おすすめプログラミングスクールの口コミ・評判・体験談がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

【プログラミングとは?】初心者でも0から簡単に学べるコツをご紹介!

プログラミング学習

公開日 : 2020年02月14日 | [更新日] 2020年10月01日

プログラマーという言葉を聞くと、「憧れの職業」「手に職でかっこいい」という印象がある方も多いのではないでしょうか。

とはいっても、プログラマーは具体的には一体何をしている人なのか、、

プログラマーとは、

「プログラミングを専門とするプロ」

のことで、それを職業としている方のことを指します。

しかし、素人にとってプログラミングとは、そもそも何をすることを指すのかもわかりませんよね。

また、プログラマーになりたいと思っても何をしていいか分からないことがほとんど。

そこでこちらでは、プログラミングについての基本的な知識や、初心者でも学べる簡単な方法などをご紹介していきます。

プログラミングを学ぶコツを掴んで最短で習得しちゃいましょう!

プログラミングとは?

プログラミングはできると有利

 

プログラミングとは

次の行動を推測しながら動ける人間と違い、自分で考える力のないコンピューターに「やるべきことの順番」を指示すること

を指します。

よく演奏会などで渡される「プログラム」がありますが、これは次に何をするかの進行、案内板のことですよね。プログラミングはコンピューターにとっての、プログラムなのです。

ただ、コンピューター自身は人間に動かされているものなので、独自で開発などはできません。そのプログラミングを構成するには、コンピューターが理解するための「言語」習得が必要になります。

その習得した言語で順序を教えることで「こんな便利なアプリが欲しい」「簡単に友達同士でお話しができるツールが欲しい」といった、人間の便利さを求める欲求をシステム化して叶えてくれます。その「指示を書くプロ」=「プログラマー」というわけです。

プログラマーの種類

一口にプログラマーといっても、得意な言語によってできることは違います。

プログラミングを学ぶときには、何ができるプログラマーになりたいかを意識するのがおすすめです。

こちらでは簡単に、プログラマーの種類を紹介しましょう。

オープン系プログラマー

アプリケーションのシステム設計、プログラム開発など、アプリ開発で必要な一連の流れを担当するプログラマーのことを指します。「プロジェクトマネージャ試験」などを受け、総合的なWebの知識を持っていることが求められ、チーム全体のチーフなど統轄する役割を担う場合が多いのが特徴です。

Web系プログラマー

名前の通りWebサイト系を専門とするプログラマーで、ビジュアルや機能性、操作性などを中心として仕事ができます。基本的に必要な資格はありませんが、キャリアップ思考の方には「情報処理技術者試験」の資格を持つことが良いとされています。
スキルが身につくと、Webディレクターやシステムエンジニアとして活躍できることもあり、プログラマーから一歩踏み出したい方はおすすめです。

インフラ系プログラマー

飲食店やショップなどのシステムのエラーを修復しにくる方などは、こちらのインフラ系プログラマーと呼びます。基本的にはサーバーやデータの運用や管理などを中心としているので、マイクロソフト社の「MCP」、シスコシステムズ社のシスコ技術者認定である「CCNA」や「CCNP」などの資格を持っていると、キャリアの面で優遇されることが多いので覚えておきましょう。

ネットワーク系プログラマー

こちらも名前の通り、ネットワークの管理やエラーに備えたシステム設計などをするプログラマーのことを指します。企業に勤めており、最新の言語習得や知識が求められます。

プログラミングができると有利

インターネット上で実施された男子中高生の「将来なりたい職業」の調査で、「ITエンジニア・プログラマー」が1位に選ばれたのをご存知でしょうか。

多くの中高生がスマホを使いこなしている時代です。身近なサービスを作れる職業に憧れるのは、自然なことと言えるでしょう。

また、プログラミングは簡単に始められるうえ、スキルを習得できれば高い給料がもらえる仕事です。

しかもMicrosoftやFacebookの創業者など、プログラミングによって成功した例もあります。そこまでいかなくてもプログラミングができれば、20才台で1000万円の年収も夢ではありません。

IT化が全ての分野で進んでいるので、今後ITエンジニアがさらに必要になりますし、プログラミングができると就活にも有利になるでしょう。

プログラミングは簡単ではない

プログラミングは簡単ではない

先に断っておきますが、プログラミングは誰でも簡単に習得できるようなスキルではありません。多くの方が学習を始めたものの、途中で挫折しています。次から、プログラミングの学習を挫折してしまう代表的な原因について解説します。

プログラミング環境が作れず挫折

プログラミングの学習の始め方を紹介する記事は、多くの人がインターネットで公開しており、検索サイトで探せばかなりの数が見つかります。また、初心者向けに書かれた入門書もたくさんあるので、プログラミングの学習が簡単に始められると思われるでしょう。

