おすすめプログラミングスクールの口コミ・評判・体験談がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

偉大なエンジニアの名言・格言集【マイクロソフトの共同創業者:Bill Gates編

偉大なエンジニアの名言・格言集【マイクロソフトの共同創業者:Bill Gates編

エンジニア転職

公開日 : 2020年02月20日 | [更新日] 2020年10月01日

皆さんはBill Gatesという人物をご存じでしょうか。

かなり有名人なので、ほとんどの方が名前は聞いた事があるのではないでしょうか。

MicroSoftの創始者で、億万長者ということくらいは知っているでしょうが、実際にどういった功績を挙げた人なのか、どのようにして成功をおさめたのかを知る人は少ないでしょう。

そこで、今回は、Bill Gatesについてのご紹介します!

Bill Gatesってどんな人?

Bill Gatesってどんな人?
まず初めにBill Gatesとは、どんな人だったかについて迫っていきたいと思います。

Bill Gatesは、一言で表すのなら「天才」です。
この言葉がしっかりと当てはまる人物はなかなかいないでしょう。

天才と同時に、変人でもあります。

天才といわれている人物は、ほとんどが変わりものです。

Bill Gatesも、その中のひとりなんです、、!

Bill Gatesの名を最もこの世の中に浸透させた出来事といえば、「マイクロソフトを創業した」ことであると思います。

マイクロソフトといえば、大企業中の大企業で、様々な市場で有名です。

その中でも、Office用ソフトが最も有名な製品のうちの1つになります。

PCを使ったことがある人であれば、一度は見たことのある「エクセル」なども、Officeの製品になります。こういったOffice製品は、企業に導入されることが多く、開発されてから月日が経った今も尚、毎日使っているという人も多いのではないでしょうか。

Bill Gatesはこのように、世の中に浸透している大企業であるマイクロソフトの創業者になるのです。

次からは、天才と呼ばれるBill Gatesの歴史に迫ろうと思います。

Bill Gatesの経歴

Bill Gatesの経歴

天才と呼ばれるBill Gatesには、どのような経歴があるのでしょうか。ここでは、天才Bill Gatesの経歴をご紹介したいと思います。

幼少時代

Bill Gatesは、1955年10月28日にシアトルでウィリアム・ヘンリー・ゲイツ・シニアとマリー・マクスウェル・ゲイツとの間に生まれました。

Bill Gatesの家庭は、一般的な家庭と比べると裕福な家庭でしたが、自分のことには一切お金を使おうとしなかったようです。

また、会衆派教会の日曜学校に通い、聖歌隊で歌い、ボーイスカウトにも入っていました。幼少期から、非常に活発に活動する子だったようです。

また、こういった活動の他にも書籍を読み漁るような日々を送っていました。

Bill Gatesが読んだ本の中には、エドガー・ライス・バローズのターザン物や、火星人物をありました。

そのほかにも、フランクリン・D・ルーズベルトやナポレオン、偉大な発明家などの伝記も読んでいたそうです。

天才の名にふさわしく、小学校時代は優秀な成績で卒業をし、その当時のIQは160もあったといわれています。

IQ160はヤバいですね、、、。

学生時代

幼少時代に天才と呼ばれていたBill Gatesは、学生時代にも様々な輝かしい功績を挙げています。まず始まりは1967年、シアトルの私立レイクサイド中学・高校に入学したのが始まりです。

Bill Gatesは中学に入学した1年後、その中学校でゼネラル・エレクトリック社のGE-635に接続されたテレタイプ端末が導入されました。

Bill Gatesはこの導入をきっかけに、コンピュータへの興味を持つようになりました。その後、高校時代に先輩でありワシントン州立大学の学生であった「ポール・アレン」とともに、トラフォデータという名称で、交通量計測システムの作成にチャレンジ。

しかし、高校生であるがゆえに法人として設立されてはいないため、トラフォデータ社とはいえませんでした。そのため、最終的にこのビジネスは、Bill Gatesが大学生になっても続けられましたが、大きな利益をあげることはできなかったようです。

ビル・ゲイツの唯一の失敗?だったのかもしれませんね!

Windowsの開発

次はいよいよBill Gatesの代名詞といえるであろう、「Windows」の開発秘話についてです。

Windowsと聞けば、ほとんどの方は一度は聞いたことがあるでしょう。Windowsとは、OSと呼ばれておりPCのメインとなる機能です。

Windowsを開発するに当たって、重要なキーワードとなるのは「GUI」です。

GUIとは、

マウスや指などを使ってポチポチできる画面

のことです。

そんなの当たり前のことだと思う方も多くいらっしゃると思いますが、このGUIがないと全てPCにコマンドを入力しなければなりません。

真っ黒な画面に、文字列が並んでいるいかにもプログラマーという画面を見たことある方もいらっしゃるかもしれませんが、まさにそれこそGUIがない世界です。

実は、Bill GatesもGUIがないOSである「MS-DOS」というものを開発しました。このMS-DOSにGUI機能をつけたものがWindowsとなっています。

