プログラミングの勉強法を伝授!絶対に失敗しない3つの方法

はてブ

プログラミングを勉強していく中で、効率的な勉強法を知りたいと考える人は多いはずです。プログラミングの勉強は自分の目的に向かって勉強していくので、必要のないものは極力勉強したくないものです。
また、プログラミングの勉強は中々理解するまでに時間がかかってしまい挫折をしてしまう人も少なくありません。そこでこの記事では、プログラミングの勉強方法の中でも失敗しない3つの勉強方や、プログラミングの勉強をしていく中で知っておきたいことについてまとめていきます。

プログラミングの勉強法は何からはじめたらいいかがわからない?

勉強を始めよう

プログラミングをこれから勉強していく人にとって、まず何から手をつけていくことが正解なのかわからないという声をよく耳にします。これは、プログラミングに関する参考書などの数も多く、プログラミングスクールで勉強した方がいいというアドバイスなど、様々な視点からのアドバイスがあることによって混乱してしまっているケースが多くあります。ですが、大前提として自分がプログラミングを学んで何をしたいのかを知ることで、何から学んでいくことがベストなのかを知ることができます。ですので、ここでは初心者がプログラミングを勉強する上で大事にすべきことを紹介しておきます。

プログラミングを学ぶ際に気をつけること

まず最初にプログラミングを学ぶ上で気をつけておきたいことですが、先ほども話しましたが、プログラミングを勉強することで将来どうなりたいのか、いくらぐらい稼げる人になりたいのかなど、明確に目標設定をしておく必要があります。目標が明確になることで、その目標に向かって何をすべきかがはっきりとしてきます。逆に目標もなくなんとなくプログラミングを勉強しようと考えているのであれば、最初に何をしたらいいのかわからずにそこで挫折してしまう可能性が高くなってしまいます。また、目標があることによってモチベーションも高く取り組むことができ、少々のことでは挫けることなく継続していくことができます。一方目標もない状態ではモチベーションを保つことが難しく挫折しやすい傾向になっています。ですので、プログラミングを勉強するにあたってもっとも注意しておきたいのが、目標と目的です。この2つを明確にしつつ、これからプログラミングを勉強していく中で、仮に挫折をしそうになったとしても思い出すことでモチベーションにもつながりますし、プログラミングを理解しようという意欲が湧いてきます。

プログラミングを学ぶにはまずは基礎が大事!

プログラミングに限った話ではありませんが、何事にも基礎は大事になってきます。プログラミングにも当然言えることで、基礎ができていないようではどんなに応用問題を解こうとしても解くことはできませんし、仮に解くことができたとしても他に応用をすることが難しくなってしまいます。多くの人が勘違いしているようですが、プログラミングは暗記したからできるようになるものではありません。基礎を暗記だけで覚えてしまっていては、その基礎から付随する応用を解いていくことはできませんし、将来の役に立たせることができなくなってしまいます。当然基礎は大事で勉強しなくてはいけませんが、暗記するのではなく理解することがプログラミングを学んでいく中でもっとも重要になってきます。暗記ではなく理解できているのであれば、基礎から応用に発展させていくことができますし、何故このような回答が出てきたのかを理解することで自身のスキルアップにつなげることができます。ですので、教科書を丸暗記すればいいのだという考え方は捨てて、なぜこのような回答になるのかなどを一つ一つじっくりと考えて、理解していくようにしましょう。また、基礎の中でも理解することが難しい局面も出てくるかとは思いますが、そういったつまづいてしまった時には頭の片隅に入れておく程度にしておくことで、いずれプログラミングスキルが上達した時に再度挑戦することで理解しやすくもなります。

プログラミングを習得した後の自分の状態を想像しよう

最初に説明したようにプログラミングには、目標と目的が重要になってきますが、プログラミングの難しい勉強をして挫折していきそうになると、この目標と目的を見失いやすくなってしまいます。そんな時だからこそ目標と目的をしっかりと意識して、自分がプログラミングを勉強することでどのような未来が待っているのかを想像してみましょう。その想像がプログラミングを勉強するモチベーションにもつながりますし、目標を見失うことなく勉強を続けていくことができれば、自ずとその未来に近づいていくことができるようになります。また、プログラミングを勉強していく中で、当初目標としていたことよりも魅力を感じることが出てくるかもしれません。それはプログラミングを理解したことで可能性が広がっていることですので、もし最初よりも可能性が広がったように感じられたのであれば、より高みを目指すことでより一層モチベーションを上げることにもつながります。ですので、常に現在の自分のプログラミングスキルの状態については理解しておくようにしましょう。自分のプログラミングスキルを理解するために最もわかりやすいのが、ウエブサービスなどを自分の力だけで使っていき、どこまでできるのかなどが一つの目安としてはいいかもしれません。

