【2019年決定版】エンジニアインターンの平均時給はいくら?大手企業のバイト面接に打ち勝つには!?

はてブ

エンジニアを目指している人の中には、エンジニアインターンを経験してプログラミングスキルを磨きたいと考える人もいるのではないでしょうか。エンジニアインターンを活用することで、プログラミングスキルを磨きながら給料ももらえるので人気の方法になってはいますが、実際にエンジニアインターンを利用していく中でどれぐらいの給料をもらえるのかは気になるところです。

そこでこの記事では、エンジニアインターンの平均給料はどれぐらいなのか、またより人気の高い大手企業の面接に打ち勝つために必要なことについてまとめていきますので、エンジニアインターンを検討しているのであればぜひ参考にしてみてください。

大学生のうちにプログラミングを始めるのがおすすめな理由

エンジニアインターンは未経験からはじめられる?

インターンを始めよう

まずこれからプログラミング学んでいく中で、できれば給料をもらいながら学ぶことができるエンジニアインターンを利用したいと考える人もいるかと思いますが、プログラミング未経験の場合はエンジニアインターンを始めるのは非常に難しくなってしまいます。当然インターンの中には、初心者向け・プログラミング未経験向けのものがありますので、そういった募集条件でなければ初心者・プログラミング未経験者がインターンを利用することは難しくなってしまいます。

企業側からしても即戦力や伸び代が期待できる人材を求めていますので、よほど企業として余裕があるような企業でなければエンジニアインターンに合格することは難しくなってしまいます。また、考えようによっては、プログラミング未経験者が面接に来ても自分では学ぶ気がないと思われてしまう場合もあります。ですので、エンジニアインターンに採用されたいのであれば、エンジニアインターンに最低限必要なスキルを身につけておくのがいいでしょう。

プログラマー入門編!未経験からエンジニアになる人が必ずすべき7つのこと

エンジニアインターンにいく前に最低限必要なスキル

必要なスキル

では、先ほど説明したエンジニアインターンに最低限必要なスキルとはどのようなものがあるのでしょうか。まずはプログラミングの知識がなければ話になりません。当然企業側がエンジニアインターンに求める能力は、プログラミングスキルになってきますので、エンジニアインターンを目指す人にとってプログラミングスキルは必須になってきます。では、エンジニアインターンに必要なプログラミングスキルは、どの程度のレベルまでのプログラミングスキルが必要になってくるのでしょうか。

エンジニアインターンの面接では、アプリやwebサービスの開発経験について聞かれる場合があります。企業は即戦力のエンジニアが欲しいので、最低限プログラミングを使ってアプリやWebサービスを作成できる程度は求められてしまいます。また、プログラミング言語もHTML/CSS, JavaScriptなどメジャーどころは使えるようになっているのが望ましく、ある程度プログラミングスキルがあることで、エンジニアインターンの合格率を上げることができます。

【プログラミング初心者必読!】言語は何から学ぶ?独学でも絶対に失敗しないコツを3つご紹介!

エンジニアインターン先を探す時に使うべきサイト

オススメサイト

では、ある程度プログラミングスキルも身につけていて、実際にエンジニアインターンとして、企業への面接を検討しているときにどのようなサイトを使用するのがいいのでしょうか。エンジニアインターンを募集しているサイトは多くありますが、大企業に強い求人サイト、スタートアップやベンチャー企業に強い求人サイトなど、求人サイトによって特徴が異なってきます。
自分が希望している働き方に合った、求人サイトを利用するようにしていきましょう。また、企業によっては、プログラミングスキルやエンジニアスキルを持っていて、過去にエンジニアインターンバイトを経験しているという人が条件になってしまう場合もあります。ですので、希望や時給などだけを見るのではなく、自分の能力に見合った条件のサイトを探すようにしましょう。

大手企業でインターンバイトがしたい時にはこのサイトがおすすめ!

先ほど紹介したように求人サイトは、スタートアップやベンチャー企業に強い求人サイトと、大企業にエンジニアインターンしたいときに使えるか求人サイトに分かれます。ここでは、大企業に強い求人サイトを紹介していきます。【ゼロワンインターン】という求人サイトでは、日本でも最大級を誇る長期インターンシップ募集サイトになっており、特徴としてインターンシップを3ヶ月以上続けることで、インターン先の社長に就活に有利に働く推薦状を作ってくれるなどの特典もあり、その推薦状をもらえるだけで人気の企業から逆にスカウトに訪れたりと、ゼロワンインターンを利用することで将来に役立つことが多くあります。

インターン先も職業として最も多いのがエンジニアとなっているので、比較しやすく希望する企業にインターンしやすくなっています。また、日本だけでなく海外の企業もありますので、将来的に海外での活躍を希望しているのであればおすすめのインターンシップとなっています。

スタートアップやベンチャーでインターンバイトがしたい時にはこのサイトがおすすめ!

