プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

【これさえあれば完璧!】作業を圧倒的に効率化してくれるChrome拡張機能12選

ニュース

公開日 : 2020年01月09日 | [更新日] 2020年01月09日

「たった一つの拡張機能でこんなに変わるなんて」

今回紹介する拡張機能を使ってみた私の感想です。

ありきたりな感想ですが、1周まわってこんなありきたりな感想になってしまうのです。

便利な拡張機能を知ってしまった今、開発や勉強、その他細々とした作業が楽しみになってます。

あなたの時間は有限です。

これから紹介する拡張機能を使って、効率化をはかりましょう!

1. pushbullet

パソコンで見ているページをスマホで見たい時ってありませんか。

例えば、住所をパソコンで調べていて、移動する時になってスマホで情報がみたくなったとき。

新しく公開したページをスマホ画面で確認したいときなど。

そんなときにこの拡張機能を使えば、アイコンを押すだけで、登録しているスマホやタブレットにプッシュ通知を送ることができます。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/pushbullet/chlffgpmiacpedhhbkiomidkjlcfhogd

2. Awesome Screenshot: キャプチャーと注釈

ブラウザ上で表示している画面をスクリンーンショット撮りたい時ありませんか。

誰かに共有したいとき、証拠として情報を保存しておきたいときなど。

そんなときにこの拡張機能が大活躍します。

自分のPC内に保存することもできれば、スクリーンショットしたものをワンクリックで共有することもできます。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/awesome-screenshot-screen/nlipoenfbbikpbjkfpfillcgkoblgpmj?hl=ja

3. Image Downloader

この拡張機能を使えば、閲覧しているページに掲載されている画像をすべてダウンロードすることができます。

サイズでも絞り込みをかけることができるため、「小さいサイズの画像だけ欲しい」、「大きいサイズの画像だけ欲しい」といった要望も解決。

ダウンロードしたい画像のみ選択して、ダウンロードすることができるのが特徴。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/image-downloader/cnpniohnfphhjihaiiggeabnkjhpaldj

4. Clear Cache

新しい機能を搭載したときや、CSSで見た目のデザインを変えたときなど。

実際にウェブ上の画面をみてみると、「あれ、確かに実装したのに変わってない…」みたいなことってありませんか。

多くの場合、キャッシュが残っているせいで変わってないことがほとんどです。

キャッシュを消そうにも、履歴にいって…とめんどくさい。

この拡張機能を使えば、ワンクリックでキャッシュを削除できるので、大幅に時間を削減することができます。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/clear-cache/cppjkneekbjaeellbfkmgnhonkkjfpdn

5. Linkclump

カーソルで指定した範囲のページを一気に開いてくれるのがLinkclump。

開発したウェブサービスのページリンクを正しく設定できているか確認するときや、検索結果に表示された記事をすべて表示したいときなど。

とにかく一気にリンクを開きたい時に活用することができます。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/linkclump/lfpjkncokllnfokkgpkobnkbkmelfefj

6. Web Maker

通常のブラウザ上でエディタを機能を表示してくれる拡張機能。

アイコンをクリックしたあとに新規タブを開くとそのタブがエディタになります。

調べ物をしていて、さくっとコードを書いて試したいときにおすすめ。

書いたコードがどのように反映されるのかを右側に表示してくれるのでまさにさくっと確認したい時に便利な拡張機能です。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/web-maker/lkfkkhfhhdkiemehlpkgjeojomhpccnh

7. CSSViewer

CSSViewerは特にフロントエンドエンジニアにおすすめの拡張機能。

気になる部分にカーソルを合わせるだけで、そこにどのようなCSSが組まれているのか確認することができます。

カラーコードを確認したいときや、マージン、パディング幅を確認したいときなどに重宝する拡張機能です。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/cssviewer/ggfgijbpiheegefliciemofobhmofgce