しかし、プログラムを書いたり、それを実行する環境を作るのは、かなり難しいことです。よく、インターネットに接続したパソコンがあれば、簡単に始められる、と書いてある記事を見かけます、それをむやみに信じてはいけません。そういった記事を書いている方は、プログラミング環境にも興味を持っており、よく知っているからそう書けるのです。

実はプログラミングの勉強を始める前に、実行する環境設定ができずに挫折する方がたくさんいます。特に一人で始めようと考えている方は、準備に手間をがかかることを理解し、後で紹介する手間がかからないやり方で始めましょう

エラーばかりで挫折

プログラミング言語の中には、パソコンがあれば特にアプリを準備しなくても学習が始められる言語もあります。さらに、そういった言語は初心者向けと紹介しているサイトもありますが、簡単に始められるとしても、挫折しない保証はありません。特に、プログラミングする環境を作らずに始めてしまうと挫折しやすくなるので注意が必要です。

プログラミングの学習で挫折する原因の一つが、テキストどおりにプログラムのコードを書いたのに、エラーが発生して動作しない状態が続くことです。特に何も準備しないで始めると、エラーに悩まされて学習どころではありません。

プロのプログラマーは、コードの間違いを自動でチェックしたり、入力を支援してくれるアプリを使うことで簡単にコードを書いています。そして、そういったツールを使わない場合は、プロでも入力に苦労するのが普通です。そのような環境で始めてしまうと、初心者がつまずくのは当然です。

急に難しくなって挫折

プログラミング環境を設定でき、文法を中心に学習できて、ある程度プログラムを書けるようになったとしても、世の中にあるサービスやアプリは作れません。そういったサービスやアプリを真似て作ろうとすると、急に難しく感じます。これは、ほとんどのサービスやアプリが、外部の機能を活用しているためで、そういった機能はプログラミング言語を勉強しただけでは理解できません。

一般的にサービスやアプリを開発するためにはプログラミングのスキルの他に、ITに関する広い知識が求められます。そのため、そういったことにも興味を持って調べることも大事です。さらに、何でも一人でやろうとせずに、自分が作ろうとしているアプリやサービスに詳しいメンターの助言を受けながら作ることをおすすめします。

挫折なく学習を続ける方法

プログラミングを始めるコツは?

プログラミングの勉強を始めるのは簡単ですが、仕事ができるくらいのスキルを習得するには、かなりの期間がかかります。そのため、挫折せずにやり切るためには、モチベーションを維持する工夫も必要です。次から、挫折しないで済む、プログラミング学習の続け方についてご紹介します。

目標を明確に

目標なしに辛い勉強を長い間続けることは、誰にとっても難しいことで長続きしません。これは、プログラミングの学習にもあてはまります。

そのため、挫折しないでプログラミングのスキルを習得するためには、こんなアプリやサービスを作ってみたいといった目標を持ちましょう。なお、プログラミングを学ぶのと同時に、目標とするアプリやサービスで使われているIT技術にも関心を持って調べてみましょう。

頼れる存在がポイント

先程、プログラミングで理解できないことがあったら、詳しい人に質問するのが良いとご紹介しました。しかし、質問したいと時に聞けないと、それがストレスになり、挫折の原因にもなります。

プログラミングの学習を継続するためには、解らないことがあったら、すぐに聞ける環境が必要です。また、そういった人に、プログラミング用のアプリの設定や、アプリの使い方も教わりましょう。さらに、作りたいアプリやサービスで使われるIT技術についても教えてくれるかもしれません。ぜひ、そのような頼れる存在を作って、いろいろなことを教えてもらいながら、プログラミングのスキルを習得しましょう。

仲間を作ろう

プログラミングの学習は一人でも始められますが、一人で始めた方の多くが途中で挫折しています。一人だけで辛いこともあるプログラミングの学習を続けるのは難しいことです。しかし、いっしょに学ぶ仲間がいれば、協力したり競争したりしながらお互いに刺激し合うことで、最後まで学習を続けらます。

また、エンジニアのコミュニティーに参加して、仲間を作るのもおすすめです。初心者でも参加できるコミュニティーがたくさんあるので、遠慮することはありません。そして、そういったコミュニティーでは、解らない点を教えてもらえたり、最新のIT技術の話が聞けたりします。プログラミングスキル習得に対するモチベーションにもなるので有効です。

検索スキルをあげよう

インターネット上には、プログラミングに関する記事がたくさんアップされています。そして、そういった記事にあるサンプルプログラムを活用すれば、簡単にプログラムが書けてしまいます。プログラミングに慣れてきたら、ぜひ、そういったサンプルプログラムを利用しましょう。多くのエンジニアが参加しているQiitaなどがおすすめです。

しかし、簡単なキーワードで検索して目的のサンプルプログラムが見つかるとは限りません。また、間違ったプログラムを掲載しているページもたくさんあるので、それを見極めるための知識も必要です。

そのためには、自分が使いたいコードを探すための検索スキルをアップさせましょう。そして、まずは自分で調べる習慣を付けることです。さらに、解らないことがあったら自分で調べてみて、それでも解らない場合は詳しい人に聞くようにしましょう。

簡単にプログラミングを習得するコツは?

