おすすめプログラミングスクールの口コミ・評判・体験談がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

「1番仕事ができないプログラマー」に認定された元営業マンの僕がフリーランスエンジニアになるために意識した2つのこと

インタビュー

公開日 : 2020年01月20日 | [更新日] 2020年05月27日

「私はエンジニアに向いているのだろうか?」

エンジニアを目指す過程で、誰でも一度は思い浮かんだことがあるのではないでしょうか。

無理もないと思います。

勉強を始めたばかりの人にとって、プログラミング全体の輪郭が見えないかぎり、「一体、自分は今どこの何を勉強しているんだ」となるのは当たり前

でも逆に、プログラミングの輪郭が見えてくると、色々なことが繋がってきます。

今回は、駆け出し時代に、「1番仕事ができないプログラマー」に認定されたとっくんさんに、駆け出しの頃のエピソードから、現在のフリーランスエンジニアに至るまでの話をお伺いしてきました。

大学卒業後、1年半ほど営業マンとして従事。その後、完全に未経験な状態でシステム会社に入社。何もわからない状態で入社してしまったため、「社内で1番仕事ができないプログラマー」とまで言われてしまう。その後、スタートアップにジョインし、Ruby on Railsを使っての0→1の開発に従事。その後、現職のフリーランスエンジニアとして独立。

営業マン時代に憧れを抱いたエンジニアへ全くの未経験で転職

avatar
ラン
今や、フリーランスエンジニアとして働くとっくんさんも、最初は営業マンだったんですね。その時はどのような商品を売っていたんですか。
avatar
とっくんさん
東京で広告の営業をしていました。その仕事の中で、ディレクションのみですが、ホームページのWeb制作も請け負っていました。
avatar
ラン
プログラミングを学ぼうと思ったのはホームページの制作がきっかけだったんですか。
avatar
とっくんさん

実際の制作作業は制作会社さんにやってもらっていて、僕が作っていたとかではありませんでした。(業務がディレクションのみだったため。)

ただ、そのときにコーディングしている様子を見せてもらって、「プログラミングだ!かっこい〜」って思って興味を持ちました!(笑)

avatar
ラン
たしかに、私も最初は「かっこいい〜」ってなりました。
avatar
とっくんさん

それがきっかけでプログラミングに関して調べるようになりました。

インターネット上でいろんな記事をみていると、スキルが上がったらそれと一緒に給料も上がるみたいなことが書かれていて、「それは面白いな」と思ったのが始まりでした。

avatar
ラン
当時、エンジニア転職以外の選択肢は一切考えなかったんですか。
avatar
とっくんさん

エンジニア転職以外は全然考えなかったですね。

僕は人と喋ったり、誰かと飲みに行ったりするのはめっちゃ好きなんですけど、入っていた会社は帰るのがめっちゃ遅くてそこが嫌でした。(笑)

avatar
ラン
(確かに話している感じ、飲みはすごい好きそう)
avatar
とっくんさん

営業が嫌というよりは早く帰れない「その会社」が嫌だった感じですね。

その時にその会社が嫌っていうのとプログラミングを見つけたっていうのが合致してエンジニアを目指したいと思ったっていう感じです。

色々調べたら他にも選択肢はあったのかもしれないんですけど、当時はあんまり深く考えてませんでした(笑)

怒られすぎて1番仕事できないプログラマーに認定される

avatar
ラン
未経験からエンジニア転職された当時のスキルってどんな感じだったんですか。
avatar
とっくんさん

最初、未経験でも入社可能な会社を探して入ったんですけど、最初はほんまに何もわかってない状態でした。

独学すらしてなかったので、変数も分からない、「HTMLって何?」みたいな状態でした。

avatar
ラン
本当に、全くスキルがない状態で飛び込んだんですね。その気合いがすごい。
avatar
とっくんさん
その会社が「スキルは勉強したら身につくし、営業の経験があるなら、ある程度人とコミュニケーションも取れそうやしええよ」っていう感じで内定をくれて、プログラミングを1から教えてもらっていました。
avatar
ラン
なるほど!営業時代のコミュニケーションスキルを評価されて、入社されたんですね。
avatar
とっくんさん
今って「RubyとかPHPとかWeb系の言語で入りたい」という人が多いと思うんですけど、僕が入社したシステム会社はJavaとかVB.net*がメインのシステム会社で、当時はそういう会社やったら意外と未経験でも枠があるという感じでした。
*マイクロソフトが開発したプログラミング言語およびその処理系。Visual Basic .NET (ヴィジュアル ベーシック ドットネット)のこと。
avatar
ラン
システム会社では、どのように業務を進めていらっしゃったんですか。
avatar
とっくんさん