Windowsは、始めこそ形になっていませんでしたが、1990年のWindows 3.0でようやく世間に認められるものとなりました。その後のMicrosoft Windows 95で広く世間に知れ渡ることとなったのです。

その後の人生

Windowsを開発してからは、2000年1月にマイクロソフトのCEO職をバルマーに譲りました。その後、2008年7月にゲイツは第一線から身を退き、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団での活動を重視すると発表

そして、CSA(Chief Software Architect、主席ソフトウェア設計者)職をレイ・オジーに移譲しました。その後はその発表通り、2008年6月30日をもって会長職にはとどまるものの、フルタイムの仕事からは引退し、2014年2月4日、会長職から退いて「技術担当アドバイザー」となり、後任にはジョン・トンプソンが就任。

また、2016年には大統領自由勲章を妻とともに受章しました。その後、2017年5月19日 自身出身のシアトルとの姉妹都市・神戸市栄誉市民の称号を獲得。ビデオメッセージを送ったそうです。

Bill Gatesの名言・格言

Bill Gatesの名言・格言
天才で知られるBill Gatesは、多くの名言や格言を残しています。その中でも、今後の人生に大きな影響を与えるであろう言葉をご紹介したいと思います。

「努力は当たり前。とにかく、結果がすべて」

この言葉は、Bill Gatesが高校生に語ったと言われている一言です。Bill Gatesは、このように語っています。

「学生の頃は努力した過程も誰かが、褒めてくれるかもしれない。しかし社会に出れば結果がすべて。世界に影響を与えたいと思うなら、気分がのらないなんて言い訳はやめて、とにかく結果を出せるように努力しよう」

この言葉は、社会人を迎えるに当たっての心構えを伝えています。

特に、努力に対しての重要なアプローチを解いています。学生の頃は、たとえ成績が少しかなわなかったとしても、その努力を見ていた人は努力を認めてくれるものです。

しかし、社会人になるとたとえ努力をしていたとしても
、結果が伴わなければなりません。

結果のために努力が必要であれば、必ず努力をしてから臨みましょうということです。

学生と社会人の大きな違いは、活動に対して対価が支払われるかどうかです。学生は勉強が仕事といいますが、勉強をしたところで金銭は発生しません。

しかし、社会人の場合は当然ながら働いたことに対して金銭が発生します。こういった大きな違いがあるため、努力をして結果を出すというのは当然です。これから社会人を目指す方に強く響く一言になっています。

「すぐに成功することはない」

この言葉も高校生に向けて語った言葉です。

Bill Gatesはこのように語っています。「高校を出てすぐに6万ドルの年収を稼ぐことはできない。何事も下積みがある。どんなに素晴らしい人でも、すぐに成功することはない。地道に一歩一歩進んでいくことが大切。」

この言葉は、これから夢を持っている高校生には少しきつい言葉だったかもしれません。しかし、こういった現実を受け入れるということが、これからの人生では非常に重要です。

現実を知らずに社会人になってしまうと、自分ならきっとできると思い込んでしまい、結局はできずに終わってしまうことが多いです。

しかし、一度現実を知ることができれば、夢を実現するために必要なことが見えます。

そこで見えた必要なことを、とりあえずは一生懸命にこなしましょう。そこで辛抱強く耐えたもののみが本当の夢を勝ち取ることができます。

成功をするためには、実は裏で多くの努力をしているということを深く胸に刻んでいきましょう。

「人の心をつかむもの、それは『誠実』である」

この言葉は、まさにBill Gatesの人間性を表している一言です。

人間、誠実が一番とはよく言いますが、実際に心から誠実だと自分に対して言えるでしょうか。

誠実とはよく聞きますが、実際に誠実というのは自分自身にしっかりと向き合っている人こそが使っていい言葉です。

例えば、何か問題を起こしてしまったとします。そうするとほとんどの人は、自分が少しでも軽くなるためにいろいろが理由を考えるはずです。しかし、ここでいう誠実な人間というのは自分が悪い理由を探します。

自分自身に問いただすことで、本当に正しいことを探そうとするのです。こういった人物こそが誠実だと言えるでしょう。そして、こういった方は仕事上でも貴重な人材で、みんなに信頼される人物になるはずです。

まずは何よりも誠実さを大事にしていきましょう。そうすれば、きっと誰かがその姿を見ていてくれるはずだとBill Gatesは言っています。

「人生は公平ではない、それに慣れるべき」

この言葉は、ビルゲイツが高校生に向けて語った一言です。これだけを聞くと、夢を持った高校生にとってはこれまた辛い一言になったかもしれません。ビルゲイツは、この言葉について以下のように語っています。

