エンジニアになりたい人のためのプログラミングスクール評判口コミサイト

プログラミング初心者が必ずおさえるべき基礎知識3選

「プログラミング」という言葉を聞いて、みなさんはどれくらい説明できますか?
数年前よりも、かなり頻繁に耳にする言葉ですよね。
それもそのはず、IT業界の成長スピードが早すぎて、人材の供給が追いつかず、世界全体でもエンジニア不足は深刻化しています。
そこで日本は国として、2020年から小学生へのプログラミング授業の必須化をすでに決めていることもあり、プログラミングという言葉自体は広く知れ渡りました。
でも実際、今の親世代にしたら、IT業界に勤めている、勤めていたなどの経験がなければ、子どもたちの方が詳しいなんてこともあるかと思います。
そこで今回は、プログラミングを学びたいと考えている人や、プログラミングに関して最低限の知識は教養として身につけておきたいという方に向けて、なるべく簡単に解説していきたいと思います。

プログラミングって何?

今や、みなさんの日常において、スマートフォンを使わないなんていう日はほとんどないくらい、私たちの生活の一部になっています。LINEなどのメッセージングアプリで友達とのチャットを楽しんだり、銀行口座の管理をスマートフォンのアプリ経由で行ったりと、何かしらの行動をスマートフォンを経由して行なっているかと思います。
スマートフォン、パソコンを経由して使っているサービスは全て、プログラムによって動作しています。

プログラムとは?

ここで言うプログラムは、運動会のプログラムやイベントのプログラムなどと同じです。日本語訳だと「手順」や「段取り」などという意味がありますが、この手順をコンピューターに命令することが”プログラム”に当たるわけです。
コンピュータは命令を受けたら、忠実に、そして人では到底できないようなスピードで処理・実行をしてくれます。しかし裏を返せば、どんなに優秀なコンピューターであっても、それは全て、人の手によって命令されなければ何もできません。
つまり、前述のようにコンピューターにどんな動作をさせたいのかを設計し、コンピューターに命令を与えていくことを”プログラミング”といいます。

プログラミングの注意点

コンピューターは命令されたことに、何かしらの反応を返してくれますが、正常に動作させるためには、少しの文法ミスも許してはくれません。
プログラミングにも様々な言語が存在しており、それぞれに決まった文法があるので、使い分けなくてはなりません。
あらかじめ自分のやりたいことは、どの言語で命令を与えるべきかを知る必要があります。
そして、前項でも書いたように、コンピューターに対して手順を命令していくのですが、予定通り進まなかった場合の選択肢も、すべてプログラムしておかなければなりません。
例えば、「山手線に乗って、渋谷に12時までに着きなさい。」「もし、遅延していたら銀座線に乗りなさい。」のようになります。(便宜上、日常の例を出しましが、イメージだけ掴んでもらえたら良いです。)

アルゴリズムとは

プログラミングを学ぶ上で、とても大切なアルゴリズムという方法があります。
これは前述にある通り、プログラミングはあらかじめ、コンピューターに命令を与えておかなければなりませんが、その手順、方法のことをアルゴリズムといいます。
プログラミングの文法を学ぶことと同じくらい大事なことになります。
この記事では、あまり詳しく書きませんが、プログラミングを学ぶ際にはぜひ調べてみてください!

プログラミング基礎知識

あのサービスも?!プログラミングがされているサービス3選

ここでは、どんなところにプログラムがされて、私たちの生活に何をもたらしてくれているのでしょう。少し具体例を挙げてみたいと思います!

1.日本人なら誰もが持っているアプリ

日本人のスマートフォンユーザーなら必ず持っているメッセージアプリ「LINE」。こちらもプログラミングができると、こういったメッセージ系のサービスが作れます。
なかなか普段使っているものが、どうやって作られているかを考える人は少ないと思います。LINEは特に考えることもないほど、私たちの生活に浸透していますよね。

2.世界の人と繋がれるSNS

Facebookも創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が学生時代に、自分でコードを書いて立ち上げたサービスです。
今や世界のトップの企業でもあり、アメリカン・ドリームをつかんだ成功者であります。
プログラミングができることへの、希望と夢を与えてくれていますよね。

3.普段乗っているマイカーも?!

そうなんです。みなさんが普段乗られている車にも、プログラムが組み込まれています。例えば、ブレーキペダルを踏むと、車に制御システムが働いて停止できますよね。これも、あらかじめ車に、「このペダルを踏んだら、ブレーキ」というような指令が送られています。

3つの具体例を挙げましたが、デジタルで使う日常のものには全てプログラミングがされているといっても過言ではありません。
さらに、企業の業務で使う管理システムや、レジなども全てプログラムによって指令が送られています。
プログラミングができると、普段使っているアプリで追加機能が出てきたときにも、きっとこんな指令を送っているだろうなどと予測ができ、自身の知見にすることもできます。
プログラミングがわかれば、もっと色々なことを自動化できますし、今も成長中なので、今後もできることが増えていくことは間違いありません。
近い将来、デジタルやテクノロジーにおいて、今の私たちでも想像できないような域に達しているかもしれませんね。

プログラミングができるとこんなことができる!

例えば、欲しい服をお気に入りのネットショップで購入しようと思っていたとします。でも「人気商品で、すぐ完売して買えなかった。」なんてことはよくあることだと思います。
こんな時、プログラミングができると、再入荷した瞬間に通知を送ることも、自動的に発注してくれるようにすることも、コンピューターに命令しておくことができます。

普段のルーティンになっている業務も、コンピューターに自動化の指令をするだけで、時間の効率化が図れるかもしれません。

プログラミングを理解できていれば、自動発注のように、日常の様々なことを自動化することができたり、便利にカスタムできたりします。
何ができそうか考えられるだけでも楽しいですが、実際に自分のまわりのものを、イメージ通りに便利にできて、ライフハックをプログラミングによって行うことができるんです。考えただけでもワクワクしませんか?!
これまでよりも、時間を有効に使えるようになります。

まとめ

いかがでしたか。プロラミングへのイメージは、掴んでいただけましたでしょうか?
プログラミングができると、キャリアの選択肢が広がるだけでなく、ライフハックもできるようになります。
特に近年は、あらゆるものがインターネットとつながるIoT化やAIの普及で、さらにIT業界は盛り上がっています。そんな時に、単に用意された目の前のサービスを利用する側になるだけでなく、仕組みを少しでも知っているだけで、周りよりも使いこなせるようになる可能性だってあります。
プログラミングは、「ハードル高いから勉強しなくていいや」と思うより、「やってみて挫折しても、その知識でほかの分野に活かせそうだし、ちょっとやってみよう!」と思って、挑戦してみるのはいかがでしょうか?

公開日:2019.05.23

この記事を書いた人


関連記事