当時はほんとに全くソースが読めなくて、先輩に教えてもらいながらやっていました。

なので、業務の流れとしては基本的に出社したら先輩にタスクを指示してもらって、その日の終わりにそのタスクがどれくらい出来たか報告して帰るみたいな感じでしたね。

avatar
ラン

教えてもらいながらではありつつも、結構自分で開発を進める感じなんですね。

未経験でシステム会社に入って、ここはうまくいったみたいなことってありましたか。

avatar
とっくんさん
本当にずっと怒られっぱなしで、みんなに誇れるような「うまくいったこと」はマジで1つもないかもしれません・・・(笑)
avatar
ラン
そ、そんなこと言わずに…
avatar
とっくんさん

1つ言うのであれば、僕みたいな怒られっぱなしの状況の人って新人には結構多いと思うんです。

そういう時に「怒られずにスマートに進めたい」って思うのはもう諦めて、上司に怒られまくってもいいから聞きまくるみたいなスタイルに変えたんです。

聞いたりして上司とコミュニケーションを取らないと、上司もどれくらいの進捗状況なのか把握できないですし。

だから、「怒られてでも、何を言われても、無心でわからないところを聞く」ということを後半からは意識していました。これはもうプログラミングの進め方というよりかは、仕事の進め方みたいな話かもしれないですが。

独学で学んだRubyの学習方法とは?

avatar
ラン
とっくんさんのnoteで、システム会社に在籍している際にRubyを独学し始めたっていうのを見たのですが、Rubyの独学を始めた理由はあったんですか。
avatar
とっくんさん

当時僕と同じ未経験でシステム会社に入った同期がRubyの勉強を始めてて、

「JavaよりもRubyの方がとっつきやすいで」と聞いたことがきっかけです。

それでRubyをさわりはじめました。

将来Web系に行きたいとか、Rubyだと求人が多い/少ないとかそう言ったことは何も考えていませんでした。(笑)

avatar
ラン
なるほどです!独学ではどういう風に学ばれていたんですか。
avatar
とっくんさん

僕の話は少しイレギュラーかもしれないんですけど、

Rubyの勉強を始めたのがシステム会社に入って半年経ってからなのですが、その半年間でJavaを触ってたので、プログラミングがちょっと分かる状態だったんですよ。

avatar
ラン
プログラミング未経験ではない状態ですよね。
avatar
とっくんさん

そうです!半年なのでスキルはまだ全然やったんですけど、最低限のことはわかっているつもりだったのでいきなりRailsチュートリアルっていう初心者にとってはちょっとハードルが高い無料の教材で勉強してました。

Railsチュートリアルでも特に重要そうな序盤を3周ぐらいして、それが終わったらガンガン自分のアプリを作っていくみたいな感じで勉強を進めていました。

avatar
ラン
なるほど。無料の教材を使って。独学されてたんですね。どんなアプリを作られたんですか。
avatar
とっくんさん

その時はめちゃくちゃ簡単なものを作っていましたね。ただコメントをしてそれが表示されるだけの伝言板アプリとか。

その伝言板アプリがある程度できたらそれにいいね機能をつけたり、いいねが多い順に並び替えられる機能を付けたりしていました。

転職するまでにオリジナルアプリを3つ作ったんですけど、3つ目が当時にしては結構頑張ったやつで、他のところのAPIを叩いて、APIから取ってきた情報を表示できる機能を付けたりしてました。

avatar
とっくんさん

1社目のシステム会社ではAPIとかを全然触ってなかったので、「APIとはなんぞや」みたいなのをそこで触りながら覚えました。

あと、CSSとか見栄えを整える系のものは全く作っていなくて、見た目はめっちゃダサかったです。(笑)でも、バックエンドエンジニアとしてはデザインなどの見栄えは優先度が低いと思ってるので、あの時の判断は正しかったかなと思ってます。

Twitterで出会った人がきっかけでスタートアップに転職

avatar
ラン
3社目のスタートアップに転職されたのはどういう経緯だったんですか。
avatar
とっくんさん

独学でRailsを勉強してたときに、今のTwitterアカウントとは別のアカウントを持っていたんです。

そこで「Railsを勉強してるんで、Rails勉強中の人は仲良くしてください!」みたいなことを発信してました。

そのときに同じくRailsを勉強中の人とつながったんですけど、その人と1回飲みに行って、話が合って意気投合したんですよ。

それから何回かその人と飲みにいくうちに、「Rails勉強してるんやったらうちの会社で一緒にやらへんか?」と誘われてそれがきっかけでスタートアップに転職しました。Railsを勉強中って言ってたんですけど、実はその人がそのスタートアップの幹部だった感じです。

avatar
ラン
なるほど。そういう経緯だったんですね。スタートアップで働いていた時に、システム会社時代との違いは結構あったんじゃないですか。
avatar
とっくんさん

