プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

未経験のWebエンジニアでもフリーランスとして活躍するためのステップ

人手不足が深刻なwebエンジニアなら、スキルさえ認めてもらえば、フリーランスで十分やっていけます。

 

しかし、フリーランスとしてやっていくためには、いろいろなハードルをクリアしなければなりません。

 

まず、webエンジニアとして十分やっていけるスキルがあることを認めてもらわなければなりません。

 

さらに、未経験でも使ってくれるクライアントを探すのもたいへんです。

 

やり方を間違えると、フリーランスになったものの、仕事が無くて生活できない、なんてことも。

 

そこで今回は、未経験でもフリーランスのWebエンジニアとして働くための手順について解説します。

フリーランスになるならwebエンジニアがおすすめ

人手不足の続くIT業界では、多くのフリーランスのエンジニアが活躍しています。

 

しかし、フリーランスとして働くためには、スキルと実績が要求されるため、未経験から簡単になれる訳ではありません。

 

自分のスキルを証明してくれる人を頼ったり、個人でオリジナルな作品を作るなど、自分をアピールする手段を用意するのが普通です。

 

そして、自分の作品を作ってスキルをアピールするなら、webエンジニアがおすすめをおすすめします。

 

これは、Webシステムが個人でも比較的作りやすいのと、Web業界が未経験のエンジニアを採用するケースが多いためです。

 

ただし、フリーランスのwebエンジニアは、仕事のやり方を知っているプロのエンジニアとして採用されるケースがほとんどです。

 

未経験だからという甘えは許されません。仕事をやりながら、その仕事で必要とされるスキルを自分から学ぶ姿勢も大事です。

未経験からフリーランスのエンジニアになる方法

未経験からフリーランスのエンジニアとして仕事を受けるには、最初の実績をどうやって作るかがポイントです。フリーランスに仕事を依頼したい企業は、実績を判断して、仕事を依頼するかを決めています。

 

なお、最近は、多くのフリーランスのエンジニアが、仕事を探すのにフリーランス向けのエージェントを活用しています。未経験からフリーランスのwebエンジニアを目指すなら、こういったエージェントを利用しましょう。

 

エージェントは、仕事を依頼したい企業と、仕事を受けたいフリーランスを結びつけるのが仕事です。

 

そして、Web業界の中には、未経験でもいいからスキルの確かなフリーランスを使いたいと考えている企業もあります。

 

エージェントは、そうした企業に未経験なあなたを紹介してくれるでしょう。

 

また、エージェントは登録の際にスキルをチェックしているので、企業が求めるスキルはエージェントが保証してくれます。

 

そうやって、フリーランスのwebエンジニアとしての第一歩を始めましょう。

未経験からフリーランスとして活躍するためのステップ

先程ご紹介したように、未経験からでもフリーランスのwebエンジニアとして始められますが、そのためには必要なステップをこなさなければなりません。

 

次から、未経験からフリーランスとして活躍するためのステップについてご紹介します。

プログラムのスキルを習得する

当然ですが、webエンジニアとして必要とされるスキルを持っていなければ、フリーランスとして仕事はできません。

 

そして、webエンジニアとして働くためには、サーバー側ではPHPやRubyなどのプログラム言語が、また、ブラウザ側で動作するJavaScriptやHTML、CSSなどのスキルが必要です。

 

さらに、クラウド上のサーバーにコンテンツを置いて運用するためのスキルや、データベースサーバーや他のサイトと連携するためのスキルも求められるかもしれません。

 

なお、Webサイトの制作は少人数でも可能ですが、ITに関する幅広い知識を要求されます。

 

フリーランスへの転職を考えているのなら、短時間で効率良くこれらのスキルを習得しなければなりません。

 

そして、そういったスキルを短時間に習得するには、プログラミングスクールを活用しましょう。

 

また、スケジュールが合えば、ブートキャンプ形式のスクールにチャレンジしてみてください。

 

短時間で実践的なスキルが学べます。

ポートフォリオを作成する

自分のスキルを証明するために、オリジナルなプログラムを公開する方法がよく使われます。

 

そして、こういった作品をポートフォリオと言います。

 

もし、未経験からフリーランスとしてwebエンジニアとして働きたいのなら、ポートフォリオを公開しましょう。

 

