ITエンジニアの会社の選び方って?エンジニアの種類とおすすめの会社をご紹介!

はてブ

IT業界には様々な会社があります。求人サイトなどで検索してみても会社の業種、そして求人の職種も多種多様にわたります。
そのようにたくさんある会社の中から、どのように自分に合った会社を選んだらよいか、お悩みの方も多いでしょう。
就職・転職するにあたって「IT業界ならどんな会社でもいい」という気持ちで活動してしまうと、希望する仕事ができなかったり、思うように年収も上がらなかったりといったことにもなります。
この記事では、エンジニアがどのように会社を選んだらよいのか、その考え方を解説していきます。

ITエンジニアの会社の選び方

ITエンジニア会社の選び方

ITエンジニアの転職を考えるとき、会社選びの軸として自分自身の「キャリアデザインのしやすさ」を重要視すべきです。
給料は景気などによって下がってしまうこともありますが、エンジニアとして習得したスキルやキャリアはなくなることはありません。そのような意味で、自分の目指す姿に向かってキャリアを積み上げていくことが将来の安定にもつながるのです。
とはいっても誰もが明確にキャリアデザインを描けるものではないため、ざっくりとした分類をつかって考え方を説明していきます。

【徹底解説】エンジニアのキャリアパスと業界の今後の未来にについて解説します

Web系 or Sler

最初に、Web系企業か、SIerかという観点で説明します。
Web系企業とは、2000年前後から設立された企業がほとんどで、インターネットを利用したサービス提供を主に行っている企業です。
Web系企業が取り扱うサービスは進化や拡大のスピードが速く、人材的には即戦力を求められるため、若い世代が多い特徴があります。
また、新しい技術に対応するために、人材の流動性も激しく、働き続けるには常に自身もスキルアップしていく必要があります。
大手のSIerなどと比較するとキャリアアップのスピードも早い傾向があるため、チャレンジングではありますが、働きながらキャリアデザインのやり方や、実際のポジションを身近に学ぶことができる可能性が高いです。
対するSIerは、ITに関して全般的に幅広く仕事を請け負う企業です。政府機関や大企業のシステム開発を請け負う大規模な企業から中小規模の企業まで、日本のIT企業と呼ばれる会社のかなりの割合を占めています。
ITシステムまるごと受託するため、上流工程から運用までさまざまなスキルを持った人材が必要ああり、幅広くエンジニアを採用しています。
ですが、規模の大きい開発を扱うため、エンジニアは採用後、経験年数に応じてマネージメント側へシフトしていく傾向にあります。手を動かしていきたいという人には向かない可能性もあります。

自社開発 or 受託開発

次に、自社開発を中心とする会社か、受託開発を中心とする会社かという観点です。
自社開発のサービスがある企業の場合、直接それを使ってくれるエンドユーザーがいることになります。単純に開発して終わり、ではなく、新しい要望を吸い上げて新機能を拡張していったり、長く使い続けてもらうためのサポート業務など、開発プロセスの全体に関わることができます。
ただ、既に安定して運営されているサービスがある企業であれば良いですが、開発したサービスが必ずしも軌道にのるわけではないため、将来性にはある程度のリスクを伴います。
上流工程にも関わっていきたい、マネージメントも視野に入れていきたい、というエンジニア、またはゼロからサービスを立ち上げるといったキャリアを積みたいエンジニアに向いています。
受託開発の場合は、クライアント企業から依頼を受けてシステム開発を行います。そのため、クライアントの業務やサービスの仕様書を元にシステムを構築し、納入するまでを行います。
決まったことを着実に進めていく必要があるため、開発作業における各ステップを品質・コスト・納期を守りながらの管理が重要になります。エンジニアの視点からマネージメントのキャリアに進むにはギャップが少ない形態であると言えます。

そもそもあなたが目指すエンジニアの種類は?