新しく入ったスタートアップは社員が僕含めて4人しかいなくて、全員の年齢もほぼ同じやったんですけど、やっぱりコミュニケーションの取りやすさが良かったですね。

僕以外にもう一人エンジニアがいたんですけど、その人にも質問しやすかったし、的外れなことを聞いても全然怒られないし、社内の空気がめっちゃ良かったです。

あとは僕が新しい機能を実装した時、それは技術的には全然むずかしくなかったんですけど、社長が「こんなん作れるん天才やん!」って喜んでくれたりとか、そういう空気感が全然まえの会社とは違いましたね。

avatar
ラン
褒めてくれるのすごくいいですね。モチベーションが上がりますよね。
avatar
とっくんさん

そういうのが前の会社やと全くなくて、スタートアップでは「自分が貢献できてる感」みたいなのをすごく感じれたんですよ。

だから頑張ろうと思えたし、それがモチベーションを落とさんかった要因やと思いますね。

avatar
ラン
逆にこれはあまり良くなかったなーっていうのはありますか。
avatar
とっくんさん
僕、めちゃくちゃインプット嫌いなんですよ。とにかく本とか読まずに手を動かして結果を確認するタイプで、困った時にググるだけって感じやったんです。
avatar
ラン
システム会社の時からそうですもんね!
avatar
とっくんさん

それで、Railsでシステムを作っていく中で、最初にちょっとでも本を読んでたら便利な機能とかがめっちゃあったのに、それを知らずに回りくどい書き方をしてたりってのが結構ありました。

アウトプットしながら、たまにはインプットもしておいたほうが良かったかなってのはありましたね。それが失敗かなって思います。

avatar
ラン
なるほど!もっと効率的なやり方があったと!
avatar
とっくんさん

はい。ただ、それでもアウトプットの比率の方が高いべきで、アウトプットする時に「もうちょっといい書き方ないかな?」って本をパラパラ見るくらいで良いかなと思ってます。初心者は特にインプット過多になる傾向が強いと思っているので。

あとは、そのスタートアップではエンジニアが僕も含めて2人だけやったんで、ソースレビューしてくれる人がいなかったんです。

これは、フリーになった時にまあまあ苦労しました。動くものは作れるけど綺麗なコードで書くことを意識してなかったので。

フリーになったら、ソースコードの書き方の部分はいろいろ指摘を受けましたね。

スキルの向上を目指してフリーランスエンジニアとして転職

avatar
ラン
スタートアップを退職して、フリーランスとして独立するに至った理由は何かあったんですか。
avatar
とっくんさん

理由は2つあって、1つ目がTwitterで「フリーランスは儲かるしスキルも上がるしええぞ」みたいな話をよく聞くようになったからですね。そこからフリーランスについて調べるようになりました。

2つ目は、社内のエンジニアが僕と同じくらいのスキルレベルで、今の実装のやり方が合ってるか間違ってるかっていうのを誰も教えてくれない環境だったからですね。一旦、バチバチのRailsの現場に入って勉強した方が今よりもスキルが上がるんちゃうかなって思ったのがきっかけです。

avatar
ラン
なるほど。スキル面での成長を考えてのキャリアチェンジだったんですね。フリーランスも基本的には自分で業務を進めていかないとダメだと思うんですけど、コードレビューをしてくれるような環境だったんでしょうか。
avatar
とっくんさん
そうですね。全部リモートの案件だったんですが、基本的には複数人で開発を行うもので、githubのプルリク* を上げて、それに対してレビューしてもらって、学んでいくという感じでした。
* コードの「編集リクエスト」のような機能
avatar
ラン
なるほどです。ちゃんとコードレビューを行ってくれる環境だったんですね。現在はどんな案件が多いんですか。
avatar
とっくんさん

基本的にはRailsを使った開発をメインでやってて、他はPaaSでKintone*っていうの聞いたことあります??

ああゆう既製のプロダクトを使って、JavaScriptでカスタマイズだけして納品とかもしてます。

Railsに限らず、その現場で必要なやつをなんでもやってる感じですね。でもメインはRailsでの開発です!

