できるフロントエンドエンジニアになるために必須なスキルをご紹介!

はてブ

フロントエンドエンジニアと呼ばれる職業をご存知でしょうか?
主にユーザーが使用する画面の作成や画面の動作制御などフロントエンドエンジニアが担当する業務は多岐に渡ります。
デザイナーが作成した画像やイメージをHTMLやCSSでコーティングすることだけがフロントエンジニアの仕事ではありません。
もちろんHTMLやCSSといった知識も必要ですが、「できるフロントエンドエンジニア」になるには様々なスキルが必須な時代となってきています。
本記事では自身の腕で稼ぐことが可能な、「できるフロントエンドエンジニア」になるにはどんなスキルが必要なのかを解説していきたいと思います。

フロントエンジニアとは

フロント

フロントエンドエンジニアとは、Webサービスにおいてユーザーが実際に使用する部分(フロントエンド)の開発に携わるエンジニアのことを指します。
もちろん開発のみではなく、設計やデザインに関わるスキルを持つエンジニアも含めてフロントエンドエンジニアと呼ばれます。

フロントエンドエンジニアに必須な基礎スキルとは

必須スキル

まずフロントエンジニアとして最低限身につけておかなければならないスキルをご紹介します。

HTML

Webページを作成するために開発された言語です。
コンピューターが理解出来るように文書の構造を定義することが主な役割となります。
Webページを作成する上で、最も基本となる部分ですので、全てのフロントエンドエンジニアに必須のスキルです。

CSS

Webページのスタイルを指定するために使用されます。
画面のデザイン調整や色の指定に該当する部分で、デザイナーが作成したイメージ画像を、実際にWebページに反映する場合など、多様な場面で使用されます。
デザインがきちんと行われているWebページとデザインがイマイチなWebページでは再訪するユーザー数に大きな違いが出てきます。
Webサイトにおいてデザインは非常に重要な位置付けですので、全てのフロントエンドエンジニアが身につけておくべき必須のスキルです。

Javascript

ユーザーが使用する画面に動きを付けるのがJavascriptの役目です。
検索ボタンを押す、カレンダーを表示して日付を選択するなど、画面上でユーザーが行なった動作に対して何らかの処理が実行されるのはJavascriptを使用しているためです。
昨今のWebサービスでは文字だけで構成されたWebページはほとんどありません。
どのWebサイトを見ても何かしらのJavascriptを使用した処理が行われているといっても過言ではない程、フロントエンドエンジニア の仕事をする上で必須となるスキルです。

JQuery

フロントエンドエンジニアにはJavascript ライブラリ/フレームワークのスキルは必須条件
フロントエンドエンジニアに必須のスキルでJavascriptの名前を出しましたが、基礎的な構文はもちろんJavascriptライブラリ/フレームワークのスキルも必須条件といえます。
代表的なものにJQueryの存在があります。
ライブラリやフレームワークは、Javascript単体で記述すると大量の時間や労力を浪費する処理を、わずか数行で実現させてくれるような便利なものです。
実際に開発の現場などにおいても、ライブラリやフレームワークを全く使用せずに開発されているケースはほとんどありません。
フロントエンドエンジニアとして活動する上で、確実に身につけておかなければならないスキルの一つです。

その他

昨今のWebシステムではSPA(Single Page Application)と呼ばれるWebページが人気となってきております。
SPAのWebシステムを作成する際にもReact、Angular、Vue.jsといったモダンなフレームワークが使用されるケースが大半です。
SPAのようなモダンな開発を行うフロントエンドエンジニアにはこれらのフレームワークも必須のスキルとなってきているでしょう。

フロントエンドエンジニアとして成長するためにUI/UX設計のスキルを取得する

UIUXスキル

フロントエンドエンジニアはデザイナーが作成したイメージ画像を実際にWebページ用にコーティングすることだけが仕事ではありません。
時にはデザインからコーティングまでを一貫して担当する場合もあれば、ユーザーが使いやすいシステムにするため、ボタンの配置など様々な点にこだわるのもフロントエンドエンジニアの仕事といえます。
UIとはUser Interfaceの略称で、Webシステムの場合、デザインやフォント・ボタンの配置などユーザーの視覚に触れる部分全てがUIです。
UXとは User Experienceの略称で、ユーザーがサービスを使用して体験できることを指します。
主にユーザーの感想に直結する部分であり、画面を操作する際に初心者の方にもわかりやすく作られていることや画面が表示されるスピードが早いなどユーザーに満足頂けるサービスを提供することをUXの向上と言います。

できるフロントエンドエンジニアを目指す場合、なるべく早い段階でユーザー目線の使いやすいシステムを意識して、プログラムを作成するスキルを身につけておくべきです。
UI/UX設計スキルを身につけてこそ、できるフロントエンドエンジニアと呼べるでしょう。

CMSのスキルはフロントエンドエンジニアとして稼ぐ必須条件

CMSスキル

CMS(Contents Management System)とはHTMLやCSSなどの記述をほとんどすることなくWebサイトを作成していくことが可能なシステムです。
CMSを導入することにより時間を大幅に節約してサイト構築が可能となります。
代表的なCMSには「WordPress」等があります。
WordPressは世界中で最も多くシェアされているCMSで、無料で利用することが可能です。
フロントエンドエンジニアの仕事としては、CMSのカスタマイズなど多数存在します。
一からサイトを構築するとなると、費用や労力が膨大に必要となります。
予算や労力の面から、CMSを使用した上でオリジナルの機能を追加して欲しいといった依頼はかなりの数存在しているのが現状です。
こういった依頼に対応するためにもフロントエンドエンジニアとして稼ぐスキルの一つとしてCMSの知識は必須と言えるでしょう。

フロントエンドエンジニアでも最低限のサーバーサイドの知識は必要

最低限必要

近年のWebシステムは複雑化してきておりフロント側だけで完結するWebシステムはなかなかありません。
大抵の場合、DBを使用してデータの取得を行うケースやサーバー側で何らかの処理を行いフロントにデータを返却するケースがほとんどです。
サーバーサイドのスキルを完全に理解する必要はありませんが、フロント側で受け付けた処理をサーバー側へデータとして渡す必要があるため、ある程度のサーバー側の仕組みを知っておくことはフロントエンドエンジニアとしての必須スキルといえます。

まとめ

フロントまとめ

本記事では、フロントエンドエンジニアに必須のスキルについてご紹介してきました。
近年のWebシステム開発では、フロントエンドのスキルは年々複雑化しており、新しい機能やフレームワークも続々と登場しております。
IT業界は日々勉強が必要で、流行り廃りの激しい業界であることは耳にされたことがあるでしょう。
フロントエンドエンジニアに関しては、IT業界の中でも特に流行り廃りの激しい分野といえます。
常に新しい情報を収集しながらフロントエンドエンジニアとして必要なスキルを身に付けるようにしてください。
大変な職業ではありますが、逆に考えると最新の技術をどんどん身に付けることで、先を行く先輩フロントエンドエンジニアのスキルを追い越すチャンスも多くある分野と言えます。
ぜひ今回ご紹介したスキルを中心にしっかりと学習し、できるフロントエンドエンジニアになるためチャレンジしてみてください。

関連記事