プログラミング学習を挫折なく続けるには?

先ほどプログラミングは簡単ではないというお話をしました。プログラミングを独学で勉強するのは確かに大変ですが、決して無理なことではありません。

ただ、簡単に習得するコツがもしもあるなら、それを実践してより早くスキルを向上させたいところですよね。

プログラミングを学ぶためには、4つのコツがあります。

4つのコツをうまく使うことで、むやみに自分で勉強するより簡単にプログラミングを習得できるので参考にしてみてください

コードの真似をすること

まず、プログラミングを習得するコツで一番簡単なのは、既存のコードの真似をすることです。

ただ真似して書いているだけで果たして効果があるのか?と不安になる方もいるかもしれませんが、これは基礎的な力をつけるためにはとても大事なことです。

コピー&ペーストでも良いだろうと考える方もいますが、それでは何の意味もないので注意です。実際に自分で書くと、そのコードがどのように構成されているのかなどを理解しやすいうえ、どこの部分で一番間違いがあるのかなどを追求することができるのです。

「模写コーディング」とも呼ばれています。何気なく見ているサイトもコードを出すことができるので、ぜひ一度書き写してみましょう。

【初心者エンジニア向け】模写コーディングでスキル爆上げ!手順からおすすめの模写すべきサイトまで

実践して動かせるところまでやる

プログラミングを簡単に覚えるコツは、何といっても実践。

とはいっても実践するスキルがない場合は、とにかく動かせるところまでやってみるということがとても大事です。

実践してシステムが動くところまでたどり着く、ということが重要です。

ただこれは、そこまでの知識が自分にある方だったり、プログラミングの練習用ソフトなどが手元にある場合の話ですね。プログラミングは頭で考えるよりも手で動かすことが大事なので、ぜひできるだけ手元で操作して覚えるようにしましょう。

復習を繰り返すこと

プログラミングを学ぶことは、想像以上に厳しいことです。言語を習得しコードを書いていく作業は未経験や独学ではなかなか難しいとされ、いくら完璧に知識を習得したと思っても実際にやってみるとなかなか思うように手が動かない、ということもあるでしょう。

そんな時には復習を何度も繰り返すことが重要です。

失敗をしながら復習をすることで、自分の中でパターンができていきます。ただわからないからといって、最初に確認をしながら復習をするというよりも、「まずは書く」そして「失敗をして復習をする」という無理やり感こそが、簡単に上達するコツといえます。

エラーが出たら人に聞く

プログラミングの学習時に必ずぶつかるのが、エラー問題。

このエラー問題でありがちなのが、「ひたすら自分で考える」ということではないでしょうか。もちろんエラーの状態を考えた段階で修復できるのであれば、問題ありません。

しかし、大概はなぜエラーが出たのかと考え込んでしまい、時間だけが過ぎてしまうというケースが多いのです。もしも学習中にエラーが出てしまったら、わかる人に聞くのも大事

自分よりも知識がある方や、現役のプログラマーの方に質問を聞いて解決するのであれば、労力も時間も無駄にしないのでおすすめです。

周囲に質問ができるほどの方がいない場合は、メンターがいるスクールの検討もしてみましょう。

プログラミング学習を始めよう

プログラミングを楽しもう

プログラミングの環境準備

プログラミングを始めるにあたり、やはり環境の準備を始めることが必要です。
パソコンを用意することはもちろんですが、できればプログラミングに相応しい環境を整えなければいけません!