これまで述べてきたように、企業のタイプや取り扱う案件の違いはありますが、大枠としてシステム開発の業務領域は以下のように区別できます。
企画
システム開発/インフラ構築
運用保守
そしてこれらを全体管理する「プロジェクト管理」という業務があります。

キャリアデザインという観点では、自分の軸となるエンジニアスキルから入り、徐々に周辺のスキルを充実させていき、上位ポジションであるリーダーやマネージメントの立場に進むのが典型的なパターンになります。
ITエンジニアを15種類に分類し、それぞれがどの業務領域に関わっているか、参考情報として示します。
システム開発領域
システムエンジニア
Webエンジニア
マークアップ/フロントエンドエンジニア
制御・組み込みエンジニア
プログラマー
テストエンジニア
インフラ開発領域
ネットワークエンジニア
データベースエンジニア
サーバエンジニア
運用・保守領域
フィールドエンジニア
サポートエンジニア
プロジェクト管理領域
プロジェクトマネージャ
その他
セールスエンジニア
社内SE
ブリッジSE

ITエンジニア15種類とおすすめの会社

ITエンジニアの種類と比較

ここからは、それぞれのITエンジニアの概要とスキルを活かすおすすめの会社をご紹介していきます。

1.システムエンジニア

システムの仕様や要件をヒアリングし、要件定義・設計を行う上流工程を中心に活躍する仕事です。開発に入ってからも仕様通りにできているか、納入まで全体的に開発をコントロールします。
システム開発領域・インフラ開発領域に関わるエンジニアとコミュニケーションできる知識と調整力が必要とされます。
おすすめの会社
野村総合研究所
日立ソリューションズ
NTTデータ

SE(システムエンジニア)になるための学習方法と具体的な仕事内容

2.プロジェクトマネージャ

システム開発のプロジェクト全体を管理する責任者になります。各業務領域をとりまとめ、スケジュール管理、人員管理、コスト管理などを行う重要なポジションです。
他のエンジニアと違い、マネジメントスキルが重視されますが、周辺の業務領域についても知識が必要になります。

3.ネットワークエンジニア

ネットワークの設計、構築、運用を担当します。システム内部のネットワークに関するスキルはもちろんですが、クラウドサービスやお客様の拠点など外部接続に関する知識も必要になります。
ネットワークのトラブルは想定外の要素によって起こることが多く、運用・保守領域のエンジニアと常に連携をとっていく必要があります。
おすすめの会社
NTTデータ
Juniper Networks
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

4.データベースエンジニア

データベースは現代のシステム開発においてなくてはならないため、設計、構築、運用ができるデータベースエンジニアは重要な存在です。ただし、データベースはアプリケーションから利用される前提ですので、システム開発領域のエンジニアとのコミュニケーションもこなしていく必要があります。

おすすめの会社
NTTデータ
スクウェア・エニックス
カプコン

5.サーバエンジニア

業務システムやWebサイトなどシステムの種類を問わず、サーバは必須の構成要素です。高速な処理が必要になったり、大量のアクセスをさばく必要があるシステムでは、サーバエンジニアがその要件からサーバの構成やスペックを調整します。
またOSなどのトラブルにも対応するため、運用・保守領域のエンジニアと常に連携をとっていく必要があります。
おすすめの会社
VMware
日本HP
DELL 日本

サーバーエンジニアの年収はどれくらい?気になるお金事情をご紹介!

6.Webエンジニア

システムで稼働するアプリケーションの中でもWebサービスに関連する部分の担当です。データベースなどのバックエンドと、Webページなどのフロントエンドの間のやりとりを受け持つ部分を開発します。
他の機能やシステムとネットワークを介して連携することも多くあるため、インフラ開発領域のエンジニアと連携をとる必要があります。
おすすめの会社
ヤフー株式会社
楽天株式会社
フェンリル株式会社

7.マークアップ/フロントエンドエンジニア

マークアップエンジニアはWebサイト開発に使用される言語(HTML/CSS/JavaScript)を使いこなせる、Web制作スキルを持つエンジニアです。フロントエンドエンジニアはスマホアプリなども含む、より広い領域をカバーします。
システム開発領域にいるエンジニアですが、システムの動きや見た目にかかわる実装を行うことから、デザイナーやクライアントなど企画領域とのコミュニケーションも多く発生します。
おすすめの会社
freee株式会社
楽天株式会社

できるフロントエンドエンジニアになるために必須なスキルをご紹介!

