プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

文系出身の私がエンジニアになるまでにやったことを全て解説!

働き方革命や自由な働き方が叫ばれている昨今、「フリーランスになるならエンジニアになるのが良い」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

実際に、私の周りでも会社を辞めてプログラミングに挑戦したり、エンジニアとは少し異なりますがデザイナーの勉強を始める人が増えました。

 

私はフリーランスになろうとは思っていませんでしたが、「世界のどの国にいっても働けるように」というのが、エンジニアを目指した理由の一つです。

私の場合は大学も文系で、IT系に行こうなんて就活をするまで1ミリも思っておらず、経験も知識もない状態からのスタートでした。

 

それでも今はITの会社で、開発に携わる仕事をしたり、趣味でプログラミングをしています。
この記事では、私がエンジニアになるまでにやったことを全てご紹介します。

 

初めてのプログラミング!Progateでプログラミングに挑戦するも

私がプログラミングの勉強を始めたのは、就活をして内定をもらった後からです。

 

縁あって小さいITベンチャーヘ入社が決まり、配属希望を聞かれた際に「エンジニアになりたい」と申し出たところ、「課題を出すから、自分で勉強してみて。その結果を見てから配属を決めます」と言われました。

 

課題はいくつかありましたが、最初の課題がProgateというプログラミングの勉強ができるサイトのPHPのコースを終わらせることでした。

 

Progateは作りがシンプルで、順を追って学べるようになっているので現在プログラミングを始めようとしている人の中ではよく使用されています。

 

確かにとても簡単ですし、説明も丁寧なのですが、当時の私にとっては未知の単語がたくさん出てくるわけがわからないサイトでしかありませんでした。

 

Progateのコースを一度やっただけでは、プログラミングのことはほとんど理解できなかったのが正直なところです。

 

ただ、 デザインも可愛くチュートリアルを確認しながら進めることができたのでなんとか終わらせて、無事にエンジニアとしてのキャリアをスタートすることができました。

 

最初はプログラミングより、Webの基礎知識を

実際に入社してから、最初はプログラミングよりももっと根本的なwebの仕組みをわかる必要があると言われ、座学でweb、インターネットの仕組みを教えてもらいました。

 

なぜ私たちはweb上のページをみられるのか?

私たちがwebページにアクセスした時、何が起こっているのか?

 

インターネットにはどのような約束事があるのか?などの本当に基本的なことです。

 

もちろんベンチャーなので教育に充てられる時間は限られており、「詳しいことは本を読んで」と渡されることも多々ありました。

 

この時に勧められて役に立ったと思う本は、
・3分間ネットワーク基礎講座
・3分間HTTP&メールプロトコル基礎講座
・気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!
・アルゴリズムを、はじめよう
などです。

 

本を読んで、と渡されたところで、そこに出てくる単語もやはり未知の単語ばかりです。

インターネットでググってみますが、単語の説明の中にわからない単語がまた出てきて、永遠にググる羽目になります。

 

当時はとてもきつかったですが、今考えると、この経験は非常に良い経験だったと感じます。

 

エンジニアになっても結局はググることが大事で、広大なインターネット上のデータから、ピンポイントで自分が欲しいデータを探し出す方法を、ここで鍛えられたからです。

 

エンジニアとして実務投入!最初の仕事はHTMLのコピペから

大体の座学が終わったところで、実践です。実践といってもまだOJTのようなものです。

 

だいたい、未経験にポンと渡せるような仕事はそうそうありません。

 

最初の仕事はデザイナーの先輩が書いたHTMLを、PHPのページへはめ込んで統合させるという仕事でした。

 

この時はまだ、HTMLとは…?ぐらいの理解度だったので、ほとんど何もわからないままコピペをし、表示崩れを起こし、行き詰まりましたと言って泣きながら先輩に教えてもらうような状態です。

 

この仕事には2〜3週間ほどかかったのですが、不思議なことに毎日コードと向き合って、わからないことを調べるというサイクルを回しているうちに、暗号にしか見えなかったコードが読めるようになってきました。

 

HTMLのみだけではなく、PHPも軽く触れるタスクだったのもよかったかもしれません。

 

なんとなく「プログラミング無理かも」という気持ちが薄れてきました。

 

プログラミングができるだけではダメ?初心者がつまづきやすいポイントは?

