【SES企業は危険!?】”大手”だからって安心するな!SESブラック会社の見極め方をご紹介!

はてブ

エンジニアの働き方の一つにSES企業での働き方がありますが、耳にしたことはあっても詳しくは知らない人が多いのが現状になっています。

そんな、「SES企業で勤めよう」と考えているエンジニアは、詳しく知っておかなければ後々後悔してしまう可能性があります。

また、大手のSES企業だから大丈夫だと楽観視している人もいますが、大手SES企業であってもブラック企業の可能性も秘めており非常に危険となっています。

そこでこの記事では、そもそもSESとは一体どういう働き方なのか、SES企業に就職することのメリット・デメリットはどういったものがあるのか、SES企業の中でもブラック企業を見極める方法について解説していきたいと思います。

SESとは?

SESとはどういうものなの?

まず最初に、そもそもSESというものはどういったものなのかの解説していきます。
SESとはシステムエンジニアリングサービスの略称で、顧客に対してエンジニアを派遣することを指しています。

ですので、SES企業とはエンジニアを顧客に派遣する企業ということになります。

そこで気になるのが、エンジニアを派遣する企業ということは、所属するエンジニアは派遣社員なのかということですが、派遣社員とSESとでは大きな違いがあり、派遣社員が顧客から指揮命令をされて作業することに対して、SESは顧客にエンジニアの技術を提供することは同じですが、指揮命令はSES企業側にあるという部分が大きく異なります。

これはどういうことかと言うと、SESには仮に残業や休日出勤を頼みたくても直接命令を下すことができません。

また、これは派遣社員もSES企業も同じですが、成果物に対しての責任は一切負いません。

この指揮命令系統が違うという点で大きな違いがあり、このことをあまり知らない人も多いのが現状となっています。

ですので、SES企業を通してエンジニアを派遣してもらっても、顧客側の要望は聞いてもらえずにトラブルになりやすい契約が多くあるのが現状です。

そして、SES契約は請負契約とも違っており、請負契約が成果物の対価として報酬をもらうのに対して、SES契約は時間給によって報酬をもらうことになります。

これは顧客側からすると大きな違いとなっていて、SES契約の場合システム開発が完成していなくても、顧客はSES企業に対して労働時間分の報酬を支払わなければいけません。

そして、SES契約が準委任契約となっていることから完成義務も生じないため、最悪の場合労働時間に対する報酬を支払っているのに、発注したシステムを完成させることができないなんてケースもあります。

それでもSES企業に就職しようとしている人それでもSES企業に就職を考えている人に向けて。

ここまでの解説を見ていると、どう考えてもSES企業で勤めたいと考える人は少なくなってくるかと思いますが、中にはそれでもSES企業に就職したいと考える人もいるかもしれません。

そこでここからは、SES企業のメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

メリット

SES企業で働くことのメリットですが、

様々な企業に派遣されるのでコミュニケーション能力の向上になる
精神的に鍛えることができる
職場によってはエンジニアとしてのスキルの向上になる
自分の時間を確保しやすくなる

以上のことが考えられます。

SES企業から常駐先に派遣する場合に、一人で派遣されることも多くなりことから、当然知らない人ばかりと組んでプロジェクトに取り組んでいくことになりますので、必然的に人間関係を一から形成していくことになります。

そして、契約が満期になることで、その常駐先から別の常駐先に移ることになりますが、そこでもまた新しい人間関係を築いていかないといけません。

常にその繰り返しをしていくことになりますので、様々な人とコミュニケーションをとることで、システムエンジニアに必要なコミュニケーション能力を、自然と養っていくことができるようになります。

そして、そういった人間関係を築いていく中で、様々な人たちと出会っていくことになり、精神的にも鍛えられていくことになります。基本的にはSES企業から派遣されたエンジニアに、大きなプロジェクトのリーダーを任せることなく、その代わりにプログラミングなどのスキルを求めている場合が多くなりますので、結果的に必要なスキルを磨くことができる場合もあります。

ですので、派遣される企業によっては、SES企業で勤めていくうちに自然にプログラミングスキルを磨いていくことができます。

そして、SES契約を結んだエンジニアには、クライアント側は作業時間によって報酬を支払っていくシステムですので、クライアント側も極力残業や休日出勤を控えるように促してきます。

よって、SES企業に勤めることで基本的には定時で帰宅することができ、その早まった時間を資格の取得に当てるなど、空いた時間を利用しやすくなってきます。

デメリット

次にSES企業で働くことのデメリットですが、

簡単な仕事ばかりになる
給料が安い
景気の影響を受けやすい

などが考えられます。

SES契約できたエンジニアには、作業時間によって報酬が変動してきますので、あまり難しい工程を任されることは企業側として避けてきます。

楽な仕事の方がいいというのであれば問題ありませんが、プログラミングでも基礎部分しかさせてもらえなかったり、雑用ばかりさせられるなんてこともありますので、当然キャリアアップにもなりませんし、給料自体も安くなってしまいます。

そして、SES企業はピンはね率も高くなっていますので、どんなにスキルがあって仕事ができたとしても、他と比較すると給料は安くなってしまいます。

エンジニアという職業柄、景気によっては仕事量が減るのは致し方ないことではありますが、当然企業側からすれば自社のエンジニアを優先しますので、景気が悪くなれば常駐先が減ってしまったり、最悪の場合中途で契約解除なんてことにもなりまねません。

大手だからって安心するな!SESブラック企業の見極め方とは?