先ほど紹介した大企業に強い求人サイトではなく、ベンチャー企業やスタートアップしたばかりの企業に強い求人サイトですが、【Goodfind】というサイトでは、2ヶ月以上の長期インターンをメインに紹介してくれるサイトで、ベンチャー企業の中でも有給インターンを検索することができます。また、セミナーなどの開催も頻繁にありますので、プログラミングスキルをアップするのに最適なサイトになっています。
他にも【Wantedly】というサイトでは、大企業よりもスタートアップしたばかりの企業やベンチャー企業が多く、フェイスブックなどのSNSと連携して求人情報を探すころができるサイトになっています。【キャリアバイト】というサイトでは、インターン求人サイトの中でも特に老舗のサイトになっているため、求人情報も多くあるだけでなく、個別面談などインターンシップの相談会が開催されている求人サイトになっています。
他にも【JEEK】というサイトでは、日本最大のインターンシップサービスとなっていて、一部上場企業からベンチャー企業まで幅広い企業の情報があります。また、プログラミング未経験者でも学べる企業があるのが特徴で、インターンエントリー会や勉強試演会などのサポートも充実しています。

インターンバイトの面接に打ち勝つコツは?

面接のコツ

インターンバイトをするために必要になってくるのが面接です。ほとんどの人が面接でどのように話すのがいいのかわからないでパニックになってしまいます。ここでは、インターンバイトの面接で知っておくべきコツについて紹介しておきます。まずインターンバイトの面接では、企業側からは人間性や性格について知りたいと考えています。ですので、企業での求めている仕事に対しての能力や姿勢が、本人の能力や価値観と一致しているかを見極めようと考えています。

面接の際にはしっかりと自己PRをしていき、過去に取り組んできた実績や、志望動機で意欲の強さをアピールすることが必要となります。また、面接時に逆質問されるケースがあります。これは企業側から意欲や積極性がどれほどあるのかを見極めるための質問となっています。ですので、インターン先の企業についてどのようなことを知りたいのか、志望動機などは事前にまとめておき、逆質問のときには面接時に感じたことなどを質問するのがいいでしょう。

そして最後に、インターンバイト面接では、あくまでもコミュニケーションを円滑に進めることができるのかをポイントに考えられていますので、しっかりと面接官の話を聞いて質問の意図を理解し、相手を見てしっかりと質問に答えるように心がけておきましょう。

エンジニアインターンの平均時給はいくらくらい?

給料はいくら

これからエンジニアインターンバイトを始めようかと考えている人にとってきになるのが時給だと思います。

当然働き方や企業によって時給は異なってきますが、ここではエンジニアインターンバイトの平均時給について解説していきます。結論としてエンジニアインターンバイトの平均時給は1,000円前後になっています。東京都の最低賃金が985円ですので、それを下回ることはありませんが、エンジニアだからといって特段高い時給ということでもありません。
基本的な考え方としては、アルバイトをするのと同じぐらいと考えるのがいいでしょう。ただし、エンジニア経験を持っていれば多少優遇される企業もあるようです。

また、長期インターンバイトや過去に長期インターンバイトを経験しているのであれば、面接時に交渉すれば高めの時給に変わる可能性もあります。基本的には働いた時間分の給料が発生しますので、出社までにかかる時間は含まれることはなく、アルバイトと同じような感覚でいるといいかもしれません。ですが、アルバイトと違ってエンジニアインターンバイトでは、エンジニアとしての実務をこなしていくことができるので、プログラミングスキルだけでなくエンジニアとしてのスキルアップにつながりますので、給料以外で得られる部分が多くなりますので、これからエンジニアを目指す人にとっては、実務経験をこなしながら給料をもらうことができる一石二鳥のバイトとなっています。

【2019最新版】新卒エンジニアの初任給、徹底比較!会社別、年収ランキングまとめ

エンジニアインターンからの就活内定を勝ち取ろう!

勝ち取る

いかがでしたでしょうか。今回はエンジニアインターンバイトの時給や、プログラミング初心者でもエンジニアインターンバイトをすることができるのかについてまとめてきました。エンジニアインターンバイトでは、給料が発生する場合と発生しない場合がありますが、それは1週間前後の短期的なインターンバイトで、少しでも実務経験を積みたい人向けになっています。

長期的にインターンバイトをしていけば当然給料として報酬を得ることは可能になっています。また、普通のアルバイトと同額かそれ以上の給料を得ることができるので、エンジニアを目指す人にとっても非常に人気のあるバイトになっています。

そのことからもエンジニアインターンバイトの競争率も高くなっているのが現状となっています。それらのことを踏まえてもエンジニアインターンバイトをしたいと考えるのであれば、今回の記事を参考にしていただき、面接時に気をつけておきたいことなどを頭に入れて臨んでもらえればと思います。

関連記事