未経験からSE(システムエンジニア)になるための3つの勉強法

はてブ

システムエンジニアとは

システムエンジニアとは?

SE(システムエンジニア)になるための勉強法を学ぶなら、その前にシステムエンジニアとはどのような仕事かを知らなければなりません。よくITエンジニアを続けるためには、新しいIT技術を学ぶ必要があると言われています。もちろん、システムエンジニアも例外ではありません。

なお、システムエンジニアとは、クライアントの要望を聞いて、新しい情報システムを開発するなど、その課題をIT(情報テクノロジー)を用いて解決するのが仕事です。そのため、ITに関する幅広い知識が必要とされます。さらに、情報システムを利用するクライアントと開発に関わるプログラマーなどのエンジニアと調整するスキルも必要です。

まずは、このうな知識やスキルを身に付けるために、システムエンジニアがいかに勉強が大事かを解説します。

プロジェクトを牽引するのがシステムエンジニア

企業の情報システムを開発する場合、一人で全てを担当することはありません。クライアント企業の担当者と解決したい課題について打ち合わせを行い、それを基にITを使って課題を解決する情報システムの仕様を決めるのが一般的です。さらに、企業向けの情報システムは規模が大きいことから、システムエンジニア以外に、何人ものプログラマーやインフラエンジニアなどの専門家が関わっています。

このように情報システムの開発プロジェクトには大勢の人が関わっていますが、このプロジェクトをまとめ、様々な調整を担当するのがシステムエンジニアです。そのため、プロジェクトを牽引するのがシステムエンジニアの役目とも言えるでしょう。

システムエンジニアに求められるスキル

先ほど解説したように、システムエンジニアは、クライアントの業務の課題をITで解決できるだけの知識と経験が求められています。なお、ITスキルは年々進化しているので、システムエンジニアは率先してそういったスキルも学ばなければなりません。また、既存のシステムとの連携が必要となるケースも多いので、今使われているシステムの詳細も勉強しておく必要があります。

ただし、システムエンジニアに求められるのは、IT技術に関する知識だけではありません。クライアントの要望を実現するシステムエンジニアには、関係者から必要な情報をヒアリングしたり、問題が発生した場合は関係者間の調整も必要です。システムエンジニアとして活躍するためには、そういったコミュニケーションスキルにも関心を持つことも大事です。

システムエンジニアの平均給与は?

企業の情報システムの開発に欠かせないシステムエンジニアですが、その給料は高い方ではありません。しかし、システムエンジニアの多くが、大手Sierなどの大企業に勤めていることから、下請けで働くことの多いプログラマーよりも高いのが一般的です。

なお、厚生労働省が発表している統計によると、システムエンジニアの年収は約550万です。ただし、経験の浅いシステムエンジニアは、この金額よりも安い金額しかもらえません。最近は、Webプログラマーなどのエンジニアの年収が上がっており、人工知能を応用したシステムを開発できるエンジニアが年収1000万円で雇用される時代です。そのため、システムエンジニアは給料が高い職業とは言えなくなっています。

システムエンジニアは給料が安い?平均給与から読み解く実情

システムエンジニアの職種

システムエンジニアの種類は?

企業向けの情報システムなど、規模の大きなシステム開発に関わることの多いシステムエンジニアですが、開発するシステムによって求められる知識が違っています。これは、システムエンジニアが、開発するシステムに関わる広く浅い知識を求められることを意味しています。

また、多くのシステムエンジニアは自分の専門分野を持っており、自分が専門とするシステムに関しては深い知識を持っています。次から、このような広い知識と深い専門性の両方を持つシステムエンジニアの職種に応じた勉強法について解説します。

1. 業務系システムエンジニア

一般的にシステムエンジニアと言えば、主に企業で使われる情報システムを開発する、業務系システムエンジニアを指します。特に大きな企業では、扱うデータの種類が多く、また、データによっては特殊な処理が必要になることから、その企業専用のシステムを開発します。そのため、何人ものシステムエンジニアが分担して大きなシステムの開発に関わることも珍しくありません。

このような業務系システムエンジニアが学ぶ内容としては、情報システムに使われるITスキルも大事ですが、クライアント企業の仕事のやり方や業界の慣習、扱うデータの特殊性などへの理解が重要です。ただし、あまりに専門性を高めると、一つのクライアントから離れられず、成長できない危険もあるので、自分のキャリアプランをしっかり持って働くことが重要と言えるでしょう。