HTMLやCSSがちょっとわかった頃に、サーバーのセッティングをしてみて欲しいと言われました。

 

webの基礎を習った時にサーバーに関しても習ってはいましたが、もちろん触ったことはありません。

 

「黒い画面」で繋ぐらしいことはわかっていましたが、パソコン本体とサーバーがどう違うのかもわからないので、よくサーバーのことを「パソコン」と呼んで怒られました。

 

初心者は、コードがかけるようになったとしても、その手前の環境構築などでつまづきます。

 

環境構築にはサーバーの知識や、ドメイン等の知識がそれなりに必要なため、コードの書き方はわかってもコードを書き始めるまでのセットアップができずに撃沈…ということを体験した人も多いのではないでしょうか?

 

このあたりは未経験の人が自分だけでやるのは難しいため、誰かに助けてもらうことをおすすめします。

 

周りにいなければ、Twitterなどでエンジニアさんに聞いてみるのが良いでしょう。

 

やっとPHPを使った開発を始める

入社して3ヶ月程度でようやく、なぜwebアプリケーションが動いているのかをうっすらと理解できるようになりました。

 

この時期に、「簡単なPHPのツールを作ってくれ。」という仕事をもらい、ようやくプログラミングを始めました。

 

ツール自体は、スクレイピングをして情報を集めるようなものだったので、今考えればシンプルなのですが当時は何もわからないまま、とにかく書いては実行し、エラーを出し、原因をググり…の繰り返しです。

 

周りの人にも教えてもらいながら、やっと作成を終えリリースとなりました。

 

もし今「Progateを終えたけど次何をしていいかわからない…」という人がいたら、まずは簡単なツールやwebサイトの作成をしてみることをおすすめします。

 

例えば、私が作成したようなスクレイピングツールや、ポートフォリオサイト、おみくじゲーム、ちょっと便利な文字数カウントツールなどはとても簡単にできます。

 

フレームワークを使った開発を始める

実際の現場で、特にwebアプリケーションを作るような現場では、素のプログラミング言語を扱うことはあまりなく、基本的にはフレームワークやライブラリを使って開発をします。

 

私も最初は何のフレームワークもライブラリも使っていないPHPだけのツール開発をしましたが、すぐにフレームワークを使ったwebアプリケーションのプロジェクトに入りました。

 

この時に作っていたのはオンラインショッピングサイトで、小さな改修から始めましたが、見たこともない文法が出てきたり、またもや未知の単語がたくさん出てきて、「もう嫌だ…」という気持ちをよく抱きました。

 

ただ、素で書くよりも圧倒的に簡潔にかけること、一度慣れてしまえばとてもシンプルで簡単にアプリケーションが作れることもあり、だんだんと開発が好きになっていったのもこの頃からです。

 

次第に「もっと知りたい」という気持ちが芽生えて勉強会にも出るようになり、エンジニアの知り合いが外部に増えたことで、仕事への愛着が湧いてきました。

 

これはとても大事なことで、会社で仕事しているだけだとプログラミングや開発の仕事はつまらないように思えても、一歩外へ出るとそれを楽しんでいる人たちがいます。

 

その人たちと話すと、「楽しみ方」を教えてもらえることが多く、それが仕事へのモチベーションに繋がっていきました。

これからプログラミングを学ぶ人へ

バグが出た時や、そもそもロジックが組めなかった時など、落ち込んで「向いてないな」と思うことはたくさんありました。

 

ただ、半年から1年もすると慣れてきて、楽しむことができるようになってきます。

 

なので、煮詰まったり嫌になりそうな時は、一度外部勉強会へ参加してみたり、自分で簡単なアプリケーション作成に取り組んでみたりすると、また違うものが見えてくると思います。

 

私は、connpassというサイトで、「PHP」や「Laravel」など興味のある単語で勉強会を探して参加申し込みをしていました。

 

LT会は聞くだけになってしまいがちなので、ハンズオンやもくもく会をメインに参加すると手も動かせて、色々聞いたりできるのでオススメです。

 

未経験からのスタートでしたが、1年から2年ほどで仕事には慣れて、文系や未経験という不安もなくなります。

 

今エンジニアを目指そうと思っている人の参考になれば嬉しいです。

 

公開日:2019.03.29

この記事を書いた人


関連記事