おすすめプログラミングスクールの口コミ・評判・体験談がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

徹底調査!本気でプログラミングするならMacがいい?Windowsがいい?

徹底調査!本気でプログラミングするならMacがいい?Windowsがいい?

プログラミング学習

公開日 : 2019年12月13日 | [更新日] 2020年10月01日

内容をザックリまとめると、

Mac Windowsどちらにもメリット・デメリットがある

編集部のおすすめはMacBookのPC

MacBookがおすすめな理由は以下の3つ

①UNIXコマンドが利用可能
②デスクトップの切り替えが可能
③複数のOSが利用可能

・特におすすめはMacBookPro 16インチ

独学を始める前に一度目を通しておきたい記事

知っておくのと、知らないのでは大違いです。ぜひ一読ください!

【決定版】独学がいいのかプログラミングスクールがいいのか?徹底解説してみた!

プログラミングするならMacがいい?Windowsがいい?

プログラミングをするならmacがいいかwindowsがいいか

プログラミングを行う環境として頻繁に疑問にあがるのが、MacとWindowsのどちらの環境が優れているのかという点です。

Windows・Macそれぞれにメリット・デメリットがあり、これから学習したいと考えている分野で利用されているプログラミング言語などによってもどちらが利用しやすいかの判断は異なってきます。

まずは、Windows・Macのそれぞれメリット・デメリットについて解説していきますので、ぜひ自分に合ったパソコンを見極めてみてください。

Windowsのメリット

WindowsOSを利用するメリットは様々ですが、大きくは

「利用可能な機種・ソフトウェアの豊富さ」
「Microsoft提供のプログラミング言語での開発」

の2つが挙げられます。

「利用可能な機種・ソフトウェアの豊富さ」

WindowsOS搭載のパソコンは世界中でシェア率80%以上と言われており、多くのハードウェアやソフトウェアがWindowsOSをターゲットとして販売・提供されています。

「WindowsOS搭載機の種類が豊富」

プログラミングを行う際に使用するパソコンですが、Windows搭載のパソコンはMacとは比較にならないほど多くの機種の中からご自身の用途にあったパソコンを選ぶことが可能です。

Macの機種はApple社より提供されているものに限られるため、ある程度限られた中からご自身の端末を選ぶ必要があります。

しかし、WindowsOS搭載のパソコンは様々なメーカーより提供されており、格安パソコンから超高性能パソコンまで幅広い機種が提供されており、選択肢の多さではMacと比べると圧倒的な差があります。

また、ゲーミングパソコンなどに関してもWindowsOSが圧倒的な市場シェアを占めており、ゲーム開発を行う上でもWindowsの方が有利です。

WindowsOSのみをターゲットとしたソフトウェアも多数存在

ソフトウェアにおいてもWindowsをターゲットとしたものが多く、利用可能なソフトの幅はWindowsがMacに比べて有利と言えます。

OfficeなどのMicrosoft社製品はもちろんですが、OSS(オープンソースソフトウェア)などで開発されている無料サービスにおいてもまだまだWindowsOS用のソフトウェアが多くを占めているのが現状です。

Microsoft提供のプログラミング言語での開発

Microsoft提供のプログラミング言語としては、「C#」「VB」などの言語が挙げられ「.Net Framework」を利用した強力な開発環境が提供されています。

また世界中で利用されている「Word」や「Excel」などのOffice製品で利用可能な「VBA」の存在もWindowsOSでのプログラミングに大きなメリットをもたらします。

それぞれの特徴についてご紹介していきたいと思います。

強力なフレームワーク「.Net Framework」が利用可能

まず、Windowsを利用する最大のメリットはMicrosoftが提供している.Net Frameworkを用いた開発が100%利用できる点にあります。

100%利用と記した理由としては、近年ではMac環境でも.Net Coreを用いた開発が行える環境が徐々に提供されているからです。

しかし、Windows環境と比べるとどうしてもMac環境で.Netを利用するには制約が付いて回ります。

Microsoft社が提供する「.NET」には「.NET Framework」「.NET Core」と双方で利用する「基幹部分」の3つに分けられています。

Macで利用可能となっているのは、「基幹部分」と「.NET Core」が対象で、「.NET Framework」の機能を利用することは出来ないのが現状です。

「.NET Framework」には「WPF」などを筆頭としたWindows社が力を注いでいるプロジェクトも含まれていますが、Macではこれらの機能を利用することが出来ません。

