エンジニアになりたい人のためのプログラミングスクール評判口コミサイト

インフラエンジニアの将来性と仕事内容に迫る!

近年IT業界ではインフラエンジニアの環境が激化していると言われています。
というのも、最近ではクラウドサービスが目まぐるしいスピードで普及しているからです。

今までは企業にサーバーを置くことも珍しいことでは無かったのですが、最近ではわざわざ社内にサーバーを設置しなくてもクラウドサーバーを使えば、緊急対応に追われなくても済むので、その需要はどんどん高まっています。

そんな中で今回はインフラエンジニアの将来性と仕事の内容に迫っていきたいと思います。

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、最近では見方が変わってきていますが、基本的にはサービスやシステムのインフラ部分を担う役割があります。

社内サーバの保守や運用管理を行います。社内のサーバとなると専門性も非常に高く、それなりに需要の高い職種とされていました。

一昔前までは、インフラエンジニアは社内で縁の下の力持ち的な存在でしたが、最近ではずっとインフラエンジニアとして活躍する人も少なく、PM(プロジェクトマネージャー)として昇進する人もいます。

未経験からのインフラエンジニア

最近では未経験からインフラエンジニアになる方はとても多いです。
昔はインフラエンジニアになるのも一苦労なんて時代もありましたが、最近では未経験からでも採用をしている企業はとても多いです。

というのも、現在ではクラウドサービスが主流になっており、未経験からでも割と参入しやすいからです。インターネットで調べればドキュメントが合ったりもしますし、書籍も多く、一から勉強して成長していくことが可能だからです。

インフラエンジニアの求められるスキル

クラウドサービスが主流になっているからといえ、物理的なサーバなどが無くなったわけではありません。

最近のベンチャー企業ではあまりないかもしれませんが、中小企業や大手企業では物理サーバなどで運用をしています。将来を見据えてインフラエンジニアとしてスキルを磨いていくのであれば、基本的な物理サーバの仕組みを理解しておくことは、今後の仮想サーバでの運用にも役立つことになります。

インフラエンジニアの将来性

インフラ系が物理的なものではなくなってきて、仮想化が進んでいるとはいえ、インフラエンジニアの将来性は今後も右肩上がりです。

今後求められる像としては、やはり仮想系に強いインフラエンジニアになると思います。
IT業界はベンチャー企業が次から次へと設立されます。そんな時さっとサーバの構築などが出来るインフラエンジニアは求められていくことになります。

また、物理的なものと仮想的なもの織り交ぜたハイブリッドな構築が出来ると今後も活躍出来ると思います。

インフラエンジニアの働き方

インフラエンジニアの働き方として、ここ数年大きく変わってきています。
今までは社内の独自サーバの構成を立てていたりして、専門的なものになっており、知識のあるエンジニアじゃないと務まらなかったり、社内に絶対に居ないとダメだったりしました。

ですが、最近は仮想的なインフラが主流になってきているので、社内にいなくてもサーバを構築出来たり、トラブルが起きれば社外からでも対応が出来るようになりました。

また、AWSといったメジャーなクラウドサービスのお陰で誰もが少し勉強すれば使いこなせるものとなっています。

クラウドサービスのお陰でインフラエンジニアは大きく働き方が変わってしまった職種の一つです。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容としては、まずは運用保守から始まります。
どこかの会社に勤め始めると、まずは1サービスがどのような仕組みになっているか、どのサーバを利用して、サーバのどこに配置しているのか、などを一通り理解してからそのサービスの運用保守をします。

最近では、インフラエンジニアとして入社してもインフラ以外のところを仕事にすることもあります。例えば、新しいサービスを始めようといった時にそのサービスの設計書作成を頼まれたりすることもあります。また、ITブランディングという名でディレクターのような仕事を任せられたりすることもあります。

一概には言えませんが、ある程度形になっている会社に入社しない限りはあまりインフラエンジニアに特化した仕事はないです。

インフラエンジニアになる為に

インフラエンジニアになる為には、インフラ系の知識を学習する事はもちろん大事なのですが、どちらかというと経験の方が大事だったりするので、未経験でインフラエンジニアを募集しているところへいきなり入社してしまうというのが1番早くインフラエンジニアになることが出来ます。

それでも自分に自信がない人は、ITパスポートなど基本的な部分を先に学んでおくのが良いと思います。ITパスポートはしっかりとした資格なので、資格を取るつもりで勉強すると良いと思います。

ITパスポートの知識さえ抑えておけばインフラエンジニアとして会社に入社することは可能です。

最近のインフラ周りの環境

最近のインフラ周りの環境ですが、会社によっては未だに会社内にインフラ設備を導入しているところもあります。
これが何を示すかというと、何かあれば会社内でないと作業が出来ない。また、専門のインフラエンジニアでないと対応が出来ないということを意味します。

また、会社が万が一、火災などの災害で会社が倒壊してしまった場合、サービスが全部吹っ飛んでしまうということにも繋がります。

また、属人化でもあるのでインフラエンジニアの人が辞めてしまったら構造を理解してる人がいなくなるので、保守が出来なくなるという危険もあります。

そんなリスクを無くすのがクラウドサービスの仮想的なサーバなどです。
特に最近ではAWSといったAmazonが提供しているクラウドサービスです。

クラウドサービスを利用していれば、会社内に居なくても外部からサーバにアクセスして修正を行うことも可能ですし、会社が物理的に倒壊してもサービスが生き残ります。
また、サーバに何か不具合が起こってもサービス提供側が直してくれます。
そんなメリットがあるのがクラウドサービスです。

なので、今後もクラウドサービスの需要は益々伸びていくと思います。

まとめ

これからインフラエンジニアとして活躍していくならクラウドサービスを駆使したインフラエンジニアを目指すことが1番いいです。

クラウドサービス系は書籍も充実しているので、独学もしやすい分野となりますので、今後スキルアップを目指すならクラウドサービス系を学習してみてくださいね。

公開日:2019.05.23

この記事を書いた人


関連記事