プログラミング初心者でも簡単に学習を始めるコツ

はてブ

簡単にプログラミングが学べる方法があるのなら、やってみたいと思いませんか。人手不足が深刻なプログラマーは、他の人手不足の職業と違い、スキルさえ習得できれば高い給料がもらえる職業です。また、プログラミングの学習方法は、ネットを探せば幾つも見つけられるので、誰でも始められるように感じるでしょう。

しかし、プログラミングの学習は難しく、多く人が途中で挫折しています。このように、プログラマーになるのは簡単ではありません。とはいえ、Web技術の進歩により簡単に始められて、挫折しないで済む学び方がわかってきました。

そこで今回は、プログラミングに興味はあるものの、何だか難しそう、と感じている方に簡単に始められて挫折しないで済む学習方法についてお伝えします。

プログラミングができると有利

プログラミングはできると有利

インターネット上で実施された男子中高生の「将来なりたい職業」の調査で、「ITエンジニア・プログラマー」が1位に選ばれたのをご存知でしょうか。

多くの中高生がスマホを使いこなしている時代です。身近なサービスを作れる職業に憧れるのは、自然なことと言えるでしょう。

また、プログラミングは簡単に始められるうえ、スキルを習得できれば高い給料がもらえる仕事です。しかもMicrosoftやFacebookの創業者など、プログラミングによって成功した例もあります。そこまでいかなくてもプログラミングができれば、20才台で1000万円の年収も夢ではありません。

プログラミングは簡単ではない

プログラミングは簡単ではない

先に断っておきますが、プログラミングは誰でも簡単に習得できるようなスキルではありません。多くの方が学習を始めたものの、途中で挫折しています。次から、プログラミングの学習を挫折してしまう代表的な原因について解説します。

プログラミング環境が作れず挫折

プログラミングの学習の始め方を紹介する記事は、多くの人がインターネットで公開しており、検索サイトで探せばかなりの数が見つかります。また、初心者向けに書かれた入門書もたくさんあるので、プログラミングの学習が簡単に始められると思われるでしょう。

しかし、プログラムを書いたり、それを実行する環境を作るのは、かなり難しいことです。よく、インターネットに接続したパソコンがあれば、簡単に始められる、と書いてある記事を見かけます、それをむやみに信じてはいけません。そういった記事を書いている方は、プログラミング環境にも興味を持っており、よく知っているからそう書けるのです。

実はプログラミングの勉強を始める前に、実行する環境設定ができずに挫折する方がたくさんいます。特に一人で始めようと考えている方は、準備に手間をがかかることを理解し、後で紹介する手間がかからないやり方で始めましょう。

エラーばかりで挫折

プログラミング言語の中には、パソコンがあれば特にアプリを準備しなくても学習が始められる言語もあります。さらに、そういった言語は初心者向けと紹介しているサイトもありますが、簡単に始められるとしても、挫折しない保証はありません。特に、プログラミングする環境を作らずに始めてしまうと挫折しやすくなるので注意が必要です。

プログラミングの学習で挫折する原因の一つが、テキストどおりにプログラムのコードを書いたのに、エラーが発生して動作しない状態が続くことです。特に何も準備しないで始めると、エラーに悩まされて学習どころではありません。

プロのプログラマーは、コードの間違いを自動でチェックしたり、入力を支援してくれるアプリを使うことで簡単にコードを書いています。そして、そういったツールを使わない場合は、プロでも入力に苦労するのが普通です。そのような環境で始めてしまうと、初心者がつまずくのは当然です。

急に難しくなって挫折

プログラミング環境を設定でき、文法を中心に学習できて、ある程度プログラムを書けるようになったとしても、世の中にあるサービスやアプリは作れません。そういったサービスやアプリを真似て作ろうとすると、急に難しく感じます。これは、ほとんどのサービスやアプリが、外部の機能を活用しているためで、そういった機能はプログラミング言語を勉強しただけでは理解できません。

一般的にサービスやアプリを開発するためにはプログラミングのスキルの他に、ITに関する広い知識が求められます。そのため、そういったことにも興味を持って調べることも大事です。さらに、何でも一人でやろうとせずに、自分が作ろうとしているアプリやサービスに詳しいメンターの助言を受けながら作ることをおすすめします。

プログラミングを簡単に始めるコツ

プログラミングを始めるコツは?

これまでご紹介したようにプログラミングの習得は簡単ではありません。興味を持って始めたものの、途中で挫折してしまった方がたくさんいます。しかし、短期間に仕事で使えるくらいのスキルを習得された方も少なくありません。そして、挫折しないでプログラミングを習得できるコツがあるのです。

次から、絶対にプログラミングのスキルを習得したい方におすすめしたい、プログラミングの学習のコツについてご紹介します。

環境設定を簡単に済ませるには

先程ご紹介したように、プログラミングの学習を始めるのなら、その環境が大事です。これをうまく構築できないと、そもそもプログラミングの勉強を始められません。そして、パソコンに詳しくない初心者が環境設定を簡単に済ませる方法とは、インターネットで公開されている学習サイトを活用することです。