世の中は残念ながら、不公平。自分の力でどうにもならないこともある。でも、自分には才能がない、環境に恵まれない、チャンスがこないと嘆いていては何も始まらない。今の状況を認め、それを打破するために前進し続けた者だけが成功を手にするのだ」と。

ビルゲイツは、ただ単に社会の厳しさを教えるだけではなく、諦めずに掴み取れというメッセージを伝えたかっただろうと思います。

実際にこの世の中は不公平です。生まれながらにして家庭環境は決まっていますし、容姿や才能もある程度決まってしまいます。

努力次第で十分に変えることは可能ですし、生まれ持ったものにはなかなか勝てないものです。こういった不平等がある社会だからこそ、人は諦めずに食らいついていくべきだと思います。

もし、全てを不公平だといってそのせいにしてしまっては、一生勝つことができません。むしろ、そういったハンデがある中で立ち向かった方がより素晴らしい人間になれます。

だめだと諦めるのではなく、むしろそれをバネにして頑張ってみましょう。よく隣の芝生は青く見えるといいものです。

実は自分自身がそう卑下しているだけで、周りから見るとそこまでではないというのはよくあることです。まずは諦めずに1つの物事をやり切ってみましょう。

Bill Gatesのスピーチ・インタビュー動画

「ハーバード大学卒業講演」

この動画は、Bill Gatesがハーバード大学の卒業公演でスピーチをした時のものです。ここでは、第一線を退いたあと慈善事業に取り組むゲイツ氏が、ハーバード大学を修了した卒業生に向けて様々な言葉を送りました。

内容は、貧困の撲滅とビジネスマージン、そして”興奮”を両立し得る、新たなモデルの構築についてです。

貧困について、ビルゲイツはこのように語っています。「貧困を解決できない理由は『思いやりの少なさ』ではない。」と。
この言葉の中では、一人一人貧困に対して思いやりは持っているが、実際に行動が伴っていないと語っています。

そして、一番重要なのは問題を直視し、問題に対する解決法を見つけ、その行動の影響を理解しなければいけません。しかし複雑さがそれの3つのステップを妨害するのです。

そのため、何かを行動に移すときには複雑性を求めずにできるだけシンプルな方法で解決するのが重要になります。

また、今後の世界の行末についてこのように語っています。「みんながインターネットに参加すれば、より多くのイノベーションが起きる」

これは、現代にとてもフォーカスしている言葉です。

今の時代は、インターネットにつながっていればなんでもできてしまいます。

現在流行っているyoutubeについても、自宅にいながら動画を撮影してあげることで、ただの素人から一躍スーパースターへと成り上がることができる時代なのです。

また、国境を問わずに海外の方とも交流ができる、今の時代非常に欠かせないプラットフォームなのです。

そんな中、貧困である地域ではみんながインターネットを利用できるわけではありません。限られた人のみ、インターネットを使うことができるのです。

しかし、もしインターネットを利用できない人の中に、素晴らしいアイディアを持った人がいたらどうでしょう。

誰にもそのアイディアが伝わらず、非常にもったいないことになってしまいます。そのため、今後はみんなインターネットを通じて交流ができる世界を日常的にしていかなければなりません。

全ての人が利用できるようになれば、今以上に新たなイノベーションが生まれていくはずです。

Bill Gatesをフォローする

ビルゲイツの、SNSのリンクは以下になります。

テクノロジーに関する投稿からプライベートの投稿まで、幅広く運用されているようです。技術者として非常に参考になる方なので、フォローしておいて損をしない人物になります。

ぜひ、フォローしてみましょう。

まとめ

今回は、マイクロソフトの共同創業者として知られるビルゲイツについてご紹介しました。幼少時代から天才と言われ、その後の人生でも様々な功績を挙げております。その中でもタイトルにもあるとおりマイクロソフトの共同創業者であることが最も有名なことです。

また、マイクロソフトの代表作であるWindowsの開発にも携わっています。Windowsといえば、ほとんどの企業で使用されているOSのことで、皆さんも一度は使ったことのあるOSでしょう。

ビルゲイツはこういった、世間にも名の知れ渡っているものを多数作っているのです。

そして、ビルゲイツは様々な名言を残しています。エンジニアのみならず、色んな人から見ても非常にためになる言葉ばかりなので、興味を持たれた方はいろいろと参考にしてみてはいかがでしょうか。

WRITER

1995年生まれ。福島県出身。2018年上智大学卒業。その後株式会社Domuzに入社し業務のかたわら、駆け出しエンジニアとして日々奮闘中。 現在はWebエディター、ライターとして活動している。

オススメの
プログラミングスクール

RUNTEQ

Ruby

ウェブカツ

Webアプリ

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

TechAcademy(テックアカデミー)

AI・人工知能

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

CSS

侍エンジニア塾

HTML/CSS/jQuery

tech boost

HTML/CSS/jQuery

.Pro(ドットプロ)

Python

おすすめの
プログラミングスクール記事一覧

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