8.制御・組み込みエンジニア

家電製品や工業用機械などを制御するソフトウェアを開発するエンジニアです。動作環境や動作スピードに制約があるケースが多く、CやC++が扱えることが重宝されます。IoTや4G/5Gの普及によりネットワークを介した連携も必要となるため、インフラ開発領域との連携も必要になります。

9.プログラマー

システムエンジニアが作った仕様書や設計書からプログラミング言語を使い、システム上で動作するアプリケーションを開発するエンジニアです。アプリケーションが使う共通機能やライブラリなどの開発を行うこともあります。
最近ではインフラもプログラマブルに制御できるようになってきており、活躍する場がインフラ開発領域にも広がっています。

10.テストエンジニア

テストエンジニアは開発された製品やサービスをテストし、バグの発見・修正などを行い、早期解決していくことが仕事でsy。ソフトウェアの品質を理解し、システム環境がおかれる現場に応じて的確な対処がとれる知識とスキルが必要になります。

おすすめの会社
株式会社SHIFT

11.セールスエンジニア

セールスエンジニアは営業がサービスをクライアントに販売する中で、技術的な観点でサポートするエンジニアです。複雑なシステムや研究技術を使ったシステムは営業だけでクライアントに説明できないため、セールスエンジニアがサポートして説明や提案を行います。
カスタマイズ案件などでは、企画領域から連携して活躍するケースもあります。

12.フィールドエンジニア

フィールドエンジニアはお客様先に出向いて、ハードの設置や保守を行うエンジニアです。作業の際には稼働しているシステムへの影響も考慮する必要があるため、システム開発領域・インフラ開発領域のエンジニアとのコミュニケーションも発生します。

13.サポートエンジニア

サポートエンジニアは、製品やサービスを利用しているエンドユーザーからの問い合わせに対応する仕事です。トラブルの原因はソフトウェア/ハードウェアどちらもあるため、切り分け、原因調査、回答作成を行って、トラブルを解決に導きます。
原因調査から修正対応に至るまで、システム開発領域・インフラ開発領域のエンジニアと連携をとり、早期解決をしてユーザーの満足度に貢献します。

14.社内SE

社内SEはIT企業の社内システム開発に関わるタイプと、IT企業ではない企業のIT部門に関わるタイプの2つがあります。社内のシステム全般に対して、設計・開発から運用・保守にいたるまで幅広く担当します。
担当する範囲は広範囲に渡るため、SE経験者が転職先として選択するケースも多くあります。

【SEとは?】SEがIT業界で活躍するためにやるべきこと3つ!

15.ブリッジSE

ブリッジSEは、近年増えてきているオフショア開発など、他国のエンジニアと協働するプロジェクトにおいて、その橋渡しをスムーズに行う役割のエンジニアです。言語スキルももちろん重要ですが、日本と相手国の開発チームの方向性を合わせていく、という難しい調整をしていきます。
以前はプロジェクトマネージャが兼任する形が多かったこともあり、どちらかというとプロジェクト管理領域に近い立場になります。文化や考え方の違いをふまえつつ、開発スタイルや技術レベルの違いをうまく組み合わせてパフォーマンスを上げる調整力も必要です。