大手でも安心はできない、ブラックなSESを見極める方法とは?

最後に大手のSES企業だから問題ないと考えている人向けに、大手であってもSES企業の場合はブラック企業である可能性も大いにあるので、ブラック企業かどうかを見極めるための方法を解説していきます。

SES企業において、ブラック企業かどうかを見極める方法として、

報酬・稼働時間
評判サイトでの評価
会社の方針

などが考えられます。

ここでは、それらの見極める方法について詳しく解説していきたいと思います。

報酬・稼働時間

まず報酬・稼働時間についてですが、基本的にSES企業との契約では、成果報酬ではなく、働いた時間分の対価として報酬を得ることができます。

ですが、プロジェクトの指揮命令はSES企業側がしますので、クライアントが残業や休日出勤を望んでいても、SES企業から言われたエンジニアは従わなければいけません。

そして、エンジニアが残業や休日出勤などの時間外労働をすることで、より多くの報酬がSES企業側に支払われることになります。

ですので、ブラック企業であれば当然エンジニアには長い時間仕事をさせたいと考えています。

そこで求人情報を閲覧したときに、始業時間が何時からで就業時間が何時までと、正確に明記されていない場合は、SES企業の中でも特にブラック企業であると判断してもいいでしょう。

評判サイトでの評価

次に評判サイトを閲覧して、他人の評価を確認する方法です。

評価をする人は、当然過去に何らかの接点を持っている人で、

過去に契約をしていたエンジニア
過去にSES企業で働いていた人
実際にクライアントとして発注した側

などが考えられますが、その評価を見ることで容易にそのSES企業について知ることができます。ここで評価が低い企業や、明確にブラック企業と書かれているような企業は、当然ブラック企業になってきますので、注意をしなければいけません。

ただし、企業によってはカモフラージュするために、サクラなどを利用して嘘の評価を明記している企業もありますので、ここで評価を見るときには、良い評価ではなく悪い評価を判断基準にする方がよいでしょう。

そして、企業によっては悪い評価は削除する企業もいますので、よい評価だけを鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考程度に考えているのがいいでしょう。

会社の方針

最後に会社の方針です。SES企業は請負契約を結びませんが。それは、SES企業の多くが請負契約の方法がわかっていないからで、請負契約を結ぶためには、通常商談や見積もりといったごく自然な流れを必要としますが、エンジニアを派遣するだけのSESでは、IT企業側へ電話などでエンジニアを派遣している旨を伝えるだけで簡単に契約をすることができます。

また、プロジェクトにエンジニアを派遣するだけですので、特にエンジニアのスキルがない人でも簡単に契約をし、クライアント側へ派遣することが可能となっています。

このように特に責任感もなく、ただ簡単にこなすことができると考えているSES企業が多く、そういった企業は特にブラック企業となっています。

ブラック企業を見分ける方法ですが、

求人情報内で業務内容が曖昧に明記されている
未経験でも大丈夫と明記されている
勤務場所が多い

上記のような明記がされている求人は、特にSESブラック企業として考えてもよいでしょう。

これらの企業は、とりあえず頭数さえ集めれば経営していくことが可能と考えていますので、入社しても自分のスキルを伸ばすことはおろか、望んでもいない仕事場に派遣されるなんてこともザラにあります。

こんな企業では、働いても働いてもまともな報酬を得ることができませんし、自身のスキルアップにもつながりませんので、このような企業だと判断したのであれば、早々に退社することを検討し他方がよいでしょう。

自分がどう働きたいかを考えて職場を選ぼう

自分がどう働きたいのかを考えて企業を選ぼう。

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、エンジニアの働き方の一つであるSES契約を扱っているSES企業について解説してきました。

SESという働き方自体は、様々な企業に勤めることができるので、コミュニケーション能力や精神力を鍛えることができるなど、将来フリーランスで活躍したいと考えている人にとっても、プラスになる働き方の一つではありますが、扱っているSES企業自体に問題があることが多く、支払われる賃金も安く、SES企業に属することでマイナスになってしまう可能性も大いにあります。

【徹底解説】エンジニアのキャリアパスと業界の今後の未来にについて解説します

当然SES企業全体が悪いわけではなく、一部の企業がブラック企業であるということですが、大手企業だから大丈夫と言った考え方では、勤めてから後悔することになってしまいます。

ですので、SES契約も働き方の一つという程度に捉えておき、

企業に属する方法
フリーランスで働く方法
派遣社員として働く方法

など、エンジニアの働き方も多種多様にありますので、自分にあった働き方ができる職場を選ぶようにしていきましょう。

関連記事