*サイボウズ株式会社が提供する業務アプリ構築クラウドサービスのこと。
avatar
ラン
幅広く案件は取られているんですね。フリーランスの実働時間って週どれくらいなんですか。
avatar
とっくんさん

基本は週3でやってるんですけど、最近は知り合いの請負の仕事とかもやってます。

1週間でどのくらい働くのかは基本的に自分で決めれるので、週3プラスアルファみたいな感じで働いています

残りの時間はYoutubeやオンラインサロンの運営など、自分の事業に時間をあてています。

フリーランスエンジニアの案件の獲得方法はエージェントよりも足で稼げ?

avatar
ラン
なかなか開発案件を取るのは難しいと思うんですけど、案件はどのようにとっているんですか。
avatar
とっくんさん

そうですね。最初は勉強会とか異業種交流会みたいな怪しそうなやつにもめっちゃ顔を出してました(笑)

そこにシステム会社の社長さんも来てたりして、飲みに行って仲良くなって、「Railsをメインでやってるけど、昔はJavaもやってました」とかっていう話をすると、めちゃくちゃ受けがよくて、それで仲良くなったりとかしてました。

スタートアップの時に作ってたWebサービスがあるのでそれを見せたらある程度信頼してくれてましたね。

avatar
ラン
エージェントを活用するというよりかは、かなり足で案件を取る感じなんですね。
avatar
とっくんさん

僕はそもそも飲み会とか交流会とか「人とお酒を飲みながら喋る場」が大好きなので、特に苦もなく行ってましたね。ツイッターでもよく「どういう風に案件を取ったらいいんですかね」って聞かれることが多いんですけど、「勉強会や交流会で仲良くなって案件を見つけるやり方もあるで」って伝えてます。

多分、案件の紹介といえばエージェントってなると思うんですけど、多分エージェントってスキルがない未経験の状態でいっても突っぱねられることが多いと思うんです。だから勉強会とかに顔を出してちょっとずつ繋がりを作るやり方もありなんちゃうかなあと思います。

もちろん、エージェントも使ってもらったら良いと思うんですけど、自分の足を使う系も僕はめっちゃいいと思ってますね。性格的に向く向かないはあるとおもうんですけど。

avatar
ラン
案件にもよるとは思いますが、仕事としてやる分、最低限のスキルは必要ということですよね!確かに、少し経験を積んでからのエージェント利用の方が単価は上がりそうですね。

完全フルリモートで働く際のメリットとは?逆にデメリットはなに?

avatar
ラン
現在、フルリモートで働いているとのことなのですが、フルリモートっていいですか?
avatar
とっくんさん

フルリモートはやっぱり場所の都合がつきやすいのはもちろんですし、働く時間帯も決まってないので、いろいろと自由に動けるのが良いですね。

例えば、前の日に「飲み会でめっちゃ飲んでもた」っていう日に、次の日は遅めの時間から稼働したりするんですけど、「あいつ意識低い!」とか思われたりすることもなく、全然問題ないって感じなんですね。

僕とお客さんの関係性や、お客さんの特性にもよるので、全部がそうとは思わないんですけど、僕が入ってきたプロジェクトはそういうところが多かったです。

avatar
ラン
働く時間を自分で決められるのはいいですね。(私だとそのまま今日はやーめたってなりそう…)
avatar
とっくんさん

あと、例えば、今日はAのクライアントさんの案件をやるけど、その時間の内の2時間だけは、Bのクライアントさんと打ち合わせするとかもできます。

そんな感じで時間の都合がつきやすいっていうのは大きなメリットですね。

デメリットは誰にも監視されないんで、自己管理を徹底しないとすぐにサボっちゃうことですね。(笑)

なので極力家では作業しないようにしてます。家だととサボっちゃうので、コワーキングスペースやカフェなどに行くことが多いですね。

avatar
ラン
たしかに人間だれしも監視されてないと怠けちゃいますよね。
avatar
とっくんさん

だから、知り合いのお客さんが大阪にいるなら、お客さんのところに遊びに行かせてもらってそこで仕事したりすることもたまにありますね。

逆に自分でフルリモートのメリットをなくしちゃってる感じなんですけど、そっちの方が聞けることをすぐ聞けるし、仕様の方向とかを直接お客さんと話せるので便利だなと思う時もあります!

avatar
ラン
どこで働くかも全部自分で決めることができるのがいいですね!

