プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

【初心者向け】独学でプログラミングを勉強する時にオススメな本まとめ

プログラミングを独学で学ぼうと思っているのなら、まずはプログラムとは何かを解説した本を読むことをおすすめします。

インターネットで何でも簡単に調べられる時代に、何で本で勉強しなければならないのか、と不思議に思われる方にいるでしょう。しかし、インターネットに掲載された情報の全てが正しい訳ではありません。それに対して本に書かれていることは、出版社がチェックしているので、信頼が持てます。そのため、最初は本を使って勉強するのが良い方法です。

しかし、インターネットで調べられることまで、わざわざ本で調べるのは効率的ではありません。特に独学で学ぼうと考えている方は、本とインターネットをうまく使い分けましょう。

そこでここでは、プログラミングを独学で学ぼうとされている方、本を活用する方法と、おすすめのプログラム入門書をご紹介します。

プログラミングの勉強に本を使う理由

プログミングに関する情報は、ネットで検索すれば幾らでも見つかります。そのため、独学でもネットだけで十分やれそう、と思われる方も多いでしょう。

しかし、毎年、何冊ものプログミングに関する本が出版されており、そのような本の中には、ベテランエンジニアが推薦する本もあります。

ネットで幾らでも情報が得られるのに、どうして本が推薦されるのでしょうか。

独学でプログラミングを学ぶ初心者が、本でプログミングを学ぶメリットについてお伝えします。

ネットの情報は信頼できない

あなたは、ネットで検索して見つかる情報をどれだけ信用しているでしょうか。ネット上にはフェイクニュースがあふれているように、検索で見つかった情報が全て正しいとは限りません。中には、誤った情報を掲載しているサイトもたくさんあります。

例えば、大手IT企業として有名なDeNAが運営していたキュレーションサイトは、信用できない医療情報を掲載していたとして多くの非難を受け、2016年12月に閉鎖に追い込まれました。これは、当時ニュースにもなったのでご存知の方もいるでしょう。

プログラミングに関しても、2018年に、プログラミングスクールが運営しているブログ記事で紹介されたプログラムに初心者には気づきにくいバグがあると、ITエンジニアの間で話題になりました。

信頼できるネットの記事を自分で判断できるベテランエンジニアは、ネット上の記事を見極めて、仕事に活用しています。しかし、これからプログラミングを学ぶ初心者の方は判断できません。

そのため、特に独学でプログラミングを学ぼうとされる方は、まず信頼できる本の情報で基礎を学び、応用する際にネットを活用するのが正しい使い方です。

本の情報は信頼できる

本に書かれた情報は、かなり信頼できることをご存知でしょうか。本は、文章を書く作者がプログラミングに精通しているからこそ、出版社から出版を依頼されます。もちろん、書いた内容は、しっかりチェックされています。

さらに、その本を出版する会社の編集者が内容を吟味しており、さらに、編集者の他に現役のプログラマーがチェックに参加することもあります。このように、多くのチェックを経て発行されている本の内容は、信頼できる情報です。

しかし、ネットの情報は、現役のプログラマーが関心をもって調べた内容を、自分向けのメモとして書いた記事が多く、読みやすいとは言えません。さらに、いっしょに掲載されているサンプルプログラムが間違っていることもあります。

本を出版するには、作者が読みやすく解りやすい文章を書くために時間を確保したり、編集者など多くの人が関わっています。その分、値段が高いと感じるかもしれません。しかし、信頼できる情報が書かれているので、もし、独学でプログラミングを学ぶつもりなら、まずは本で学ぶことをおすすめします。

プログラム初心者に読んで欲しい本とは

次から、独学でプログラミングを学んでいる初心者に読んで欲しい本の選び方についてご紹介します。

プログラムとは何かを解説する本がおすすめ

独学でプログラミングを学ぶ際、どの言語を選べば良いか気になるでしょう。しかし、いきなり、プログラム言語の文法を学ぶのはよくありません。

プログラムは、コンピュータを動かすために作成されます。したがって、コンピュータがどのように動いているかが解らないと、そもそもプログラムを作れません。ネット上のプログラムをコピーすれば簡単に作れる、と思っている方もいますが、それではプロの仕事とは言えません。

独学でプログラミングを学んでプロのプログラマーを目指すなら、まずプログラムとは何かを解説した本で学ぶことをおすすめします。

いきなり難しい本はNG

ベテランのプログラマーの中には、手元に何冊もの本を置いて仕事をされている方もいます。また、初心者に自分の持っている本を勧めてくれる方もいるでしょう。そういったベテランの方がよく持っている本が、オライリーのコンピュータ技術書籍です。