Windowsではもちろん提供されている全ての機能を利用することが出来るため、「.Net」の機能を最大限に活用したい開発者の方は素直にWindowsを利用するべきと言えます。

Microsoft提供の開発環境「Visual Studio」が利用可能

「.Net Framework」を利用した開発で欠かせない開発環境「Visual Studio」が利用出来る事もWindowsパソコンを利用する大きなメリットとなります。

近年ではOSに捉われず利用出来る「Visual Studio Code」や「Visual Studio for Mac」といった開発環境も提供されるようになってきましたが、まだまだMicrosoftが提供しているVisual Studioの機能をフルで利用出来るものではありません。

Microsoftが開発を進めている新機能についても、まずWindows機で利用出来るようになってから移植が進められることになりますので、どうしてもMac機で実際に利用出来るようになるまでにタイムラグが生じてしまいます。

Visual Studio環境を用いた開発を行いたい場合には、やはりWindowsOSを利用した方が良いことは現状間違いないことになります。

Office製品を利用したマクロプログラミングが容易

Microsoft社製のソフトウェアとして多くの方が利用しているOfficeですが、VBAを利用して簡単にツールを開発出来る事もWindowsを使う上で大きなメリットとなります。

OfiiceにもMac用の「Ofiice for Mac」が提供されており、VBAを利用することは可能ですが、Windowsと挙動が異なる部分も多くあり完全に機能を使えるわけでは無いようです。

一般的に企業でエクセルなどのOffice製品を利用する場合には、WindowsOS搭載のパソコンがほとんどとなりますので、VBA開発を行う方もWindows機を利用しておくべきと言えます。

Windowsのデメリット

次にWindowsを利用する際のデメリットについて確認していきたいと思います。

Apple製品向けのアプリケーションが開発できない

まず最初に挙げられるのが、WindowsOSではApple製品(iPhoneやiPadなど)で利用するアプリケーションの開発を行うことが出来ません。

厳密に言うと、仮想環境やXamarinなどを利用することで開発自体はある程度可能になりますが、最終的にアプリをリリースするところまで考えるとMac環境が不可欠となります。

Unixコマンドを直接利用することが出来ない

Windows環境ではコマンドプロンプトやPower ShellといったCUIツールが提供されていますが、UNIXコマンドとは異なるコマンド体系で提供されており、使い勝手が悪く感じるプログラマーもたくさんいます。

UNIXコマンドを利用するためには「Git Bash」や「Cygwin」といったツールをインストールする必要があり、一手間かかってしまうのが実状です。

ハードウェアの相性によっては不具合が生じる可能性がある

Windowsのメリットとして、ハードウェアの豊富さなども挙げられますが、ご自身で様々なハードウェアやソフトウェアをカスタマイズして組み合わせることで思わぬ不具合を招くこともあります。

厄介な問題として原因の特定が難しいため、問題解決のために無駄に時間を浪費してしまったり、せっかく購入した機材が利用できないなどの問題が起こることもあります。

ハードウェア・ソフトウェアの互換性は、Windows機種のメリットでありデメリットともなり得る問題です。

Macのメリット

続いてMacを利用するメリットについてご紹介していきたいと思います。

大きくは

「Apple社製のアプリ開発」
「エンジニアで利用しているユーザーが多い」
「デザイン性が良くコストパフォーマンスが高い」

の3つが挙げられます。

それぞれの特徴を下記で確認していきたいと思います。

Apple社製のアプリ開発

Apple社製のアプリを開発しようと思うとMac環境が必要となってきます。

Windows上でも開発を行うためのツールはわずかながら提供されていますが、機能が足りていないことや完成したアプリケーションをリリースする際に「Xcode」が必要となるため、iOS関連のアプリケーションを開発したい方はMacを利用する必要が出てきます。

エンジニアで利用しているユーザーが多い

エンジニアで利用しているユーザーが多い点も、Macを利用するメリットとなります。
特にWeb系エンジニアはMacを利用している傾向にあります。

企業などで働いている場合は特にですが、チームとして仕事をする上でメンバーとの連携は欠かせません。
WindowsとMacの利用を特に指定されていない開発チームも見られますが、極力同じ開発環境にすることで無駄なコミュニケーションややり取りを避けることが可能となります。

