おすすめプログラミングスクールの口コミ・評判・体験談がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

様々な業界の案件があるのがSIerの最大のメリット!自分はエンジニアとして何をしたいのかアピールすることが大事!

様々な業界の案件があるのがSIerの最大のメリット!自分はエンジニアとして何をしたいのかアピールすることが大事!

インタビュー

公開日 : 2020年05月29日 | [更新日] 2020年05月29日

「将来は会計士になる」漠然と思い描いていた将来像

しかし、ガラケーからスマートフォンへと移行する時期だった2008年にiPhoneを手にして、プログラミングに興味を持つことになったことで今のエンジニア人生が始まったそう。

新卒でSIerに就職したエソラさんはなぜSIerを選んだのか?どのような業務をされているのか?

SIerへの就職を考えている人が気になるであろうことをいろいろ聞いてきました!

【エソラさん】
関西の私大の商学部を卒業し、新卒で現在も勤務されているSIerに就職。主にアプリケーション開発を中心に新規開発案件ばかり参画し実績を積む。直近ではAWSを使ったインフラ構築からアプリ開発まで幅広い業務を担当している。今まで使用した言語やフレームワークは下記。言語:Java、JavaScript、Python、HTML、CSS
フレームワーク:Springboot、Angular.js
OS:Windows、Linux
DB:PostgreSQL、SQLServer、Oracle、DB2、RDS、DynamoDB、Redshift
クラウド:AWS(Lambda、Cloudformation、EC2、ECS、Codeシリーズ、Amplify、AWS Glue、S3、AWS Batch等)

会計士を志していたがiPhoneとの出会いでITに興味を持つ

会計士を志していたがiPhoneとの出会いでITに興味を持つ

avatar
ラン
エソラさんとプログラミングの馴れ初めについて教えてください!
avatar
エソラさん
実は、大学生になるまでは学校の授業くらいでしかPCを触ったことがなく…
実家が家業をやっていた影響もあり、大学2回生くらいまでは会計士になりたいなと思っていました。
avatar
ラン
なるほど!プログラミングとはほど遠いですね!
avatar
エソラさん
ただ、会計の勉強が面白くなくて、何か思ってたのと違うなと思っていて、目標を失ってフラフラしていると、スマートフォンがまだ普及してなかった時代にiPhone3GSを持っている友達がいたんです。
avatar
ラン
スマートフォンが普及する初期の頃ですね!!
avatar
エソラさん
はい!当時ITに疎かったんですが、すごくカッコいいなと思い自分もiPhoneを買いました。
iPhoneで遊んでいると、ガラケーとは違い、アプリを色々と入れてカスタマイズ出来ることがすごく面白いと思って。
avatar
ラン
今までのガラケーとは全く違う概念なので衝撃でしたよね。
avatar
エソラさん
そこから少しITやプログラミングに興味を持ちはじめて。
ゼミの先輩がエンジニアになったり、もともと手に職を付けたいと思ってたりしたこととかがきっかけでエンジニアとしてSIerに新卒で入社しました!

「アプリケーションを作りたい!」という思いでSIerに就職

avatar
ラン
当時、最終的にSIerに就職するにいたった理由は何だったんですか。
avatar
エソラさん
正直なところ、IT業界とは一口に言ってもSIerとかWeb系とか、様々な業種があると思うんですけど、当時就活生だった私はあまり違いを分かっていませんでした。
avatar
ラン
SIer、SES、Web系受託会社などなど。
いっぱいあるのでややこしいですよね。
avatar
エソラさん
「アプリケーションを作りたい、そのアプリケーションをみんなが使って、喜んでたら自分も嬉しい」という漠然とした思いはあったものの、どういった会社がいいのかわからなかったので、ゼミで憧れていた先輩がSIerに入社していたこともあって話を聞きにいったんです。
avatar
ラン
なるほど!
実際にエンジニアになった人の話を聞くのが早いですもんね。
avatar
エソラさん
企業向けにシステムを開発するSIerは商学部出身の自分でも、会計や発注など聞き馴染みのある言葉が多く、自分がこれまで勉強していたことを活かしながらIT業界に参入出来るかなと思い、SIerに就職することにしました。
avatar
ラン
それでSIerに就職されたんですね!
SIerでは研修が終わってすぐにコードを書き始めるような形だったのですか?
avatar
エソラさん

