おすすめプログラミングスクールの口コミ・評判・体験談がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

PG BATTLE

プログラミングスキルを競うPG BATTLEとは?

ニュース

公開日 : 2020年10月13日 | [更新日] 2020年10月01日

プログラミングのスキルを測ることってなかなか難しいですよね。しかも目標がないと勉強し辛かったりししませんか?

そんな方に紹介したいものがあります!

プログラミングの技術やスピードを競うバトル、PG BATTLEです。

プログラミンングスキルを競う大会はまだまだ珍しい状況なので、いったいどんな大会なの?と気になる方もいると思います。

企業・学校対抗のプログラミングバトル、PG BATTLEについて見ていきましょう!

PG BATTLEとは

PG BATTLE

PG BATTLEはとても新しいプログラミングコンテストで、2018年に企画されました。

プログラミングをしている人たちの技術の向上や、プログラミングを志す人がもっと注目されることを目的として企画されたコンテストです。

3人1組のチームで戦うチームバトルで、2018年の第一回大会には260チーム780人、2019年の第二回大会には444チーム1,332人が参加しました。

PG BATTLEでは、あらかじめ作った作品を提出するのではなく、プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を使って、4つの出題に対して90分間リアルタイムでプログラムを作成することが課題とされています。

同じ条件で競うことができるので、チームの実力がその場で問われますね。

またPG BATTLEはオンライン競技なので、会場に出向く必要はなく、地方や海外に住んでいても参加することができます。

実際に海外から参加したチームもいたそうですよ。

そんなPG BATTLEが今年、2020年にも開催されるんです!

次の章で気になる方は概要をチェックしてみてください。

2020年の大会概要

開催日時
2020年10月24日(土)13:00~14:40
※15:00以降に正解発表があります

主催
株式会社システムインテグレータ

参加費
無料

参加資格
1チーム3人
一つの企業、一つの学校から複数チーム参加することは可能だが、1人が複数チームに所属するのは不可

参加部門
「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部(大学と大学院混成可)」「高校・中学・小学の部」

審査内容
難易度の異なる「ましゅまろ」「せんべい」「かつおぶし」という3つの問題があり、3人の中で誰がどの問題を受けるか決める
3人の合計点(300点満点)で順位を決める
※同じ点数の場合は解答が早かった方が勝ち

賞品
3つの参加部門それぞれで、Amazonギフト券 1位:24万円、2位:12万円、3位:6万円
そのほかに、各部門で飛び賞(賞品)あり

プログラミング言語
Java, C#, Ruby, Python, PHPなど現在主流のプログラミング言語に対応
得意な言語で参加可能

表示言語
日本語または英語での受験が可能です。海外からのリモート参加も可能

豪華なゲストコメンテーターにも注目

PG BATTLEゲストコメンテーター

2020年大会のゲストコメンテーターが発表されました。

ゲストコメンテーターとは大会の結果発表の際に生中継で参加してくれるゲストのこと。

今年は昨年に引き続き、千代田まどか (ちょまど)さん高橋 直大さんが参加してくださるようです。

千代田まどか(ちょまど)さん

ITエンジニアであり、漫画家でもあるちょまどさん。

現在は外資系IT企業で会社と社外エンジニアの橋渡しをするクラウド・デベロッパー・アドボケイトとして活躍中。

もともと学生時代に競技プログラミングを趣味でやっていたそうで、大会の生中継が楽しみですよね!

フォロワー数が8万人超えという彼女のTwitterでもPG BATTLEについてコメントしています。

高橋 直大さん

高橋 直大さんは、TopCoder Openの決勝大会に5度出場し、準優勝2回したという経歴を持つ世界トップクラスの実績を持った方なんです。

学生時代には学生向けのプログラミングコンテスト、イマジンカップで世界3位に入賞するなど、競技プログラミングをやっているかちゃにとって憧れの存在なのではないでしょうか?

現在はAtCoder株式会社の代表取締役をしていらっしゃいます。

締め切り間近!気になる人は急いでチェック!

2020年のPG BATTLE参加締め切りは10月18日(日)まで延長されました。

開催日時は2020年10月24日(土)13:00~14:40。

せっかく学んだプログラミングスキルを使いたい、競技でスキルを測ってみたいと思った方は要チェックです!

エントリーは簡単で、名前や学校名などの情報を登録し、メールアドレスの認証を行うだけ。

その後、ログインができるか確認したり、TOPSICのトライアル問題を試したりすれば準備完了です。

せっかくの機会を生かしてみてはいかがですか?

PG BATTLE2020

WRITER

1995年生まれ。福島県出身。2018年上智大学卒業。その後株式会社Domuzに入社し業務のかたわら、駆け出しエンジニアとして日々奮闘中。 現在はWebエディター、ライターとして活動している。

オススメの
プログラミングスクール

RUNTEQ

Ruby

ウェブカツ

Webアプリ

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

TechAcademy(テックアカデミー)

AI・人工知能

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

CSS

侍エンジニア塾

HTML/CSS/jQuery

tech boost

HTML/CSS/jQuery

.Pro(ドットプロ)

Python

おすすめの
プログラミングスクール記事一覧

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