デザイン性が良くコストパフォーマンスが高い

Macの端末は比較的スペックが高いのが特徴です。
プログラミングを行う際には様々なツールを利用する必要があり、スペックの低い端末では動きがもたついてしまいスムーズな開発が行えないケースが起こりえます。

また、Mac端末は起動も早くスタイリッシュな作りをしているため、ノートパソコン型の場合には外部での作業にも最適な形で提供されています。

近年のWebサイトやアプリではUIデザインを重要視する傾向が強いですが、MacのRetinaディスプレイでは非常に綺麗な画面でUIデザインを確認することができ、デザイン寄りの仕事にも有益な役割を果たします。

Macのデメリット

Macのデメリットについてですが

「Mac非対応のソフトウェアが多い」
「Mac端末自体が高額」
「Windowsユーザーは操作性に慣れが必要」

などが挙げられます。
それぞれ下記でご紹介していきます。

Mac非対応のソフトウェアが多い

Windowsでのメリットと反対に、Macではフリーのソフトウェアの数がかなり少なくなってしまいます。

また有料のソフトウェアでもMac用の機能は十分に提供されていないなどのことも起こるため、ソフトウェアの充実度ではまだまだWindowsには遠く及ばないのが実状です。

Mac端末自体が高額

Mac端末はコストパフォーマンスに優れた機種が多いのですが、全体的に値段は高めに設定されています。

Mac miniなどの低価格帯の機種も存在しますが、ほとんどの機種が安くても10万円以上するため、気軽に購入出来ないのが難点です。

Windowsユーザーは操作性に慣れが必要

Macを利用したことのないユーザーが最初に当たる壁としては、Windowsとの使い勝手が大きく違う点にあります。

既に仕事でプログラミングをしている場合には、いきなりメインのパソコンをMacに交換するのではなく、一度操作性に慣れてからメイン機としてMacを利用することをお勧めします。

結果MacとWindowsどちらを選ぶべき!?

macとwindowsどちらを選ぶべきか

結論からお伝えするとMacを選ぶことをお勧めします。

WindowsとMacのメリット・デメリットについては上述した通りですが、本気でプログラミングをするなら多くのエンジニアが利用しているMacを利用しておくべきです。

Macでは開発を行う上での環境構築などもWindowに比べて簡単に行えることが多いですし、UNIXコマンドをターミナルから直接利用できることも大きなメリットとなります。

また、Macの場合「Boot Camp」という機能を利用することでWindowsOSをご自身のMac端末にインストールすることも可能となります。

Windows端末にMacOSをインストールすることは出来ませんが、MacではWindowsOSを導入するための機能がApple社公式から提供されているため、どうしても必要な場合にはWindowsOSを起動させることが出来るメリットがあります。

PCを準備したらプログラミングスクールに通うか決めよう!

プログラミングジャパン

どんなPCを使うか考えながら、プログラミングスクールを探してる方もいらっしゃるんじゃないですか?

プログラミングジャパンでは、ゴールドコース・プレミアムコースを受講する方対象に、授業料プラス5万円でMacBook Airをプレゼントするサービスをやってるんです!

Mac製品は高くて買うか悩む…という方も、5万円でゲットできて、プログラミングを勉強できると思ったら始めやすいですよね!

プログラミングをする時にMacが最適な理由とは?

プログラミングをする時にMacが最適な理由とは?

プログラミングをする時にMacが最適な理由は、開発を行う上での環境が整っている点にあります。

特にカスタマイズを行わなくてもデフォルト状態で開発しやすい機能がたくさん提供されています。

ぜひ利用して頂きたい機能についてご紹介していきたいと思います。

UNIXコマンドが利用可能

まず、何と言っても「ターミナル」でUNIXコマンドが実行出来る点にあります。

エンジニアとして活動をしていくとCUI(コマンド操作)を利用する機会が多くなりますが、WindowsのコマンドプロンプトではLinuxとは操作性が異なるため、使いづらい場面が多くなります。