プログラミング学習サイトの中には、Webブラウザに表示されたエディタでプログラムを書き、それを実行できる機能を実装したサイトがあります。なお、そういったサイトの多くは英語のサイトですが、例えば、paiza.ioは、使い方が日本語で解説されているので、英語が苦手な初心者の方でも安心して使えるのでプログラミングを簡単に始めるなら、こういったサイトを活用しましょう。

簡単に正しいプログラムを書くには

プログラミングを学習する上で、初心者にとって難しいことの一つがエラーメッセージです。そして、先程ご紹介したように、プロは文法チェック機能や入力支援機能の付いたエディタを使って、エラーを減らしています。もちろん、こういったエディタを使えば、初心者でも簡単にエラーの無いプログラミングが書けます。

しかし、このようなエディタを自分のパソコンに設定するのは大変です。そこで簡単にプログラミングを始めたい方に使ってほしいのが、先ほど紹介したプログラムが書ける学習サイトです。そこでは、Webブラウザさえ準備すれば、設定済のプログラミング用エディタが利用できます。ぜひ、活用しましょう。

難しいことは質問

プログラミングを学習していくと、急に難しい内容が出てきます。それまでは、ネットで調べたり、学習サイトの動画を見れば理解できたのに、そこだけはどうやっても理解できないといった体験を多くの方が経験しています。

なお、こういった理解できないことは、詳しい人の簡単な助言で解決できるケースがほとんどです。ぜひ、身近な詳しい人に質問してみてください。また、そういった質問できる人が身近にいない、という方は、お金がかかりますが、学習サイトのメンター制度やプログラミングスクールの講師などの利用も検討されてはいかがでしょうか。

挫折なく学習を続ける方法

プログラミング学習を挫折なく続けるには?

プログラミングの勉強を始めるのは簡単ですが、仕事ができるくらいのスキルを習得するには、かなりの期間がかかります。そのため、挫折せずにやり切るためには、モチベーションを維持する工夫も必要です。次から、挫折しないで済む、プログラミング学習の続け方についてご紹介します。

目標を明確に

目標なしに辛い勉強を長い間続けることは、誰にとっても難しいことで長続きしません。これは、プログラミングの学習にもあてはまります。

そのため、挫折しないでプログラミングのスキルを習得するためには、こんなアプリやサービスを作ってみたいといった目標を持ちましょう。なお、プログラミングを学ぶのと同時に、目標とするアプリやサービスで使われているIT技術にも関心を持って調べてみましょう。

頼れる存在がポイント

先程、プログラミングで理解できないことがあったら、詳しい人に質問するのが良いとご紹介しました。しかし、質問したいと時に聞けないと、それがストレスになり、挫折の原因にもなります。

プログラミングの学習を継続するためには、解らないことがあったら、すぐに聞ける環境が必要です。また、そういった人に、プログラミング用のアプリの設定や、アプリの使い方も教わりましょう。さらに、作りたいアプリやサービスで使われるIT技術についても教えてくれるかもしれません。ぜひ、そのような頼れる存在を作って、いろいろなことを教えてもらいながら、プログラミングのスキルを習得しましょう。

仲間を作ろう

プログラミングの学習は一人でも始められますが、一人で始めた方の多くが途中で挫折しています。一人だけで辛いこともあるプログラミングの学習を続けるのは難しいことです。しかし、いっしょに学ぶ仲間がいれば、協力したり競争したりしながらお互いに刺激し合うことで、最後まで学習を続けらます。

また、エンジニアのコミュニティーに参加して、仲間を作るのもおすすめです。初心者でも参加できるコミュニティーがたくさんあるので、遠慮することはありません。そして、そういったコミュニティーでは、解らない点を教えてもらえたり、最新のIT技術の話が聞けたりします。プログラミングスキル習得に対するモチベーションにもなるので有効です。

検索スキルをあげよう

インターネット上には、プログラミングに関する記事がたくさんアップされています。そして、そういった記事にあるサンプルプログラムを活用すれば、簡単にプログラムが書けてしまいます。プログラミングに慣れてきたら、ぜひ、そういったサンプルプログラムを利用しましょう。多くのエンジニアが参加しているQiitaなどがおすすめです。

しかし、簡単なキーワードで検索して目的のサンプルプログラムが見つかるとは限りません。また、間違ったプログラムを掲載しているページもたくさんあるので、それを見極めるための知識も必要です。

そのためには、自分が使いたいコードを探すための検索スキルをアップさせましょう。そして、まずは自分で調べる習慣を付けることです。さらに、解らないことがあったら自分で調べてみて、それでも解らない場合は詳しい人に聞くようにしましょう。

プログラミングを楽しもう

プログラミングを楽しもう

ベテランのプログラマーの中には、プログラミングが楽しいから今の仕事を続けられる、という方がたくさんいます。このような方も、最初からプログラムを簡単に書けた訳ではありません。最初は苦労してプログラミングのスキルを学習していました。

今回ご紹介したように、プログラミングは簡単ではありません。しかし、プログラミングは誰でも簡単に始められるうえ、スキルをマスターすれば、高い給料がもらえるエンジニアとして活躍できます。さらに、プログラミングが楽しいと感じるベテランの方がたくさんいます。ぜひ、今回ご紹介した方法でプログラミングをマスターし、プログラミングを楽しめるエンジニアになりましょう。

関連記事