プログラミングスクールによっては、カリキュラムの最後に自分のポートフォリオを作成し、就職活動にも利用できるスクールもあります。

 

例えば、GEEKS JOB は、自分の制作実績を作れるサービスを用意しているので検討してください。

 

また、プログラム言語を学んだ後、実践的なプログラム開発を経験するために、チュートリアルに取り組む方もおられるでしょう。

 

このチュートリアルを自分なりにカスタマイズしてフリーのWebサイトなどで公開するのも方法の一つです。

 

興味のある方は、ぜひ、トライしてみてください。

フリーランス向けエージェントに登録する

昔は、フリーランスになったら、仕事を取れるようになるまで、それまで勤めていた会社から仕事を回してもらったり、知り合いから仕事を回してもらうなど、個人的なコネが必要でした。

 

しかし、先程もご紹介したように、今はフリーランス向けのエージェントを利用するのが一般的です。

 

そして、未経験からフリーランスになったのなら、フリーランス初心者向けの仕事を多く扱っているエージェントを活用しましょう。

 

なお、エージェントへの登録はWebサイトから簡単にできます。

 

また、エージェントに登録すると、専任のカウンセラーがあなたの経歴やスキルをチェックし、アドバイスもしてくれます。

初心者向けの仕事で実績を作る

フリーランスのエンジニアとして、安定して仕事を受注するためには実績が必要です。

 

そして、実績が認められれば、月100万円を超える仕事でも受注できます。しかし、未経験からフリーランスになった方には実績がありません。

 

そのため、報酬が安いとしても、最初はフリーランス初心者向けの仕事を受けましょう。

 

なお、webエンジニアのフリーランスを活用しているweb業界の企業の中には、エンジニアの育成に熱心な若いエンジニアの多い会社がたくさんあります。

 

はじめのうちは、そういった会社の仕事を受けて、スキルアップしていきましょう。

 

なお、フリーランスはプロとして仕事を受けています。未経験だからという甘えは許されません。フリーランスとして次の仕事に活かせる実績を作りましょう。

フリーランスとしてステップアップを

何度もご紹介しているように、フリーランスとして仕事をしていくには実績が必要です。

 

しかし、過去にやったことのある仕事ばかりでは、エンジニアとしてスキルアップできません。

 

特にwebを取り巻く技術の進歩は早く、webエンジニアには常に新しい技術への対応が求められています。

 

このように、以前と同じ仕事しかできないフリーランスのエンジニアでは、将来が不安です。

 

そのため、未経験からフリーランスのwebエンジニアになった方は特に、新しいスキルの習得を意識しなければなりません。

 

自分から積極的に機会を作って、フリーランスとしてのスキルアップを目指しましょう。

webエンジニアはスキルアップが重要

webエンジニアは、未経験のフリーランスでも比較的仕事が多い職種です。

 

これは、Webを使ったサービスが年々増えており、エンジニアに対する需要が多いためで、新しい人が次々に入ってきます。

 

このようにwebエンジニアは、初心者にとっては始めやすい仕事ですが、初心者と同じことしかできない場合は報酬が上がりません。

 

また、Web業界は進歩の早いことから、今の技術があっという間に陳腐化する可能性があり、そのようなスキルしか持っていなければ、報酬が下がる可能性も。

 

そうなる前に、積極的にスキルアップを目指しましょう。フリーランスのWebエンジニアを続けていくのなら、新しいスキルへの投資を欠かせてはいけません。

フリーランスのWebエンジニアを目指そう

これまでご紹介したように、エンジニアが特に不足しているwebエンジニアなら、未経験でもフリーランスとして活躍できるチャンスがあります。

 

しかし、フリーランスとして働くということは、努力次第で高い報酬がもらえますが、次の仕事の保証がなかったり、病気や怪我で働けないと収入が無くなるなど、デメリットもたくさんあります。

 

さらに、仕事の合間に新しい技術のキャッチアップや、スキルアップもしなければなりません。

 

とはいえ、webエンジニアの仕事が面白いと感じられる方にとっては、その仕事に集中できるフリーランスの働き方が向いています。

 

そして、webエンジニアは未経験でもフリーランスとして始められるので、興味のある方は、ぜひ、チャレンジしてください。

公開日:2019.06.26

この記事を書いた人


関連記事