プログラミングのバイトは存在するの?見つけ方と必須条件を紹介

はてブ

プログラミング関連の仕事は残業が多い業界とも聞くし、フルタイムの仕事しかないんだろうなとなんとなく考えている方も多いのではないでしょうか?

 

実際に働ける時間は短いけれど、プログラミングの仕事がしてみたいといった社会人の方や学生の方も多いかと思います。

 

本記事では、プログラミングのバイトをしてみたいけれど探し方が分からないとお悩みの方向けにプログラミングバイトの見つけ方と仕事内容、更にプログラミングバイト必須の条件をご紹介していきます。

未経験でもプログラミングのバイトは可能?

未経験でも可能

結論から申しますと可能です。

 

プログラミングのバイトは下記で詳しくご紹介しますが、多様なお仕事が存在します。

 

そのため、まったくIT関連の知識がない(例えばパソコンを触ったことがない等)方には難しい場合が多いです。

 

しかし、業務未経験の人も経験者より限られますが十分に見つけることが可能です。

プログラミングバイトの仕事内容とは

仕事内容とは

次にプログラミングバイトの仕事内容についてご紹介していきます。

 

大きく次の3つに分かれます。

 

1.設計・開発まで含むプログラミングバイト
2.設計書に沿って開発を行うプログラミングバイト
3.開発されたプログラムのテストのみを行うプログラミングバイト

 

順に解説していきましょう。

設計・開発まで含むプログラミングバイト

こちらの仕事内容はほぼ正社員でプログラマーとして活動している方と変わりません。

 

ただ多くの場合、バイトという立場上、社外のお客様との交渉や打ち合わせは正社員のプログラマーが行い、社内に持ち帰ってきた内容で設計・開発を進めるケースが多いです。

 

上記の理由により、要件定義や基本設計には参加せず、詳細設計やプログラム設計の段階から入ることが多くなります。

設計書に沿って開発を行うプログラミングバイト

開発のみを行うプログラミングバイトについてです。

 

こちらは大抵の場合、自分の作成したプログラムのテストまでを含む場合が多いです。

 

既に設計書が完成しており、設計書に沿って実装を進めていくのみの工程となるため、費用を安く抑えたい企業や実装工程のみ人数を増やしたい企業がプログラミング担当としてバイトを雇うケースが多くみられます。

開発されたプログラムのテストのみを行うプログラミングバイト

最後にテストのみを行うプログラミングバイトについてご紹介します。

 

おそらくプログラミングバイトの中で未経験者が最も参入しやすいのが、こちらのお仕事です。

 

理由としては、既に動くプログラムのバグを探すことがメインの仕事となるため、プログラミングの技術を重要視されるケースが少ないからです。

 

テストのみを行うプログラミングバイトの中でも内容は様々で、見つけたバグの修正までを行うケース、テストコードを記述しテストを行うケース、作成されたプログラムを実際に動かしバグを見つけたらプログラマーに報告するケースなど難易度もそれぞれ変わってきます。

 

テストのみを行うバイトの中でも、未経験の方が最も参入しやすいのは、最後にご紹介したバグを見つけプログラマーに報告する仕事です。

プログラミングバイトの勤務時間・勤務地

勤務地は

勤務時間に関して最も多いのは4〜5時間となるようです。

 

時間帯としてはお昼から終業まで または 夕方から夜までなど会社により異なります。

 

曜日としてはシステム会社で働くことが多いため、平日の勤務となることが多いです。

 

勤務地に関してですが、基本的には契約した会社の作業場で仕事をすることが多くなります。

 

正社員のプログラマーの中には常駐派遣として所属する会社から別の取引先の作業場へ出向するケースも多くみられますが、プログラミングバイトの場合には実際に契約した会社で作業をすることがほとんどです。

 

理由としては、取引先に出向する場合、お客様の都合に合わせなければならないことも多いため、時間に制約の多いバイトよりは正社員に任せることがほとんどだからです。

 

まれにリモートワークでの在宅勤務がOKの会社も存在しますが、未経験や初心者で在宅勤務のバイトとして採用されるのは非常に難しいのが現状です。

プログラミングバイトの給与形態

給与形態

プログラミングのバイトを行う場合、ほとんどが他のバイトと同じく時給での契約となります。

 

後述しますが、クラウドソーシング等を使用した場合、成果報酬型で契約が結ばれるケースも存在します。

 

しかし、企業でのプログラミングバイトで考えると時給制での採用がほとんどでしょう。

プログラミングバイトに必須の条件

必須条件

最低限パソコンの使い方がわかることが必須条件になります。

 

実際にプログラミングをしたことがない方でも、テスター等の仕事で働くことは可能です。

 

しかし、あくまで最低限のことしか任せられないため身につくことも少なくなってしまいます。

 

将来的に開発の仕事がしたいなど明確な目標がある場合、基礎的な部分だけでも良いのでプログラミングの知識を自主的に学習しておくことをオススメします。

プログラミングサイトが掲載されている有名求人サイト

バイト

Find Job

まず最初にご紹介するのが、Find Jobです。

 

メインはプログラマーやデザイナーの正社員求人サイトですが、絞り込み検索でバイトのみを探すことも可能です。

 

IT分野の求人が非常に多く、バイトを対象とした求人も数多く存在するため、まず最初にチェックしておきたいサイトです。

indeed

次にご紹介するのがindeedです。

 

こちらもIT系の職種が多く、アルバイト求人も数多く掲載されています。

 

未経験可の求人も多いので一度チェックしておくべきサイトです。

 

最近はCMや広告も多く見かけるため、一気に知名度が広まった印象です。

クラウドソーシングサービス

最後にご紹介するのがランサーズやCrowdWorksをはじめとしたクラウドソーシングです。

 

基本的に、クラウドソーシングの仕事は成果報酬型となり、Webシステムやアプリケーションを納品してはじめてお金が頂ける形式ですので未経験の方が受注をするのは難しいです。

 

クラウドソーシングに最も適している方は、本業でプログラマーとして活動しており、就業後の空き時間を使用してプログラミングのバイトを行いたいといった方や、本業は別にあるため短い時間で在宅で出来るプログラミングのバイトを探しているといった方にオススメの働き方です。

 

成果報酬型の場合、時給制のバイトよりも固定収入としては不安定となりますが、実力次第では短い時間で正社員と同等もしくはそれ以上の収入を得ることも可能となります。

 

腕に自信のあるプログラマーの方には、時給制のプログラミングバイトよりも魅力的に映る案件も多いでしょう。

 

さいごに

最後に

本記事では、プログラミングバイトの見つけ方や、仕事内容・必須条件などを交えてご紹介してきました。

 

近年IT分野の成長は目覚ましく、プログラミングの需要も高まる一方です。

 

また、2020年よりプログラミングが小学校で必修化されることも決まっています。

 

現在、IT業界は深刻な人材不足に悩まされているため、今後これまで以上に正社員のみにこだわらず、プログラミングのバイトやクラウドソーシングのような働きかたも増えてくるものと予想されます。

 

経験者・未経験者問わず、様々な働き方が可能で且つ需要の高い職種がプログラマーですので、今回ご紹介した内容を参考にプログラミングのバイトを探しはじめるのはいかがでしょうか。

関連記事