これからITエンジニアを目指すあなたにおすすめのスクール

これから通う人におすすめのスクール

Aidemy

Aidemyは人工知能のプログラミング学習を中心としたスクールです。オンラインですべてが提供されるタイプなので、24時間どこでもAIについて学習することができます。
カリキュラムはPythonを主に扱い、人工知能やデータ解析がメインとなっているため、将来的に目指す方向性が合っている方にはおすすめです。
メンターとのやりとりはSlackでのコミュニケーション、そしてテレビ電話形式で直接話すことも可能となっています。
料金は少々複雑ですが受講したいコースを購入するか、月額制で割り当てられるチケットを消費しての受講となります。
コースの例
AIマーケター育成講座
データサイエンティスト超入門
深層強化学習発展

Aidemyのおすすめランキング!料金からコースまで調べてみた。

TechAcademy

TechAcademyはオンラインですべてが提供されるプログラミングスクールです。
カリキュラムの特徴は、複数のコースをセットにできるシステムで、上手く組み合わせると授業料を安くすることもできます。
メンターとのやりとりもオンラインサービスであるSlackを利用しますが、質問への対応も素早く、学習を進めやすい評判を得ています。
コースの例
PHP、Lavarelコース
はじめてのプログラミングコース
エンジニア転職保証コース

『TechAcademy(テックアカデミー)』の評判・授業内容2019まとめ

TECH::CAMP

キャッチフレーズは「人生を変えるプログラミングスクール」となっており、初心者を対象にしたカリキュラム中心のスクールです。
教材はすべてオンラインで見ることができますが、全国6ヶ所に教室を展開しており、通学形式でレッスンを受けることも可能です。
料金は月額制で14,800円ですが、入会金がそれとは別に148,000円となっています。受講中はコース選びも自由になるため、その気になれば5コースすべて受講することも可能です。
コースの例
Webサービス開発
オリジナルサービス開発
AI(人工知能)入門

TECH::CAMPがおすすめなのはプログラミング未経験の初心者で、一から基礎を学びたい人!

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプはRailsに特化し「3ヶ月で実務に通じるエンジニアになれる」と謳うプログラミングスクールです。受講形式はすべてオンラインです。
学べる言語はRuby on Railsになりますが、受講生に対して現役エンジニアであるメンターが複数人サポートしてくれ、徹底して実践的な課題をこなしていくため、想像以上のスキル向上が見込めます。
コースは3つあります。
選抜クラス(キャリアコース)
選抜クラス(ビギナーコース)
オープンクラス
特徴的なのは、選抜クラスでは就職までサポートしてくれることで、すべて自社内開発を行っている企業のみなので、安心感がだいぶ変わると思います。さらにそのルートで就職すると、ほぼほぼ授業料が返却されるというのも嬉しいポイントです!

未経験からのエンジニア転職を狙うならプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」がおすすめ

Codeacademy

Codeacademyはブラウザ完結型のオンライン学習サービスです。
あらかじめ用意されたエディタ部分に問題の答えを入力していくというスタイルになっており、解答を進めていくと難易度が上がっていく仕組みです。学べる言語についてはHTML, CSS, Python, JavaScript, Java, SQL, Ruby, PHPが用意されています。
メンターはいませんが他の登録ユーザーに気軽に質問・相談できるコーナーがあります。海外のサービスという性格上、英文でのやりとりが必要になるのは仕方ないところでしょうか。
料金は無料で29コースを学べますが、月額$19.99~(1年で契約した場合)のProプランも用意されていて、上級者向けコースが受講できるようになります。

DMM Webキャンプ

DMM WEBCAMPは金曜日以外なら通い放題の通学制プログラミングスクールです。転職サポートが充実していることも特徴になります。
カリキュラムはHTML/CSSというWeb言語の基本から、Ruby on Railsを学ぶ流れになります。さらに、転職後の現場を意識したチーム開発、オリジナルサービス制作といった内容をこなして、実務レベルのスキルを身につけることができます。
教室はまだ3つと少ないためそこに通える前提が必要なのですが、11時~22時まで講師も待機しており、充実した学習サポートを受けることができるのもとても魅力的。

【2019年最新】DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミ|実際の受講者に聞いた総合評価とは

関連記事