一応、コードは書いていたのですが、あまり頭を使うようなものではなかったのが実情です。当時配属されたプロジェクトは金融系で、自分はフロントエンドの担当だったのですが、パラメーターシートを書き込んで、ボタンを押せば、すぐにある程度の画面は実装出来るような会社独自のフレームワークを使っていました。

avatar
ラン
社内で使える独自のフレームワークがあったんですね!!
avatar
エソラさん
そうなんです!!
実際、3年目くらいまでは業務で難しいコードを独力で書くということはありませんでした。
漠然とこのままキャリアを積んでしまうとやばいなと思って、個人的に勉強をはじめました。

入社3年目くらいに自己成長のためハッカソンに参加!

入社3年目くらいに自己成長のためハッカソンに参加!

avatar
ラン
どのように勉強を始めたのでしょうか?
avatar
エソラさん
新人の頃は全くプログラミングの経験がなかったので、社内研修や書籍を使って勉強していたのですが、初心者だったので書籍を読んでもあまりピンと来ず、「何に使うんだろう、どういう時に使うんだろう」という感じであまり成長に繋がらなかったです。
avatar
ラン
いきなり独学となっても難しいですもんね…
avatar
エソラさん
そうなんです。
書籍で勉強するのにも飽きてきて、「何か変えないといけないな」と思って、社内のハッカソン*や外部の勉強会に参加するようになって、そこで出会った人たちと自作のアプリケーションを作り始めました。
*プログラマーや設計者などのソフトウェア開発の関係者が、 短期間に集中的に開発作業を行うイベント

 

avatar
ラン
かなり実践的で楽しそうですね!社外のつながりもできるので一石二鳥!
どのようなものを作られたんですか?
avatar
エソラさん
ReactとIBMのWatsonを使ったチャットアプリとか、AWSを利用した写真解析アプリとか、そういうものを作ってました。
avatar
ラン
す、すごい!いきなりがっつりサービス開発をされたんですね!
avatar
エソラさん

そうですね!正直、若手の頃は、アプリケーションのごく一部の機能しか担当してなかったので、全体像が分からなかったんですが、実際にアプリケーションを一から作っていくことで全体像が分かるようになって。そこでやっと書籍に書いてあった意味が分かるようになってきました。

avatar
ラン
なるほどです!
全体のフローを実際に体験したことで、全体として考えられるようになったんですね!
avatar
エソラさん
最近だと、Udemyのような動画で学習できるサイトでセールをやってる時に気になるテーマの教材を購入して勉強をしてます。
Udemyは結構セールをやってることが多いのでこまめにチェックすることをおすすめします!
avatar
ラン
それはお得情報ですね!(メモメモ)
avatar
エソラさん
特に英語圏の方が講師の教材は質が高いものが多くて、初歩的な概念から入って、中級者レベルのアプリケーションをハンズオンで作るようなものが多くとてもおすすめです。
私は英語が出来ないので、Google翻訳のアドオンで字幕を日本語に翻訳して学習してます。

製造業のお客様に常駐し、JavaやPythonを使ってデータ分析

製造業のお客様に常駐し、JavaやPythonを使ってデータ分析

avatar
ラン
今はどのような案件を担当されているんですか?
avatar
エソラさん
現在は製造業のお客様に常駐して、AWSを利用したインフラ構築やアプリケーションの開発をしてます。
avatar
ラン
製造業のお客様なんですね!
オフラインとの連携も大事になってきそうですね!
avatar
エソラさん
そうですね!
もう少し具体的に言うと、Cloudformationというのを使って、プロジェクトのインフラ構築をコード化したり、Codeシリーズを使ってCI/CD*基盤を作ったりして、プロジェクト内で展開してます。
*継続的インテグレーション/継続的デリバリー。アプリケーション開発のステージに自動化を取り入れて、顧客にアプリケーションを提供する頻度を高める手法。

