現役エンジニアが推薦!おすすめのプログラミングスクールを5つ紹介します。

はてブ

「プログラミングを本格的に学びたい」「プログラミング技術を身に着けて、手に職つけたい」といった理由から、プログラミングスクールに通いたいと思っている方も多いのではないでしょうか。私もかつてはそうでした。

しかもプログラミングスクールは数多く存在し、どこに通えばよいのか分からなくなっていませんか?そこで、この記事ではお勧めできるプログラミングスクール5つを目的別に紹介していきます。自分に合ったものを見つけられるように、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアになるためには

エンジニアになるためにはコンピュータ全般に関する専門スキルが求められます。システムエンジニアになるためには、プログラムやシステムの基礎を学んだあとに資格にチャレンジことが一般的ではありますが、IT系、特に大学生や社会人になりたての20代の頃は、プログラミングスクールで知識を身につけた上で、エンジニアとして就職するのが一番の近道だといえます。

各いう私も、某プログラミングスクールの卒業生(この中のうちのどこか、とだけ言っておきましょうw)で、社会人3年目が終わったタイミングでキャリアについて考えるようになり、IT系企業で働いていたことからもプログラミングの仕組みを知っておくことで業務のプラスになるかもしれない、そんな思いからプログラミングスクールを選定しました。

結果的に3ヶ月間通って、実際にプログラムを書く楽しさを学び、スクールを卒業する頃には1人で簡単なサービスまでは作れるようになり、当時働いていた会社の職種転向希望が通ったこともあり、エンジニアとして働く機会を得ることができました。(すんなり書いてますが、もちろんすんなりとは行ってないですw)

企業によっては、スキルや資格を問わず採用し、入社後の研修でエンジニアとして育成する、または、まずはプログラマとして採用し、経験を重ねる中でシステムエンジニアへとステップアップ、というところもありますが、いずれにしてもプログラミングスクールで学んだことはとにかく実践的で、現場に生きる、学べるスキルであることが多いです。まずはプログラミングスクールに通うメリットを紹介します。

プログラミングスクールに通うメリット

1.できるメンターの存在

プログラミング初心者の方は、まず本や動画などを用いて独学で勉強を始める方が多いかと思います。
最初の基礎的な部分の勉強としては、費用もあまりかけず始めることが可能なため非常に良い選択と言えます。
しかし、本や動画で学びながら実際に自分で同じコードを組んでみると「なぜか動かない」といったケースが多数出てきます。(これは実際にプログラムを書いてみるとわかります)

そんな時、独学で学習をしていると一つの問題で丸1日や最悪1週間悩んでも解決しないようなケースが必ず出てきます。一人で解決出来ない問題に悩むのはなかなかしんどいもので、挫折してしまう多くの方の理由としてあげられます。

プログラミングスクールでは多くの場合、メンターの方や質問対応の窓口が用意されているため一人で悩むことなく、最小限の時間で問題を解決出来るメリットがあります。

2.そのまま就職や転職に成功することも

多くのプログラミングスクールは、就職の相談や転職するためのサポートを受けることができます。中にはもともと正社員で働いていながらプログラミングスクールに通った結果、良い転職先を紹介してもらい給与アップに成功している人などもいます。これば独学だとどうしても難しいポイントになってきますので、プログラミングで生計を立てたい、エンジニアとして生きていきたいと思う人には、プログラミングスクールが最適かもしれません。

3.スクール卒業生のリアルが聞ける

講師の方の中には、スクールを卒業した方であったり、現役エンジニアとして働いている方がたくさんいます。エンジニアを志す身にとっては「現場のリアル」な声、とても貴重でした。システム開発は、チームで動くことがほとんどです。そこには様々な役割が存在し、全員が協力してプロジェクトに取り組んでいます。

どうプログラムを動かすか、だけでなく、どうプロジェクトを進行していくのか、そのリアルな声を聞いてイメージしながら通えたことは、視座を高く保つことに役立ちました。

プログラミングスクールを選ぶときのポイント

学びたい言語を決めよう

担当する業務や立場によって専門性や求められることも変わってくるため、自分がどのようなエンジニアになりたいか、どのようなスタイルで仕事がしたいかなど、自分なりのキャリアプランを事前に考えておくことも大切です。