また、Web系プログラミング言語として人気の「PHP」「Python」が標準でインストールされているため、すぐに開発を始められることも大きなメリットです。

デスクトップの切り替えが可能

Macから標準で提供されている機能の「仮想デスクトップ」についてもぜひ利用して頂きたい機能となります。

仮想デスクトップを利用することで画面毎に作業を切り分けることが可能となります。

例えば、「プログラミング作業用デスクトップ」「デザイン作業用デスクトップ」「Webブラウザ閲覧用デスクトップ」といった具合に作業の切り分けを行うことができます。

プログラミングをしていると様々なツールやWebページを起動する必要があるため、デスクトップ毎に分けることで快適に作業を行うことが出来ます。

複数のOSが利用可能

Macを利用するメリットのところでもご紹介しましたが、Apple社公式から提供されている「Boot Camp」の機能を利用することでWindowsやLinuxといったMac以外のOSを同じ端末で起動することが可能になります。

プログラミング開発を行う上で、OS毎の動作確認やどうしてもWindows環境が必要になることもありえますので、複数OSを1台の端末で利用出来ることは大きなメリットです。

プログラミングをする際におすすめなMacの種類やスペックは?

プログラミングをする際におすすめなMacの種類やスペックは?

ここからは本記事でお勧めするMacの種類やスペックについてご紹介していきたいと思います。

Macbook Pro

Macbookシリーズの中でも高いスペックを誇るモデルがMacbook Proです。

ディスプレイにはRetinaが採用されており、プログラマー・デザイナー共に快適にご利用いただけるモデルです。

2019年現在13インチと15インチの2種類が販売されています。
15インチモデルには最大で8コアCPU・32GBメモリが搭載出来るなど非常に高いスペックを誇ります。

エンジニアが利用する高性能IDEなど、メモリやCPUを消費するソフトウェアでも問題なく動作させる性能を持ったプロ仕様のモデルとして発売されています。

Macbook Air

Macbookシリーズの中で、持ち運びに適した軽量モデルとして発売されているのがMacbook Airです。

ディスプレイにはRetinaが採用されており、Mac特有の見やすいフォントと合わせて長時間の利用でも苦にならない美しい画面が特徴です。

重さはわずか1.25kgほどでありながら第8世代のcore i-5CPUを搭載し、メモリ最大16GB、ストレージ最大1TBを積載可能などプログラミングを行うにも十分なスペックを誇るモデルです。

iMac

持ち運ぶ必要がなく、家でがっつりとプログラミングを行いたい方にお勧めなのがiMacです。
Apple社から提供されているMacシリーズのデスクトップモデルとなります。

iMacでは21.5インチ4Kモデルと27インチ5Kモデルが提供されており、27インチ5KモデルではCPUに8コア第9世代のcore i-9CPUが搭載されるなどハイスペックモデルとなっています。

iMac独自の特徴として、4Kや5Kといった高画質にも対応可能な専用VRAMが搭載されており、プログラミングだけでなくグラフィック処理などにも十分に対応出来るだけのスペックを備えています。

Mac mini

Mac miniは軽量で格安なモデルとして発売されているシリーズです。
本体が非常にコンパクトなため場所を取らないデスクトップパソコンとして人気を博しています。

元々はサーバー用途としてラインナップされていたこともあり、コンパクトと言えども高いスペックを誇るモデルです。

第8世代の6コアCPUを搭載しており、最大で64GBのメモリ搭載が可能です。
またストレージには2TBの積載が可能となっており、Thunderbolt3・HDMI2.0のポートが両方とも搭載されているためモニター選びにも柔軟に対応可能です。

Macでプログラミングをする時におすすめなアプリやソフト5選

Macでプログラミングをする時におすすめなアプリやソフト

最後に、実際にMacでプログラミングをする時におすすめなアプリやソフトを5つご紹介したいと思います。

ぜひ利用したことのないサービスがありましたら活用してみてください。

Xcode

まずMacでプログラミングをするなら、iPhoneやiPadなどのアプリケーション開発に挑戦してみたいところです。

XcodeはiOS用の開発環境を提供するIDEでApple製品用のアプリ開発には必須となるツールです。

Apple社公式から提供されており、最も信頼が高く、企業で働くほとんどのiOS Developerも利用しているツールです。

PC(Macアプリ)・スマートフォン(iPhoneアプリ)・タブレット(iPadアプリ)など対象機種毎に開発環境を分ける必要がなく、Xcode1つで全ての開発を行うことが可能です。

iTerm2

Macの標準ターミナルは、UNIXコマンドをそのまま利用することが可能なため、特に不満なく利用されているプログラマーもたくさんいます。

しかしiTerm2を利用することでさらに快適なターミナル操作をすることが可能となります。
iTerm2では現在開いているデスクトップ画面に半透明のターミナル画面をフルスクリーンで被せることが可能です。

