【今更きけない!】プログラミングを習得するにはPHP習得は必須?

はてブ

IT技術の進歩により、これまでプログラミングに触れたことのない人が、プログラミングを始めようとすることが増えてきています。

未経験者が新しくプログラミングを始める場合、重要になってくるポイントがいくつかあります。
まず重要になってくるのが、どういったプログラミング言語を学ぶかということです。
プログラミング言語と一言で言っても、その人が何を作りたいのか、今後どういった分野に進んでいきたいのか、といったような目的によって学ぶべきプログラミング言語は異なってきます。

例えば、何かWEB系のシステムを作りたい人であればJava、PHP、Rubyとなります。

そのほかにも、何かアプリを作りたければ、Swift、ゲームを作りたい人であれば、c#など目的によってプログラミング言語が異なっているのです。

そのため、まずは自分がどういった目的でプログラミングを身につけたいのかということを決めることからはじめましょう。
しかし、とりあえず手に職をつけたいからプログラミングを始めたいと思う方も多く、何が作りたいのかは学んでいくうちに見つけていきたいという方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのは、とりあえず最初はWEB系の言語から学習することです。なぜかというと、WEB系の言語というのはプログラミング言語の中でも、比較的習得が容易で、多くのシステムで使われている言語であるからです。
また、WEB系の言語は自宅で作業したい方にとっても非常に向いています。
そのため、自宅で副業を考えている方におすすめです。

今回はそんなWEB系の言語の中でも、サーバー側の役割を果たしている「PHP」についてご紹介したいと思います。
PHPを習得できるようになれば、本業で稼ぐことはもちろん、副業として稼いでいくことも可能なため、ぜひ参考にしてみてください。

今更きけない!PHPって何?

そもそもPHPって何?

PHPとは、主にブラウザを使って利用できるサービスを作成するために使われるプログラミング言語です。
そもそもブラウザというのは、スマートフォンなどで何か検索したときに表示されるWEBページ全般を指します。
こういったブラウザを作成する際に、私たちの目の前には見えない部分を制御しているのがPHPです。

例えば、データを書き換えてデータをため込むような仕組みや、データを取得してきてデータをセットするような仕組みなどになります。
PHPを使うことで実現できるものとして、掲示板や、TwitterなどのSNSサービス、その他WEB上にあるWEBサイトなどがあります。

こうしてみていくと、PHPは私たちが普段見ているようなWEBサイトに使われていることが多く、私たちの生活に密接にかかわっているといえますね。

プログラミングを習得するにはPHPは必須?

プログラミングを習得するにはPHPは必要?

早速PHPについて解説しましたが、実際のところPHPはこれからプログラミングを始める人にとって必須なプログラミング言語といえるのでしょうか。
結論を申し上げると、必須とまでは言いませんが、もし何から始めていいのかわからない、という方が最初に身につけるためには非常に向いている言語です。

PHPは未経験の方に理解しやすいプログラミング言語で、システムの基礎を学ぶためにも非常におすすめの言語となっております。
そのため、最初に学ぶべき言語として適しているのです。プログラミング言語というのは、言語ごとに文法は異なっていますが、基本的な概念自体は共通していることが多いです。
例えば、PHPを完璧にマスターした後に、次のプログラミング言語を学ぶ時にも、ここはPHPで言うとあのことだな、と習得することが容易になります。

そうなるためには、プログラミング言語を身につけたいときに、いろいろな言語を並行して覚えていくのではなく、1つの言語に絞って完璧に理解することが重要です。
そうすることで、ほかのプログラミング言語を学ぶ時にも楽になるため、まずは1つに集中して覚えていきましょう。

PHPは研修期間に学んでおくべき?

PHPは研修期間に学んでおくべきなの?

