ITエンジニアになるにはプログラミングスクールに行くべき?独学で可能?

はてブ

みなさんは、ITエンジニアになってみたいと思ったことはありますか?
近年グッと知名度を上げた職業”ユーチューバー”同様に、「ITエンジニアという職種を耳にした」または、「一度は目指してみようと思った」人は意外にも多いと思います。
特に学生の間での、IT関連企業でのインターンが一般的になってきて、以前よりもエンジニアがいる環境で働く学生が増えています。
エンジニアと一緒に仕事をすることで、憧れを抱く人が多くなっているのではないでしょうか。
今回は、エンジニアに会ったこともないし、ITエンジニアのこともあまりわからないという、プログラミング初心者の方もわかるように解説していきたいと思います。

ITエンジニアとは?

エンジニア

ここ最近、「ITエンジニア」といえば、”WEBエンジニア”のことをイメージしている人が多いように感じます。
たしかに間違っているわけではありません。しかし、皆さんが思う以上に、実は「エンジニア」の種類は多いのです。
ここでは、エンジニアの種類をいくつかご紹介します。
・WEBエンジニア
・システムエンジニア
・社内SE
・ネットワークエンジニア
・データベースエンジニア
・データサイエンティスト
・セールスエンジニア
などが挙げられます。
もし、まだ自分が、どのエンジニアになりたいのか明確でなければ、それぞれどんな言語を使い、どんな基礎知識を理解しなければいけないのか把握しましょう。そ
れが明確になったら、あとは手を動かし、学習を進めていきます。最初のうちは全てを理解しようとはせずに、おぼろげでもいいので、イメージが掴めることが大事です。

ITエンジニアになるにはスクールが良い?独学でも大丈夫?

独学でも平気?

「よし、自分は〇〇エンジニアになろう!」と目指すべきところが見つかったら、インプット(つまり、学習です)段階に入ります。
方法としては、独学かスクールに通うのか、2択で迷うところだと思います。
結論としては、どちらでもITエンジニアは目指せるのですが、自分に合った学習スタイルを選択することが大切です。
理由としては、基礎学習を1人でガンガン進められる方は”独学”で十分だと思いますし、「黒い画面に書いてあるコードを見るだけで頭が痛くなる。1人では続かなそうだな」という方は、わからないところは即座に質問もでき、効率的なカリキュラムを用意しているスクールに通う方が良いと思います。
補足しておくと、独学がやっぱり合わないと思えば、スクールに変えてみれば良いだけなので、あまり深く考えずに自分の性格に合うなと思う方でスタートしてみてください。
学習をストップしないためには、そういった方向転換を柔軟にすることも必要です。

独学のメリット

独学メリット

コストが安い

学習コストがスクールに比べて、かなり安く抑えられます。オンラインの学習サービスで進める場合は基本的に、全てのコンテンツを見るには課金することが求められます。そ
れでも、1ヶ月1,000円程度ですし、必要な知識を得るために本を3〜4冊買ったとしても、全部で10,000円程度でしょう。スクールに行くことに比べたら、断然安いです。

調べる癖がつく

スクールにいるのと違い、躓いたとしても、すぐに対応してくれる人が近くにいないため、自力で調べて、理解を深めていくことが必要です。
ただ心配はご無用です、わからない部分を「ググる」ということを繰り返しているうちに、どこで・どうやって調べればいいのかも理解してきて、効率的になっていきます。
これって実は、社会人にも、共通して求められるスキルでもあるので、プログラミング学習ついでに検索することに慣れておけば、仕事に就いたときにも役立ちます。
さらに現役のエンジニアであっても、わからないことはその都度ググっています。膨大な数の知識が必要なため、全てを記憶しておくことは難しいですし、変化の激しいこの業界では常に新しい知識が求められます。
なので、基礎学習が終わってもググり続けるんだなと覚えておいてください。

忍耐力が鍛えられる。

これは覚悟が必要ですよ〜という警告でもありますが、プログラミングの基礎学習は、忍耐が必要です。
おそらくですが、これまで「プログラミングを勉強してみたけど、諦めた。」という人は相当多いと思います。
それくらい、最初が最大の関門なんです。しかしこれを耐えられたら、確実に忍耐力はアップしているはずです。

自信がつく

これは精神的な部分になりますが、”独学で学べた”ということは、自信や達成感に繋がりますよね。
こういった気持ちの部分って、仕事を続けていく上でのモチベーションになってくれますし、思っている以上に自分を突き動かしてくれる要素だと思います。

スクールのメリット

スクールのメリット

体系的に学べる

スクールの持つ、プログラミング学習のノウハウを享受できるので、勉強のやり方から調べるなんていうことをせずに、カリキュラムに取り組めます。
なぜなら、教えている先生方もプログラミングを一から勉強したことがあったわけで、どこで躓きやすいかなどを理解しているため、そこを重点的にカリキュラムに組み込むことが可能です。

現役のプロ講師から学べる

普段、開発の現場にいるプロ講師からなら、より現場に近い感覚でプログラミンを学んで行けます。自分がエンジニアになった時のイメージもしやすいでしょう。
実際のエンジニアの方の、仕事の進め方や考え方を知ることができるはずです。
貴重な時間だと思うので、出し惜しみせず、わからないことはどんどん質問をしましょう。

一緒に学ぶ仲間がいる

これは、プログラミングスクールの方が習得の効率が良いとみられている一つの要因です。

習得までの時間の短縮

わからなければ、すぐに聞ける環境なので、わからないまま放置という状態は最小限に抑えられます。そのため、カリキュラムを信じて、着実に学んでいけば、独学よりは早く習得できるだろう考えるのが自然です。

まとめ

独学メリットまとめ

独学だから、エンジニアになるのが不可能ということは全くありませんし、実際に、独学でエンジニアにまでなっている方はたくさんいます。
逆に、スクールに行けば、自動的にエンジニアになれるというわけでもありません。
これまでの勉強もそうですよね。塾に通っているから、良い点数が取れるわけでも、志望校に合格できるわけでもありません。
ただどちらをとっても、コードというのに全く触れたことがない方が、プログラミングを勉強し始めるということ自体が、簡単なことではないのです。
どちらをとっても、ややこしくて、勉強し続けることが大変です。この最初で最大の関門を突破できるかが、プログラミング学習の肝です。気合いを入れて頑張りましょう。

そして、スクールを選ぶときに気をつけたいことが、以前と比べるとプログラミングスクールの数は相当増えてきていることに注意することです。
様々なスクールがありすぎて、選ぶときに困ってしまうという方は多いと思います。そんな時は、コドランの他の記事を参考にするのも良いでしょうし、周りの知人たちから直接、情報収集するのも良いと思います。
一から学習をスタートさせる方には、たくさんのハードルがあると思いますが、ぜひ、自分にあった学習方法を見つけて、是非”ITエンジニア”になる目標を叶えてください。

関連記事