コマンド操作では、Web検索で調べた内容を確認しながら入力することも多いため、一々画面の切り替えをしなくて良いのは非常に大きな作業効率化となります。

またHotKeyの設定を行うことで、ご自身で設定したショートカットキーを入力するだけで画面上にフルスクリーンの半透明なターミナル画面を表示することが可能となり、快適な作業を実現出来ます。

Clipy

Clipyはクリップボードの履歴管理アプリです。
通常のコピー&ペーストではクリップボードには1つだけしか保存出来ませんが、Clipyを利用することでコピーした履歴を保存しておくことが可能となります。

プログラミング作業では頻繁に同じコードをコピー&ペーストする機会も多いため、作業効率化するためには必須のツールとなります。

また、スニペット機能も備えており、頻繁に利用するコマンドなどはあらかじめスニペットに登録しておくことでいつでも呼び出すことが可能となる点も便利なポイントです。

Source Tree

プログラミングを行う上で必ずと言っても良いほど頻繁に利用される「Git」ですが、GUIで簡単にバージョン管理を行えるのが「Source Tree」です。

Windowsでは「Tortoise Git」などもGUIバージョン管理ツールとして提供されていますが、Macでは提供されていないこともあり、Source Treeの一択と言って良いでしょう。

Source Treeとの名前の通り、ローカルとサーバーの差分をGUIで簡単に判別出来るようなデザインとなっており、Gitの操作に慣れない方でも使いやすい設計となっています。

Homebrew

HomebrewはMac上で利用可能なパッケージ管理システムです。

プログラミングの環境設定では様々なパッケージをインストールする機会も多く、Homebrewを利用することで作業の効率化を図ることが出来ます。

Homebrewを利用せずパッケージをインストールする場合、対象ツールの公式サイトからダウンロードしたファイルを起動し、インストーラーを使ってインストール作業を行うなどの複数手順が必要でした。

しかしHomebrewではターミナルからコマンドを1行入力するだけで自動的にインストールまで完了させることが可能となります。

また、パッケージ管理システムですので、現在インストール済みのパッケージ一覧の参照やアンインストール作業についてもコマンド1行で実施することが出来る非常に便利なツールです。

学生や予算を抑えたい方におすすめ!【ポテパンキャンプ

就職・転職成功で受講料全額無料
Ruby on Rails を学びたいならこちら
現役エンジニアにレビューしてもらえる!

結論として、コードラン編集部はMacをおすすめします

本記事では、本気でプログラミングするならMacとWindowsどちらが良いのをテーマにそれぞれのメリット・デメリットをご紹介してきました。

結論としては、プログラミングにはMacをおすすめします。

MacOSはUNIXベースで開発されていることからコマンド操作において、Windowsよりもプログラミング向きとなっています。

また、BootCampの機能でWindowsを動かすことが出来る点も大きなアドバンテージとなります。
現在は、ほとんどMacの機能で開発に困ることはありませんが、どうしてもWindowsOSが必要な場合に、1台の端末で両方をまかなえるのは非常に大きなメリットです。

どうしてもWindowsじゃないといけない明確な理由がない場合には、Macからプログラミングを始めることをおすすめします。

独学を始める前に一度目を通しておきたい記事

知っておくのと、知らないのでは大違いです。

時間とお金を無駄にしないためにも、ぜひ一読ください!

【決定版】独学がいいのかプログラミングスクールがいいのか?徹底解説してみた!

WRITER

首都大学東京法学系を卒業後、2013年に大手IT企業に入社、コーポレートブランディングや旅行系新規事業の運用改善など広くマーケティング活動に従事。2016年10月より東南アジアに拠点を移し、ベトナムでのメディア事業の立ち上げやシンガポールでのWebマーケティング支援を経験。介護旅行ねっとを運営。リトルトゥース。

オススメの
プログラミングスクール

RUNTEQ

Ruby

ウェブカツ

Webアプリ

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

TechAcademy(テックアカデミー)

AI・人工知能

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

CSS

侍エンジニア塾

HTML/CSS/jQuery

tech boost

HTML/CSS/jQuery

.Pro(ドットプロ)

Python

おすすめの
プログラミングスクール記事一覧

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