システムエンジニアとプログラマーの違いを徹底解説

はてブ

現在世界的にIT人材不足と言われていることもあり、IT系の会社に転職を考えている人も少なくありません。

 

一言でIT系とくくってしまえば簡単ではありますが、IT系といっても代表的なシステムエンジニアやプログラマーなど様々な職種があります。

 

どの職種を選べばいいのか、どのようなスキルが必要になってくるのか違いがわからない人も多くいると思います。

 

そこでこの記事では、システムエンジニアとプログラマーについて、どんな仕事内容なのか、年収はそれぞれどれぐらいなのか、必要な能力はどんなものなのかなど徹底的に違いを検証していきます。

 

就職・転職を検討している人は是非参考にしてみてください。

システムエンジニアとは

システムエンジニアとは、クライアントの要求から基本的なシステムの仕様や企画を立てて、基本的なシステムの設計から詳細な設計までを行っていくのが、おおまかなシステムエンジニアとしての仕事です。

 

他にも出来上がってきたシステムのテストを行ったりと、システム全体を把握する必要があります。

 

出来上がったシステムをクライアントに説明したり、納品後のアフターフォローなど多種多様な業務を担っているのがシステムエンジニアです。

プログラマーとは

一方のプログラマーですが、プログラマーとはその名前の通りプログラミングをしていく人のことで、基本的にシステムエンジニアが企画・設計したシステムを実際にプログラミングで作成していきます。

 

また、プログラムを作成するだけでなく実際にテストをしていき、システムエンジニアの企画どおりにプログラムが正常に作動しているのか確認もします。

 

基本的に一つのプロジェクトを仕上げていくには、システムエンジニアがクライアントの要望から企画・設計を行い、そのシステムエンジニアが作成した企画・設計を元にプログラマーがシステムの作成を行っていきます。

 

そして、出来上がったシステムのテストをプログラマーが行って、システムエンジニアが納品をして一つの仕事が完成するというのが一連の流れとなります。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアの仕事内容は先ほど説明した通りではありますが、具体的に説明すると、まずクライアントの要望を聞きつつ、このクライアントにはどのようなシステムが必要かを判断して、企画・設計書を作成していきます。

 

企画・設計書の作成できて、クライアントの承認を得ることができれば実際にシステムの詳細な設計をしていき、プログラマーと密に打ち合わせを重ねて設計をプログラマーに託します。

 

プログラマーがシステムの開発が終われば次は稼働テストですが、この稼働テストに関してはプログラマーが行うかシステムエンジニアが行うかは企業によって異なってきます。

 

テストをクリアすれば晴れてクライアントにシステムを納品します。

 

納品後にトラブルが生じた場合には、システムエンジニアがアフターフォローをします。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容ですが、基本的にはシステムエンジニアが設計したシステムでプログラムを組んでいくのが主な仕事になってきます。

 

ここでプログラマーとしての実力差が大きく分かれる部分で、実力や経験を積めば積むほどに要求以上の仕事をこなすことができます。

 

また、納品前の段階で企画書通りに稼働しない場合などには、プログラムの修正などをしていき、企画書通りの動きができるように作成していくのがプログラマーの仕事になっています。

システムエンジニアの年収

誰もが気になる年収ですが、システムエンジニアの平均年収は500万円から800万円と言われています。

 

システムエンジニアは、直接クライアントに対応するだけでなくプロジェクト全体をまとめていく必要があるため、プログラマーと比べると必然的に年収も多くなっていきます。

 

また、クライアントの対応から全体をまとめることでシステムエンジニアの方が責任も重く、システムエンジニアが中心となってプロジェクトが進行していくこともあり、どの企業であってもシステムエンジニアは高待遇で仕事をすることができます。

プログラマーの年収

一方のプログラマーですが、プログラマーは基本的にシステムエンジニアが、クライアントと対応して企画を作成してくれなければ仕事をすることができません。

 

どんなにプログラマーとして優秀であったとしても、企画やクライアント対応をすることができないため、全体的な責任としてはシステムエンジニアよりも責任は少なくなります。

 

ただし、プログラマーはスキルで明確な差が出ますので、スキルを伸ばせば伸ばすほどに需要も高まり年収も高くなっていきます。

 

平均年収は300万円から500万円と言われています。

システムエンジニアに必要な能力や経験

システムエンジニアに必要なスキルとしては、クライアントに説明するための最低限のITの知識から、クライアントやプログラマーに説明するためのコミュニケーション能力や、上手に伝達するための文章力などが必要になってきます。

 

他にも営業能力なども必要になってきて、プログラミングができるシステムエンジニアになってしまえば、どこでも重宝される存在になることができます。

プログラマーに必要な能力や経験

一方のプログラマーでは、当然プログラミングのスキルや経験が必要になってきます。

 

プログラミングのスキルと言っても、システムエンジニアより高度で専門的なスキルが必要になってくるため、技術力を明確に推し量ることもでき、プログラミングの技術が高ければ高いほど重宝されます。

 

また、プログラマーとしてプログラミングを勉強していき、システムエンジニアへのキャリアチェンジをするケースが非常に多くなっています。

 

プログラミングができるシステムエンジニアを目指すのであれば、プログラマーを経験した後にシステムエンジニアを目指すのがオーソドックスな方法となっています。

 

そして専門的な知識を得ることができるプログラマーは、目に見えた結果を見ることができるので、独立をする人も多くフリーとして活躍しやすくなっています。

システムエンジニア・プログラマーどちらも将来性に優れている

ここまで解説してきたように、システムエンジニアにしてもプログラマーにしても、どちらか一方がいればいいわけではなく、システムエンジニアとプログラマーでグループを作ることで一つのプロジェクトを進めることができます。

 

責任比重が高いのでシステムエンジニアの方が待遇は良くなってしまいます。

 

ただ、プログラマーはプログラミングのスキルに特化しているので、手に職を持つことができ転職する際にも有利になってきます。

 

一方で営業色の強いシステムエンジニアではありますが、コミュニケーション能力や伝達力に優れていれば、収入の多いシステムエンジニアを目指すことも可能です。

 

しかし、一般的には1,2年プログラマーとしての経験を積んでからシステムエンジニアを目指すことで、より幅広い仕事をこなしていくことができます。

 

どちらも優れた職業であることは間違いないので、自分の性格やどんなことをしたいかで、システムエンジニアかプログラマーのどちらがいいのか選択するのがいいでしょう。

関連記事