エンジニア未経験でもインターンとして働くことができるのか

はてブ

就活中の大学生の皆さんは、インターンという言葉を聞いたことはありますか?
もしかしたらこの質問自体が愚問かもしれませんが、私はお恥ずかしながら大学生の頃、インターンとは、何をやるのかすら知りませんでした。周りにもインターンをしている人たちはいませんでした。
しかし、当時はもしかしたら、そんなにインターンが一般的でなかったようにも感じています。
ここ数年で、IT関連のスタートアップやベンチャー企業が増えてきたこともあって、以前よりは、大学生がインターンをするという事へのハードルが下がっているように思います。
就活に入る前から、就職に向けて自分のスキルアップのために、インターン先を探している大学生は多くなりました。

この記事では、エンジニア未経験の大学生が、エンジニアという職種でインターンとして働くことについて書いていきたいと思います。
技術職ということもあって、「俺、勉強はしたけど、エンジニアの経験ないし、インターンは無理かな。」などと負い目を感じて、行動に移せていない大学生に、ぜひ一読していただけたらと思います。
それでは行ってみましょう!

学生のインターンシップとは?

学生がインターンをしようと思う理由としては、「自分のスキルアップ」や「経験を積みたい」、「就活で、学生時代に成し遂げたことの一つとしてPRしたい」などが挙げられるかと思います。
これは素晴らしいことです。では反対に、募集をしている企業は何が目的で、どんな人物像を求めているのか、イメージできますか?

企業が求める人物像は?

インターン生とはいえ、会社の成長にコミットしてくれる人ではないでしょうか。社員達よりも人件費がかからないとはいえ、決して安くはないお給料を払っているわけなので、最低限の貢献は求められます。
それが大前提の上で、入社直後は何もできなくても、「自分の時間を割いてでも、この人に投資する気で教えれば、ゆくゆくは成果を出してくれそう」と思える人には、企業も色々な経験をさせてくれると思います。

前述したように、学生側の思いと、インターンを募集している企業の思いには、若干の差異が生じます。
これは、どちらの主張が悪いかを言いたいのではなく、インターンをしようと思っている学生は、このような違いがあることを理解した上で、自分の目的をしっかりと持って、企業で働くことに対して、多少の覚悟は必要ということなんです。
まずは、入ったインターン先での役割を考えて、企業の成長にコミットして時間を過ごすことで、自己成長やスキルアップなどは、確実に後からついてきます。

企業の業務内容・ビジョンは自分の目的と合っているか?

これらを踏まえて、ウェブサイトなどで探す際は、自分のやりたいこと・興味があることと合致しているかをしっかりと確認しましょう。

学生の時から意識しておきたいこと

いざ、インターンの業務に入るとなった時に、どんなことを意識すればいいのか、ポイントを3点ほどお伝えします。
・自分で仕事を見つける力
・本質を理解する力
・問題を解決する力
これらは、社会人になっても求められる、仕事への姿勢と能力です。考えてることは、年齢など関係なくできることなので、ぜひ意識してやってみてください。

エンジニア未経験でもインターンはできる?

以上のようなことを考えているという前提で、本題に戻りましょう。エンジニア未経験でもインターン先はあるのか?という件に関してですが、答えは、見つかります。
一見すると、技術がないとインターンをすることが難しそうな職種であるエンジニア職で、未経験でも働けるところなんてあるのかと思ってしまいますよね。
しかし、”未経験可”となっている企業も多数あるので、募集内容を確認して応募してみましょう。

なぜ未経験でもできるのか?

色々なニュースで見ている方も多いとは思いますが、今は世界的にエンジニア不足が深刻な問題となっています。エンジニアを求める需要に対して、供給が追いついていけていないんです。
それと、技術のあるエンジニアはやはり単価が高く、それなら未経験でもエンジニアを育てて、OJTの中でスキルを身につけて、様々なプロジェクトに関わってもらった方が、企業としては様々な面でメリットが大きい場合があります。

インターン先の見つけ方

Wantedlyを使ってみよう!
https://www.wantedly.com/

Wantedlyは、オンラインでの求人サービスを展開しているとても有名な企業です。求人数も多いのに加えて、「ちょっと話だけ聞いてみたい」「興味があればランチいきしょう!」という割とカジュアルな出会いができることが特徴です。
Facebookアカウントも連携しているので、知人がその企業にいいねしていることも確認できるため、インターン先を探すこと自体が初めてで、色々不安という方は安心できそうです。

他にもオンラインサービスや紙媒体でも見つけられる。

・エンジニアインターン
・リクナビ
・マイナビ
・キャリアバイト
など、皆さんも一度は聞いたことがある企業・サービス名があるのではないでしょうか?
あと、最近では元々インターンをしていた友人の紹介してもらうことも増えているようで、実際に私の知人たちも、紹介でインターンをしている人がいたりしますので、周りの詳しい方たちに聞いてみたりしたら、よい情報が得られるかもしれません。

インターンで気をつけることとは?

さあ、ここまでの流れと同様に、インターン先が見つかったという方も、ここでよくある間違いをお伝えしたいと思います。

インターン=技術力アップではない

インターンをするから、プログラミングなどのスキルがつくわけではありません。そこにはもちろん、自分自身の努力が必要です。
スキルアップが保証されているわけではないので、未経験なら尚のこと、インターン中は色々なことをどんどん吸収していかないと、仕事が全然ないという状況に陥ることもあるので気をつけたいですね。
あくまで仕事だという覚悟を持って、メンバーの一人として会社の成長に貢献することをしっかり考えましょう。

インターンのメリット

ここまでの気をつけるべきことを少し書かせていただきましたが、こちらでは、インターンでのメリットをご紹介致します。

就職の幅が広がる

エンジニアとしてのレベルを、学生のうちから実務レベルまで引き上げられたら、人材不足が深刻なこの業界では引く手数多です。
エンジニアとなると、企業で就職もでき、フリーランスで自分のペースで仕事ができるようになったりもするので、自身のキャリアプランも広がります。

スキルアップ

現役のエンジニアを前にして働くので、学ぶことは多いでしょう。
これは前項で述べていることにも関連しますが、正しいことを正しくやれば必ず力はつきます。

エンジニアの元で現場を感じられる

エンジニアは決してプログラムだけを書いているわけではありません。サービスの設計や社内外のコミュニケーションなど全般を担っています。
その環境下で学ぶことは本当に多くなると思います。エンジニアとしてのキャリアを考えているなら、同じようなことは最低でもできるようにならなければいけないので、盗めるところは盗みましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これまでは、現状の能力を考えるとインターンはちょっと早いかもと思っていた方も、インターン先を探してみる気持ちになっていただけましたか?
エンジニア職であっても、インターンをすることは可能なので、ぜひトライしてみてはいかがでしょう!

最後に、これから大きな成長を目指したいという方は、大企業のように業務が体系的になっている可能性が高いところよりは、少数精鋭で事業をやっているスタートアップやベンチャー企業を中心に探すことをおすすめします。
理由としては、未だ完全な体制でないことが多い、これらの企業では、より自分で考えて仕事をすることが求められるからです。新たな自分の強みの発見ができるかもしれません。

関連記事