PHPは、これからプログラミング言語を身につけたい方におすすめだという話をしました。
このPHPは、どのタイミングで学んでおくべきなのでしょうか。一番良いタイミングとしては、入社した企業の研修カリキュラムの中に、PHPの学習カリキュラムが組み込まれていることです。
IT企業にエンジニアとして入社した場合、最近ではほとんどの企業で研修が実施されると思います。研修の中では、社会人としてのマナー、プログラミング言語の知識、そしてコンピュータ全般の知識について学習していきます。
この研修で取り扱っていく内容は、あらかじめ決まっているのです。

もちろん、どういったプログラミング言語を取り扱うのかというのも事前に決まっています。
そのため、入社時におこなわれる研修の中で、PHPが組み込まれているかどうかに関しては完全にランダムとなっています。
入社時の研修で選ばれる言語として最も多いのは、ここ最近ではJava言語をカリキュラムの中に組み込まれているケースが多いです。なぜなら、Java言語は現在最も使われているプログラミング言語で、様々なシステムに使用されているからです。
また、初心者の方にも理解しやすく、オブジェクト指向と呼ばれるプログラミングをする上で必須の考え方についても学ぶことができます。
そのため、学んでおいても全く損のないプログラミング言語だといえるでしょう。もし、どうしてもPHPを学習したい場合には、ひとまずは研修のプログラミング言語をマスターすることから始めてください。
しっかりとマスターした後で、業務後などを利用してPHPの学習を進めるのをおすすめします。

研修でほかの言語をマスターしていることにより、全くの未経験の状態から学ぶのと比べても、圧倒的に習得スピードを早めることができるのです。
また、PHPを身につけることができれば、自宅にいながらプログラミングで稼ぐこともできます。
今後、プログラミングを使って副業をしていきたい人にとっても、覚えておいて損のないプログラミング言語だといえるでしょう。

PHPは入門が大事!基礎からしっかり学ぼう

PHPは基礎がとても大事です!

ここまで、PHPというのはどういったプログラミング言語なのかということを解説してきました。
PHPを学ぶ時には、最初にどういったことを学ぶのかが非常に重要です。どういうことかというと、いきなりシステムを作るといった実践的なことを学ぶのではなく、しっかりと基礎から覚えるべきだということです。
プログラミングを学習したことがない人の場合、もしプログラミングを使えるようになれば、すぐにでもみんなが普段使っているシステムを作れるようになる、と思っている方も多いと思います。
システムを作れるようになるということに関しては間違いではありませんが、覚えてすぐに作れるようになることは非常に難しいです。

まずは、システム作るために必要になる基本的な文法や言葉の意味をしっかりと覚えましょう。
例えば、プログラミングをする上で必ず必要になってくる、オブジェクト指向の概念、if文の使い方、そしてfor文の使い方といった文法をしっかりと身につけることです。
こういった基礎をしっかり学ぶというのは、スポーツの分野においても同じことが言えます。例えば、野球を例に説明をしてみます。
野球といえば、「何といってもホームラン」を思いえがく方が多いと思います。そして、野球をしている人の中で、ホームランを打つことを目標に練習している方も非常に多いです。
しかし、現実問題ホームランを打てるような方はなかなかいない、というのが現状です。ホームランを打つためには、素振りや筋力トレーニングといった基礎練習を積んでいき、その積み重ねをすることでようやく達成することができるのです。

こういった基礎練習を積み重ねることが、プログラミングにおいても非常に重要です。
もし企業に入社し、エンジニアとして現場に配属されたとします。そのとき、一番最初にプロジェクトで扱っているプログラムを見たとき、あまりのコードの長さに度肝を抜くことでしょう。
しかし、この長いコードも1文ずつ理解しながら読んでいくと、難しいことはほとんどやっておらず、基本的なことを繰り返している処理が多いです。
まずは基本的な内容をしっかりと身につけることができれば、基礎の積み重ねで応用もこなせるようになるので、基礎からしっかりと学んでいきましょう。

PHPを学ぶためにはとにかく練習問題を解こう

PHPを学ぶのなら、とにかく問題を解こう!