8. Tab Resize – split screen layouts

この拡張機能では、簡単に画面を分割することができます。

2分割にして、一つの画面を参考にしながら作業を進めたい時や、大きなモニター上で複数画面を見せながら情報共有をしたいときなど様々なシーンに
合わせて画面を分割することができます。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/tab-resize-split-screen-l/bkpenclhmiealbebdopglffmfdiilejc

9. WhatRuns

この拡張機能を使えば、そのサイト上でどのようなツールやプラグイン、フレームワーク、開発環境が使われているのかを確認することができます。

サイト上で気になる機能があったときに、「どのようにこれを実現しているんだろう?」と思ったことはありませんか。

そんな時にWhatsRunsを使えば一瞬でわかります。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/whatruns/cmkdbmfndkfgebldhnkbfhlneefdaaip

10. Page Analytics (by Google)

Webページ上でどの部分が一番見られているのかを視覚的に確認することができます。

Web上でどのボタンがよくクリックされているのかといったことを検証したい時に、「意外とこっちのボタンの方が押下されている」などの
インサイトを簡単にチェック
することができます。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/page-analytics-by-google/fnbdnhhicmebfgdgglcdacdapkcihcoh

11. ColorPick Eyedropper

Web上で気になる色があるときに、そこにカーソルを合わせることで、色コードとRGBの両方を簡単に取得することができます。

フロント側で実装する時は色コードもしくは、RGBで指定しないといけないので、特にフロントエンドエンジニアの方は重宝する拡張機能です。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/colorpick-eyedropper/ohcpnigalekghcmgcdcenkpelffpdolg

12. Go Back With Backspace

かつては標準搭載されていた機能であるBackspaceボタンでの戻る機能。

Backspaceで戻ることに慣れていた人はこの拡張機能で実現することができます。

Backspaceであれば、大きく指を動かす必要もないので、必要最低限の動作で前のページに戻ることができるようになります。

ダウンロードはこちらから⬇️
https://chrome.google.com/webstore/detail/go-back-with-backspace/eekailopagacbcdloonjhbiecobagjci?hl=ja

最後に

いかがでしたでしょうか。

ちょっとした作業を効率化してくれる拡張機能を紹介しました。

塵も積もれば山となるといいますが、オンライン上で使っている時間は可視化されづらいこともあり、チリが積もっていることに気づかない場合が多いです。

今回紹介した拡張機能を使うことによって、数秒、数分だけかもしれませんが、年間で見れば、数十時間、数百時間の効率化につながっているかもしれません。

まだまだ他にも便利な拡張機能があると思うので、もし今みなさんが使っている拡張機能でおすすめのものがあれば、教えていただけると嬉しいです。

WRITER

学生時代にインドの人材紹介会社にジョインし、新規メディアの立ち上げに従事。日本に帰国後、インターンとしてインバウンド向けサービスを展開するINDIE.incにジョイン、サービスオペレーションを担当。大学卒業後、新卒で大手IT企業に入社し、WEBディレクター業務に従事。その後ケニアにて独立。帰国後はOYO LIFEの日本立ち上げに参画。独特なイラストと共にハンドメイドピアスを販売中。インスタでmAki_earringsと調べてくれる人は神。

オススメの
プログラミングスクール

TechAcademy(テックアカデミー)

Webアプリ

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

ウェブカツ

Webアプリ

CodeShip

HTML/CSS/jQuery

神田ITスクール

TECH BOOST

Webアプリ

ヒューマンアカデミー

Webアプリ

.Pro(ドットプロ)

Webアプリ

都道府県から探す

北海道・東北エリア
北海道
青森
岩手
秋田
山形
福島
関東エリア
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
栃木県
群馬県
山梨県
信越・北陸エリア
新潟県
長野県
富山県
福井県
東海エリア
愛知県
岐阜県
静岡県
三重県
近畿エリア
大阪府
兵庫県
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
中国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
四国エリア
徳島県
香川県
愛媛府
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