プログラミングの環境①パソコン

パソコンに関してはMacかWindowsかというところが、求められます。プログラミング専用のパソコンは存在しないのですが、何をしたいかで向いているパソコンは変わります。ただ、最近は両方に開発ツールがあるので、実際にはどちらを使っても問題ないでしょう。

MacかWindowsかどちらでもプログラミングはできますが、コードラン編集部では「Macの方がいい」という結論に至っています。以下の記事を参考にしてみてください。

 

【2020年最新版!】プログラミング初心者におすすめのパソコンはコレだ!おすすめの学習方法もご紹介

プログラミングの環境②エディタ

プログラミングを始める際に必要になるのが、エディタです。

エディタはプログラミングのコードを書く時のメモ帳のようなものですが、もともと入っているものよりも高度なエディタが必要になります。ATOM・秀丸いったエディタがあり、無料で使えるものも多いので自分の能力に相応しいエディタを使うことが求められるのです。

それ以外にも、以下のものが環境として必要になるので、覚えておきましょう。

動作環境…ApacheやIIS、nginX、pumaなどの、Webサーバーが必要

コンパイラ…コンピューターを動かすために書いている指示はコードと呼びますが、そのコードはコンピューターには理解できず、理解できる言語に変換しなくてはいけません。これをコンパイラと呼びます。統合開発環境…コーディングから実行までできるようにするために必要な環境のことを呼びます。Visual Studio、IntelliJ、RubyMine、Eclipse、PHPStormなど、有料のものもありますが、必要としているプログラミング言語に対応しているものを指します。

【初心者エンジニア必見】テキストエディタはこの13個の中から決めよう!

 

プログラミング初心者にオススメの言語はこの3つだ!

プログラミングを学習するのに必要不可欠になってくるのが、プログラミング言語になってきますが、初心者はどのようなプログラミング言語を学ぶのがいいのか迷ってしまいます。

当然プログラミング学習の目標によって、学ぶべき言語が変わってきますが、過去から人気もありプログラミング言語の中でも特に代表的な言語は、押さえておくことでどのような目標であったとしても、基本的な文法として使うこともできます。

そこでここでは、プログラミング初心者におすすめのプログラミング言語を紹介していきます。

初心者や文系の方へまずおススメしたいのは、Java,PHP,Rubyの3つです。

オススメな理由

では、なぜJava,PHP,Rubyの3つがオススメなのか、理由は2つあります。

初心者でもわかりやすい

→プログラミングというと、いわゆる理系の高度な数学的知識・思考が求められるというイメージが強くあります。確かにそのような言語もあるのは事実です。

しかし、Java,PHP,Rubyの3つは比較的初心者でも簡単に始められる言語と言われています。

書いた言語の反映の仕方がイメージしやすい

→とっつきやすい理由として、自分で書いた言語がどのように反映されるか、少しさきの未来がイメージしやすい点が挙げられます。

言語を書くことを「コーディング」と言いますが、それがどんな意味があって、どう反映されるかわからないと不安になりますよね。

実際にコードを書いて、すぐにどのようにサイト上に反映されるのか確認できるので、そういったことが上記の言語には比較的少ないのです。

3つの言語を紹介

では、それぞれの言語について紹介していきます

初学者にオススメのJava

まずこれからプログラミング学習を始める人におすすめのプログラミング言語ですが、それはjavaです。

javaというプログラミング言語は、オブジェクト指向言語と呼ばれる言語で、プログラム管理を細くすることができ、複数人で開発するときなどに便利なので、企業などで多く使われているプログラミング言語になっています。

また、世界的にも多く使われているので、日本の企業だけでなく世界的に活躍したいと考えている人におすすめ。

そして、javaの特徴の一つとしてOSに依存しないという特徴があり、この特徴によって作成したソフトが動く環境を気にしなくても良いというメリットがあります。

作成する際もjava仮想マシンと呼ばれるjavaを使うための擬似的に作り出されたマシンを使うことになるので、作成するパソコンをWindows・Macにこだわることなく、java仮想マシンを使うことで作成することが可能。

また、プログラミング言語の中でもRubyやPHP, Pythonといった人気のプログラミング言語よりも処理速度が速くなっています。

ただし、javaを使うためにはjava仮想マシンを使う必要性があるので、java仮想マシンがインストールされていないパソコンでは、javaを起動させることができません。

また、事前準備や開発環境を整えておく必要があるため、Webアプリケーションを起動する時間がかかってしまうため、プログラミング以外の作業が面倒だというデメリットもあります。

デメリットもありますが、大久保企業で扱われているプログラミング言語になっており、就職などの役にもたつということから、人気のプログラミング言語の中でも特に人気の高いプログラミング言語になっています。

これが使えれば一通り作れるPHP

次におすすめするプログラミング言語は、Webプログラミング言語の中でも特に人気の高いPHPとなります。

PHPというプログラミング言語は、特にWebアプリケーションや、Webサービスを作成するのに適しているプログラミング言語で、日本でもPHPを扱える人が10万人以上いるとも言われている人気のプログラミング言語です。