先ほど、PHPは基礎から身につけるのが非常に重要だという話をしました。では、どういった学習方法で身につけていけばよいのでしょうか。
おすすめの方法は、インプットだけではなく、練習問題を解くことでアウトプットをしていくことです。
これからプログラミングについて学習を進めていこうと思ったときに、まずはプログラミングに関する書籍を買って勉強する人が多くいらっしゃると思います。
しかし、プログラミング関連の書籍を買ったのはいいものの、結局理解できずにほこりが被ったままだ、という方も多くいらっしゃることでしょう。

その理由として、書籍をただ読み進めているだけになってしまうと、今現在自分がどこまで理解しているのかが見えにくいからです。
書籍を読み進めていくときには、内容を理解した気になっていても、実際にその知識を使おうとなった時に忘れているケースがほとんどだと思います。
なぜこういったことになってしまうのかというと、自分の知識としてしっかりと自分に取り込めていないからです。
自分の知識として取り込むために必要になってくるのが、アウトプットをしっかりとおこなうことになります。
アウトプットの方法に関しては様々な方法がありますが、一番手っ取り早い方法は練習問題を解くということです。
学習の流れとしては、本を読むことでインプットをし、練習問題でアウトプットをするという流れになっています。

学生時代の授業スタイルを振り返ってみると、教科書でまず読み合わせをし、その後に章末問題などで問題演習をおこなっていたと思います。
この学習方法は、どんな分野においても有効な手段で、プログラミング学習においても非常に有効です。
書籍を読んだらすぐにアウトプットする、ということを常に意識することで、自分の知識としてしっかりと定着させることができます。
インプットをしたらアウトプットをする、ということを習慣化することがおすすめです。

他にも書籍を読み進めていると、読んでいる目的を見失ってしまうことが多いです。最初は、書籍の内容を自分の知識としよう、と意識して読み進めることがほとんどになります。
しかし、途中から本を読み進めることが目的となってしまい、一日何ページ読むという進め方をしてしまう方が多いです。
こういう進め方をしてしまうと、理解していないのに次のページに進んでしまうため、非常に効率の悪い進め方となってしまいます。
そのため、本を読むことを目標とするのではなく、しっかりと理解しながら進めていくことを目標として進めるようにしましょう。

PHPを学ぶ際の注意点や課題とは?

PHPを学ぶ際の注意点は何?

先ほど、PHPを学習する際にはインプットだけではなく、アウトプットもしっかりとおこないましょうという話をしました。
こういったアウトプットをするためには、気を付けておくべき点や課題があります。
まず注意すべき点は、しっかりと環境構築をおこなったうえでPHPの学習を進める必要があるという点です。
プログラミング言語というのは、ただプログラミング言語を記述しただけではプログラムの実行はされません。
なぜかというと、そのプログラミング言語に合わせた実行環境になっていないからです。要するに、実際にプログラミングを始める前には、PHPを実行できるような環境構築をする必要があります。
この環境構築が初心者にはハードルが少し高いです。環境構築がうまくいかずにそのまま挫折してしまう、という方も少なくありません。

最近では、環境構築をしなくてもWEB上でプログラミングが体験できるサービスが登場しているので、こういったサービスを利用するのもありです。
しかし、環境構築をするためのスキルは、今後エンジニアとして活躍していく中で必須となるスキルです。
今後困らないためにも、PHPを学んでいく中でしっかりと環境構築のスキルを身につけるようにしましょう。
次に気を付けるべきポイントは、データベースの設定です。PHPは、いわゆるサーバー言語と呼ばれるものになります。
サーバー言語とは、データの書き込みや削除など、データに関する部分を扱っている言語です。

PHPもサーバー言語のため、データベースの構築からデータベースへのアクセスまでの方法をしっかりと身につける必要があります。
データベースの設定や接続に関しては、初心者が特につまずきやすいポイントとなっています。
つまづいて途中で投げ出さないためにも、項目を1つ1つ理解しながら進めていくことが非常に重要です。

PHPを学ぶためにおすすめのスクール3選

PHPを学ぶのにオススメのスクールはどこなのかを紹介します!