 

avatar
ラン
要は効率的にテストや実装をできるような環境をつくっているということですよね?
avatar
エソラさん
はい!
あとは、AWS IoTで収集したデータをデータレイク基盤に保存して、AWS Glue*やRedshift*を使ってデータを分析してます。
そこでは主にPythonやJavaを使っています。
*データの分類、クリーニング、加工を優れたコスト効果で容易に行い、さまざまなデータストア間およびデータストリーム間でデータを確実に移動するためのサービス。
*クラウド内のフルマネージド型、ペタバイト規模のデータウェアハウスサービス

 

avatar
ラン
製造業でのDX(デジタルトランスフォーメーション)領域ってすごく面白そうです。
今はそのプロジェクトには何名くらいの人が携わっているんですか。
avatar
エソラさん
今のプロジェクトは総勢は40名で、その中にいくつかのチームがあり、自分のチームは合計8名です。
avatar
ラン
40名!かなり大きいプロジェクトですね!
仕事の進め方はどんな感じなんですか。
avatar
エソラさん
今の現場ではアジャイル開発を採用していて、プロダクトオーナーであるお客様に、「ビジネス的な視点でどういうことを実現したいか」をヒアリングして、システム的にはどんなAWSのサービスや技術スタックを使って実現するか」というアーキテクチャ部分と、「実際リリースされた後に運用担当者が問題なくシステム運用をするためにはどのようにしたら良いか」といった運用フローをチームで決めていくといった形で仕事を進めています。
avatar
ラン
クライアントのニーズを満たした上で、運用フローまで構築するんですね!
avatar
エソラさん
ある程度ヒアリングしたら、アーキテクチャ図を書いて、その後はPoC*として実際にコーディングをしながら根幹となる部分を実装してみて、自分たちが考えていることが正しいか、またお客様が欲しい物が合っているかを確認します。
*Proof of Conceptの略。新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした、試作開発の前段階における検証やデモンストレーション。

 

avatar
ラン
実際コーディングまで行って実証するんですか!?
avatar
エソラさん
コーディングまでしますね!
ここまでが私のプロジェクトでは要件定義にあたる部分で、長くても2週間くらいの期間でここまでやり切ります。
avatar
ラン
はやい!!!
avatar
エソラさん
それでOKとなったら本格的に開発を進めて、リリースまで持っていきます。
ここは規模に応じて変わりますが、大体2〜6週間くらいの間で開発〜リリースまでを行う感じです。
avatar
ラン
リリースまで長くても1ヶ月ちょっとなんですね!
かなりのスピード感でリリースまで持っていくことができるチーム力に脱帽です。

SIerは様々な業界や案件を担当できる刺激的なところが魅力!