PHPの特徴として、構文がシンプルになっているので、プログラミング初心者であっても基本部分を理解してさえいれば比較的簡単に作成しやすくなっています。

人気の高いプログラミング言語ということで、不明点などわからない部分が出てきても質問サイトや情報サイトが多くあるので、挫折しにくいプログラミング言語です。

そして、PHPを使えることができるようになることで、企業からの求人にヒットすることが多くなり、就職にも有利になってきます。

先ほど紹介したjavaが求人全体の3割を占めているのに対して、PHPが全体の2割を占めています。

ですので、簡単に考えるだけでもjavaとPHPを使えるようになるだけで、エンジニアを募集している企業の半分相当には、応募することが可能。

一方で、PHPはスクリプト言語という特徴があることによって、処理速度が遅いというデメリットもあります。
他にも簡単に作れるというメリットがある反面セキュリティ面ではどうしても甘い部分ができてしまいます。

ですので、PHPを学習してWebサイトなどを作成する際には、セキュリティ面の学習も必要です。

比較的簡単に学習することができ、就職の需要も高いなど人気のプログラミング言語であるPHPは、Webアプリケーションやブログなどを作成したいと考ている方特におすすめです。

いま流行りの言語ならRuby

最後におすすめしたいプログラミング言語は、今流行っているプログラミング言語であるRubyです。

Rubyは、最初に紹介したjavaと同じくオブジェクト指向スクリプト言語

javaと同じオブジェクト指向言語ということで、複数人で開発するときに便利なプログラミング言語ですので、Web開発系の企業で多く使われています。

また、書くコード量も少なく読みやすいため初心者からも人気の高いプログラミング言語です。

Rubyでは、Ruby on RailsというWebアプリケーションフレームワークを使うことができ、このRuby on Railsを使うことで効率的にWebサイト開発を行おことができるようになります。

ですので、Rubyを学習する際にはRuby on Railsを学習することが必須

また、Rubyは直感的に開発をしていくことができるためストレスを感じることなく開発することができ、Rubyの開発者が日本人のまつもとゆきひろさんであるということからも、日本の企業で多く扱われる要因となっています。

そんな人気のあるRubyですが、メリットだけでなくデメリットも当然あります。デメリットは実行速度が遅い点と個人差が出てしまう点。

実行速度は言語別で見てみても最も遅い言語と言う人もいるほどです。

また、Rubyは記述の仕方も自由で、色々なコードの書き方ができるという特徴があり、この特徴を考えると自由な文個人によって様々な記述方法ができてしまうので、他者が書いたコードを理解できない可能性があります。

ただし、これらのデメリットよりも初心者にとっては、学習しやすさというメリットが大きいため、プログラミング初心者が学習するには、おすすめです。

即戦力になるためにおすすめのプログラミング言語を紹介します!

全くの初心者におすすめしたいプログラミングの本3選

プログラミングに興味があるものの、全くの初心者であっても知識を身に付けることはできるのでしょうか?

正直、全くの初心者がいきなり本を読んでプログラミングを習得するのは難しいと言えます。

なぜなら、専門的な言葉も多く、教材を読んで理解するためにはある程度のプログラミングに対する理解がなければないといけないからです。

また、基本的には文字と写真など図解での解説となっていますので、実際にどのように動いているのかを理解するのが難試飲ですよね、、。

ですので、プログラミング学習のメインは、オンラインサイトやプログラミングスクールなど別の方法で学習し、息抜きという位置付けで空いた時間に本を読むことをおすすめします!

 

エンジニアにはプログラミング初心者に本はいらないと思う理由と本の活用法

「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」

Web制作に必要な知識がすべて身につくといっても過言ではない、知識量が多い書籍です。

著者は2年間、日本でグラフィックデザイナーとして働いた経験があり、その後カナダでWeb製作学校を卒業している知識の持ち主。

業界でも人気のある「Webクリエイターボックス」というブログが、著者のManaが書いているもので非常に多くのファンを持っていることで知られています。

HTMLとCSSの基本、レスポンシブ、Flexbox、CSSグリッドなど、Web製作に必要なあらゆるものを習得できる1冊で、フルスクリーンのWebサイト、2カラムのWebサイト、6カラムのWebサイトの作り方の基本などが書かれています。

しかもコードの知識にプラスして、Webデザインも学べるのでWebサイトを作ってみたくて勉強したい、最新技術を学びたいという方にも最適!

「プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門(1) セットアップ・文字列・数値編」

こちらの書籍は、プログラミング言語の1つであるPythonを初心者が学ぶ基礎を書き記してあります。

Pythonは、現在教育用のプログラミング言語として話題になっており、他の言語と比べて文法がわかりやすいことでも人気があります。

実際に組み込みアプリ開発やWebサイト構築などでは、Pythonが使われていることが多く、こちらの書籍でも簡単な使い方を初心者でもわかりやすく解説しているのがポイントです。

3部作ある内の1作目がこちらであり、学習に欠かせない基本的な概念を始め、Pythonの導入、文字列と数字のごく初歩の操作などをしっかり解説しています。

実際に書籍を読むだけでプログラミングを理解することに抵抗があったり、すでに挫折を経験している方にもおすすめで、いつもと違う手ごたえを感じる方が多いでしょう。

まずはPython学習の切り口として、こちらの書籍を選ぶのをおすすめします。

「ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

こちらの書籍もまた、優しい言葉を使い、初心者に理解できるような文章体が魅力です

ディープラーニングとは何なのかという基本的なことから、どういう原理で動くのか、またどんな特徴があるのかなどをしっかりと基礎から学習できる1冊。

Python3によってゼロからディープラーニングを作ることをテーマとし、外部のライブラリに頼らない方法を学べ、実践的なテクニックはもちろん、自動運転や画像生成などを説明しながら学ぶべき理由を説いています。

本書のテーマ通り「ゼロから作る」を見事に完成させており、ステップアップ方式で説明書になっているので、初心者でもわかりやすくなっています!

 

プログラミングは動画で学ぶべし

プログラミングを初心者が独学で学ぶ方法には、いくつか種類があります。

その中の1つに「動画学習」があげられます。動画学習は無料・有料のものがあるので、自分で検討する必要があります。

ただ、全くの初心者である場合は、どの動画学習サイトを使って良いかわからないはず。

そこでこちらでは、プログラミングを学習するうえで必要な動画サイトや効率的な勉強方法をご紹介していきましょう。

世界最大級のサイトUdemy

Udemyはプログラミングだけではなく、英語などの総合的な学習ができるサイトです。

世界的に有名なので、多くの登録者数を誇っているのも魅力的。

授業を購入して視聴するタイプなのですが、良くセールを行っているので、気になる勉強法をお得に購入できるのも嬉しいところですね。

条件次第では30日間返金保証制度があるので、安心して購入できます。

初心者におすすめのドットインストール

 ドットインストール

5,000本以上の動画があり、自分の学びたい言語に出会える可能性が極めて高い動画学習サイトドットインストール。

ホームページの製作などを学びたい方にもぴったりで、しかも説明がわかりやすく丁寧だといわれています。

しかも、1つの動画が3分という短さなのも魅力で、仕事が忙しくて普段はそこまで時間を取れないという方にもぴったり!

ただ、全ての動画を視聴するには月額980円の会員にならないと難しいのがネックですが、しっかり学べるという点ではコスパが良いといえます。

ドットインストールを使用して学習をするなら、視聴しながら実際にパソコンでコードを書いてみるのがおすすめです。

一時停止をしながら進めていっても、3分しかないので少しだけ時間を取れれば問題なく進みます。

説明の通りに機能しない場合は、復習を兼ねて戻るのがおすすめです。

生放送学習サービスSchoo

Schoo

無料でプログラミングの学習動画を配信しているサイトで、しかも生放送配信なのでリアルに学べるのが魅力

しかも疑問点があったら、生放送中に質問をし、その場で解決できるのもとても嬉しいサービスです。

ただし、一度見逃した放送をもう一度見たいという録画放送は有料サービスなので、時間的に配信を視聴するのが難しい場合は有料になってしまいますね。

実践環境が整っているpaizaラーニング

Paizaラーニング

ITやWebエンジニアに特化した勉強ができるサイトで、環境がすでに整っている為すぐに思った勉強が始められるのが魅力。動画は3分なので飽きずにしっかり頭に入れられるのも嬉しいところですし、忙しい方も勉強できるサイトになります。

しかもわからないところは、エンジニアに質問ができるので、すぐに理解できるのも良いですね。

学び方は動画を視聴することがまず第一ですが、その後は実際にコードを書くことでより実践的な実力を身に付けられるのがポイント。

複雑でわかりにくいプログラミングコードを、その都度理解していくので、根本的な理解ができるのも嬉しいところでしょう。

会員登録自体は無料ですが、1ヵ月600円で勉強できる有料プランもあり、コスパもいいので、ぜひ検討してみてください。

プログラミング初心者におすすめの練習サイト11選【無料あり!スマホ可!】

プログラミングは教室で学ぶべし

プログラミングを学びたいと考えた時、何を目標とし、どんな生活をしているかで勉強法が変わるといっても良いでしょう。

例えば、仕事に就くのが目標だとしても、現実的に残業が多い勤務体制の会社にいるなどすると、平日はほとんど勉強することはできないですよね。

もし家族がいたりすると、土日も全てを勉強に費やせないという方もいることでしょうそのような方はどうしてもオンラインでの勉強が中心となり、独学との組み合わせになりがちです。