先ほどPHPを学んでいくうえでの注意点について触れましたが、初心者の方は多くの方がつまずくポイントになっているので、十分に注意する必要があります。
ここでつまずいてしまい、結局解決できずにプログラミング学習自体を投げ出してしまう方も多くいらっしゃいます。

そうならないためにおすすめしたいのが、プログラミングスクールに入学し、その中でプログラミング言語を学ぶことです。プログラミングスクールとは、プログラミング言語を学べる学校のようなところで、最近では無料のプログラミングスクールも登場しています。
今回は、数あるプログラミングスクールの中でも、PHPを学ぶことのできるプログラミングスクールのご紹介です。
以下がPHPを学べるプログラミングスクールになっています。

①0円スクール
②Akros Web & Business Design Academy
③WEB CAMP

それぞれについて解説していきます。

PHPが学べるスクール①0円スクール

まず初めに紹介するプログラミングスクールは、「0円スクール」です。こちらは、名前の通り0円、つまり無料で通えるプログラミングスクールとなっています。
ここである疑問が浮かんでくるはずです。
「プログラミングスクールを無料で運営していて、こちらとしては非常にありがたいけどスクール側に利益があるのか、そもそも無料なんて怪しすぎる」というような疑問です。
なぜ無料で運営できているのかというと、スクール受講後に提携先のIT企業に正社員として入社させることを前提としているスクールであるからです。
どういうことかというと、0円スクールと提携企業で、0円スクールのカリキュラムを終えた受講生に就職先として提携企業を紹介しています。
そこで、受講生が提携企業への入社を決意し、無事に入社となると提携企業から0円スクールへと金額が支払われるといったものです。

似たようなサービスとして、転職エージェントが挙げられます。転職エージェントの場合、こういった方を紹介しますよ、ということを企業側と約束することで、利用者は無料での利用ができています。
0円スクールでは、無料でプログラミングを学べるうえに、正社員としての入社までをサポートしてくれるという素晴らしい仕組みとなっています。
しかも、0円スクールを利用できるのは、プログラミングの経験がある人だけではなく、全くの未経験者でも利用することができるのです。
プログラミング未経験者の人で、今後エンジニアとして働いていきたい方にとっては非常にうってつけのプログラミングスクールとなっています。
しかし、このプログラミングスクールは入りたければ誰でも入学ができるわけではありません。プログラミングスクール側としても、やる気のあるしっかりとした人を企業へ紹介する必要があるからです。
では、どのようにして0円スクールへの入学ができるようになるのでしょうか。

実は、入学をするためにはいくつかの条件があります。

まずは年齢の条件です。入学できる年齢は、18歳から35歳までとなっています。比較的幅広い年齢層となっているため、社会人経験が長い方でも安心して挑戦できるのです。
そして、最も重要な条件は「やる気があるかどうか」です。また、1年以内のIT業界への就職を考えている人も対象になっています。
要するに、今すぐにでもIT業界でエンジニアとして活躍したい、という方は条件に合っているといえます。
こうした条件を見極めるために、0円スクールに入学する際には面接を突破する必要があるのです。

面接といってもそこまで難しく考えず、なぜこのプログラミングスクールに入学したいのか、どうしてエンジニアとして活躍したいのかを伝えれば、おのずと気持ちが伝わると思います。
そして0円スクールは、プログラミングの学習だけではなく、面接対策などのサポートもしてくれます。
個人的に対策が難しい部分となるため、エンジニアとして企業に入りたいと思っている方にはありがたい仕組みですね。
実は、0円スクールを受講後、紹介された提携先のIT企業へは、面接を突破しないと入社ができません。
理由としてはもちろん企業側としても、しっかりと企業の理念に合った人物を取りたいという意向があるからです。

0円スクールでは、入社時には必須となる面接対策もおこなってくれるため、独学でプログラミング学習から就職活動までをおこなうのと比べると、圧倒的に就職できる可能性が高くなります。
このように、0円スクールは未経験者で今すぐにでもエンジニアとして活躍していきたいという人に向いています。
ここまで0円スクールについて説明しましたが、すぐに入学を決めるのではなく、まずは説明会に参加するのがおすすめです。
説明会の中で、0円スクールがどういった場所なのかという雰囲気をつかみ、自分に合っている雰囲気なのかを判断しましょう。
無駄な時間を過ごさないためにも、説明会の中では疑問に思ったことを解消し、納得されたうえで入学を決めましょう。

0円スクールがおすすめなのは、コストをかけずにエンジニアとして確実に就職したい人!