2. アプリ系システムエンジニア

多額の開発費を負担できる大きな企業は、自社向けの専用システムを開発できますが、中小企業はそうはいきません。既存の業務用アプリをそのまま導入するか、一部カスタマイズして導入するのが一般的です。そして、そういった業務用のアプリを開発している企業がたくさんあり、そのような会社で働いているシステムエンジニアもたくさんいます。

なお、そういったシステムエンジニアは、クライアントから要望を聞き、既存のシステムを自分でカスタマイズして、クライアントの課題を解決するといった仕事が中心です。そのため、クライアントに交渉するスキルはもちろん、プログラム作成スキルなども必要とされます。

3. インフラ系システムエンジニア

最近は、クラウド上に業務システムを構築する企業が増えています。しかし、基本的にクラウドで契約できるのはサーバーくらいで、自社向けの業務システムを稼働させるためには、そのサーバーにOSをインストールしたり、データベースなどの業務システムで必要とされるソフトウェアを設定しなければなりません。

そういったクラウド上のサーバーを設定したり、安定稼働のために働いているのがインフラ系システムエンジニアです。そして、従来インフラエンジニアの専門分野とされたOSやデータベース、さらにネットワークの知識を持ち、プログラマーとも密接にコミュニケーションが取れるスキルが求められます。

未経験からSE(システムエンジニア)になるための勉強法

未経験からシステムエンジニアとして就職する場合、自分がなぜシステムエンジニアをやりたいかをアピールしなければなりません。そして、そのためにはシステムエンジニアとはどのような仕事か、また、システムエンジニアに必要な知識を理解してから就職面接にのぞんでください。

とはいえ、システムエンジニアに必要な知識を学ぶには、どのような方法が良いかわからない、また、効率よく学べる勉強法を探している方も多いでしょう。そこで、未経験からSE(システムエンジニア)になるためにおすすめの勉強法についてご紹介します。

本で勉強する

今はインターネットで何でも調べられる時代なのに、本で勉強することは時代遅れと思われるかもしれません。しかし、インターネットで見られる記事の全てが正しいとは限りません。その点、本に書かれた内容は、その分野の専門家が吟味して執筆し、その内容を編集者などが時間をかけてチェックされていることから、特に技術系の専門書は信頼できます。

また、そういった本を紹介しているサイトが多数ありますが、そういった記事のよく紹介されている本は、エンジニアなら誰でも推薦したいと思える本と言えるでしょう。ITについての基礎を学びたいなら、エンジニアの誰もが推薦するような定番な技術書で学ぶことをおすすめします。

システムエンジニアになるには英語の学習は必須ではない!

Webサービスで勉強する

システムエンジニアとして仕事をするためには、ITに関する知識の他にプログラミングの知識も必要です。なお、インターネット上には、プログラミングを学習できるサイトが幾つもあり、そういったサイトの中には無料で利用できるサイトもあります。プログラミングを学ぶなら、ぜひ、プログラミングの学習サイトを利用しましょう。

なお、プログラマーになるならプログラミングスキルは必須ですが、システムエンジニアは必ずしも必須ではありません。むしろ、プログラミングで何ができるか、また、プログラムを実行するためにはどのようなものが必要かを理解するのが大事です。そのため、細かいテクニックを学ぶのではなく、プログラミングの本質とは何かを学ぶ姿勢で取り組んでみてください。

プログラミングスクールで勉強する

未経験からシステムエンジニアになるなら、新卒で大手IT企業に就職し、情報システムを開発する部署に配属されるのが最も確実な方法です。しかし、システムエンジニアを希望する方が、必ず大手IT企業に就職できる訳ではありません。また、プログラマーなど他のITエンジニアからキャリアアップとしてシステムエンジニアを目指す方もいます。

大手IT企業に新卒で入社していなくても、未経験からシステムエンジニアを目指す方がよくやる方法が、Webプログラマーとしてスタートしてシステムエンジニアをキャリアップする方法です。

それは、Webプログラマーの多くは、直接クライアントと仕様の打ち合わせして、その仕様に基づいてプログラムを作り、クライアントに納品するのが一般的です。そのため、システムエンジニアが扱う仕事とは、Webプログラマーの仕事を大規模にしたものと言えます。

なお、Webプログラマーに必要とされるスキルを学ぶプログラミングスクールなら、TECH::CAMP、TechAcademy、GEEK JOBなど、多くのWebプログラマーを輩出している人気の高いスクールをおすすめします。

TECH::CAMP
無料カウンセリングを予約する

TechAcademy
無料カウンセリングを予約する

GEEK JOB
無料体験に参加する

SE(システムエンジニア)としてスキルアップするには?