もちろん、そういった勉強法でも転職をしている方や、エンジニアとして仕事に就いている方もいますが、初心者の場合は、特にスクールでの勉強がおすすめです。

スクールには講師はもちろん、メンターと呼ばれるアドバイザーがいたり、また、就職サポートなどもあるからです

最近は本当にサポートが充実していて、しっかりと提案通りに勉強をしたのに転職ができなった場合は、「返金します」というスクールもあるほど。

ただ、スクールによっては、オンライン・オフライン講座を設けているところもあり、通うには不便な場所にスクールがあるなどの場合は、オンラインで勉強している方もいます。

プログラミングスクールにいる間は勉強をしますし、わからない箇所を聞く人もいます。

これだと自宅に帰ってから無駄な時間を取られずに、自分の勉強を進められるのでとても効率的であるといえるでしょう。コストは高いですが、やはりスクールに通うのにはメリットがかなりあるのです。

スクールに通うメリットは時間短縮

独学で勉強をすると自分の客観的な評価もわかりませんし、何よりわからないところをずっと考え込むので効率の悪さがあげられます。

独学で壁にぶち当たった時に挫折しやすく、モチベーションをキープするのも一苦労。そんな時にもスクールの存在は、最後までプログラミングを勉強しようという意思をしっかり持たせてくれますし、なんといってもメンターや講師がいるので、分からないことがあればすぐに解決できます。時間ない人ほど、スクーるに通うべきといえるでしょう。

スクールで学べる言語の種類が多いのがメリット

スクールでは、学べる言語の種類が多いのがメリットの1つです。

特に、全くの初心者の場合は言語そのものが何だかわかっていないので、しっかり基礎から学ぶ必要があります。

プログラミング言語の種類はとても多く、何をしたいかで選ぶのが良いでしょう。

・Web製作…「HTML/CSS」「JavaScript」
・AI開発…「Python」
・アプリ開発…「PHP」「Ruby」「Swift」「HTML/CSS」「JAVA」

など。したいことにより習うべきおすすめの言語は違います。

また、大体スクールに通う期間は3か月~半年(短いと1ヵ月)とされているので、自分の学ぶべき言語を決めたらスクールで受講する内容を検討しましょう。

しかし、もちろん期間が短いほど勉強しなくてはいけない内容を詰め込まないといけないので、短期間が良いわけではありません。

スクールだと就職支援もしっかりしているのがメリット

スクールである程度の知識を身につけたら、その後はプログラマーとして仕事に就きたいという方もいますよね。転職をしてプログラマーとして雇われるのは、実は未経験者でも難しいことではありません。

しかも、スクールに通うとその後の進路として、スクール自体が斡旋してくれるところも多いので、まずは一通り勉強をするのが良いでしょう。卒業後はプログラマーとして企業に就職する、または派遣やフリーランスとして契約を取るなどの方法があります

おすすめのプログラミングスクールを紹介

プログラミングスクールはオンライン、オフライン、混合といろいろな種類があります。

もちろん通いやすいところを探すのが良いですが、そのスクールの特徴や料金なども踏まえてトータルで考えるのがベストです。

無料で通えるGEEK JOB

こちらのプログラミングスクールは就職サポート付きのスクールなので、最初に未経験者が入会するにはおすすめです。

実はこのスクールは、プログラミングの学習費、エンジニアとしての就職サポート費も全て無料というから驚き。しかし、関東在住の30歳未満であることが条件です。

その理由は、GEEK JOB経由での就職をすると、就職先から報酬がもらえるという仕組みがあるからです。

つまり本気でGEEK JOBで勉強をしてもらい、その成果を就職に大いに活かしてもらうのがGEEK JOB側にとってもメリットが大きいのです。無料だから手を抜いているわけではなく、一人一人をきちんと育てると見合った報酬がもらえるという理由からなのです。

また、こちらのスクールが指示されている理由は、最短1ヵ月という速さで転職が可能であるということ。もちろん個人差があるのですが、やる気と努力で通常は2,3か月かかるところを1ヵ月で仕上げてしまう、というからすごいですね。

しかも趣味として楽しめる、というレベルではなく、就職できるだけの知識を得られるのも魅力的です。いちはやく勉強してエンジニアとして仕事を経験したいという方は、無料のGEEK JOBに通うのが良いでしょう。

 

テックアカデミー

就職をする前に、基本的なスキルを学びたい、趣味でプログラミングを覚えたいという方に最適なのがこちらのスクールです。こちらは就職サポートがないタイプの講座なので、自分で好きな言語の習得ができるのが魅力