PHPが学べるスクール②Akros Web & Business Design Academy

次に紹介するプログラミングスクールは、「Akros Web & Business Design Academy」です。
Akros Web & Business Design Academyは、EB制作会社が作ったプログラミングスクールで、「超現場主義」を掲げて運営しています。
また、プログラミングをはじめとして、デザインやWEBに関する知識も身につけることができます。

例を挙げるとSEOやマーケティング、ECサイトのノウハウについてです。プログラミングとWEB関係の知識を身につけることで、自分ができる業務の幅も広がります。
そういった意味でも、このプログラミングスクールでは自分のできる業務の幅を広げていきたい方に向いています。
そのほかにも、Akros Web & Business Design Academyには様々な魅力があります。
まずは、完全マンツーマンスタイルのレッスンであるということです。プログラミングをしていると、必ず疑問点が出てくると思います。
そんな時に、集団形式のスタイルの場合、こんなこと聞いたら恥ずかしいといってなかなか質問できない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、マンツーマンスタイルであれば、受講生は自分しかいません。そのため、完全に理解するまで気兼ねなく質問することができるのです。
じっくりとマスターしていきたい、という方には非常に向いている授業スタイルになっています。
次の魅力は、Akros Web & Business Design Academyで扱っている教材が、完全オリジナルのカリキュラムであるということです。
Web制作会社が監修する最新技術を取り込んだカリキュラムとなっているため、最新の技術を学びつつ、プログラミングの技術を身につけることができます。
できるだけ最新の技術を身につけながら学んでいきたい人には、非常におすすめのカリキュラムです。

また、プログラミング学習だけではなく、学習後の就職サポートまでついています。おそらく、Akros Web & Business Design Academyに入学する目的は、プログラミングをその後の人生に生かしていきたい人だと思います。
その中でも、IT企業に入ってエンジニアとして活躍したい、と思われる方も多くいらっしゃることでしょう。
しかし、未経験の人がプログラミングについて学習してから実際に企業に就職し、エンジニアとして働くようになるまでには、簡単にはいきません。
そんな時に、プログラミングの学習からエンジニアになるまでの道のりを一貫してサポートしてくれます。
これからプログラミングを始める、といった未経験の方には非常に向いているでしょう。

Akros Web & Business Design Academy(旧:WEB塾)がおすすめなのは、エンジニアとして確実に就職したい人!

PHPが学べるスクール③WEB CAMP

最後におすすめするスクールは、「WEB CAMP」というスクールです。WebCampは、未経験者向けのスクールとなっており、未経験者にはうれしい魅力が様々存在しています。
まずは、徹底したマンツーマン教育であるということです。プログラミング学習を始めた人のうち、90%は途中で投げ出してしまうといわれています。
その理由は人により異なりますが、多くの場合は解決できない問題が発生してしまい、そのまま放置状態になるという方が多いでしょう。
なぜこういったことが起きるのかというと、基本的には独学で進める方が多いからです。プログラミング未経験者が独学で始めた場合、わからないことが出てくると自分の力で解決しなければなりません。
最近では、ネットをうまく活用すれば疑問に答えてくれることもありますが、基本的には全て自分自身で解決しなければならない内容です。
しかし、なかなか自分自身で解決できずに投げ出してしまう方が非常に多くなっています。
その反面、マンツーマンレッスンの場合は解決できずに投げ出す心配はほとんどありません。なぜなら、疑問が出てきてもその場で解決できるからです。
そして、ただその疑問に答えてくれるのではなく、理解している人だからこその視点で解説してくれます。
例えば、この知識は現場でこのように活用できる、といったような今後につながる情報も同時に得ることができるでしょう。
こういった意味でも、ただの知識として定着するだけではなく、今後使える知識というのを身につけることができるのです。
また、転職成功率が98%を誇っており、就職サポートが非常に充実しております。しかも、受講生の95%以上が未経験者で、もともと別の業種である方が転職希望で受講するケースが多いです。
そんな方にとっては、プログラミングの学習から転職までをサポートしてくれるとてもうれしい制度となっています。
気になった方は、無料相談の利用から始めるのがおすすめです。

PHPを学ぶために読むべき本3選

PHPを学ぶのにオススメの本は何?