まずはこれから!おすすめのプログラミング言語

プログラミングを学習する中で必ず出てくるのがプログラミング言語です。プログラミング言語は数にして200以上のプログラミング言語が存在していて、特に初心者はどのプログラミング言語を勉強すればいいのか判断できなくなってしまいます。結論から言って、自分が目標としている未来に対して必要なプログラミング言語を勉強するのが一番ですが、その自分の未来にあったプログラミング言語を見つけるのが非常に困難になってきます。そんなプログラミング言語に迷っているのであれば、【Python】【JavaScript】【Ruby】を学んでいくのをおすすめします。この3つの言語は、学習の容易さや就職する際の求人に多く出てくる言語で、プログラミングにおける基礎となる言語になっています。これらの言語は汎用性も高く、WebサービスやWebアプリの制作に使い勝手のいい言語になっていますので、これからプログラミングを学ぼうと考えている人の礎となるプログラミング言語になっています。ただし、今紹介したプログラミング言語も、現在のプログラミングの世界での話ですので、これから先将来的にずっとおすすめかと言われるとそうではありません。プログラミング言語は常に技術が進歩し続けていることもあって新しい言語もどんどん誕生してきています。ですので、自分の目標にあっているプログラミング言語を選択することが最も重要になってきます。

プログラミングを習得するには学習サイクルが大事

学習サイクルが大事

プログラミングを学習していく中で大事になってくるのが学習サイクルです。プログラミングでいう学習サイクルとは、考える・試みる・復習するのサイクルで、これは一般的な勉強にも言えることですが、わからないことは仕方ありませんが、それを放置していてはいつまでたっても理解することはできません。わからないことが出てきたら自分の力で考えてみて、考えた結果を試してみる。これを繰り返ししていくことでより理解を深めていくことができます。そして、そこで学んだことは復習をして自分の中に取り組んでいくことも重要になってきます。プログラミングでは勉強していかなければいけない項目が数多くありますが、それらのすべてを理解しようとすることはほぼ不可能と言われています。ですが、少しづつ理解を深めることでより幅広い知識を身につけていくことができるようになります。ただし、プログラミングは少し特殊で、その時には理解できなくても勉強を進めていく中で理解できるようになっていくものです。当然復習して理解を深めることは重要ですが、理解できなかったことも放置せずに頭の片隅にでも残しておき、いずれ解決できるようになっていかなければいけません。

初心者が挫折しやすいポイントとは?

プログラミング初心者は、とりあえず学べるものは全て学んで全てを理解しようと考えがちです。ですが、プログラミングはそんなに簡単に全てを理解できるものでもありませんし、現在プロとして活躍している人であっても全てを理解できている人はいません。それほどまでに理解するのが難しいのがプログラミングですが、だからといってわからないまま放置していては成長することはできません。わからない事柄で発生した際には、自分で調べて解決していくか、解決できない場合でも後々プログラミングスキルが上達した時に理解できるように、何が理解できなかったのかを覚えておく必要があります。また、初心者に多いのが参考書を丸写しで暗記しようとする人がいますが、プログラミングは暗記ではなく理解が重要です。確かに参考書をそのまま覚えてしまえば、いくつかのアプリ開発はできるかもしれません。ですが、参考書と同じものが作れるだけで自分で考えたアプリを作ることは全くできません。それではプログラミングスキルの上達には一切役立ちませんので、丸暗記は時間の無駄と理解しておきましょう。

インプットとアウトプットの重要性

プログラミングを学習する中で、インプットとアウトプットは非常に重要になってきます。プログラミングスクールの講師の授業などをしっかりとインプットしていき、自分でプログラムを書いていくアウトプットしていくことで、どんどん自分のスキルとして身につけていくことができます。インプットでは、スクールの講師だけでなく同じくプログラミングを学んでいる仲間から教えてもらうこともあります。他にも基本形となるコードなどは書いて覚えていくこともインプットとなります。また、最初のうちは理解できなかったとしても真似していくうちに覚えていくこともあります。そして、アウトプットでは、どんな些細なものからでもいいので、少しづつ学んだプログラミングスキルを実際にプログラムしていき、実戦経験を積んでいきます。実戦に勝る修行はないとの言葉があるように、プログラミングでも基礎部分は参考書などを使って学んでいきながらも、実戦形式で様々なプログラムをしていくことで、より自分の知識にしていくことができます。他にもプログラミングを共に勉強している仲間や、ネットに自分が開発したアプリを投稿するなどして、他人からの評価を聞くことも非常に重要で、他人に見せることでより気をつけたものを制作することができ、学習するだけでは見えてこなかったところがみえてくるようになります。

