラインド・タッチとして説明していきますので、ご了承ください。ブラインド・タッチとは、パソコンのキーボード画面を見ずに、文字を入力することをいいます。できれば正しい、手の位置をキープし両手で完璧にできる状態のことをイメージしていただきたいと思います。

タイピングができるようになるメリットとは?

業務効率化

同じタイピングでも、キーボードと画面を眺めながらタイプしていくのと、キーボードを見ずに画面だけをみてタイプするのでは、どちらが速いかは一目瞭然ですよね。
キーボードを見ないで、画面を見ているのですから、もちろん間違いにいち早く気づけます。そのおかげで、無駄な文字を打つことなく修正できるわけです。
基本的にキーボード付近から手を動かさないようになることが、PC作業での生産性をあげてくれます。
プログラミングの勉強効率も、スピードアップさせてくれます。

タイピングを練習するときに気をつけることとは?

キーボードは極力見ないことです。

もし忘れてしまったら、配置だけを確認してすぐに画面に目を向けましょう。
人差し指は「F」と「J」このキーボードには、小さい目印が出ているので、常にそこには両手の人差し指がくることを意識しましょう。
キーボードによっての違い
いつも練習しているキーボードに慣れていると、別のパソコンになったときに全く感覚が変わります。どんなパソコンでも、手の配置は変わらないので、焦らず手を慣らしましょう!

ローマ字入力と英字入力と、プログラミング言語の入力は別物と捉えて、全てにおいてタイピングができるようになることが望ましいと思っています。もちろんプログラミングをやらないという方は必要ありませんが、基本的には、ローマ字入力と英字入力はどんなビジネスパーソンにも役に立つので、習得するまで繰り返しましょう!

決められた指でかならずタイプする

タイピングが早い人は、ホームポジションに手を配置し、決められた指でかならずそのキーボードをタッチしています。決められた位置というのが、一番近い指を指定しているからというシンプルな理由です。
ただ中には、小指が使いにくい、薬指が動かないなど、人によって動かしやすい指と動かしにくい指があると思います。
これも実は慣れなので、指のストレッチとなるべく使うようにするだけで、指も訓練されて動くようになってきますので、諦めず打ちたいキーボードに一番近い指でタイプできるように練習しましょう!

おすすめタイピング習得法

タイピングは、練習すればかならず習得できるスキルです。なので、練習しないことは非常にもったいないです。タイピングは、できるようになって得られる効果対時間コストが非常に高いのです。なぜなら、タイピングの習得にお金は全くかからないからです。
それであれば、やらない手はないですよね。ここからは、具体的にどうやって習得していけばいいのか解説していきます。

キーボードの配置を覚える

ネットで「タイピング 練習」などと検索して、キーボードの画像に手の配置図が重なっているものがあるので、そこでまずは頭で、配置を記憶しましょう!

ゲームで実践する!

キーボードに対して、自分の手がどこにあればいいのかまで大体頭で理解できたら、次はゲームで実践してみましょう。私がオススメするゲームは「寿司打」というものです。
タイピング初心者には、とても楽しく、そして、効率的に覚えられるゲームです。最初は、短文または単語だけなので、比較的短いワードをタイピングを使って打ち込めるように、ひたすらゲームをやってみてください。
ゲームを1ステージクリアすると、点数やその内訳が出てきますので、もし可能ならそのスコアを競い合う友人などがいてくれるとさらに楽しく学ぶことができるのでぜひ試してみてください!
そして、もう1つ確認してほしいことは、点数の内訳に、タイプミスした箇所が出てくるので、自分の苦手な指、押しにくいキーボードはなんなのかを把握して、指が動くように訓練しましょう!

長文を打ち込む!

ゲームにもコースとして長文編があったりするのでそちらを試しても良いですし、Wordなどの文書ソフトを活用して、頭で考えた文章をスラスラかけるように長文も練習しましょう。前述でもあるように、タイピングは文字の種類によっても、難易度が違うのですが、文字の長さによっても、タイピングの感覚が少し違い、苦戦する方もいるかもしれません。
ここまで具体的な方法をみてきましたが、理想は、慣れるまで、上記の方法を繰り返し回しながら練習することです。
「配置確認→単語→長文→日記」のように、体で覚えるまで繰り返すと、本当にキーボードを見ずに自然にタイピングできるようになります。

まとめ

いかがでしたか?最初は難しいと思うかもしれませんが、体に覚えさせるだけで誰でもできるようになるのがタイピングです。
練習していると、打ちやすい文字、打ちにくい文字がわかってくるので、そこを意識的に訓練しましょう。
そして、これはタイピングは問題ないくらいのレベルまで到達できた方は、オプションとして、「リズミカルにタイピングする」ことを意識してみてください。まるでピアノを引いているようなタイピングになると、ただガチャガチャ文字入力を行うよりも、周りも自分も気持ちのいい環境で作業ができると思います。

公開日:2019.05.23

この記事を書いた人


関連記事