プログラミングは大きく、アプリ開発とWEB系開発に分類されます。※厳密には組み込みなど様々な分野が存在します。
まずはみなさんがプログラミングで作成したいものがアプリなのか、WEB系のシステムなのかを把握することが大事です。
それぞれで得意とする言語が異なりますので下記でご紹介します。

iOSアプリ: Swift、Objective-C
Androidアプリ: Java、Kotlin
Windowsアプリ: C#
WEBシステム: HTML、CSS、Javascript、PHP、Ruby

※上記のカテゴリはあくまで主流なもので、記載されていない言語や異なるカテゴリで使用できる言語も存在します。

スクールの形式を決めよう

スクールの形態には大きく分けて、インターネットを使用したオンラインスクールとオフラインでオフィスに実際に通う通学型の2タイプに分類出来ます。社会人の方だとオンラインスクールに通っている方も多く、いまの同僚にもいます。どちらが良いとは一概に言えませんが、個人的には時間の融通が効くのであれば、通うことをオススメします。

就職サポートを受けたいかどうか

プログラミングスクールに通うメリットとして、就職サポートがある点を紹介しましたが、キャリアアドバイザーが付くなどの場合、費用も内容に応じて高くなる傾向にあります。
まずはプログラミングの学習のみに焦点を絞り学習を進めるのか、受講が完了した段階での就職までを考えた上で、就職サポート有りのプログラミングスクールを選ぶのかをしっかりと考えておきましょう。

まずは無料サポートを活用しよう

各プログラミングスクールには基本的に無料体験を受講することが可能です。期間はスクールにより異なりますが、どのプログラミングスクールも最低1回は無料体験の受講が可能です。申し込んでからの想像していた内容と違ったというようなギャップを失くす為にも、複数の無料体験を受講されることおすすめ致します。

人気の高い!おすすめのプログラミングスクール5選(※2019年7月現在 ※変更する可能性あり)

おまたせしました。これから紹介する5つは、周りのスクールに通っていた同僚や友人に聞いた話も含めて、「あぁ、そんなシステムあったら良かったな」など、実際の体験を基におすすめしていますので、自分にあったプログラミングスクールを見つけてもらえればと思います。

TechAcademy

オンライン専門のプログラミングスクールです。「未経験から12周間でエンジニアを目指す」プログラムや、最大160万円相当お得になる「ウケ放題」様々なコースが存在するため、自分が学びたい分野の内容を集中的に学ぶことが可能です。

ブロックチェーンやAI・データサイエンスなどの比較的新しい分野のコースも設置されていますので、学びたい分野が既に決まっている方にはおすすめのプログラミングスクールです。

また、新設のコースとして転職保証コース(リンク)も設置されております。

30歳以下の方で、東京での就業が可能な方などの条件がありますが、実際に転職が出来なかった場合には全額返金対応となっておりますので、確実にスキルを身につけて転職したい方にもおすすめ出来るプログラミングスクールとなっております。

1人では続かない人のための短期集中プログラム「オンラインブートキャンプ」を開催してたりしますので、『自分1人の環境で勉強したいけど、ちょっとサポートしてほしい』という人にはぴったりのスクールです。

②TECH::EXPART

通学型をメインとしたプログラミングスクールです。(オンラインコースも存在します)
オンラインでの講師への質問も可能ですが、教室での受講をメインとしています。

TECH::EXPARTは手厚い転職保証が特徴で、実際に転職出来なければ全額返金などの制度も用意されています(これ、かなりすごいことです)。
また、副業・フリーランスエンジニアコースも設けられており、こちらのコースではフリーのプログラマーやデザイナーとしての案件の獲得方法やセルフマネジメント方法の指導なども行われています。

後ほど紹介するTECH::CAMPと比較して、短期集中コースや就職特化型のコースといった位置付けです。

費用は少々他のプログラミングスクールよりもかかりますが、転職保証もついていますので、「エンジニア人生を歩むんだ!」と本気で就職を目指している方には最もおすすめ出来るプログラミングスクールです。

