プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

プログラミングスキルを習得するのに英語力は必要なのか?

「これからはプログラミングの時代と言われてるしプログラミングをマスターしたい!」

そんな風に思って、いざプログラミングについて調べてみるとズラッと英単語が並んでいる…

学生時代から英語が得意で英語アレルギーでなければ何てことはないでしょう。

しかし全然、英語が出来なかった方にとってはこれは大問題のはずです。

これからプログラミングを勉強しようとしている人にとって「プログラミング学習に英語力が必要かどうか」はとても気になると思います。

もし英語力がとても重要だとすると英語が苦手な人がプログラミングを勉強することは非効率ですよね。

そこで今回はプログラミングをマスターするのに英語力が必要かどうか紹介していきます。

プログラミングに英語力は必要なのか?

まず結論からいうとプログラミングをマスターするのに英語力は必ずしも必要ではありません。

全然、英語が出来なくても問題なくプログラミングの知識を覚えられます。

ただ英語力があったほうが学習効率が上がることは間違いないです。

もしあなたが「プログラミングを絶対にマスターしたい」と考えているなら、たとえ英語が苦手だったしてもプログラミングを勉強していくべきでしょう。

次からは英語力が必要ない理由と英語力があった方が学習効率が良くなる理由を述べていきます。

英語が出来なくてもプログラミングをマスターできる理由

英語が出来なくてもプログラミングをマスター出来ますし、ITエンジニアとして問題なく働くことが可能です。

実際に英語が苦手だった人でも独学で学んだり、プログラミングスクールで学習することで実際にITエンジニアになったケースが多くあります。

英語が苦手でもITエンジニアになった人がたくさんいる事実は、英語が苦手だけどこれからプログラミングを頑張ろうと思う人にとって心強い話ですよね。

実際のところプログラムを書いて実行した時にエラーが出た場合、エラー文は英語で表示されます。

これをみると「やっぱり英語が出来ないとダメなのでは?」と思うかもしれません。

でも心配無用です。

エラー文が英語だったとしてもネットでググれば、エラー内容を事細かに解説してくれているサイトがたくさん見つかります。

あなたがプログラミング学習の中で引き起こしたエラーはすでに他の人が経験済みで、その解決策を優しい人が丁寧に教えてくれているのです。

その為、分かりやすいサイトからエラー内容を把握して修正すれば大体の問題は解決可能になるでしょう。

英語が苦手だとしても上手にググることが出来れば、どんどんプログラミングの学習を進めることが出来ます。

プログラミングを学習していく上では「英語力」よりも「ググる力」の方がとても重要です。

今はこのことがスッと理解できていないと思いますがプログラミング学習をしていけば、この言葉の意味がはっきりと理解できるようになるでしょう。

英語が出来た方が学習効率が上がる理由

英語力がなくてもプログラミングをマスターできるとお伝えしました。

ただプログラミング言語は基本的に英語でつくられているので、やっぱり英語が出来た方がプログラミングの学習効率は間違いなく上がります。

先ほどエラー文は英語で表示されるとお伝えしました。

この時に日本語で解説されたサイトだけでなく英語で解説されたサイトを参考に出来ると学習効率はグンとあがります。

より高度なエラーになると英語で解説されたサイトに詳しく問題の解決策が書かれている場合が多いので英語が出来る方がエラーを早く解決することが可能です。

また、プログラミングを学習する中でどうしても分からない問題が発生したとしましょう。

そんな分からない問題を質問できるサイトがたくさんあるのですが、もし英語が出来れば日本のサイトだけでなく海外のサイトにも質問が可能です。

日本語サイトで有名な質問掲示板サービスにはTeratailStackOverFlow jaがあり、世界的に有名な質問掲示板サービスではStackoverflowというサービスがあります。

日本のITエンジニアだけでなく海外のITエンジニアにも質問した方が、分からない問題が解決する可能性が上がることは理解できるのではないでしょうか。

100人に質問するよりも1万人に質問した方が有益な回答が返ってくる可能性は上がりますよね。

その他にもプログラミング学習で必ず使用することになるツールがあるのですが、そのツールのリファレンス(説明書)は基本的に英語で書かれています。

例えばですが自分のPCにプログラミングできる環境を構築するために必要なソフトウェア「Vagrant」などのリファレンス(説明書)は英語です。

翻訳サイトで翻訳すれば問題ないですが、学習スピードを考えると英語が出来て翻訳無しで読み進められる方が確実に効率は高い。

英語ができると上記のようなメリットが発生するので、英語力があった方がプログラミング学習で有利なことは間違いないでしょう。

まとめ

プログラミングをマスターするのに英語力が必要であるのかをお伝えしました。

必ずしもプログラミングをマスターするのに英語力は必要ではありません。

英語力がないからといってプログラミングを諦めることはないですし、プログラミングをマスターするために英語力をつける必要もないです。

またプログラミングで必要となる英語は心配しなくても学習していく内に自然と覚えられます。

それよりも分からない問題に出くわした時に上手にググることが出来るかが重要です。

これからプログラミングを学習していくのであれば、今直面している問題を言語化するクセをつけることをオススメします。

英語力が必要か悩むのではなく本気でプログラミングをマスターしたいなら、うだうだせずに最初の1歩を歩んでみましょう。

公開日:2019.02.24

この記事を書いた人


関連記事