プログラミングのやり方がわからない初心者に丁寧に解説!

はてブ

近年はインターネット等の情報技術が普及し、周りは情報システムで溢れかえっています。

それに伴い、情報システムを制作・管理する技術である”プログラミング”ができる人の需要も高まっています。

そこで、今回はこれからプログラミングを始めてみたい!という方のためにプログラミングについて説明していきたいと思います。

具体的には
 ・プログラミングとはそもそも何か?
 ・言語の決め方
 ・プログラミング 学習を始める上で必要なセットアップ
 ・初心者が始めやすいプログラミングの学習方法
についてご説明します。

「プログラミングに興味はあるけど、やり方わからない…」という方は是非参考にしてみてください。

プログラミングとはそもそも何か?

プログラミングとは、少し難しい言い方をすると「人間が想定した処理を行うように、コンピュータに指示を与える事」の事を指します。

コンピュータは非常に優秀な計算能力を有していますが、自分で考えて作業するという点はまだまだ弱いです。

そのため、コンピュータに作業をさせるには人間側が指示を出す必要があります。

例えば、「コンピュータに足し算をさせたい」とします。

その為に、コンピュータには足し算を行う事ができるようにあらかじめ指示書を渡しておきます。

つまり、「数字が与えられたら足し算をしてください!」というような指示をあらかじめしておくという事です。

上記のような行為を「数字が与えられたら足し算を行うプログラムを書く」という風に言います。

このプログラムを書くという行為を”プログラミング”と呼びます。

プログラミングとプログラミング言語

プログラミング言語とは

コンピュータに指示を出すためには、コンピュータにも理解できるように指示を出さなければいけません。

コンピュータが理解できる言語と、人間が理解できる言語は実は違います。

人間が指示する内容をコンピュータに理解させるために開発された言語をプログラミング言語と言います。

プログラミングをするときは、このプログラミング言語を用います。

プログラミング言語の決め方

プログラミング言語には沢山の種類があり、その数は数百種類あると言われています。

この大量にあるプログラミング言語からどれを勉強すれば良いか考えてみましょう。

各プログラミング言語にはそれぞれ得意分野があります。

例えば、アプリ開発をする場合はSwiftやJava、Webの開発ならJavaScriptやPHPという具合になります。

勉強するプログラミング言語を決めるときは自分のやりたい事とプログラミング言語を照らし合わせる形で決定しましょう。

初心者の内でやりたいことが特になく、「プログラミングをとりあえず勉強したい!」という場合は、比較的理解しやすい「Ruby」か「JavaScript」をお勧めします。

プログラミングのやり方の前にパソコンの準備

プログラミングの学習を始めるには、まずは、パソコンを用意する必要があります。
プログラミングをするにあたって、スペックの高いパソコンを用意していただく必要があります。
オススメはMacbook Proですが、どのパソコンでも大丈夫です。

具体的には、CPUとメモリーとストレージの3点に注目してください。

CPU

CPUはパソコン内の処理速度を左右するハードウェアのことです。

CPUが高ければ高いほど処理速度が早いので、プログラミングを行う人にとってはCPUが
高いパソコンを選ぶのはマストです。

ストレージ

ストレージはパソコン内に保存することができる容量のことです。

プログラミングを行う際には様々なファイルを保存することになります。

開発では数多くのファイルを扱うことになるので、多いことに越したことはありません。

メモリー

メモリーはパソコン内で一時的に情報を保存するハードウェアのことです。

音楽を聞きながら、同時にメールを送ったりなど、複数の作業を同時に行う際でも、メモリーの容量が高ければ高いほど、処理がスムーズに実行されます。

その他の確認項目としては、画面の大きさや、持ち運びのしやすさ、画質等もありますが、基本的な上記3つであげたスペックが整っていれば大丈夫です。

プログラミング学習に必要な準備

 

言語を決める

まず勉強したいプログラミング言語を決定しない事には始まらないので、自分が勉強したいと思う言語を決めましょう。

言語を決める際は前項の”プログラミング言語の決め方”を是非参考にしてください。

教材を用意する

プログラミング言語を決めたら、次はその言語に対応した教材を探しましょう。

基礎的な文法だけであればインターネット上の資料で十分ですが

書籍の方がある程度の質が確保されている物も多いです。

書籍の資料を探す際は、Amazonがおすすめです。

Amazonにはプログラミングの売れ筋ランキングがあるので、わかりやすい本の情報は非常に調べやすいです。

エディターを用意する

恐らくこちらが初心者最大の関門だと思います。

プログラミング言語を動作させるためにはそれ専用の「開発環境」が必要です。

開発するためのツールをエディターと言います。

エディターがコンピュータに標準搭載されている場合もありますが、大体の場合は自分でコンピュータに準備してあげる必要があります。

この開発環境の実はかなり面倒で、初心者を困らせる1つの壁になっています。

そこで、今回は筆者がおすすめする便利なエディターを1つ紹介したいと思います。

・シンプルかつ高性能なエディター『Atom

AtomはGithubが開発したエディターです。
このエディター1つでおよそ32個の言語を取り扱うことができます。

また、デザインも非常にシンプルで扱いやすいです。

ある程度慣れてきたらAtomはプラグイン(パッケージ)を導入してカスタマイズも可能なので、初心者から上級者まで広く愛されています。

一般的によく使われるエディターとして有名なので、使えるようになっておいて損はないです。

まとめ

プログラミングは、今後の社会で必要になってくる技術です。

また、プログラミングで実現できることは無限大です。

プログラミングに興味がある方は、是非基本から勉強していきましょう!

関連記事