③TECH::CAMP

月額制のプログラミングスクールです。なんと月額14,800円で最新の技術を学び放題となっていて、かなりお得だと思います。コースもWebサービス開発からAI(人工知能)のコースまで幅広く用意されていて充実したカリキュラム内容。さすがプログラミングスクールの草分け的存在です。

上記で紹介しましたTECH::EXPARTがプロのプログラマー/デザイナーを目指すのに対し、TECH::CAMPはまず基礎的な部分の学習といったコンセプトのプログラミングスクールです。

まずは比較的安い料金のプログラミングスクールで、自分が本当にプログラマー/デザイナーに向いているのかを確認したい方にはベストチョイスかもしれません。

④CodeCamp

CodeCampはオンライン完結型のプログラミングスクールです。オンラインに特化している分、365日、7時〜23時40分までレッスンを開講していることが最大の特徴。お仕事と両立したい人、普段なかなか空き時間を作りづらい人には最適のプログラミングスクールです。
レッスンの予約に関しても、当日予約/当日変更が可能なためご自身のスケジュールに合わせた受講が可能ですので、急な予定が入っても安心なのはありがたいですね。
オンライン完結型のスクールでありながら就職/転職についても無料でのサポート体制が整えられているため、『忙しくて実際に教室には通えないけれど就職サポートもして欲しい』といった方に、おすすめしたいプログラミングスクールです。

⑤侍エンジニア塾

侍エンジニア塾はマンツーマン指導で対面形式と、オンライン受講の好きな方を選択出来るプログラミングスクールです。レッスン可能時間も8時〜22時と設定されており、比較的時間の融通も利かせやすいと言えます。

侍エンジニア塾の1番の特徴としては、生徒それぞれに合わせた個別カリキュラムが組まれる点です。オリジナルサービスの開発にもマンツーマンで指導してもらえるため、つくりたいものが決まっている、ご自身でどんどんサービスを作ってみたい方にはおすすめのプログラミングスクールです。

また、転職キャリア支援についても専門のキャリアアドバイザーに担当してもらえるため、実際の就職・転職を見据えた学習が行える点も良いですね。個別カリキュラムでできた

無料で受けられるプログラミングスクールもある?

上記で少し触れましたが、受講料自体が全額無料というところはなかなかありませんが、転職紹介サービス付きのプランでは、転職できなかったら全額返金(※各々条件はあり)等をうたっているスクールもあります。
ぜひはじめの無料体験などに行った際に、スクールの方にお得な制度やキャンペーンなどを聞いてみるのもいいかもしれません。

最後に

いかがでしたでしょうか。
本記事では、おすすめのプログラミングスクールを5つ、各社の特徴を交えながらご紹介してきました。各社それぞれに個性がありますので、まずはご自身の目的/目標を明確にすることをおすすめ致します。
ご自身の目指すゴールにより選択するコースが決まってくると思いますので、目的を明確にすることが最初の第一歩となります。

ご自身の働いている環境・住んでいる環境を考慮した上で、オンラインプログラミングスクールを選択するか通学型のプログラミングスクールを選択するかを決めましょう。
そして最後に金銭面での比較を行い、プログラミングスクールを選択するのがベストかと思います。
せっかくプログラミングスクールに通うのですから、学ぶ内容が自分のゴールと合致することが最も重要だと言えます。
また、どのプログラミングスクールも無料体験を実施していますので、まずは全てのプログラミングスクールを体験してみることを本記事ではおすすめ致します。

プログラミングスクールを卒業して経験が浅いうちは、設計に基づいたプログラミングやシステムのテスト運用など、先輩エンジニアの下で仕事を覚えたり、プログラマとしてスタートすることもあります。
大変なことも多いですが、そこで経験を積んでいくと、プロジェクトの核として動く人へとステップアップできたり、クライアントとのコンサルタント的な役割を果たす「システムアナリスト」、プロジェクト自体を動かし、チームのメンバーをマネジメントする「プロジェクトマネージャー」など責任ややりがいも大きくなりますが、とても幅広く大きな可能性が残されています。

後悔の無いようにしっかりと調査した上で、ご自身に最適のプログラミングスクールを選択し、そしてエンジニアとして活躍しましょう!

それでは現場に戻ります。

関連記事