avatar
ラン
実際にSIerで働いているエソラさんにとってSIerで働くことのメリットについてどうお考えですか?
avatar
エソラさん
SIerは様々な業界を相手にしてるのでたくさんの案件があることがまずメリットだと思います。
あとは私の勤務先は自社サービスも持っていて、自社内で様々な仕事があるので、好奇心に従って色々な業界や案件で仕事が出来て刺激的なところが魅力だと思ってます。
avatar
ラン
たしかに1社でいろんなことを経験できるのはメリットですね!
やりたい案件は挙手制など、個人の意見は反映されるような形なのでしょうか。
avatar
エソラさん
そうですね!ある程度の希望は聞いてくれますが、能動的に動かないと、会社都合での配置換えになってしまいます。
avatar
ラン
なるほど!
avatar
エソラさん
「自分はこういうキャリアを歩みたくて、そのためにはこういう案件に携わりたい」みたいな感じで、常にアピールすることは心がけていました。
アピールと一緒に腕を磨いておくことも重要だと思っていたので、現場で使っていない技術でも面白そうなものがあれば学習して、その内容を社内勉強会でなるべく発信するようにするのは意識してましたね。
avatar
ラン
自分の希望通りになるよう、能動的に動いていらっしゃったんですね!
avatar
エソラさん
頑張っている姿をみせながら、あの人になら任せられるかなという気にさせるよう工夫をしてました。また上司が困ったことがあれば、積極的に力を貸せるよう準備していました。
上司も人間なので、感情で動くこともありますし、「恩をコツコツと売る」ことも大切だと思いやってました!
avatar
ラン
逆にデメリットはありますか?
avatar
エソラさん
年齢が上がっていくについて、ポジションを変えていかないといけないところですね。
avatar
ラン
それはメリットのような気がするのですが違うのでしょうか。
avatar
エソラさん

若手社員の時は開発者としてプロジェクトに参加して、段々キャリアを積んでいくとチームリーダー、プロジェクトマネージャーと管理職に軸足を移していくのが一般的なキャリアパスなのですが、「自分は技術力だけを追い求めたい」という方でも、変化を求められるという点です。

こういう点が、技術力だけをいつまでも追い求めたいと考えている方にはデメリットになると感じています。

avatar
ラン
考えたこともなかったです!一般的なキャリアパスにそっていく必要があるので、人によってはズレが生じてしまうということなんですね!

自社サービス開発部隊に異動してサービス開発をしたい!

自社サービス開発部隊に異動してサービス開発をしたい!

avatar
ラン
エソラさんの今後の将来ステップや目標があれば教えてください!
avatar
エソラさん
それには自分なりのプランがあって、私はいつか自分で作ったサービスを世に広めたいと思ってます
今は、社内外のハッカソンに積極的に参加したりとか、デザインやマーケティングの勉強をして修行をしてます。
avatar
ラン
ご自身のサービスを広げたいっていうプランがあるんですね!素敵です!
avatar
エソラさん

はい!若手社員の頃から「新規開発案件に参加したい」と社内で言ってきたことや周りの人や上司に恵まれたこともあり、色々な業界のお客様相手にプロジェクトに参加することが出来ました。

もちろん今の現場は刺激的で楽しくて、もう少し今の現場を大きくしていきたいなという気持ちもあるのですが、3年くらいたったら、自社サービスを開発している部隊に異動して、今度は自分がサービス案を考えて、実際に開発をしたいなと思ってます。

avatar
ラン
より将来プランの実現可能性を高めるためのステップを踏んでいくわけですね!素敵です!
avatar
エソラさん
はい!
avatar
ラン
最後になのですが、エソラさんのようなエンジニアを目指そうと思っている人に一言お願いします!
avatar
エソラさん

はい!私は、早く自分の居場所を見つけられるように自分の役割を持つことが大切だと思っています。

エンジニアであれば技術力を磨いていくことは絶対に必要ですが、技術力は地味な作業の繰り返しで少しずつ身に付いていくものだと思ってます。

せっかく頑張ってエンジニアになったのに、周りのエンジニアのレベルの高さや、なかなか自分が成長出来ないことに絶望して、「自分にエンジニアは向いていないのかな」と思ってエンジニアを辞めたいと思う瞬間が何度もあると思います。

自分もそうでした。

でも、エンジニアはチームで働く事が多く、技術力以外にも色々な要素が必要だということに気付きました。

avatar
エソラさん

これから、エンジニアを目指す方に是非とも覚えておいて欲しいと思うのが、最初に入った会社で自分の技術力が全く通用しなくても、すぐに諦めず、チームメンバーのムードメーカーになったりとか、会議で議事録を書きながら裏のファシリテーターをやったりとか、技術力以外のところで自分の役割を見つけて、チームに貢献することも出来ることを頭に入れておいてほしいです。