次にご紹介するのは、PHPを効率的に学ぶためにおすすめの書籍です。やはり、勉強というと書籍で進める方も多いと思います。
数あるPHPに関連する書籍の中から、今回は3つの書籍についてご紹介します。

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

1つ目に紹介する書籍は、「気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!」という書籍です。
この書籍は、これから学習を始めるような初心者が買うものではなく、基礎を身につけたうえで購入するのをお勧めします。こちらは、大好評の超入門書『いきなりはじめるPHP』の姉妹本です。
普通のPHP入門書とは、目次も説明の仕方も全然違います。言語仕様に沿った構成や文法解説を退け、徹底的に読者目線のユニークなストーリーを展開しています。
何らかのプログラミング経験者なら、ショッピングサイトをゼロから自作する過程を通じて、
プログラミグの楽しさを実感しながら、システム開発の基礎力を身に付けることができるでしょう。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

2つ目に紹介する書籍は、「いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~」という書籍です。
この書籍は、PHPのいちばんやさしい入門書でありながら、MySQLまでカバーしています。初心者がつまずいたり迷ったりするポイントを中心に解説をしており、これから始める人にうってつけです。
まだプログラミングに触れたことがない、という方にとってもおすすめしたい書籍となっています。

独習PHP 第3版

最後に紹介する書籍は、「独習PHP 第3版」という書籍です。こちらの書籍は、初心者向けではなく、プログラミングの基礎を身につけた方におすすめとなっています。
内容としては、PHPでWebページやアプリケーションを開発する際に必要な基礎的な知識、PHPの基本構文から、クラス、データベース連携、セキュリティまでを詳細かつ丁寧に解説しています。
PHPの全体像を知りたい方に非常におすすめです。書籍では、解説から始まり、その後例題、最後に練習問題で理解度をチェックするという3つのステップになっています。
基礎は身につけたけど、まだ実践的なスキルは身につけていないという方は、本書を使ってステップを図ってみてはいかがでしょうか。

まずはざっくりとPHPについて理解してみよう

まずはざっくりとPHPを理解してみよう!

今回は、プログラミング言語の中でも、WEB系の言語に使われている「PHP」について解説してきました。
PHPはWEB系の言語で、未経験者がこれから習得するプログラミング言語として非常に向いています。
WEB系の言語は、非常に多く使用されている言語のため需要が高いです。そして、将来的にフリーランスとして活躍していきたい方にも向いています。
また、副業としてプログラミングで稼いでいきたい人にもおすすめの言語です。なぜなら、WEB系の言語の場合、基本的には自宅にいながらの作業が可能であるからです。

PHPを使いこなせるようになれば、月に5万円以上を稼ぐことも可能であるため、副業を視野に入れている人にもおすすめしたい言語となっています。
PHPを習得したい人は、まずWEB上の学習サービスを利用するのがおすすめです。最近では、動画を見ながら学習ができるサービスやゲーム感覚でプログラミングを体験できるサービスが増えてきています。
まずはこれらのサービスを利用し、PHPというのがどういった言語なのかをザックリ理解しましょう。その後、プログラミングスクールに通ったり、書籍で学習を進めたり、WEB上のサービスを利用して学習を進めていくのがおすすめです。
初心者の方がPHPを始める場合、90%の方が挫折するといわれています。その理由は、プログラミング学習を習慣化できていなかったり、疑問点を解消できないためにそのまま放置してしまったりするからです。
こういったことにならないためには、プログラミングスクールに通うことで学習を習慣化し、疑問点を講師陣に聞くことで解消することができます。
最近では、無料で入学ができるプログラミングスクールも多く登場しているため、金銭的な余裕がない方はこういったプログラミングスクールも検討してみましょう。
これからPHPを学習する人の参考になれれば幸いです。

関連記事