オライリーのコンピュータ技術書籍は、アメリカの専門家が書いた本の翻訳が多く、その内容も充実しています。しかし、翻訳ということもあり、初心者が読むにはかなり難しい内容です。いきなり、こういった難しい本に挑戦しても初心者には理解できません。特に独学でプログラミングに挑戦するなら、まずは、読みやすい本からはじめてみましょう。

文法についてはネットで学ぼう

初心者向けのプログラミング入門書の中には、丁寧にプログラムの文法を紹介している本があります。独学でプログラミングを学ぼうとする方は、このような本が手元にあった方が良いと思うかもしれません。しかし、こういった本はおすすめできません。

そもそもプログラムの文法を紹介するページは、ネットを検索するとたくさん見つかります。また、プログラム言語によっては公式サイトに文法に関する詳しい説明が掲載されており、簡単に検索も可能です。そのため、プロのプログラマーの多くが、プログラムの文法をネットで調べています。わざわざ本で調べたりはしません。

プログラム初心者におすすめの5冊

独学でプログラミングを学ぼうと思ったら、言語に注目するのではないでしょうか。しかし、先程紹介したようにプログラミングを学ぶ前に、プログラムとは何かについて学ぶのが正しい始め方です。ぜひ、内容が信頼できる本で学んでください。

次から、独学でプログラミングを学ぼうと考えている方におすすめの本をご紹介します。

教養としてのプログラミング講座

そもそもコンピュータプログラムとは何でしょうか。プログラミングは、コンピュータプログラムを作成することですから、これが解っていないと作れません。

プログラミングを教えている専門学校などでは、コンピュータに関する授業がありますが、独学で始めた方は、こういったことを知らないと苦労します。

そのような方におすすめなのが、「教養としてのプログラミング講座」です。この本でプログラミングとは何かを理解してから、プログラムの学習を始めましょう。

マンガでやさしくわかるプログラミングの基本

そもそもコンピュータプログラムとは何でしょうか。プログラミングは、コンピュータプログラムを作成することですから、これが解っていないと作れません。

プログラミングを教えている専門学校などでは、コンピュータに関する授業がありますが、独学で始めた方は、こういったことを知らないと苦労します。

そのような方におすすめなのが、「教養としてのプログラミング講座」です。この本でプログラミングとは何かを理解してから、プログラムの学習を始めましょう。

これからはじめるプログラミング基礎の基礎

この本も、プログラミングの基礎を解説した本というよりも、コンピュータとは、そしてプログラムの役割といったことを解説した、初心者向けの入門書です。コンピュータプログラムとはどういったものかをイメージするのに適切はヒントを与えてくれる本です。

さらに、プログラム言語の特徴なども紹介しているので、ぜひ、参考にしてください。

プログラムはなぜ動くのか 第2版

プログミングを長くやっている方の中には、コンピュータがどうやって計算をしているのか知らずにプログラムを組んでいる方もいます。しかし、それでは、効率的なプログラムは組めません。コンピュータを理解するうえで重要なポイントを解説した本としておすすめなのが、「プログラムはなぜ動くのか 第2版」です。

なお、この本は2001年に初版が発行されて以来、多くのITエンジニアに支持されています。これから独学でプログラミングを学ぶなら、ぜひ読んでおいてほしい一冊です。

プログラミングの上達のコツ

プログラムは、最終的に同じ結果になるのであれば、その書き方は自由です。しかし、だからと言って、動けば何でも良い訳ではありません。また、プログラムは、一度書いたらそれで終わりということはなく、新たな機能を追加したり、不具合を直すために、違う人が書き換える前提で作られます。

そのため、本気でプログラミングを学ぶのなら、読みやすいプログラムを書くように心がけましょう。そして、この本は、読みやすいプログラムを書くコツを紹介した本です。特に、独学でプログラミングを学ぶ方は、この本で読みやすいプログラムの書き方を学んでください。

独学で始めるからこそ本を読もう

今は多くのプログラミング学習サイトがあり、独学なら場所や時間を気にせず、解りやすい動画などでプログラミングが学べます。しかし、そのような時代でも、初心者がプログラミングを学ぶなら、まずは本の活用をおすすめします。

本は検索するのに不便ですが、プログラムの考え方などをじっくり学ぶには最適です。ただし、本の内容によっては、難しすぎて理解できないこともあります。まずは初心者向けの本でプログラムとは何かを理解し、次にネットを活用してプログラミングのスキルを学びましょう。

公開日:2019.03.04

この記事を書いた人


関連記事