プログラミングを上達させるのに必要なたった3つのこと

はてブ

プログラミングの勉強を始めてみて最初にぶち当たる壁が、「プログラミングを上達させようと思っても、何から手をつけていいのかわからない」という方は多いはずです。
これから、効率的にプログラミングを上達させるために意識すべき3つのことを見ていきます。

まずは目標を定めましょう

目標を定める

手段が目的になっていませんか?

プログラミングに限りませんが、上達を実感できない人の特徴として、「手段が目的になってしまっている」ことが挙げられます。

具体的に言いますと、「技術書を読むこと」が目的になってしまっている、あるいはプログラミング言語を習得することが目的となってしまっているなどです。

こういった状態は、真面目に努力をする人が陥りがちなことです。しかしこうなってしまうと、分からないところを一つ一つ潰していこうとしてしまい、なかなか学習の効率は上がっていきません。

プログラミングは何のため?

皆さんは、どうしてプログラミングを学ぼうと思ったのでしょうか?「Hello,World!」と画面に出すためですか?きっと違うと思います。

起業がしたい、自分でサービスを作りたい、フリーランスとして働きたい・・・などの目標があって、その手段としてのプログラミングであったはずです。

最初の目標が明確であれば、多少わからないことがあっても、あまり問題とはなりません。

なぜならプログラミングを完璧にすることが目的ではないからです。そういった人は、結果として学習効率が上がり、プログラミング全体の流れを早く把握することができます。

目標を定めるコツとは

目標を定めるコツは、大きな目標を細分化していくことです。

皆さん、まずは大きな目標があるはずです。その目標を叶えるために必要なことを書き出します。

そして、その必要なことを叶えるために必要なことを書き出す・・・ということを繰り返し、どんどん小さくしていって最終的には、今日何を行えばいいかまで小さくします。

ここまで具体的にできれば、あとはその順序を逆に辿っていけばいいわけです。そして、こういったときには期限を必ず決めましょう。期限を決めることで、より具体的になり達成率が上がります。

悩んだら、まずは人に相談しよう

相談しよう

プログラミングは難しい

目標とそれに向けた手順は定まりましたか?

あとは、それをこなしていくだけです・・・とは言っても、やっぱりプログラミングは難しいです。

実際、挫折率の高い分野でもあります。思ったようにいかないときに、何をすれば抜け出しやすいかを見ていきます。

うまくいかない時に何をするか

まずは、何が分からないかを考えましょう。例えば、「HTMLでサイトを作っている」時に「pタグ内のdivタグがうまく表示されない」などです。

ここまで言語化できれば、あとはグーグルでこれらのワードを調べるだけです。

調べるということは、プログラミングをする限りずっと求められることです。

ただ、何が分からないかも分からないことも多いと思います。

そのような時は、誰かに聞きましょう。

幸い、今はSNSなどで質問をしやすい環境ができています。

ただ、質問をする時にも、どういった状況なのかと、何を試してみたかは言えるようにしておきましょう。

そうすることで、相手も答えやすくなり効率が上がります。

一番ダメなのが、一人で悩んでしまうことです。

その時間で検索するなり、人に聞くなりしましょう。

結果を残すためにすることとは

結果を残すために

インプットとアウトプットを心がけましょう

学習というのは、最初はインプットから始まります。

プログラミング学習でも、書籍やサイトを使って、まずは基礎的なことをインプットする必要があります。

しかし、アウトプットを行われなければ、学んだことを忘れてしまいますし、最初に言ったように手段が目的になってしまいがちです。

ですから、どんな小さなことでも、アウトプットをしていきましょう。

まずは何かを作ってみる

アウトプットは、学んだことを生かして、何かを作ることが一番手っ取り早いです。

例えば、HTMLとCSSを使ってサイトを模写してみるとか、自分のサイトを作ってみるなどです。

その中で、自分が学習してきた中でどこで躓いたかや、どのように問題を解決したのかを発信していけば、自分の失敗の経験が他の人にとっての有用な情報に変わっていくのです。

また、何かを作る時は、ぜひSNSなどで決意表明をしておきましょう。

こうすることで、「やらなければならない」という気持ちになりますし、成果が出た時にはみんなから誉めてもらえます。

人から誉めてもらえるというのは、最良のモチベーション維持なのです。

そこから得る事のできる思わぬ報酬も・・・!

アウトプットをして、それを公開していくことは、自分の実績や信頼になります。

そうすれば、将来的に就職やフリーランスの仕事の受注に大きく有利になります。

特にプログラマーは「何を学んできたか」よりも「何ができるのか」の方が評価されますので、何かを作ることは自らの評価を大きくあげることができます。

他にも、サイトを作って運営することで金銭報酬を得ることができたりする場合もあります。

まとめ

まとめ

いかかでしたでしょうか?プログラミングを上達させるために必要なことを見てきました。まとめると・・・

  • 目標を定める。

そして、その目標を細分化していきましょう。はるか遠くに見える目標を細分化することで、手段が目的になることを防ぎ、今日何をしたら良いかが見えてきます。

  • 一人で悩まない。

必ず検索して調べる。あるいは、誰かに聞くようにしましょう。そうすることで、「調べる力」「質問をする力」がついてきます。

  • アウトプットを常に心がける。

アウトプットをすることで、学習効率は飛躍的に上がります。そしてそれだけでなく、自分の実績や信頼、将来的な仕事につながっていきます。

この3つのことを意識して、プログラミング学習を行なっていけば、学習効率が上がり、プログラミングを上達させることができるでしょう。

関連記事