そうやってチームの中で役に立つことで自分の居場所が出来て、心理的に周りの人に対する心理的なハードルが下がるので、チームメンバーと仲良くなり、技術的なことを教えてもらったり、前向きに勉強に取り組むことが出来たりすると思います。

そうやって少しずつ技術もその他も強いエンジニアになってもらえたらと思います。

インタビューを終えて…

ご自身で能動的にアクションを取られて、希望する案件に従事できているエソラさん。

エンジニアとしての技術を高めるためにハッカソンに参加したりと学習環境を整えて自分を追い込む姿勢には感銘を受けました。

かなりのスピード感を持って仕事を進めるエソラさんから学べることはたくさんありました!

エソラさんは、ご自身の経験をブログとして発信もしているので、エンジニアを目指したいと考えている人はどんな業務をされているのか具体的にイメージできるので必見です!

エソラさんのTwitterはこちら

インタビュアーランちゃんのTwitterはこちら

エンジニアとして転職先を探している方におすすめのエージェント

エンジニアやデザイナーなどIT業界に特化した転職エージェントです。

自宅で簡単にオンラインカウンセリングが行えますし、自分の実力でエンジニアなれるのかなどの相談もできるので、エンジニアに興味がある方は気軽に登録しておきましょう!

レバテックキャリア

・専門性の高いアドバイザーがサポート
・非公開求人なども紹介
・15年間のノウハウがある
レバテックキャリア

未経験から本気でエンジニア転職をしたい方におすすめのスクール

未経験からしっかりとプログラミングスキルを習得し、転職のサポートまでしてくれるおすすめのスクールを紹介します。

今回紹介するのは、転職成功率が高いスクールと転職成功で受講料が全額キャッシュバックされるスクール。本気でエンジニア転職を目指す方には特におすすめ。

無理な勧誘など一切ないので、気になる方は、まずは気軽に無料カウンセリングを受けてみましょう!

転職成功率99%「テックキャンプ エンジニア転職

転職成功率は驚異の99%
上場企業や急成長ベンチャーへの転職多数
・卒業後フリーランスとして活躍する人も
30代以上でも受講可能!
・大手IT企業など非公開求人の紹介も!

転職成功で受講料タダに!「ポテパンキャンプ

受講スタイル:オンライン
コース:「オープンクラス」「選抜クラス ビギナーコース」「選抜クラス キャリアコース」・就職・転職成功で受講料全額無料
・現役エンジニアがレビュー
・就職支援が充実

Ruby on Rails を学びたいならこちら
現役エンジニアにレビューしてもらえる!

エソラさんも学習に使っているUdemy

エソラさんも使っている動画で様々なテーマの学習ができるUdemyをご紹介。

プログラミングはもちろん、英語からマーケティングまでかなりの教材があります。

エソラさんがおっしゃていた通りセールになることも多く、リーズナブルな価格で受講することが可能。

ぜひ登録してみてください!

Udemy

100000以上のオンラインコース
学習期限がないので自分の好きな時に学習可能

Udemy

WRITER

オススメの
プログラミングスクール

RUNTEQ

Ruby

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

TechAcademy(テックアカデミー)

AI・人工知能

ウェブカツ

Webアプリ

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

CSS

侍エンジニア塾

HTML/CSS/jQuery

tech boost

HTML/CSS/jQuery

.Pro(ドットプロ)

Python

都道府県から探す

北海道・東北エリア
北海道
青森県
岩手県
秋田県
山形県
福島県
宮城県
関東エリア
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
栃木県
群馬県
山梨県
信越・北陸エリア
新潟県
長野県
富山県
福井県
石川県
東海エリア
愛知県
岐阜県
静岡県
三重県
近畿エリア
大阪府
兵庫県
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
中国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
四国エリア
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