プログラミング習得のために絶対に失敗しない3つの勉強法

失敗しない方法

最後にプログラミングを勉強していく中で、絶対に失敗しないプログラミングの勉強法を3つ紹介していきます。

短期スクールの活用法

プログラミングを勉強する方法の一つとして欠かすことができないのが、プログラミングスクールを利用した勉強方法です。プログラミングスクールでは、現在エンジニアとして活躍しているプロから直接指導してもらえるようなスクールもあるなど、より実戦的にプログラミングを学ぶことができます。独学ではどうしても理解できなかったことなどが、プロに教えてもらうことで理解できるなど非常に効率的に勉強することができます。ですが、プログラミングスクールに通うとなる高額な費用が必要になってしまうこともあり、中々プログラミングスクールでの勉強に踏み切れない人もいます。そんな人や、プログラミングスクールが近くになくて中々通うことが難しい人に向けた、短期スクールを開講しているプログラミングスクールもあります。短期スクールでは、1週間や1ヶ月といった風に期限を設けて、その期間内は徹底的にプログラミングを勉強していき、プログラミングスキルを磨くというもので、長期間の勉強が辛くてできない人などにも人気のスクールとなっています。費用も実際のスクールに通う方法よりも安くなっているので、現実問題として受講料などの観点から短期スクールを選択する人もふえています。

ウェブサイトや書籍活用法

プログラミングを学ぶ方法として、独学でしていくのであれば書籍やウエブサイトを利用する方法も有効的で、書籍では基礎から応用まで幅広く取り扱っているので、自分の現状に沿った書籍を選びやすくなっており、毎日のように読んでいくことで覚えようとしなくても自然と身についていくといったメリットがあります。また、ウエブサイトを利用する方法では、調べやすいというメリットだけでなく、自身の作ったプログラムを投稿して他の人に判定してもらうことができるなど、アウトプットにも優れており、他人に見せることで中途半端をすることができないので、より真剣に取り組むことができるようになります。また、プログラミングスクールのように高額な初期費用を必要ともしないので、誰でも取り組みやすいという点が最大のメリットとなっています。

勉強会活用法

プログラミングの勉強会に参加することでもプログラミングスキルを上達させることができ、ある程度の基礎知識は必要となりますが、勉強会に参加して自分の学んできたことをアウトプットすることで、より確実に自分のものにしていくことができるだけでなく、自分では正解と思っていたことが間違っていた時などに指摘をもらうことができ、より正確なプログラミングを学んでいくことができます。また、独学では限界のあったことも、勉強会に参加することでプラスαの知識を教えてもらうことができるなど様々なメリットがあります。そして何よりも、勉強会に参加することで、同じような目標を目指している仲間を作ることができ、仲間がいることで切磋琢磨してプログラミングを学習できるので、モチベーションを上げることにも役立ちます。仲間がいるだけで、当然プログラミングのことを話す機会も増えますが、将来の目標などを共有することで将来においても役立つ仲間を増やすことができます。そして、勉強会では自分のわからない点をその場で回答してくれるので、勉強会終わりにはわからないことを理解でき、スッキリと次の段階に進むことができます。

まとめ

失敗しない方法まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、プログラミングを勉強していく中で特に気になる勉強法について紹介してきました。誰もが自分にあった勉強法というものが存在するので、すべての人に当てはまるわけではありませんが、勉強法だけでなくプログラミング学習に対する考え方などは、自分だけでは気づきにくいことなども多くあります。独学でマスターできるのであれば問題ありませんが、プログラミングを学習している人で独学だけでエンジニアとして活躍できるような人は、一握りしかいません。プログラミングを学習していれば誰でも当てはまる壁は存在しますので、一つのことにとらわれずに誰かの助けを借りるなど少しづつでも、プログラミングスキルを上達するための方法を試してみてください。そして、プログラミングを一気に理解することは難しいので、少しづつ段階を踏んで理解を進めていくようにしてみてください。

関連記事