プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

プログラミングができると就職が楽になる?の実際のところ

キャリア

公開日 : 2019年02月24日 | [更新日] 2019年10月17日

昨今、ネット上も含めて巷にはプログラミングスクールがたくさんあります。

そうしたスクールは、どこも就職率の高さを謳っていますが実際のところはどうなのでしょうか?

プログラミング業界を取り巻く環境を検証してみます。

現状は圧倒的に人手不足

エンジニア業界は人手不足

特にIT業界は、慢性的な人手不足

どの業界にも限りませんが人手不足が叫ばれています。

その中でも特にIT業界は深刻であり、プログラマーの高齢化が顕著だと言われており、業界全体が新しい人材を求めています。

これは求人倍率にも現れており、転職サイト「duda」が2月12日に発表した1月の転職求人倍率レポートでは「IT・通信業界」は5.63倍という他を圧倒する数字が出ています。

ちなみに全体の平均は2.13倍です。しかも、この状態は一時的なものではありません。

今後もこの傾向は続くと予想

2016年に出された経済産業省の発表によれば、IT関連へのニーズが今後も増大していくのに対して、それを担う人材が不足していくとしています。

特に2019年を境に人材供給が減少傾向となり、より一層の人材不足が起こると予想しています。

これが、いわゆる「19年危機」です。さらに経済産業省は、より具体的には2030年に78.9万人の人材が不足すると発表しました。

世界各国でもIT人材は不足

同様の傾向は世界各国で見られています。

特にAI技術の技術競争が激しくなっている中、アメリカや中国そしてイギリスなどのヨーロッパ各国が熾烈な人材獲得競争を繰り広げています。

今やプログラマーをはじめとするIT人材は、世界中が欲しがっている人材なのです。

2020年から、小学校でのプログラミング教育が必修化されるのは、こういった背景があります。

プログラミングは貴重な技術

プログラミングは貴重な技術

企業はプログラミングで効率化・自動化

今後、生産人口が日本では減少していきます。

そのため企業は、コンピューターを使って、業務を効率化・自動化したいと考えています。

先ほどの「duda」の発表を見ると、最も転職求人倍率が低い職種は、「事務・アシスタント系」となっており0.23倍です。

IT技術の発達でこれらの職種が自動化されて行っていることが分かります。

そして、その効率化・自動化を担っているのがプログラマーなのです。

どの業種でも必要な人材

つまり、いまやプログラマーという人材は、IT・情報通信分野の企業だけでなく、「モノのインターネット」と言われるIoT技術を利用する企業を始め、あらゆる業種の企業にとって必須の人材であることが分かります。

そして、今後も益々ニーズは高まっていくでしょう。

学ぶ環境が整ってきた

プログラミングを学ぶ環境が整ってきた

かつてはしっかりとした学習や経験が必要だった

以前は、プログラミングを本格的に勉強しようとすると専門学校や大学の情報学部に入って学んだり、非常に難解な書籍を読む必要があり、コストがかかっていました。

しかし今では、ネット上で無料のプログラミングスクールも登場し、プログラミングを気軽に始められるようになりました。

開発しやすい言語やフレームワークの登場

また、以前に比べて格段に動作が安定し、しかも視覚的に分かりやすく、開発しやすいプログラミング言語も登場しています。

例えば、Pythonはこれまでのプログラム言語よりコードがシンプルで扱いやすく設計されており、さまざまなプログラムを分かりやすく効率的に書くことができます。

だからと言って決して複雑なことができないわけではなく、Pythonは「人工知能(AI)」や「web開発」といった現在の最前線で利用されている言語です。

さらに、フレームワークと呼ばれるプログラミングを効率的に行うことができる機能も登場しています。

これは例えば、Rubyに対する「Ruby on Rails」、CSSに対する「Bootstrap」などです。

これらの登場により、プログラミングがより身近になってきています。

就職へのハードルは下がっている

他の業種と比べて、プログラマーは職歴や学歴、年齢よりも、「何ができるか」という実力で評価がされやすい職業です。

今では、独学でも安価でしっかりとした学習ができる環境が揃っています。

これらを活用し、プログラミングを習得すれば、これまでの経歴に関わらず就職は格段にしやすくなります。

今後もっとも求められるスキルなのは間違いありません

今後はもっとエンジニアは求められる

これまで見てきた通り、プログラマーは慢性的な人材不足にも関わらず、どの業種の企業にとっても、今後さらにに必要になってくる人材です。

日本の企業は、社員を育てていくという風土があります。

欧米の企業に比べると未経験でもプログラマーとしてIT企業への就職は可能です。

ただ、当然プログラミングができる人材は歓迎されますし、待遇も大きく変わってきます。

プログラミングができるということは、それだけでも就職の大きな武器になることは間違いありません。

WRITER

学生時代にインドの人材紹介会社にジョインし、新規メディアの立ち上げに従事。日本に帰国後、インターンとしてインバウンド向けサービスを展開するINDIE.incにジョイン、サービスオペレーションを担当。大学卒業後、新卒で大手IT企業に入社し、WEBディレクター業務に従事。その後ケニアにて独立。帰国後はOYO LIFEの日本立ち上げに参画。独特なイラストと共にハンドメイドピアスを販売中。インスタでmAki_earringsと調べてくれる人は神。

オススメの
プログラミングスクール

TechAcademy(テックアカデミー)

Webアプリ

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

ウェブカツ

Webアプリ

CodeShip

HTML/CSS/jQuery

神田ITスクール

TECH BOOST

Webアプリ

ヒューマンアカデミー

Webアプリ

.Pro(ドットプロ)

Webアプリ

都道府県から探す

北海道・東北エリア
北海道
青森
岩手
秋田
山形
福島
関東エリア
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
栃木県
群馬県
山梨県
信越・北陸エリア
新潟県
長野県
富山県
福井県
東海エリア
愛知県
岐阜県
静岡県
三重県
近畿エリア
大阪府
兵庫県
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
中国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
四国エリア
徳島県
香川県
愛媛府
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