最後にこれからエンジニアを目指す方に一言お願いします

avatar
ラン
フリーランスエンジニアとして長く活躍するために、とっくんさんが意識していることを教えてください。
avatar
とっくんさん

2つあって、1つ目がアウトプットを重視すること。そしてアウトプットも可能な限り実務でやるべきです。

独学でするのもいいと思うんですけど、勉強したい分野があるなら、独学するんじゃなくて、その勉強したい分野の実務をとってくるべき。少なくとも自分が入れる案件や仕事がないか探してみるべきだと思ってます。

2つ目は案件の条件や内容は自分でコントロールできた方が良いと思うんで、やっぱり人脈というかコネクションを多く持っておくことっていうところですかね。

avatar
ラン
やっぱり営業が大事ということですね。
avatar
とっくんさん

コネクションがたくさんあると仕事が圧倒的に取りやすくなると思うんです。それは別にリアルの友達じゃなくても、例えばどこかのコミュニティ入るとか、勉強会に参加するとか、Twitterで友達をつくるとかそんなんでもいいと思います。

めんどくさいかもしれないですが、それが結果的に良い案件に繋がるんじゃないかなと個人的に思っています。

avatar
ラン
最後にこれからエンジニアを目指す方にむけて一言お願いします。
avatar
とっくんさん

最初は変数とかも分からない状態でシステム会社に入って、案の定めっちゃボコボコにされながら続けてました。でも正しいやり方で勉強を続けていたらちょっとずつわかる事って増えていくと思ってるんです。

プログラミングって、人を介してるわけじゃないし、所詮は機械じゃないですか。人間と喋ってたら人によって反応が違ったりとか「絶対的なルール」はなくて、色々考えないと駄目だと思うんですけど、プログラミングではルールがきちっと決まっていて、こっちが正確に指示すればきちんと動いてくれるんです。

だからこそ、続けていれば誰しもが上達できるのかなと思っています。

あと、最初って何がわからんかも分からんくて、めっちゃしんどいと思うんですけど、僕みたいな「1年間ずっと怒られ続けてた奴」でも最終的にはフリーランスエンジニアとして仕事ができてるし、希望を持って頑張って欲しいと思っています!

インタビューを終えて

全くの未経験の状態から、実務に飛び込んで、実案件をこなしながらプログラミングをマスターしていったとっくんさん

とっくんさんご自身もおっしゃってたように、めちゃくちゃしんどい環境の中で、やり続けることがとても大事ということを学びました。

実務をこなしながら、恥を恐れずにわからないことは聞くこと。

勉強会などに参加して人脈をつくること。

いわゆる一般的にみると泥臭いことを淡々とこなすとっくんさんだからこそ、フリーランスエンジニアとしても大活躍されているのだと思います。

とっくんさんは自らの経験をもとに、YoutubeやTwitter、ブログで発信してくれています。

とっくんさんのTwitterはこちらから

インタビュアーのランちゃんのTwitterはこちらから

とっくんさんのYoutubeはこちらから

おすすめのフリーランスエンジニア向け案件紹介サービス

フリーランスエンジニアになりたいと思っている方におすすめのフリーランスエンジニア向け案件紹介サービスを紹介します。

まだフリーランスになるか決めてない方や情報収集したいだけの方でも登録可能。

さらに、今フリーランスになるべきか?自分のスキルで通用するか?などの相談もできるので、フリーランスに興味がある方は気軽に登録しておきましょう!

レバテックフリーランス

・登録者数150,000人
・認知度業界No.1
・年間提案数103,953件
・案件提案・手続き代行・税務サポートまで

WRITER

コードランは副業/フリーランスなど新しい働き方をテーマに、プログラミングスクール・学習サービスについて各スクールの授業内容や、働き方をわかりやすく紹介しているポータルサイトです。住所や駅名などからお近くのスクールを検索したり、各スクールなどの評価やレビューなども見ることが可能です。また、コードラン編集部は、エンジニアとして働く「今」を実際に働いているエンジニアの方へインタビューをしたり、実際にスクールへ方針や授業内容などを取材に行くなど、より詳細な情報を発信しています。

オススメの
プログラミングスクール

RUNTEQ

Ruby

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

TechAcademy(テックアカデミー)

AI・人工知能

ウェブカツ

Webアプリ

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

CSS

侍エンジニア塾

HTML/CSS/jQuery

tech boost

HTML/CSS/jQuery

.Pro(ドットプロ)

Python

都道府県から探す

北海道・東北エリア
北海道
青森県
岩手県
秋田県
山形県
福島県
宮城県
関東エリア
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
栃木県
群馬県
山梨県
信越・北陸エリア
新潟県
長野県
富山県
福井県
石川県
東海エリア
愛知県
岐阜県
静岡県
三重県
近畿エリア
大阪府
兵庫県
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
中国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
四国エリア
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