SE(システムエンジニア)としてスキルアップするには?

未経験からSE(システムエンジニア)に就職できたとしても、すぐにベテランのエンジニアと同じように働ける訳ではありません。それは、たとえ本で学んだ知識を持っていたとしても、現実のシステムでそれがどのように使われているかが解らなければ、スキルを持っているとは言えないからです。

さらに、仕事を通じて、より専門的な知識が必要になったり、他のエンジニアの専門分野の知識が必要にあることも珍しくありません。このように、システムエンジニアになっても、勉強しなければならないことがたくさんあるので、仕事をしながら学び続けられる勉強法を身に付けましょう。

とはいえ、どのようなことをやればいいか解らない、という方に、システムエンジニアとしてスキルアップする方法についてご紹介します。

エンジニアの勉強会に参加する

新しい技術やスキル習得に熱心なエンジニアがやっている勉強法が、エンジニアの勉強会への参加です。会社によっては、職場単位で勉強会を開催していたり、会社の有志が集まって勉強会を開いているケースもあります。もし、いっしょに働いている先輩が、そういった勉強会に参加されているのであれば、ぜひ、いっしょに参加しましょう。

また、会社のような組織に関係なく、誰でも参加できる勉強会もあちこちで開催されています。そういった勉強会では、ブログサイトや勉強会の検索サイトなどで参加者を募集しているので、もし、近くで開催されている勉強会を見つけたら、まずは主催者に連絡してみましょう。大抵の勉強会では、はじめての方でも歓迎されます。

エンジニア向け勉強会の見つけ方と効果的な活用方法

エンジニアの勉強会を主催する

もし身近で開催される勉強会がなかった場合は、同僚を誘って勉強会を主催してはいかがでしょうか。勉強会というと、スキルに詳しいベテランのエンジニアが、自分のスキルを教える場と考えるかもしれませんが、実際の勉強会ではそういった講義は多くはありません。むしろ、経験の浅いエンジニアが、自分の興味のあるスキルについて調べた内容を発表し、勉強会に参加したエンジニアといっしょの会話を楽しむ、というケースがほとんどです。

また、勉強会を通じてプレゼンテーションのスキルや、コミュニケーションのスキルも鍛えられます。このスキルは、システムエンジニアにとって必須のスキルとも言えるので、こういった機会を積極的に利用しましょう。

資格を取得する

ITエンジニアの中でも、サーバーエンジニアやデータベースエンジニアなどは、身に付けたスキルを難易度の高いメーカー資格で証明しています。なお、システムエンジニアにとって、直接自分のスキルを証明する資格はありませんが、クライアントの信頼を獲得するために、資格取得に挑戦しているシステムエンジニアもたくさんいます。

そして、システムエンジニアがキャリアアップとして資格試験に挑戦するとしたら、次に挙げる資格をおすすめします。

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は、IT技術者向けの国家資格でも合格が難しい上位の資格で、情報システムの開発に必要な要件を定義し、システムの設計を行い、開発を主導する方を対象とした資格です。

システムアーキテクト試験(SA)

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、どちらかというと企業で情報システムを導入する側の責任者に必要とさえる知識を認定する資格ですが、システムエンジニアの業務にも直接関係する内容が多い資格です。

ITストラテジスト試験(ST)

【SEおすすめの資格】システムエンジニアが年収アップするためには資格が必要?

対応言語を広げていく

システムエンジニアとして就職したとしても、特定のクライアントの仕事だけに従事するケースはよくあります。そして、そういったケースは、昔から使われているプログラム言語しか扱えず、他の仕事に参加できなくなるのがデメリットです。

ITの進歩は早く、プログラミングを取り巻く環境も年々進化しています。そのため、以前なら多くのシステムで使われたプログラム言語だとしても、それが長く使われ続けるとは限りません。新しい情報システムを開発するプロジェクトでは、もっと開発効率の良い、新しいプログラム言語が採用されるケースが増えていきます。

そのため、システムエンジニアとして長く続けるためには、対応できるプログラム言語を広げていく努力も必要です。今、仕事で使わないからといって、新しい言語の勉強を怠ると、気が付いたら自分が担当できる仕事が無くなっていることもあります。ITの最新技術をキャッチアップし、新しいプログラム言語の特徴を学べるだけの勉強法を身に付けましょう。

関連記事