プログラミングを学べばこんな仕事ができるようになる

はてブ

プログラミングを学ぶとどんなところで働くことができるのでしょうか?

 

学習中にはあまり意識されないかもしれませんが、学んだ言語によってその仕事は大きく分かれてきます。

 

勉強が楽しくて気付いたらこの仕事をしていたという人も中にはいますが、自分が最終的にはどんな仕事をしたいか考えておくことも重要な要素です。

 

ここからはプログラミングができればどんな仕事が存在し、それを実現するにはどんな言語を学んだらよいか見ていきましょう。

 

Web制作会社

はず初めに紹介するのはWeb系の制作会社です。

 

これはWebサイトを開発する仕事です。

 

Web系のエンジニアの仕事は主にユーザーが実際に触れるフロントエンド、サーバーなどを管理するバックエンド、システム開発全般を担うフルスタックの3つに別れます。

 

それぞれに専門的名言語や知識が必要となります。

 

必要なプログラミング言語

フロントエンド、バックエンド、フルスタックと3つの仕事にわかれるweb系の仕事ですが、それぞれ使用する言語に特徴があります。

 

フロントエンドで必要とされるのはHTML、CSS 、JavaScript、PHP、Rubyなどの言語です。

 

バックエンドではJava、C++、 Perl、 PHP、 Pythonなどが挙げられます。

 

最後に総合的な仕事となるフルスタックは,総合的に上記全ての知識が必要となります。

 

システム開発会社

次に紹介するのはシステム開発会社です。

 

システム開発会社を知る前に、SEについて簡単に理解する必要があります。

 

近頃、SEという言葉を良く耳にするかと思います。でも違いが何かといわれると意外と知られていないのではないでしょうか。

 

何かプロダクトやサービスを開発しようとした場合、ざっくり企画・設計・製作・テストという工程を経て完成にいたります。

 

SEとは、上記の企画・設計の部分を主に担当します。システム自体を設計するのでシステムエンジニアといいます。

 

一方、エンジニアはその企画・設計の内容に応じて、プログラミング言語を用いて製作・テストを行います。

 

システム開発会社のエンジニアはSEと混同されやすいのですが、あくまでシステムのエンジニアです。

 

エンジニアの種類としては、

・顧客のデータを管理する汎用系システムエンジニア
・電子機器や家電などの機械を制御する組み込み系システムエンジニア
・テレビ会議や通信機器の送受信に関するプログラミングを行う通信系システムエンジニア

 

などがあります。

 

必要なプログラミング言語

各分野にもよりますが、主に使用される言語は以下となります。

 

C、C++、C#、Java、MySQL、PHP、Python、Ruby

 

ゲーム開発会社

プログラミングを勉強したからには、自作のゲームを作ってみたいと考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 

ゲーム開発会社に入ったとすると、企画をもとにプログラミングを行い、ストーリーをスムーズに進行させたり、キャラクターの動きを細かに設定したりというプログラミングを行います。

 

それらと共に、デザイナーや音楽担当者とゲームに演出をつけていくことになります。

 

ゲーム制作にはより論理的思考が必要となります。

 

RPGゲームで「一定のイベントをクリアすると、次のイベントが発生するようになる、あるいはならない」と言うとイメージしやすいでしょうか。

 

必要なプログラミング言語

ゲームの種類や会社の方針にもよりますが、ゲーム開発にはC++、C#などの言語が用いられます。

 

web系、システム系と比較すると、より論理的で数学的な言語の習得が必要となります。

 

フリーランス

プログラミングができればはパソコン1台でいつでもどこでも仕事が可能です。
それ故に、エンジニア=フリーランスというイメージをもたれている方も多くいるのではないでしょうか。

実際アメリカでは3人に1人がフリーランス的な働き方をしていると言われていますし、日本でもその数は上昇傾向にあります。

 

その代表例がエンジニアと言えます。

 

実際にフリーランスとして活躍している人には、ゲーム系やweb系のエンジニアが多くいます。独立して仕事をしやすく、遠隔でも仕事を行うことが可能だからです。

 

ある程度経験を積んだ後、時間の融通も利き、高収入となるフリーランスへの道も検討してみてはいかがでしょうか。

 

<h2>まとめ</h2>
いかがでしたか。一言にプログラミングと言っても、実際の仕事は細かく枝分かれしています。

 

好きな言語を勉強しながらどの道に進むのの手ですが、ゴールから逆算して考えてみるのも有効だと思います。

自分のなりたいエンジニア、自分の作りたいプロダクトが何なのか、一度立ち止まって考えてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事