スクールにはメンターと呼ばれる人がおり、受講生の悩みや質問を解決してくれるのですが、TechAcademyのメンターは全員が現役のプログラマーなどが担当しています。

そのため、現場で起こった出来事などを想定して質問に答えてくれたり、これは必要だということに的を絞って紹介をしてくれることも。

プログラミングは独学で学ぶことも可能ですが、それだと限界も来てしまうのです。

また、いくら知識を頭に詰め込んだとしても、それだけでは対応できないこともあります。現場で起こるエラーやバグは、実際に体験をして修正していくものです。

そのためにも、できるだけ現場経験のある方や、プロの生の声を聴く必要があるわけですね。

また趣味を兼ねて勉強した結果、仕事にしたくなってしまった……という方もいるでしょう。

そんな時には、テックアカデミーキャリアの就職サポートへ無料で移行できるのも嬉しいところです。

プログラミングを学ぶには英語は必須?

プログラミングを勉強する時に、英語が必要なのではないかと不安になっている方もいるはずです。

プログラミングのコードを一度でも見たことがある方は、その気持ちがわかるかと思います。英語がズラッとパソコンのモニターに映し出されてますよね。結論からいうと、プログラミングを勉強するうえで、英語は必要です

プログラミングのコードはローマ字を並べて作るため、ローマ字ですら苦手…….という方には難しいと感じることでしょう。

ただ、ネイティブスピーカーのような英語力が必要かというと、そうではありません。

プログラミングに実際必要な英語とは

それでは実際にプログラミングを学ぶうえで、必要な英語力を考えていきましょう。

簡単にいうと、中学・高校レベルの英語力があれば問題ありません。英単語を読めてその意味が瞬時にわかる程度の英語力ということです。

ただ、難関大学受験並みの英語が必要ではなく、あくまで基本文法や文章読解ができれば良いのです。もしも自分の英語力が不安だという方は、実際にプログラミングのコードを読解したり模写コーディングすることで、英語と技術を一緒に覚えていくのもおすすめ。

想像もできないような難しい英語ではないので安心してください。

コンピューターが次に何をすべきかという指示を英語で出すため、その指示理解のための英語力があればOKです!

プログラミング英語の一例

プログラミングで必要となる英語、といっても初心者の方にはわかりませんよね。実際にコードで使っていく英語とはどんなものなのかを、まとめていきます。

 

<!DOCTYPE html>

 <html lang=”ja”>

   <head>

   <meta charset=”utf8″>

       <title>HTML</title>

   </head>

   <body>

   <footer>

  </footer>

    </body>

 </html>

こちらが実際の一例になります。<head>・<title>・<body>・<footer>などが書かれているのがわかりますよね。

これらの単語はよく見る単語なので、これくらいであれば訳すことができるでしょう。

主にタグと呼ばれる<>の中にローマ字を入れ、コンピューターに指示を出します。

<title>であれば、このタグの中にページのタイトルを入れることもわかりますね。しかし、この単語の意味が分からないと、この時点で困惑してしまうのです。

プログラミングの英語はコード以外でも必要!

プログラミングの英語は主にコード作成の時に必要になりますが、その他にもプログラミング関係の情報を取得する際にも必要になります。プログラミングの情報はアメリカなどでも作成されているため、英語で資料を読むことも稀にあります。そんな時にも英語は必要になるわけです。

英語を読んで資料読解ができないと、日本語で製作された資料のみしか読めません。
そうなると、少なからず情報の偏りが出てしまいます。そうならないように、ある程度の英語を翻訳できるくらいの英語力を身につけましょう。

まとめ

「プログラミングとは」ということから、プログラミングをより簡単に習得するコツ、おすすめのサイト、プログラミング スクールを紹介しましたがいかがでしたか?

プログラミングを習得するのは大変なことですが、あるレベルまでいくと簡単だと感じる瞬間がきますし、何よりプログラミングをすることは楽しいことです。

楽しいと感じる前に挫折しないためにも、今回紹介したプログラミングをより簡単に習得するコツを意識しながら、本・サイト・プログラミングスクールに通うなどして効率的にプログラミングを学習してください!

WRITER

1994年生まれ。愛媛県出身。インドの留学MISAOのIT留学一期生。 現在フリーランスのWeb広告運用者・Webエディター・Webライターとして活動中。

オススメの
プログラミングスクール

RUNTEQ

Ruby

ウェブカツ

Webアプリ

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

TechAcademy(テックアカデミー)

AI・人工知能

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

CSS

侍エンジニア塾

HTML/CSS/jQuery

tech boost

HTML/CSS/jQuery

.Pro(ドットプロ)

Python

おすすめの
プログラミングスクール記事一覧

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